Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:Anker

iPhone X が手元に届いて使い始めて2週間。会う人に聞かれるのは Face ID 顔認証のことだったり、ホームボタンがないことの操作感だったり、有機 EL になったディスプレイのことだったり、カメラのことだったりするのですが、

私自身が iPhone X で一番変わったことは
ワイヤレス充電 Qi が手放せなくなったこと


これに尽きます。iPhone X が手元に来て Qi を使い始めて2週間が経ちますが、全くもって快適であり、不満を感じたことがありません。(私の使い方では)

iPhone X でなく iPhone 8 / 8 Plus でも Qi ワイヤレス充電は使えますし、そもそも Nexus 7 (2013) を買った時に Qi 充電器は買って試したことがあるのですが、

充電に時間はかかるし、微妙に音がするからベッドサイドには置けないし、microUSB 突っ込んだ方が早いわ!


ということで速攻使われなくなり、放置されていたところを Galaxy ユーザーの友達が引き取っていったのは、もう2年くらい前の話。

そんな私が、まさかまた Qi 充電器を使うことになるとは思っていませんでしたし(ってか iPhone が採用するとは思いもしなかった)、

いやー、もう充電にケーブル挿すとかやってられんよねー。完全ワイヤレスイヤホンとか言ってるなら、イヤホンケースの充電も Qi 対応にして欲しいよなぁ


などと、Qi 充電器の前で iPhone X 購入以降常用している ERATO VERSE のケースを microUSB 充電しながら思ってしまったりするわけです。(ERATO VERSE については2〜3回後の記事にて)

ERATO_VERSE05


まったく我ながら、どの口が言うか状態だと思うのですが、iPhone X が来てからの2週間で

あっという間に机上もベッドサイドも車内も
全てワイヤレス Qi 充電器で占められることに


なりました。一度本気で使い始めると、止められませんね(^_^;)

(あと、すぐコネクタの根元がダメになって断線しやすい Lightning ケーブルを使わなくて済む、ダメにしなくて済む、というコスト的メリットもあります ;-)

今回、使い始めた Qi ワイヤレス充電器は以下の3製品。
続きを読む

今や USB 充電がケータイ、スマートフォン、タブレットだけでなくデジタルカメラその他のデジタル機器にも広く普及しつつある昨今、出先でどこでも充電できるモバイルバッテリーも必携の時代になりました。

モバイルバッテリーもスマートフォンなどのバッテリーと同じリチウムイオン電池であり、多少の差はあれど、物理的にバッテリー容量に比例してデカく重くなるわけで、小さく軽いのに大容量というマジックはありません。(公称値と実際の容量がかけ離れた粗悪品に注意です)

モバイルバッテリーは大容量の方が余裕あるのは確かですし、大は小を兼ねる点がないとは言えませんが、といっても、いつも重いモバイルバッテリーを持ち歩くのも無駄です。特に今の季節は、なるべく荷物は軽くしたいものです。

ということで、モバイルバッテリーも T.P.O. に応じて使い分けるのが吉だと思っていて、私の場合は以下の3タイプを使い分けています。


続きを読む

6〜10位を紹介した前編、次点その他を紹介した中編と続きましたが、今年のお買いものベストトップ5を紹介したいと思います。

だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2014 【前編】6位〜10位
だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2014 【中編】次点その他

何度も書いていますが、今年のお買いものはだいぶ偏っていますし、それゆえ今年のお買いものベストはバラエティさに欠けていますが、これはトップ5でも変わりありません(^_^;)



続きを読む

買ってブログに載せようと思いつつも、すっかり忘れているアイテムが幾つかあるのですが、そのうちの一つがコレ。車のシガレットプラグから USB 充電するための USB カーチャージャー。



モバイルバッテリー、USB 充電器などで(Amazon 界隈を中心に)有名になった Anker の製品です。以前、本ブログでも Anker 製モバイルバッテリーやタブレット4台同時充電も可能な大容量 5ポート AC-USB 充電器を紹介しましたが、それと同じ流れにあるクルマ用 USB 充電器です。

タブレットを4つ挿しても大丈夫!最強の USB 給電器「Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ」

こちらは車のカーシガレット用ということもあって USB 2ポート仕様ですが、

タブレット2台同時充電も余裕な 4.8A 出力仕様


という大容量と、本年発売の Anker 製品から採用されている「機器毎に適した最大のスピードで急速充電を行うことが可能な Power IQ 機能」搭載というのがウリです。

余裕ある大容量出力と Power IQ による充電速度と安定度は、先に発売されて本ブログでも取り上げた 40W 5ポート AC-USB充電器でも実感しており、今回の 24W 4.8A デュアルUSBポート・カーチャージャーも既に2ヶ月ほど使っていますが、車の中で安定した速度で充電できています。

(ただし、カーシガレットからの電力供給は車によって安定度が変わる場合もあるので、車と充電するデバイスの組み合わせによって充電速度が変わることはあります)

AnkerTurboCarCharger5


ドライバーと助手席の二人のスマートフォンの同時充電でもかなり速く、片方のポートに iPad などのタブレットを挿しても、もう一方に挿したスマートフォンの充電速度が落ち込むことがないのも良いですね。

私自身、従来から 2ポート 3A 出力(公称値)の カーシガレット用 USB 充電器を使ってきましたが、それと比べても安定度は高く、「もう持ってるし、大きな不満もないし、どうしようかなぁ?」と思いながら買ったものの、結果的には満足しています ;-)

ただ、唯一の欠点を挙げるならば、本製品の場合、以下のように

カーシガレット部からはみ出す突起部の長さは結構ある


ということがあります。カーシガレット製品では、カーシガレットの配置場所によっては突起部のサイズが気になる場合がありますが、そのような場合には注意が必要です。

続きを読む

前2回にわたって紹介してきた、コストパフォーマンスに優れる iPad Air用キーボードカバー「Anker Keyboard Cover」。私自身、購入して使ってみて満足の一品です。

リーズナブルで真っ当に使える iPad Air用キーボードカバー「Anker Keyboard Cover」【1】
リーズナブルで真っ当に使える iPad Air用キーボードカバー「Anker Keyboard Cover」【2】良いところ編

ただ、何度となく書いてきましたが、「リーズナブルで真っ当に使えて、コスパ最高」な製品と思うけれども、ベストな製品かと言われるとやっぱりロジクール製品に軍配を挙げてしまいます。

そのあたりの評価は個々人の好みにもよりますし、値段の差を考えると Anker の本製品を支持したくなりますが、細部はロジクールのキーボードカバーの方が良いなぁ、と感じるところもありますので、その理由について書いておきます。

続きを読む

iOS 端末は iPhone にせよ、iPad にせよ、仮想キーボードにカーソルキーがありませんから(iOS 8 ではいい加減なんとかして欲しい点)、キーボードがあるとカーソル移動や選択作業が非常に便利でストレスが溜まりません。

反面、iOS の日本語 IM は外部キーボードのことを殆ど考えていませんから予測変換が常に有効であり、変換決定後に予測候補が出っ放しになってかなり鬱陶しい状態になります(このあたり言葉で説明しづらいが、使ってみればイライラしてストレスが溜まる)。

そのため、iPad で外部キーボードを使う場合は(可能ならば)ATOK Pad を利用しています。以前の iPad、特に iPad 2 相当の初代 iPad mini で ATOK Pad を使うと若干のもたつきがあって快適とは言い難かったのですが、iPad Air なら全く問題ありません。

それに Mac や Windows、Android では ATOK を使っていてユーザー辞書も自動的に同期できますので、その点も便利です。

もっとも、エディタとしてみた場合の ATOK Pad は微妙すぎますし、日本語英語入力切り替えのキーアサインが違う(iOS標準は Command + Space だが ATOK は Option + Space)、ATOK for Android 同様にパソコンの ATOK と比べると変換効率はイマイチ、というのはありますが、iOS標準よりはマシですね。

AnkerKeyboardCover_iPadAIr12


とまあ、最初から余談になりましたが、コストパフォーマンスに優れた iPad Air用キーボードカバー「Anker Keyboard Cover」を使ってみた感想を昨日の記事に続いて記しておきます。

リーズナブルで真っ当に使える iPad Air用キーボードカバー「Anker Keyboard Cover」【1】

初回記事では、ざっくり結論として「細かい不満はあるが、ちゃんと使えるキーボードカバー」と書きましたが、今回は細かな点について書いていきたいと思います。


続きを読む

持ち出すつもりはないと言いつつ、SIMロックフリー機を購入した iPad Air。16GB モデルを買ったのは大失敗でしたが、遊びの部分を削れば何とか不満なく使えています。まあ、次はボッタクリ価格設定でも 32GB か、64GB モデルに戻そうと思いますが。

さて、そんな iPad Air、再三書いているように想定外の持ち出し率になっているわけで、そうなると昨日の記事で書いた「普段は背面ケースをしない主義だけど、場合によっては欲しいかもだから脱着簡単で厚み控えめのクリア背面ケースでも探してみるか」となり、さらに

久しぶりにデカ iPad に戻ってきたら仮想キーボードが意外と使えているけど
これだけ外でも使うならキーボードカバーも一応買っとくか?


と思って、iPad Air 購入から一週間後くらいには注文していました。

続きを読む

昨年末のお買いものベスト 2013 記事では、cheero の小型ながら 6,000mAh のモバイルバッテリー「Power Plus 2 mini」をお買いものベスト第5位に挙げたわけですが、それで「使い分けている」と書いたのが、この「Anker Astro Mini」。



昨今 cheero と並んで中華バッテリーとしては有名になったメーカーである Anker の一番小さなスティックタイプのモバイルバッテリーで、

ホント隙間に入る小ささで、スマートフォン丸1回分充電


というバランスが、半日〜1日お出かけにはとても良いです。何より、お値段も 1,680円とお手頃(記事執筆現在)なのも有り難い。

昨年買っておきながら、なんだかんだで記事にはしていなかったのですが、年末の記事にちょい載せしたら周囲からちょくちょく聞かれたので改めて紹介しておきます。


続きを読む

このページのトップヘ