Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:BB.excite

昨今珍しくもないし、あちこちで言われている光インターネット回線の IPv4 over IPv6 / IPoE 化を、当方もようやく先月実施しました。

本当なら昨年の年末年始あたりにやろうと思っていたのですが、年末から急に仕事がドタバタし始めて長らくペンティングしていたところ、友達が買ったのに使わないと言った IPv4 over IPv6 (DS Lite) 対応ルーターを買い取ったのをキッカケに、やっと行った次第。

IPv4 over IPv6 / IPoE 化のメリットを細かく説明すると長くなるので、誤解を恐れず色々省略して端的に言うと

従来から今も主流のインターネット回線契約の接続方式(PPPoE)では、自宅から光ファイバー回線を通ってインターネットへ出るところの接続口で認証処理と(IPアドレスの)変換処理する必要があり、固定回線の利用者多数の時間帯(19〜24時頃や週末)にはプロバイダーが用意するインターネット接続口の処理容量が足りずにネットの通信速度が低下することが多くなってきているのが現状。

けれど、インターネットへ出るための新しい接続方式(IPoE)を使えばインターネットへの接続口で認証処理も変換処理も不要、直接出られる接続口も混雑していないので(少なくとも今のところは)回避できて、混雑時間帯でも速度はあまり低下しない


というものです。



詳しい説明は以下のサイトでも読んでください。(IIJ の中の人の話だけど原則は全てのプロバイダーに共通する話)

てくろぐ: IIJmioひかりの混雑の理由とバイパス手段(IPoE・DS-Lite対応)

もう少し平易?な感じなら宣伝込み記事だけど、以下で。(細かい技術的な部分は略されてますが、そこまで知りたければ、自分で文献あたってどうぞであります)

IPv6対応で速くなる?「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」って何者

インターネット利用時の速度は接続先サイトやサービスの処理速度にも影響されるので、全部が全部速度向上するわけではないですし、将来にわたって混雑しない保証はないのですが、少なくとも今のところ、ユーザーが関与できる速度改善としては自宅のルーターや回線サービスを IPv4 over IPv6 / IPoE 化すると劇的な改善があることが多いですし、

私自身、劇的な改善があった
週末の夜でも速度低下を感じることが皆無になった


ので(詳しくは後述)、

夜間のインターネット速度低下に不満のある人は、多少のコスト(機材代1万円強〜、場合によってはプロバイダの追加料金)と手間をかけても行う価値がある


と言いたいので、経験談を含めて軽く推しておきたいと思います。

(ただし、IPv4 over IPv6 / IPoE を使う場合、ソフトバンク光BB の IPv4 over IPv6 / IPoE サービスを除き、自宅サーバーを運用や固定IPサービス、特定プロトコル/ポートを利用するサービス、一部ゲームは使えなくなります)


続きを読む

先週は半ばからずっとガンバ大阪のアウェイゲーム観戦や東北方面へドライブに出かけていたこともあり、全くニュース関連を見ている余裕はありませんでしたが、私も利用している MVNO 廉価データー通信サービスの一つ、「BB.excite モバイル LTE」も料金値下げが発表されました。

「BB.exciteモバイルLTE」 既存コースを値下げ | エキサイト株式会社

過去の料金改定、仕様改定でも、概ね IIJmio などの大手 MVNO が改定した翌月に BB.excite モバイル LTE は追随するというパターンだったので、たぶん今月後半には発表があると思っていましたが、そのとおりになりました。

過去記事でも書きましたが、BB.excite モバイル LTE は SIM 1枚での利用だと「IIJmio などより若干安い」程度なので、サポート・サービスの質などを考えると SIM 1枚利用だと積極的に選ぶサービスではないと断言できるのですが、

複数枚 SIM を安価に運用するなら最強のサービス


と言えます。(回線品質や公式アプリの存在などサービス面では IIJmio の方が上なので、SIM 1枚利用、SIM 3枚でも月間高速通信容量を多めに必要とするなら IIJmio の方が断然お薦め)

今回の BB.exciteモバイルLTE 価格・仕様改定は以下のようになっていて、SIM 1枚/3枚の最廉価プランは価格・仕様とも変わらないものの、他のプランは大きく変更されています。


続きを読む

docomo iPhone と au Android 端末両方合わせて月14GB分の通信容量があるのに、 相変わらず毎月 3〜4GB くらいしか使わなくて勿体無いオバケが出そうだと思ったりしている私です。

その割りには、出先からスカパー!のJリーグ・オンデマンドで1試合観て一気に転送量 1GB 超えとなり、3日間規制対象になることがちょくちょくあります。なので、2回線持ちは必須なんですよねぇ。昔から月7GBより、3日間で1GB規制の方が厳しいと感じています。


さて、私のモバイル回線契約は ドコモと au だけではなく、タブレット端末などのために廉価データー通信サービスを提供する MNVO との契約もしています。 その時々の状況に応じて幾つかの会社を渡り歩いているのですが、昨秋から3回線分を非常に安価に使えているのが「BB.excite モバイルLTE」。

格安SIMカード(NTTdocomo)ならBBエキサイトモバイルLTE

SIM 1枚のプランと 3枚までのプランで、それぞれ複数のコースがありますが、ぶっちゃけ言うと、SIM 1枚のコースはどれも大したことはありません。MNVO 大手2社である IIJmio や OCN モバイル ONE の廉価プランより多少安かったりしますが、サービスの質を思えば大手2社の方が安定です(OCN と併用していての実感)。

しかし、BB.excite モバイルLTE の真骨頂は SIM 3枚の各コース。特に「3G (SIM 3枚)コース」は、SIM 3枚まで使えて月額 1,100円(税抜)と、複数枚の SIM を安く運用したい人にはピッタリ。

SIM 1枚コースと違って高速通信分は月 100MB しか付いていませんが、SIM 3枚で千円強は激安です(3G コースと銘打たれていますが、LTE 通信利用可能です)。

混雑時間帯の低速通信時は決して快適とは言えませんが、日本通信や昔の DTI ServersMan 3G のような酷さではないので、まあ最低限の実用にはなりますし、「とりあえず SIM 挿しときたい」用途には最適。

私も家族が使っているタブレット2枚と自分のタブレットのうちの1枚に、この BB.excite モバイルLTE の SIM を挿して使っています(うちに今あるタブレットは dtab を除き全てモバイル回線対応)。

bbExciteLTE_upgrade1


そんな BB.excite モバイルLTE の SIM 3枚コースも一番安い「3G (SIM 3枚)コース」はコストパフォーマンスが高かったものの、高速通信容量が 500MB、1GB が付いた上位プランは少々高めで、他社比較でも大して魅力的ではありませんでした。

しかし、先日上位プランが大きく値下げされ、SIM 3枚の上位コースもかなりリーズナブルになりました。

BB.exciteモバイルLTE、5月より 7コース中 5コースで値下げ

ついでに昨日、4GB コース (SIM 3枚) も新設されました。

「BB.exciteモバイルLTE」に4GBの新コースを追加 | エキサイト株式会社

値下げが発表されたのは 4月30日でしたが、BB.excite モバイルLTE のプラン変更申請は毎月29日までですので、値下げを見てから変更できるのは今月受付の来月からが最速になります。

ということで、docomo と au の通信容量を毎月盛大に余らせている私ですが、少々思案した結果、BB.excite モバイルLTE も高速通信容量の多い上位コースへ変更してみました。その理由は

BB.exciteモバイルLTEは追加チャージするならプラン変更がお得


になったからです。


続きを読む

10月から使っている SIM 3枚利用でも月額 1,155円という「BB.exciteモバイル LTE 3Gコース(SIM3枚)」。利用開始して、4ヶ月近くが経過していますが、使い始めた直後にファーストインプレッションを報告しただけになっていました。

先日友達から

「BB.excite モバイル LTE って、複数枚 SIM で使うのにすごく安いけど、実際どうなの?」

と聞かれたこともあるので、4ヶ月使ってきた感想を記しておきます。

bbExciteLTE02


最初に結論を書いておきますと

使い始めた4ヶ月前からは回線品質が悪化した印象はない


ですし、混雑時間帯以外は若干改善されたと感じることもあるくらいです(ただし、これは私の使う範囲でのことですので必ずしも全てに当てはまるわけではありません)。

ぶっちゃけ、可もなく不可もなくではありますが、廉価データー通信サービスとして(テキスト中心の利用では)実用になるレベルであり、概ね以下のような感じです。

続きを読む

SIM 3枚セットの廉価データー通信サービスとして一年半使ってきた「IIJmio 高速モバイル/D ファミリーシェアプラン」を今月から「BB.exciteモバイル LTE 3Gコース(SIM3枚)」に切り替えました。3Gコースとありますが、LTE が使えます。

今月から「BBエキサイト モバイル LTE」に乗り換えたのは、自分および家族用の SIM ロックフリーなタブレット端末に使うのに際しての経費削減。月 2GB もの高速通信クーポンは使いきれないし、それなら高速通信クーポンがない代わりに安いサービスを使おうと。

SIM 3枚で月額 1,155円の BB.exciteモバイル LTE に切り替えてみたファーストインプレ【前編】

本サービス、プランの特徴や使い始めた当初の印象は上記記事で書きましたが、先週金曜日からは普段「OCN モバイル ONE」の SIM を挿して使っている iPhone 4S に、今月から使い始めた「BBエキサイト モバイル LTE」の SIM を挿して試しています。

廉価データー通信サービスとしては今一番ホットな、そして一番安定している「OCN モバイル ONE」と比べてどうか?というのを実感するために、旅実況端末 iPhone 4S にこの「BBエキサイト モバイル LTE」の SIM を挿して使ってみました。

先週金曜は所用で中国地方へ行っており、土日は宇都宮へ行っていました。宇都宮へはガンバ大阪のアウェイ栃木SC 戦の応援のためです(またか!と言われそう… ^^;)

GR008042.JPG
(最近、遠征へ行くたびに酷い試合を見せられてる気が… >_<)


西へ東へと移動しがてら「BBエキサイト モバイル LTE」の SIM を iPhone 4S に挿して使ってきたわけですが、その印象をひとことで言うと、

OCN モバイル ONE と全く一緒とは言えないが
比べなきゃ判らないレベルで十分実用になる


という感じですね。特に低速モードでは若干レスポンスや安定さが劣る程度で、ほぼ同じように使えていました。

もちろん、「OCN モバイル ONE」は 1日30MB の高速通信利用分がありますから一概に比較できるものではありませんが、低速モードでも意外と実用になる、という点では BBエキサイトも変わりありません。

平日ラッシュ時の都心などでは差がつく可能性はあるので、あくまで一個人の動いた範囲での感想でありますが…(後述するように週末夕方に東京都心の駅でも利用・計測してみましたが、土日の夕方ですから平日とは全然違うでしょうしね)。

OCN モバイル ONE と比べると

  • 速度制限の解除の有無を問わず、OCN モバイル ONE と比べると混雑時を中心にデーター通信の引っかかりはやや多め(特に上り)

  • 速度制限のない高速通信時のスループット、レスポンスは OCN モバイル ONE の方が良い

  • 最大 200Kbps の低速通信時では上りがやや低速かつ不安定な場合があり。低速といっても Instagram への小さな写真のアップロードくらいは余裕だが、時々投稿に失敗する(OCN モバイル ONE でもあるけど、頻度は多め)


という印象はありますが、比べて判る程度の差でもあります。

出先で Twitter など SNS やスマートフォン用のウェブを見たり、Instagram に写真を投稿するくらいのことは BB.excite モバイルLTE でも OCN モバイル ONE の時と同じ感覚で使えています。

(もちろん、低速モードでは動画を見るのは難しいですし、写真ブログや写真系 SNS の利用も待ち時間が多すぎて辛いのは、どこの廉価データー通信サービスでも同じです)

また、OCN モバイル ONE のように1日30MB の高速通信分はありませんが、BBエキサイトも IIJmio 同様、好きな時に高速通信を ON/OFF できるのは、低速モードが実用的な分だけ有り難いですね。確かにレスポンスは若干落ちる印象はありますが、悪いことばかりではありません。

それに「OCN モバイル ONE」には microSIM 以外が選べる SIM 3枚コースはありませんし、こちらも評判がまずまずらしい?楽天の安いプランも複数 SIM というのはありませんから、選択肢が限定された中では悪くないように思います。



というのが、この3日間使ってきての印象です。人それぞれ使う環境も違いますから、あくまで自分の使い方、環境での印象ですけれど、個人的には

これで SIM 3枚、月額 1,155円なら御の字や!


ですね。月 100MB の高速通信クーポンが提供されますが、それを必要な時に使いつつ普段はまったり低速モード中心に使える感じです。大手キャリアの LTE サービス同等の感覚は当然無理ですけど、値段が二桁違うわけですからねぇ。

個人的な印象は以上の通りですが、金曜日以降、各所で最大 200Kbps の速度制限・低速モードを中心に速度計測した結果を(参考になるかどうか判りませんが)以下に載せておきます。

続きを読む

IIJmio 高速モバイル/D のサービスが開始された当初から一年半、ずっと SIM 3枚のファミリーシェアプラン(月額 2,980円、10月から2,688円)を使ってきたのですが、9月で解約して、この10月からは同じ SIM 3枚で 1,155円BBエキサイトモバイル LTE 「3Gコース(SIM3枚) 」プランに切り替えました。

bbExciteLTE01


乗り換え理由は、以下の3点。

  • SIM 3枚で毎月 3千円弱は、登場時にはインパクトある安さだったが今はそうでもない

  • サブ端末用、外出時に使う頻度が少ない家族用なので、今は月 2GB の高速通信クーポンが付与されるものの、毎月大量に余りまくっている

  • 今年になって、各社とも低速通信モードでもそこそこ実用になる速度が出るようになった


ということがあります。

いずれも SIM ロックフリーなタブレット(iPad, iPad mini, Nexus 7)に挿しているのですが、家族のモバイル利用は月に数回程度。家族分の SIM 2枚は月間使用量が 100〜200MB 程度。私は出先でそこそこ使うものの、テザリングも使えるし、別回線もある。

となると、

「毎月、高速通信分が 2GB も付与される代わりに 3千円近くも払っているのは勿体ない。SIM 3枚提供ながらもっと安く使えるプロバイダに乗り換えよう」

となって、いくつかの候補のうち今回は IIJmio ベースの BB.Excite の「3Gコース (SIM3枚)」を選択しました。

ちなみに、コース名称が非常にややこしいのですが

3Gコース (SIM3枚) という名称だが LTE 対応


です。別途 LTE 500MBコース(SIM 1枚)、LTEコース(SIM 3枚)というのがあるので、3Gコースは 3G 専用、LTE 非対応のように誤解されやすいですが、LTE に対応しています

bbExciteLTE03
(アンテナマークの 4G という表記で LTE 通信されていることが判る)


BBエキサイトでは、

毎月一定の高速データー通信クーポンが付与されるコースが LTEコース
別途追加クーポンを買わないと高速通信できないコースが 3Gコース

となっているようですね。ややこしいです(おまけにこの 3Gコース (SIM3枚) も今は毎月 100MB 分の高速通信クーポンが付与される ^^;)。

ともあれ、BBエキサイトのモバイル LTE サービス、および、この 3Gコース(SIM3枚) プランの特徴は以下のとおり。
続きを読む

OCNモバイル、So-net、IIJmio、hi-ho…その他各社が春以降、次々と新サービスや新価格で、どんどん充実度を増す廉価データー通信サービス。激戦区であり

元々安かろう我慢が必要だろうな千円前後の価格帯でも十分実用的


になってきました。

具体的に言えば、以前は千円前後の SIM を使うと通常のブラウザでウェブサイトを見るのは忍耐が必要で、Opera mini のようなサーバー上でのデーター圧縮を通すブラウザが好ましい状態でした。

ですが、最近では(快適とまではいかなくても)スマートフォン向けサイトなら十分通常のブラウザで閲覧する気になりますし、通常サイトでも多少の我慢で見られなくはない状態になりました。

そういう状況の中、ドコモ回線を借りている IIJ を MVNE として MVNO サービスを行なっている BB.excite が従来プランの改変と 高速通信の追加クーポンの値下げ、それに

SIM 3枚で月額 1,155円の新プラン「3Gコース(SIM3枚)」


が発表されました。

3Gコースといっても、チャージすれば LTE の高速通信が利用可能のようですし、毎月100MB の高速通信分が付いてくるようです(毎月100MBのバンドルチャージはプレゼント扱い)。

「BB.exciteモバイルLTE」に新コースが登場 | 重要なお知らせ | プロバイダー BBエキサイト
LTE | docomoのSIMカードが最安値 | プロバイダー BBエキサイト(こちらにはまだ新プランは非掲載)

SIM 3枚で月額 1,155円というのは、

  • SIM 3枚で月額 1,295円の「so-net NURO ライト」
    (基本料に付属する高速通信分はなし)

  • SIM 3枚で月額 1,480円の「hi-ho LTE typeD アソート」
    (毎月 500MB の高速通信分付き)


といったサービスへの対抗プランとも言えますし

SIM 3枚利用では最安値


のようです(細かい仕様がまだはっきりしていないので、プレスリリース上での話ですが)。

月額 1,480円ながら毎月 500MB のバンドルチャージ(高速通信利用分)がついてくる「hi-ho LTE typeD アソート」との比較では、どちらが良いかは微妙なところもありますが、

よくある月千円弱のサービス+αの値段で SIM 3枚利用可能


というのは、複数端末ユーザーにはかなり魅力的に感じます。もちろん、実際の速度がどこまで出るかが勝負な昨今ですけれど。

また、IIJmio など他サービスでのプラン内容変更(千円弱のプランでも一定の高速通信が使えるようになった)を受けて、以下のように BB.excite も従来プランの値下げとともにプランの新設で対抗しています。

続きを読む

このページのトップヘ