Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:D500

今度こそ最後のデジタル一眼レフシステム回帰です。たぶん。きっと。おそらく。ぱはーぷす。

D500_09
(サンヨンPF は前回同様、借り物です)


一年ぶりのデジタル一眼レフ。
十数年ぶりのニコン。

などとツイートしたのち、Amazon でもう一つ予備バッテリー買っておこうと EN-EL15 の商品ページを開いたら 2013/2 に購入したよ、という表示が。

はて?5年前に、ニコンのバッテリーなんて買うことあったっけ?


と思って記憶を探っていったら、思い出しました。3年ほど前まで Nikon 1 使ってましたね。(結局、押入れで長年放置していたバッテリーは使えなくなっていました ^_^;)


続きを読む

昨晩ずっと思ってました。

あれ?サッカーの撮影って、こんなに簡単に合焦しまくるもんだったっけ?


久しぶりに一眼レフで撮って、撮り始めた瞬間から「あれ?あれれ?」って感じで、ホント笑っちゃいましたよ。こんなの誰でもガシガシ撮れるじゃないですか。フラッグシップ機でもないカメラなのに。

D500_340PF2
(借り物です、一応)


1年ぶりにデジタル一眼レフでサッカーを撮ってみて、改めてオートフォーカスの機能性能レベルの違いを痛感しましたね。

一定以上の動体相手では「AF 性能の違いが写りの決定的な差」ですよ、やっぱり。


続きを読む

北米最大のコンシューマー電機系展示会の CES の開幕を前に、今週はデジタルカメラもスマホもパソコンその他 IT ガジェット系も新製品発表が目白押しです。国内発表はなくとも、海外発表のある製品は多数出てくるでしょう。

デジタルカメラも各社から多くの製品が発表されると見込まれていて、情報リーク系ブログでは既に国内発表のプレスリリースを元にした詳細スペックが流されてる機種もあります。(そのうちどこかのメーカーがプロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求からの展開をすれば面白いのにw)

その中で、いち早くニコンが国内でフラッグシップ機「D5」と、出るかどうかニコンユーザーの中でも意見が割れていた APS-C フラッグシップ機「D500」が発表されました。

D5 - 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング
D500 すべてを凝縮した、渾身のDX。 | ニコン

いやー、

ニコン渾身のツートップ


ですね。「ニコンの一桁機の奇数番は名機」という流れを受け継ぐ雰囲気と生身を持つフラッグシップ「D5」に、「本当に出たし、なにこれ凄い APS-C 機!」という「D500」。

ぶっちゃけ、ミラーレス機を捨てて全面的に一眼レフ回帰してから、ニコンのデジタル一眼レフは気になるけど、他のメーカーのカメラは新製品が出ても「へぇ〜」と思うかどうか程度です。正直どうでもいい。でも、ニコンの一眼レフだけは、やっぱり気になります。

D5 の方は「本当にメモリーカードスロットが XQD と CF の2機種を用意したんだ…」という驚きでしたが、D500 に関しては出たことそのものが驚き。

あれだけフルサイズ志向だったニコンを翻意させ
徹底的に 7D Mark II を叩くスーパー APS-C 機を出してきたか〜


というのは驚きというか、さすがニコンというか、「やはりこうでなくっちゃね!」感があります。

D500 のスペックを見れば EOS 7D Mark II ユーザーとしては心穏やかになれませんが(D5 ともども拡張感度の激烈な数字は実写見ないと判りませんが)、D500 の内容を見て初めに思ったのは……


続きを読む

このページのトップヘ