Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:Android

日本の四輪モータースポーツの最高峰カテゴリーと言えば、スーパーフォーミュラ(SUPER FORMULA)とスーパーGT(SUPER GT)。

SUPER FORMULA Official Website
SUPER GT.net | SUPER GT OFFICIAL WEBSITE

詳しくない人に端的に言うと、F-1 と同じくフォーミュラカー(屋根がなくタイヤが剥きだしの車)の国内トップカテゴリーが SUPER FORMULA で、市販車と同じ屋根付きの車(俗に言う箱車)の国内トップカテゴリーが SUPER GT です。

スーパーフォーミュラは少し前までは「フォーミュラ・ニッポン」、その昔は全日本F3000選手権と言われていたレースの現在形であり、スーパーGT も20世紀は全日本GT選手権と呼ばれていたレースの発展形です。

フォーミュラは純粋に速さを追求するモータースポーツのスポーツ面を重視したものといえ、GT は速さの違う2つのカテゴリーの車が混走し、ドライバーの途中交代が義務づけられてるなど、速さとエンターテインメントのバランス重視という感じになっています。

SUPERGT20160410A


スーパーGT は下位カテゴリー GT300 だと身近な市販車ベースの車がたくさん走り(新型プリウスから最新ランボルギーニ・ウラカンまで!)、少し前の F-1 並みの直線速度を誇る上位の GT500 とともにゴッタ煮混走ゆえにバトルシーンも多く、パッと見の面白さ楽しさは断然ですので、日本の四輪モータースポーツでは今一番人気、それもダントツと言っていいでしょう。

逆に、屋根などの重量物がないスーパーフォーミュラの方が速さという点では勝っており(箱車とフォーミュラカーではコーナリング速度が全然違う)、紛れの少ないピュアさがあるのですが、人気の点ではスーパーGTに劣りながらも現在上昇中といったところでしょうか。

そんな SUPER GT と SUPER FORMULA なのですが、どちらも観戦向けスマホアプリがリリースされています。

SUPER GT 2016 Timing App (App Store)
SUPER FORMULA Official APP (App Store)
SUPER FORMULA Official APP (Google Play)

SUPER GT アプリは2012年からリリースされているのですが、SUPER FORMULA アプリは今年 2016年シーズンからリリースされました。

また、SUPER GT アプリは3年目の今シーズンも iOS 限定ですが、SUPER FORMULA の方は iOS, Android の両方でリリースされています。

そして何より、この2つの国内4輪トップカテゴリー向けアプリは、最低と最高の2つと言っても良いくらい全く使い勝手が違います。いい加減、我慢も限界にきたので敢えて書こうと思いますが、
  • 年額課金必須なのに、何年経っても超絶糞アプリのままの SUPER GT
  • リリース当初から至れり尽くせり、リリース時から使い勝手も良いアプリの SUPER FORMULA

もっと言うと、
  • SUPER GT アプリはライブタイミングやサーキットポジションが見たい人にも、有料課金をお勧めするのは躊躇われるレベル
  • SUPER FORMULA アプリは現地サーキット観戦者やテレビ観戦者はもちろん、テレビの中継を見られない人ですらお勧め

なくらい差があります。

SUPERFORMULAapp1
(リアルタイムに順位表が書き換わっていくのがライブタイミング表示)

SUPERGTapp2
(コースのどこにどの車がいるのかリアルタイム表示するのがサーキットポジション)


SUPER FORMULA 公式アプリは本当によくできていて、現在は課金不要で現地サーキットの実況アナウンスすらネット経由で聴けますので、Jスカイスポーツのテレビ中継(有料放送)が見られない人にもライブタイミングやサーキットポジション表示とともに楽しんでもらえるレベルのアプリです。

(SUPER FORMULA アプリは今のところ全ての機能が無料。SUPER GT アプリ初期も無料だったので、SUPER FORMULA アプリも一部機能は来年以降有料化される可能性はある)

ちょうど今週末は岡山国際サーキットで第2戦が行われるので、興味があれば、そのレース時間帯で SUPER FORMULA 公式アプリを起動して雰囲気を味わってもらえるのではないかと思います。(予選は土曜日 5/28 14時10分から、決勝は日曜日 5/29 15時から)

2016 SUPER FOMULA series round.2 OKAYAMA

逆に、SUPER GT アプリは年額課金しない限り使える機能は皆無に近いので、使いにくさその他を覚悟の上で課金するぜ!という人以外はダウンロードする必要すらないです。


続きを読む

前編では、今までスマホの車載ホルダーは全く考えたことがなかったのに、iPhone 6s Plus に変えて「これならナビにしても実用的な画面サイズだな」と思って試してみることにして、車載ホルダーを物色していたら、良さげなものを見つけたことを書きました。

これは具合良い!安定して使えるダッシュボード用スマートフォン車載ホルダー【前編】

最初に見つけたのは、↓の Spigen ブランドの車載ホルダー「ステルス」という人気商品でした。



ただ、確かに良さそうではあるものの、どの製品においても、ダッシュボードへの固定は車種によってダッシュボードの形状、素材、表面処理が細かく違うので、必ずしも使えるとは限りません

というリスクを考えた場合、「試してみないと使えるかどうか判らない車載ホルダーに、3千円以上も出すのは悩ましいなあ…」と貧乏人的には思って悩んで類似製品を眺めていたところ、どうやら



これらの製品は Spigen 製品と全く同じものっぽい(ロゴがないだけ、ロゴが違うだけ)と判断できたので、「どうせダメ元で、お試しなのだから」ということで、より安い後者の clausius ブランドの製品を購入しました。(Spigen が3千5百円弱なのに比べ、clausius は2千円弱)

他の類似製品も含めて、本体部分はどっからどう見ても Spigen と同じものですが、

差が出るとしたら接着ジェルの品質


なので、そこらへんは自己責任です。とはいえ、これでダメだったから Spigen ブランドの製品で上手くいくとは限らないですけどね。(Spigen 製品ユーザーの写真を見ている限り、付属の接着ジェルなども見た目は全く同じっぽいですが)

それよりもジェル接着させる場合は前回も書いたように
  • 暑い、暖かい季節または日中気温の高い時間に設置を行う
    (冬場なら室内温度を十分に暖かくしてから設置する)
  • 冬場に設置した時は、暖かくなってから剥がして再接着する方が賢明
  • ダッシュボードが高温になる季節は素材上ジェルが溶ける、剥離しやすいのは覚悟する

ということを承知の上で使う必要はあります。

ともあれ、この clausius 車載ホルダーを実際に設置して使ってみた様子を以下に記しておきます。

続きを読む

車離れなどと言われつつも、スマートフォンの車載ホルダーというのはスマホアクセサリーでも一大ジャンルになっているようで、カー用品店やホームセンターなどの車用品コーナーに沢山の種類が展示されていますし、家電量販店にも置いてあります。

私の場合(当たり前ですが)ドライブ中にスマホを操作するということもないので、今まではスマホの車載ホルダーというのは特に使ってきてもいませんでしたし、購入を考えたこともありませんでした。

以前、車載動画を撮るためにフロントガラスなどに吸着させて撮影するためのアダプターを使っていたことはありますが、近年は車載動画を撮ることもなくなったので友人にあげてしまいました。

ところが、iPhone 6s Plus にしてから

5.5インチというこの画面サイズならカーナビ代わりにしても実用的だなぁ

と思ったので、それも試してみるべく、スマートフォンの車載ホルダーも物色することになりました。

よくあるのは、



こういった吸盤でダッシュボードに吸い付け、首振りタイプの縦長ホルダーを接着するもの。スマートフォンを縦に置きたい、という人には第一の選択肢かもしれません。ただ、これはその昔、デジタルカメラで車載ビデオを撮るときにダメ出ししたことがあり、
  • ホルダーの高さがあるのでスマホを載せると重心が高くなって安定性が低い
  • 重心が高いので、使っているうちに重みでホルダーの台座が取れやすい
  • 高さがあるので視界に無駄に入って鬱陶しい

という問題から使いたくありませんでした。ダッシュボードへの吸盤接着をしっかりさせるために、粘着テープの台座を使うタイプは(テープ接着は大嫌いなので)論外です。

もう一つよくあるのは、



こういったエアコンの吹き出し口にホルダーを付けるタイプ。昔からドリンクホルダーとしてよくありますし、最近カー用品店や日曜大工センターでは、ドリンクホルダーとスマホホルダーが一体になっている製品もよく見かけます。

そんなわけで、ダッシュボードに立てるタイプよりはエアコン吹き出し口に付けるタイプにしようかと思ったのですが、店頭ではなく Amazon で色々物色してると、これは良さそう!というのを 見つけました。

それがコレ↓


続きを読む

先日、友人が海外で使うために貸していた Xperia mini pro (SK17i) が返ってきました。5年前に発売された Android 端末です。

Xperia mini pro は3インチ液晶という超小型スマホだっただけでなく、超小型ボディなのにスライド式のハードウェア・キーボードを搭載しているスマホで、

個人的には一番ソニーらしさのある Xperia の一つ


だったと思っています。ガラケー時代の premini と一緒ですね。

XperiaMiniPro20160510A


当時から Android スマホは画面サイズ拡大の一途を辿っていましたから、一部マニアには受けていましたが、海外でも万人受けはしなかったようで、Xperia mini シリーズはこの代で終わってしまって後継機は出ませんでした。

5年前の端末ですから、もちろん LTE 非対応。Android OS のバージョンは 2.3 までで止まっていますし(非公式に色々やれば 4系も使えるが、CPU パワー的に辛い)、画面解像度は画面サイズが小さいこともあって 480x320pixels なので、今時のアプリは OS バージョンだけでなく解像度的にも使えないものが殆どでしょう。

メモリ(RAM)が 512MB というだけでなくストレージも 512MB(あの頃の Xperia はストレージサイズが小さかった)。microSDHC なしには実用にならなかったし、あの頃の Android OS とアプリは必ずしも外部ストレージに移せると限らなかったので、運用は結構大変でした。

今となっては非力で色々と時代遅れな端末ですから、手元に戻ってきても実運用に投入できるわけでもありませんが、

ずっと手元に残しておきたい、と思える数少ないスマホ


です。スマートフォンなんて大量生産の消耗品としか思えませんが、たまに大事に残したい製品も現れます。


続きを読む

相変わらず iPhone 6s Plus のデカさに、恩恵と戸惑いの両方を感じる日々です。落下の危険性は使う際に常時感じていますが、これから少し慣れたあたりが一番怖いかな、と思っています。

さて、つい先日、そんな iPhone 6s Plus の落下を防ぐために、

「普段はフィンガーストラップだけど、必要な時はワンタッチ脱着ですぐにネックストラップに変身できるストラップが欲しい」


と思って、以下の「HandLinker Extra Carabiner (ハンドリンカー エクストラ カラビナ)という製品を購入して愛用し始めたことを本ブログの記事にもしました。


手に余るデカいスマホだから(時には)首からぶら下げてセーフティにしたい、でもネックストラップはダサいから臨機応変に行きたい。そんな時の「HandLinker Extra Carabiner」

これで完璧というわけでもないのですが(しっかり握れる iPhone 5s/SE サイズだとフィンガーストラップで不安なかったが、Plus サイズだと不安)、出し入れを頻繁にしたいような時にはサクッと、ストラップ交換なしで首からぶら下げられるようになっただけでも良かったかな、と思っています。

デザインもネックストラップは何の芸もないダサい感はありますが、フィンガーストラップはメタルデザインで、カラビナ構造にもなっているので、普段のフィンガーストラップ利用には悪くない感じです。

というような記事を書いて数日後の昨日、普段行かない街で友人と待ち合わせまで駅前商店街をブラブラしていたら、馴染みのない名前の百円ショップがありまして、「ダイソーとか、Can☆Doとか、セリアとか、meets. とかにはない目新しいものがないかな〜」と、暇つぶしに店内を見ていたら…

100YenStrap01
ええっ!この前買ったストラップと同じようなヤツじゃん!


「マジかー、フィンガーストラップとネックストラップをワンタッチで切り替えられる脱着ストラップじゃん、これ……百均で売ってるのかよ!」

この百均の製品「Ring and Neck Strap」は、当方が千円出して買った物とは造りは安っぽさが否めないですし、機能的にもやや劣る面はあるのですが、フィンガーストラップとネックストラップをすぐに切り替えられるワンタッチ脱着ストラップという点は全く同じですし、問題なく使えそうです。


(メタルデザインでないこの製品とは、より似てる感じ。カラビナ構造ではないけど)


ということで、あまりにも悔しいので(笑)、先日買ったフィンガー&ネック・ワンタッチ脱着ストラップとは違う色を3本も買っていましました。

100YenStrap03
(色は購入店では黒、白、グレー、ネイビー、赤、ピンクの6色がありました)


そして、実際に使ってみて、先日千円で買ったストラップとの差異を見ていきながら、この百円ストラップの実用性を確認してみたいと思います。


続きを読む

iPhone / iPad だけを使っている人なら充電ケーブルは USB-Lightning ケーブルだけで良いでしょうが、Android スマホやデジタルカメラその他の充電は世の中 microUSB が一般的ですから、iPhone / iPad とそれらを併用している人は Lightning と microUSB 両方の USB ケーブルが必要です。

充電ケーブルを USB-Lightning と USB-microUSB の2種類を持ち歩くのも邪魔になりがちですから、私の場合は

cheero2in1Cable6
USB-microUSB ケーブルに、microUSB-Lightning変換アダプタのセット


を持ち出しています。これなら iPhone / iPad にも、その他 microUSB 充電の機器にも対応できます。

ところが、microUSB-Lightning変換アダプタは色々あれど Apple 純正が一番安心かつ小型で使い良いけど馬鹿高い(小さなアダプタが2千円近くもする!)といった問題以外に、

microUSB ケーブル + Lightning変換アダプタのセットだと
出先でmicroUSB 充電する時に変換アダプタの保管場所に困る


という問題があります。microUSB 充電する時は microUSB-Lightning 変換アダプタを外さなければなりませんが、この小さな変換アダプタですから紛失に気を使います。(どこで充電したくなるか判りませんしね)

そんな悩みを解決するのが、コレ「cheero 2in1 USB Cable with micro USB and Lightning connector Charge & Sync (60cm)」↓



先月、発売と同時に購入して愛用しています。初期ロットが速攻で完売して一ヶ月以上販売休止になっていましたが、販売再開になったようなので(しかも記事執筆現在、半額の発売記念価格のまま再販中!)、この機に紹介しておきたいと思います。


続きを読む

金がないと言いつつ無駄遣い属性が幾つになっても治まらない私ですが、最近また小物で「ネタのためだけに衝動買いしてしまった……」というのが、コレ。



紫外線が最強に強まっている季節柄、晴天屋外はもちろん、曇り空でも、ちょっとした日陰でも意外と紫外線は強かったりするわけで、おっさん極まりない私はともかく女性の方々は気をつけなければなりません。

というか、紫外線を浴びまくるのは健康にもむしろ良くないとか、癌の原因云々言われていますから、女性のみならず気をつけなければならないご時世なのかもしれません。日に焼けない体質の私が十代の頃、黒くなりたくて何度も全身火傷状態の日焼けをしたのが癌になった原因とは全く思ってませんけどね。

ともあれ、このケータイ・ストラップ、少し前にケータイ watch で紹介されていた記事を見て、「へー、こんなのあるんだ?実際どうなんだろう?」なんて思っていたわけです。

NO.2815:UVチェッカーストラップ - ケータイ Watch

で、先週ヨドバシカメラ梅田へ行った際に見かけてしまいまして、つい買ってしまいました(;´д`)

UVCheckerStrap1


そして、iPhone のストラップホール付きケースに付けて使ってみました。写真では色が変わるとか言われていますが、実際どういう変化が起きるのか!?ただ、それを知りたいが為の700円(^_^;) の結果が↓こちら。


続きを読む

先月あたりからチラホラと話は出ていたのは目にしていたものの、忙しさにかまけて忘れていたのですが、ふと思い出して該当情報から色々追っていくと、どうやらとっくの昔に動かぬ証拠が上がっていたようで。

ファーウェイ"Ascend G6"に続き"ESファイルエクスプローラー"が中国バイドゥと密かに通信していることが分かってきた:モバイルタンク4
ES ファイルエクスプローラー | secroid(セキュロイド)

上記ブログや secroid をどこまで信用するか?ということもありますが、端末情報その他を中国へ流し込んでいるのをキャプチャーして押さえている人は少なくないので、私自身は間違いないのだろうと判断しています。


続きを読む

au が今年5月に発表した「au ベーシックホーム」。docomo と異なり、au は Android 各機種毎に独自のホーム画面アプリしか提供してこなかったが、ここへきて au Android で共通のホーム画面を提供し始めたもの。

各機種で共通のホーム画面アプリを提供することで、同一キャリアなら機種変してもパッと見や最小限の操作性は変わらない、という利点はあるし(ヲタク以外には重要なポイントだ)、何よりもこの「au ベーシックホーム」、

iPhone そっくりのホーム画面アプリ


だから、iPhone から Android への機種変する時の心理的障壁も下げる効果が(ほんの少しは)期待できるとして投入されたはず(でなきゃ、ここまで丸パクリはしないでしょう)。

auBasicHome08


そんな「au ベーシックホーム」ですが、売った後のアップデートのやる気の無さでは定評ある au ですから

「au ベーシックホームも、どーせ今年の夏モデル新機種だけか、せいぜいここ半年くらいの機種だけサポートして、2年縛りされてる機種でも1年くらい経つのは放置プレイだろうなー」

と思っていたところ、徐々に対象機種が拡大して、今月初めには 2013年秋冬モデル以降がサポートされ、そして昨日になって 2013年春夏モデルもサポートされました。

auベーシックホーム対応機種拡大 | スマートフォン・携帯電話 | au

ま、ファームウェア・アップデートと違って、ただのホーム画面アプリですからサポート対象機種を下手に限定する方が不思議なくらいですが、au だけにあまり期待してなかったので、これは嬉しい予想外です。

従来から書いているように、私は現在主に iPhone 5s と INFOBAR A02 の 2台持ち体制ですので(INFOBAR A02 は殆どおサイフケータイとテザリングにしか使ってないけど)、INFOBAR A02 のホーム画面も iPhone ライクな au ベーシックホームに変えてみました。


続きを読む

前回記事では、国内大手メーカー製のタッチペン/スタイラス付きボールペンなのに 400円強とリーズナブルな、ゼブラ「STYLUS C1」を紹介しました。安いけど、使い勝手に不足のないコスパ抜群の製品で、

「これなら常用しているカバン全部に挿しとけば、スタイラスがいつでも使えるわ」

という感じで愛用しています。

ただ、「STYLUS C1」はいかにもスタイラス/タッチペンという形状で、ボールペンとしてみると少々短め、太めです。

STYLUS_C1_3


人によっては、「これはちょっと手に合わないわ…」という人もいると思います。

そこで「普通のボールペンみたいな形状の方が良い」という人向けの廉価なスタイラス付きボールペンがこちら ↓

続きを読む

このページのトップヘ