Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:Canon

購入から一ヶ月経ちましたが、前回記事にも書いたとおり、購入前唯一の懸念材料だった重さ、厚さは今のところ抵抗なく、出かける際は大抵バッグに忍ばせて持ち出しています。

PowerShot G7 X 超いまさらなファーストインプレ【前編】 1年経っても色褪せない利便性と画質の良バランス機
PowerShot G7 X 超いまさらなファーストインプレ【後編】 G7 X 良いとこ、イマイチなとこ

また、G7 X を購入した大きな目的であった「一眼レフを望遠レンズのみで出かける時に併用するズーム可能なスナップ機」という点でも、先日の三連休は毎日、一眼レフ(EOS 7D Mark II)と望遠レンズ一本(サンニッパや100-400II)の組み合わせに、ちょいスナップは G7 X で補完という体制でした。

PowerShotG7X_07
(残念ながら芦屋基地航空祭の予行は天気が今ひとつでした…)


ブルーインパルスなど航空祭の展示飛行を撮るような“忙しい”撮影時は、さすがに G7 X をサブ機にするのは無理がありましたが、

PowerShotG7X_08

PowerShotG7X_10


サッカー撮影時のスタジアム情景スナップ機として G7 X は、購入前に思い描いていたとおりの活躍をしてくれています。単焦点 GR では足りなかった分を補ってくれていて、この点については、ほぼ満足です。

ただ、以前も書きましたが、気軽に撮りすぎて手ぶれ補正を超える手ぶれ、微ブレによる画質低下は結構目立つので(特に縦位置撮影)、低照度下では気をつけねばと思っています。慣れてきた分、気を抜いてミスショットが多くなった感はありますね。



さて、PowerShot G7 X 購入前の大きな懸念は“コンパクト”デジカメと呼ぶには限界ギリギリの厚さ、重さだったわけですが、もう1つ、G7 X には解決可能だけど大きな懸念/欠点がありました。それが、

ホールディング最低のツルテカボディ


前回記事でも書いたように、同じツルテカボディの PowerShot S90/95 の時に散々言われて S100 以降で改善した経緯が全く学習されていないのか!?と思うツルテカさです。

というか、結局 G5 X / G9 X では G7 X の反省からか、グリップの改善が為されています。ボディの大きな G5 X だけでなく、G7 X より随分コンパクトになった G9 X も Sシリーズ後期の延長線上にあるような「ちょっとしたことだけど、意外とグリップできる」ボディになっています。

となれば、G7 X をツルテカボディにしたのは納得いかないわけですが、1インチセンサーの新シリーズを始めるにあたってデザイン的に無難なところを選んだのかも知れません。パッと見は売れ行きに重要ですからね。

ただ、PowerShot S90/95 や CyberShot RX100 その他でもそうであったように、

ツルテカボディのダメさは、後付けグリップで解決可能


であります。

その先駆者とも言うべき製品が Richard Franiec のグリップ。

Richard Franiec's Camera Accessories

PowerShot G7 X 用も勿論あります。私も PowerShot S90、CyberShot RX100、Nikon 1 V1 などで愛用してきました。

最近はオリエンタルホビーが輸入して売ってるようですが、対応も丁寧なので Paypal 使える人なら直輸入でも問題ないでしょう。(多少は安く買えるし)

PowerShot S90 Custom Grip(後付けグリップ)を海外から取り寄せて、付けてみた
グリップが劇的向上!ツルペタボディの DSC-RX100 にカスタムグリップを付けてみた
カスタムグリップ (Richard's Custom Grip) の注文方法と DSC-RX100 への装着方法

最近は真似た製品も色々出ているようですし、ソニーは RX100 III あたりからメーカー純正の後付けグリップも出しています。G7 X には用意されませんでした。今からでも発売しても良いと思うんですけどね……

で、今回も Richard Franiec のグリップを買うつもりでいたのですが、
  • 購入即装着したかったことと(1日たりとも後付けグリップで使いたくなかった)
  • たまには別のを使ってみて比べてみよう

ということで買ったのが、コレ↓


ハクバ フリップバッグ カメラ グリップ G3 FBG3

お値段なんと 900円ちょい! ダメ元で使ってみてもあまり抵抗のない価格です :-)


続きを読む

前編では、発売時から高く評価していたものの1年経って購入して改めて、日常使いカメラとしてのユーティリティー性と画質が高いバランスで実現されているカメラだと実感したことを書きました。

PowerShot G7 X 超いまさらなファーストインプレ【前編】 1年経っても色褪せない利便性と画質の良バランス機

今回は購入から3週間、使ってきて気づいてメモした PowerShot G7 X の良いところ、イマイチなところを列挙しようと思いますが、G7 X の良いところについては前編記事で概ね述べたとおりで、

  • 広角端が 28mm 相当ではなく 24mm と広く、望遠端も 100mm 相当まであるので、普段の「ちょっと入りきらない…」「もう少し寄りたい…」ということが少なくて、日常用コンパクトデジカメとして使いやすい。

  • コンパクトとしては大型の1インチセンサー採用で、時にはコレ一つでいいくらいの画質の良さがある。撮ったはいいが、画質が良くないので帰ってから見返さずに放置ということがない。

  • 大型センサー × レンズ全域で明るい × 手ぶれ補正が十分効く、の三重パワーで、夜スナップも撮りやすく画質良好。


ということで、まずまずの高画質を維持しつつ利便性も確保したコンパクト。

スマホじゃなく、わざわざコンデジを使う/持つ意味のあるカメラ


と感じています。ちょっとくらいの画質差、単焦点で記録スナップするなら iPhone でいいや、と思う昨今でしたが、それを乗り越えるものはあります。

また、G7 X の良さはそれだけじゃなくて、個人的に気に入ってる点を列挙してみますと……


続きを読む

以前から各所ウェブサイトの Google 広告に、やたら G7 X の広告が出てくる私でしたが、結局買ってしまった今も相変わらず G7 X の広告が出まくっています(^_^;)

PowerShotG7X_06


いい加減食傷気味というか、今なお出されても何の広告効果もないのに Google さんも何だかですなあ〜、と思っているのですが、よくよく考えれば、G7 X を買った途端に一切 Google 広告から出なくなったら、それはそれで怖いことでもありますね(^_^;)

さて、先日

G5 X も G9 X も出たけれど…買ったのは結局 PowerShot G7 X

で書いたとおり、デジタル一眼レフと記録スナップ用スマホカメラとの間で使う“小型軽量で気軽に使えてそこそこ高画質”なカメラの選択は、色々悩んだ末に、キヤノンのコンパクトデジカメ PowerShot G7 X を購入しました。



購入理由は先日の記事で長々と書いたので、ここで繰り返すことはしませんが、私の G7 X の使用目的・スタイルとしては、

  • デジタル一眼レフの持ち出しレンズが望遠レンズ主体で、標準域のレンズを持ち出さない時の補完

  • 以前は小型ミラーレス機を持ち出していたような、デジタル一眼レフを持ち出すまでもない/持ち出したくない場合用


といったもので、コンパクトデジカメでも作品撮りしようとかそういうことは全くなく、ちょいスナップ用、記録写真用であります。

端的に言うならば

ズームできて(夜間でも)高画質なスマホ的カメラ


という位置づけです。

スマホカメラにはない光学ズームで広角から中望遠まで画質劣化なしにカバーでき、スマホより圧倒的な画質的アドバンテージ。昨今「記録用なら iPhone でイイや」と思うことの多かった状況を打破してまで、コンパクトデジカメを持とうと思うなら、この2つが必要でした。

その観点から言うと、PowerShot G7 X を買ってみて思うのは

  • やっぱりワイド端24mm〜テレ端100mm相当というズーム画角は、自分にとって必要なレンジだった
    (28〜84/100mm相当や24〜70mm相当では物足りなく感じていたはず)

  • APS-Cほどでないにせよコンパクトにしては納得できる高感度画質と、それ以上に全域で明るいレンズは何かと強い味方


でした。

重さ・厚さや USB 充電不可などの「細かい欠点に妥協しても、やっぱり PowerShot G7 X にして良かった」と(今は)思っていますし、

発売から1年経ってから購入しても満足度は高い


のは間違いないですね。


続きを読む

前回記事で GR を手放したことを書きました。大まかな流れとしては
  1. 1年前にミラーレス機を全部手放して、デジタル一眼レフだけの体制にした
  2. 持ち出し時の重量負担を減らすと、被写体の関係で望遠レンズ主体になることが増えた
  3. 標準域のスナップ用途をコンパクトデジカメに任せようと思ったが、広角単焦点の GR だと画角が物足りなくなった

というわけだったのですが、実のところ、GR を手放そうと決めたのは随分前で、夏の終わりくらいには決心しつつありました。

EOS 7D Mark II 発売・購入から1年 【後編】ミラーレス機を捨て、一眼レフだけに戻って1年
GR に別れを告げて

ただ、ミラーレス機も全部手放した上にコンパクトデジカメがなくなるのも困るわけで(PowerShot S100 は未だに使っているけど、外へ持ち出すことはないし、その気にもなれない)、GR を売却するにあたって代わりの「コンパクト」をどうしようかな?と。

GR の操作性を基準にしてしまうと、どのコンパクトデジカメを買ってもすぐに不満が出てくるのは過去に経験済み。近年、RX100、F900EXR、PowerShot N といったコンパクトを買ったものの、長くはもたずに手放しています。

そんな案配なので、

「GR の後釜にコンパクトデジカメを買うのも、すぐに不満が出て手放すリスクがあるかな? 1年ぶりにミラーレス機に戻ってみるかな?」

と思っていました。

GR というコンパクトデジカメの後釜にミラーレス機というのはおかしな話でもありますが、前回記事にも書いたように、「記録写真ならもう iPhone でいいや」という昨今なので、買うならちゃんと撮る感じのカメラにした方がいいかな?と。

そして予算は金欠ゆえ、ちまちま貯めた某所のポイント 4〜5万。なので、当初は


(たまにタイムセールにて 39,800円くらいで売られている)


EOS M2 のダブルレンズキット(標準ズームと定評ある単焦点レンズ EF-M22mm F2.8 の2本セット)を買うつもりでいました。これを推す理由は以下の4点。

  • 発売から時間が経って十分安くなり、ネットなら4万円台前半、店頭でも在庫があれば 5万円くらいで、十分予算範囲内

  • EOS M10 と比べて画像エンジンが古い、液晶が固定、フラッシュ非内蔵という古さはあるものの、画質的に大きな差はなく軽い

  • EOS M2 ダブルレンズキットの2本のレンズは、ともにキットレンズとして定評あるレンズで、昔キヤノンから借りて使った時も印象は悪くない(特に EF-M 22mm F2.8 STM は良かった)

  • EOS M3、M10 のキットと異なり、M2 までのレンズ2本以上のキットにはマウントアダプターも付いてくるので、お得感あり(外部フラッシュも付く)


個人的にミラーレス機には EVF が必須なのに内蔵でもないし追加もできない問題はありますが、安価ですし、将来キヤノンが本気出してミラーレス機を作ってくれた時の準備と思えば…というのがありました。

また、小型のミラーレス機ならマイクロフォーサーズに戻ろうかな?とも思いましたが、せっかく去年マウントを集約したのに、また複数マウント体制にするのは現時点ではないな、と。

そんなわけで、9月半ばくらいには EOS M2 ダブルレンズキットを買う気満々になっていたのですが、EOS M10 が出るまで様子見して、一ヶ月近く買うのを自重しているうちに「本当にミラーレスでいいのか?」と思い直して、結局その結果、やっぱりコンパクトデジカメであり、

PowerShotG7X_01
できれば買いたくなかった? PowerShot G7 X 購入


となってしまいました。


続きを読む

発売購入から1年を前に、先日、点検修理に出した EOS 7D Mark II。当初半月以上かかって来週に返却予定でしたが、予定よりも早く、本日戻ってきました。

5月に点検に出した時は3週間以上かかり、今回も半月以上かかる予定で、「最近、キヤノンの修理は時間かかるようになったなぁ」と思っていたのですが、10日間ならば昔と変わらないですね。ただ、今週末は 7D Mark II がないものと思って予定していたので、戻ってきて逆に戸惑ってますが(^_^;)

修理点検を依頼していた内容のうち、レリーズ周りの気になる点については「問題なし」ということで戻ってきましたが、エラー70が出ていることは確認されて基板交換されて戻ってきました

EOS7D2AYear_Repair


基板交換も保証期間外だとそれなりに費用がかかりますから、使う予定を諦めて保証期間内に出しておいて良かったです。

もっともシャッター回数が1年で10万近くいっていることを考えると、来年あたりシャッターユニット交換の入院 or オーバーホールに入れてもおかしくないので、それなりの修理費用を見込んでおかなきゃならないなぁ…と覚悟しています。

カメラは写真を撮る道具ですから、大切に傷も付けず、中身も傷めず愛でているわけにもいかないので、維持費用は仕方ありませんけどね(;´д`)



さて、前編中編と EOS 7D Mark II そのものに対する下らない雑感を並べてきましたが、後編の今回は 7D Mark II そのものから少し離れた話を。

EOS 7D Mark II 発売・購入から一年使ってきた雑感【前編】 〜限られた懐で超望遠動体撮影するための良いツール
EOS 7D Mark II 発売・購入から一年使ってきた雑感【中編】 〜キヤノンらしい優等生とは若干違う?

以前の記事にも書きましたが、昨年 EOS 7D Mark II の発表を前に(発表されるのがほぼ確定的になった時点で)、手持ちのミラーレス機を全部売ることを決め、2年ほど愛用していた富士フイルム Xマウントのカメラ、レンズもまとめて売却しました。

ミラーレス初号機であるパナソニック DMC-G1 から6年近く、あれだこれだとミラーレス機を色々使ってきて、結構な金額を投入してきたのですが、結局

「自分の撮りたいものを考えたら、やっぱり一眼レフじゃなきゃダメだわ」

と、EOS 7D Mark II 発売・購入を機に手元の EFシステムを組み直すことにして、ミラーレス機は全部手放すことにしたわけです。(大病して重いシステムを持ち歩くのに自信がなくなっていましたが、とりあえず回復したことも大きな要因です)

ミラーレス・システムを全て手放すことを決めて以来、「もしかすると後悔するかもなぁ…」「またすぐミラーレス機を買うことになったりして」と思っていましたし、ある程度その覚悟はできていたのですが、

気に入ってたミラーレス機を全部手放して1年、
デジタル一眼レフだけに戻って、思いのほか後悔がない


ですし、後悔があるとすれば、

自分の撮りたいものを鑑みれば、
楽ができないことにもっと早く気付けよ>自分


ということでした。

もちろん、誤解のないように言っておくと、ミラーレス機がダメでデジタル一眼レフが良い、なんてことは1ミリも思ってないわけで、むしろ

「動きモノを本気で撮るのでなければ、ほとんどの用途はミラーレス機でOK or ベターでは?」

と思っています。自分もスポーツ/モータースポーツや飛行機を撮っていなければ、デジタル一眼レフシステムを手放していたでしょう。

静止体相手でも現時点の EVF では丸一日使っていると、光学ファインダーとは目の疲れが違う気がしますし、動体以外だからミラーレス機の方が絶対良いとまでは言いませんが、私自身は「自分なりの何かこだわりがなければ、小型軽量でAF精度も良いミラーレス機システムの方が良いのでは?」と思っています。

自分自身がデジタル一眼レフだけに切り替えて1年経った今でも、そう思っています。デジタル一眼レフって、やっぱり重いしデカいし(笑)


続きを読む

先日の前編では今年もガンバ大阪ナビスコ杯優勝するぞ!と書いてみたものの結果は完敗で、鹿島のここ一番の強さを見せつけられたというか、遠征して負けて帰るほど哀しいものはありません……

最近このブログはすっかり物欲消化ブログになってしまってサッカー関連のことは書いていませんが、色々理由はあってもJリーグが今季から再導入した2ステージ制は最悪ですね。スケジュールが厳しくなっただけで、ステージ毎の優勝が大して盛り上がってるとも思えないし(特に2ndは結局年間順位の方が気になる…)、微妙感溢れすぎです。

そして、2ステージ制による強行日程の煽りを一番食らってるのが、あちこち勝ち進んだガンバ大阪。ナビスコ杯での選手の疲労感ありありの姿を見ると、これでJリーグはアジア制覇のために後押ししてるとか何とか言われても「ふざけんな、バーカ」としか言えません。

とまぁ、そんな具合だったので今年の決勝でプレー写真を撮ることをせず、 7D Mark II を点検修理に出すのを優先したのは正解だったようです。今年は最前列じゃなくて、前に背の高い(座高の高い)人が座って、視界が辛かったですしね……

EOS7D2AYear_GambaNabisco


などと愚痴を吐きつつ、話を本題に戻して EOS 7D Mark II。発売から1年経って、最近の販売ランキングを見ると(集計する業者にも依りますが)EOS 6D や EOS 5D Mark III より下にいることが多く、元々ニッチ向けで一通り需要が回るとこんなもんかなあ、という感はあります。

もっとも、割り切って使えない人を除いて評判は総じて良く、私も前編で書いたとおり満足していますし、1年で十分元を取った感じです。

EOS 7D Mark II 発売・購入から一年使ってきた雑感【前編】 〜限られた懐で超望遠動体撮影するための良いツール

前編では1年間使ってきての実感として

  1. 長玉レンズが買えない、懐が寂しい身にピッタリの望遠動体撮影ツール

  2. キヤノンにしては珍しく?若干じゃじゃ馬というか乗りこなしを要求するカメラ

  3. 一部を除いて期待通りで満足だけど、連写機で中級機ゆえの耐久性が不安


という3点を挙げました。最初と最後の2点については前回述べましたので、最後のもう1点をつらつらと書いてみたいと思います。


続きを読む

今日、キヤノンから APS-C フラッグシップ機 EOS 7D Mark II が発売されてちょうど1年が経ちました。発売当初は20万円超だった価格も1年経ってすっかりこなれてきて、買いやすくなりました。



私自身は発売と同時に手に入れてからこの1年で、十分元を取るくらいに使ってきました。通算シャッターカウントをソフトで調べてみると、先週末の築城基地航空祭が終わった時点で約96,000回。

さすがに、1年間で10万回近いシャッターの切り方は予想を遙かに超える回数で、同じ秒間10コマの EOS-1D Mark III を使っていた時も、これほどシャッターは切っていなかったと思います。

今年の初め、年が明けたくらいに撮影枚数を数えて我に返り、さすがにちょっと反省し、下手の無駄撃ちを抑える努力とともに今春 EOS 6D を購入して動きモノ以外は EOS 6D に振り分けたのですが、サッカー、モータースポーツに加えて秋になれば航空祭、と 7D Mark II が本領発揮するイベントも多く、どうしても撮影枚数が嵩みます(^_^;)

特に、我らがガンバ大阪は“日本一のサッカースタジアム”が過言ではない新スタジアムが完成して、来季から新スタジアムで試合を行うため、Jリーグ発足から二十数年親しんできた現行スタジアムも今年でお別れ。ですから、残り僅かな現スタジアムでの試合を撮っておこうとできるだけ多くの試合で撮ってきたので、それも原因です。

EOS7D2AYear_GambaNewStadium
(ガンバ大阪新スタジアム。寄付者対象の竣工式にて)


いずれにせよ、シャッター回数が嵩むのは結構心配しています。なにせ EOS 7D Mark II は、

ハイスペックでも値段相応の中級機ゆえ、耐久性は不安


です。連写番長と言っても EOS-1D系とは造りが違います。値段が違います。(EOS-1D系が無闇に高いのは、使えば納得できることも多い)

正直なところ、ボタン/ダイアル一つ取っても EOS-1D X どころか EOS 5D Mark III とも造りの差を素人が感じるくらいコストダウンされているカメラですから(だから安い)、1年でこれだけ使い込んでくると

「来年あたりに逝かれてくるかもしれんなぁ。早くもオーバーホールが必要になるかもなぁ」

という感じであります。シャッターユニットの耐久回数の目安も15万回だったように記憶していますし……

初代 7D は発売日から今春まで 5年半ほど使って、シャッター回数の伸びは Mark II より低いペースでしたが、途中で一度オーバーホールしてシャッターユニットを交換し、それでも最後の1年くらいは頻繁にエラーが出て、シャッターユニットも明らかにへたっていて、瀕死の状態でした。

それを思うと当方の Mark II もそろそろ…というか、最近たまに「エラー 70」などのエラーが出ますし、シャッター周りで気になる感触も出てきているので、築城基地航空祭から戻ってきて今週に点検入院させました。

(ちなみに、ネットでチラホラ出ている「エラー06」の連発を食らったことはありません。撮影中にエラーが出るとエラーの番号を見ないで電源オンオフしますが、エラーが出るのは連続撮影中ばかりです)

本当は明日のナビスコ杯決勝@埼玉スタジアムでも撮影に使いたかったのですが、座席購入時にミスって昨年のように最前列席が取れなかったこともあり、EOS 6D と 100-400 II だけ持ってセレモニーだけ撮れれば良いかな、と。もちろん、昨年同様ガンバの優勝セレモニーのはずですが(^^)

EOS7D2AYear_GambaNCWinners
(去年は目の前で優勝カップを上げてくれた!)


ともあれ、そんな EOS 7D Mark II を目いっぱい1年間使ってきての率直な感想をまとめると、概ね以下の3点になります。

続きを読む

昨日、明野駐屯地祭へ行こうと午前4時に起きたら、座るのも辛い腰痛で断念し、今日は仕事のアポで岐阜航空祭予行は行けないなぁ〜と思って客先へ行ったら「日を変えてくれ」とか言われて、「なんだよー、岐阜行けたじゃん」とか思いつつも弱い立場は仕方ないということで、帰路キヤノン梅田へ寄りました。

目的はキヤノンギャラリー梅田で開催中の、知り合いの写真家さんも作品を出している、日本スポーツプレス協会の写真展「THE BEST」。

CanonGallaryUmeda20151019


もちろん、スポーツ写真の力作ぞろいであり、色々考えることはあれど実際に撮る段になると、ただただ必死に撮るだけになっている私にとっては、改めて考えさせられることの多い写真展でした。

大阪(梅田)での写真展は、明日10月21日午後3時までですので、興味ある方はお早めに。東京(銀座)での開催はすでに終わっていて、月末から名古屋、来月は福岡、来年に入ってから仙台、札幌と巡回するようです。

キヤノン:キヤノンギャラリー|日本スポーツプレス協会報道展2015:The BEST

そして、この写真展を見るついでに、お隣りのキヤノンデジタルハウス梅田のショールームへ。ここには発売前の新機種が、発表翌日くらいから展示されていて触れることができます。(例外あり)

先日、EOS M10、PowerShot G5 X、G9 X が発表されたわけですが、こちらも展示されて触ることができるようになっています。個人的に気になるのは発表時に書いた記事でも触れたように、PowerShot G9 X。



ということで、早速触ってきました。


続きを読む

先週には確定たるスペック情報や外観写真が流れていましたが、キヤノンからミラーレス機 EOS M 廉価機と、上位コンパクトデジカメ PowerShot G X シリーズ2機種が発表になりました。

キヤノン : EOS M10 スペシャルサイト
キヤノン:PowerShot G5 X/G7 X スペシャルサイト

今春に発売された EOS M3 および PowerShot G3X 、昨秋の G7X に比べると正直地味なのですが、

目を惹くスペックはなくマーケッティング志向の新製品だからこそ
今後のキヤノンの方向性が見える新製品3機種


であるように思えます。

個人的にこれら3新製品に強く惹かれると言うことではないのですが、色々考えていることもあるので、少しキヤノンの新製品3機種に思うところを書いておきたいと思います。


続きを読む

間もなく発表から1年になろうとする EOS 7D Mark II の新しいファームウェア Ver.1.0.5 が本日リリースされました。

キヤノン:ダウンロード|EOS 7D Mark II ファームウエア Version 1.0.4

アップデート内容は今回もバグフィックスのみで、以下のとおり。


続きを読む

このページのトップヘ