北米最大のコンシューマー電機系展示会の CES の開幕を前に、今週はデジタルカメラもスマホもパソコンその他 IT ガジェット系も新製品発表が目白押しです。国内発表はなくとも、海外発表のある製品は多数出てくるでしょう。

デジタルカメラも各社から多くの製品が発表されると見込まれていて、情報リーク系ブログでは既に国内発表のプレスリリースを元にした詳細スペックが流されてる機種もあります。(そのうちどこかのメーカーがプロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求からの展開をすれば面白いのにw)

その中で、いち早くニコンが国内でフラッグシップ機「D5」と、出るかどうかニコンユーザーの中でも意見が割れていた APS-C フラッグシップ機「D500」が発表されました。

D5 - 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング
D500 すべてを凝縮した、渾身のDX。 | ニコン

いやー、

ニコン渾身のツートップ


ですね。「ニコンの一桁機の奇数番は名機」という流れを受け継ぐ雰囲気と生身を持つフラッグシップ「D5」に、「本当に出たし、なにこれ凄い APS-C 機!」という「D500」。

ぶっちゃけ、ミラーレス機を捨てて全面的に一眼レフ回帰してから、ニコンのデジタル一眼レフは気になるけど、他のメーカーのカメラは新製品が出ても「へぇ〜」と思うかどうか程度です。正直どうでもいい。でも、ニコンの一眼レフだけは、やっぱり気になります。

D5 の方は「本当にメモリーカードスロットが XQD と CF の2機種を用意したんだ…」という驚きでしたが、D500 に関しては出たことそのものが驚き。

あれだけフルサイズ志向だったニコンを翻意させ
徹底的に 7D Mark II を叩くスーパー APS-C 機を出してきたか〜


というのは驚きというか、さすがニコンというか、「やはりこうでなくっちゃね!」感があります。

D500 のスペックを見れば EOS 7D Mark II ユーザーとしては心穏やかになれませんが(D5 ともども拡張感度の激烈な数字は実写見ないと判りませんが)、D500 の内容を見て初めに思ったのは……


続きを読む