Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

タグ:Amazon

このところプライベートがバタバタしていたり、今月に入ってから体調を崩すことも数回あって、まったくブログを書く余裕も気力もなくなっていました。場末の零細適当ブログですので、このまま止めてもよかったのですが、気晴らしに書いてるようなものですので、これまた適当に復活してみます(^^)

さて、家族が入院していたこともあって、何かと病院通いの多かったここ2ヶ月。病院といえば、豊富な待ち時間であります(´Д` )

だいたい、その長時間待ち時間のお供はノートパソコンであったり、iPad であったり、Kindle Paperwhite であり、ノートパソコンで仕事する時以外は大量の積ん読がある電子書籍を読んでいることが多いでしょうか。大量の待ち時間があると SNS を見るのも飽きますしね(ー ー;)

ところが、この2ヶ月くらいの病院通いで、よく見るようになったのが Amazon プライムビデオ。

とまぁ、こんな表題でこんなことを書くと

「あー、最近 Amazon のアフィリエイト目的で、プライムビデオの宣伝記事を載せるブログって多いよねー」


となると思います。私自身が感じてるくらいですから、少なくない人がそう思ってるでしょう(⌒-⌒; )

特に少し前の「Amazon プライム年会費初年度千円引きキャンペーン」をやってる時は酷かったですね。どんだけ Amazon プライム誘導ブログ記事が出てくるんだよ…という感じでした。今週月曜日まで開催されてた Cyber Monday セールの時も多かったですね。

なので、この記事も以前書きかけていたのですが、そういった Amazon 宣伝ブログ記事のブームが収まってからにしようと思いまして、今ごろひっそり載せてみます(^^;)

基本的に「テレビを見るより本を読む方が好き」な私ですので、テレビもスポーツ中継以外は視聴自由度のある見逃しオンデマンドメインですし、有料のビデオ配信サービスも以前は複数入っていたのですが、見きれないことが多くて殆ど解約してしまいました。

その点、プライムビデオは Amazon プライムサービスのオマケですから(今はオマケというレベルでもなくなってきたけど)、他のプライムサービスに目的があれば金銭的な負担を感じずに済みます。

それでも

「Amazon プライムビデオ?たまに見るけど、俺にとってはオマケでしかないからどうでもいいわ」


って感じで、今春話題になった Amazon オリジナル番組「仮面ライダーアマゾンズ 」も最初の数話は見ていたものの、結局毎週見続ける習慣に乏しい私は観なくなってしまいました。



そんな私でしたが、Amazon オリジナル番組を積極的に見るキッカケになったのが、コレ↓


続きを読む

以前、Amazonプライムセールにて1万円で購入した激安折りたたみ自転車が、大丈夫かなー?と思いつつもなんとか3ヶ月間、問題なく使えているので、ブログでその顛末を書いていますが、そもそも「Amazonで自転車を買う」という点でハードルになったのが、

Amazonで自転車を買って、防犯登録はどうすんの?


という点でした。今どき防犯登録は必須ですからね。

普通に自転車屋さんで自転車を買えば、防犯登録は自転車屋さんで一緒にやってくれます。(もちろん有料だけど)

通販で買っても持ち込めば良いのでしょうが、防犯登録は買って持っていけば登録してくれる、というものではありません。防犯登録には持って行った自転車が本当に持って行った当人のモノかどうかの証明が必要です。

そのあたりが経験なく、スムースにできるものなのか判らないため、Amazonプライムセールは1日のみの特価だったのですが、朝から悩んで夜になってからポチるまで逡巡した理由の一つでした。

結果から言うと、

Amazon で買った自転車の防犯登録は難しくない
けれど、少し時間がかかる


と言うものでした。

ということで、以下に Amazonで買った自転車の防犯登録手順を記しておきます。


続きを読む

ダラダラとなかなか進まずに書いている「1万円で買った激安折りたたみ自転車購入記」ですが、Amazon プライムセールで買ったのが7月上旬、在庫切れで実際に自転車が届いたのが7月下旬でしたから、すでに3ヶ月経っています。

その間、本来の目的であった「車に積んで航空祭撮影での機動力向上」「空港・基地外での撮影ポイントへの足」としての活躍はもう何度も活用していますし、ちょっとした軽くサイクリングしてみたり、クソ重いけど電車で輪行してみたことも何度もあって、

1万円の元は、もう十分すぎるほど取った


という感じではあります(^^)


【Amazon.co.jp限定】キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) Oricle 20インチ 折りたたみ自転車 FDB206 [シマノ6段変速 / バッテリーライト / ワイヤー錠 / 前後泥よけ ]標準装備 ホワイト YG-778
(プライムセール時に1万円弱で購入したが、通常価格は1万円台前半)

とまぁ、現状はともかく購入から商品到着直後の話は、以下の記事で紹介しました。

【Amazon通販】1万円で買った激安折りたたみ自転車【ある意味お試しチャリ】 (1)購入編
【Amazon通販】1万円で買った激安折りたたみ自転車【何から何まで一式揃ってる】 (2)到着・組み立て編
【不定期連載】1万円で買った激安折りたたみ自転車の話【Amazon通販】 (3)部品・外観チェック編

前回、到着した自転車を組み立てて(すぐできる)、その完成品の外観やらアクセサリー類のチェック・紹介をしました。今回は試し乗りから実際に使い始めての、

激安折りたたみだけど、乗り心地・走り心地はどうなの?


という肝心要のところをレポートしたいと思います。乗り始めて1ヶ月くらいの間に書き留めたメモの内容を中心に記しておきます。


続きを読む

前回の到着・組み立て編記事からすぐに試し乗りの話を書くつもりでしたが、他の話題もあったり、以前の記事でも書いたように、

FoldingCycleCaptainStag17
激安折りたたみ自転車を買った目的である航空祭遠征


などへ出かけることの多いシーズンですので、なかなかブログを書いている余裕もなかなか捻出できず、少し間が空いてしまいました。

いずれにせよ、最寄りの駐車場が使えなくなって折りたたみ自転車を使うのがベストと判断した岐阜基地航空祭遠征で(予行含めて)2日間活躍してくれて、これで元を取った感のある1万円激安折りたたみ自転車ですが、今回は製品が到着して組み立てた状態の外観、付属品を詳しく紹介します。


【Amazon.co.jp限定】キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) Oricle 20インチ 折りたたみ自転車 FDB206 [シマノ6段変速 / バッテリーライト / ワイヤー錠 / 前後泥よけ ]標準装備 ホワイト YG-778
(プライムセール時に1万円弱で購入したが、通常価格は1万円台前半)

購入動機から商品到着、組み立てについては、以下の過去記事を参照ください。

【Amazon通販】1万円で買った激安折りたたみ自転車【ある意味お試しチャリ】 (1)購入編
【Amazon通販】1万円で買った激安折りたたみ自転車【何から何まで一式揃ってる】 (2)到着・組み立て編

前回書いたように、組み立てといっても(ちゃんと折り畳めなくなる前カゴを付けなければ) 全く難しいことはなく、むしろ心配なのは

アクセサリー類を中心に初期不良がないかどうか?


であります。安さの最大の理由は検品作業の甘さであることは、他ジャンルの製品でも往々にありがちですしね。

FoldingCycleCaptainStag01


ともあれ、無事に製品不良もなく組み立てが終わると上記写真のようになります(前カゴは付けていません)。前回記事でも触れましたが、

鍵、ライトその他の保安部品は全て揃っていて
激安商品だけど買って組み立ててすぐ乗り出せる


のは良いですね。

「この値段で売っといて、ライトや鍵、ベルは自分で買え、じゃないのは凄えな。さすが中国製の安さだけあるわ。怖いくらい ^^;」という印象ではありましたが、以下の写真を見てのとおり、各部を見てみると激安商品でも保安部品は不足なく付いていて感心しました。


続きを読む

先日、突如日本向けのみに発表された「Kindle Paperwhite マンガモデル」。


Kindleの日本向けモデル、容量8倍の「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」発表 〜マンガモデルの要る人、要らない人とは?

要は Kindle 電子インク端末の中核モデル Paperwhite のストレージ大容量版ですが、マンガ読書向けに
  • ページ切り替えが 33% 高速化した「快速ページターン」
  • 長押しで高速ページめくりが可能な「連続ページターン」
    (Paperwhite では7ページ/秒のページめくりが公称値)
  • 電子インク Kindle では見づらい細かい台詞、ルビなどを確認するのに、タブレット操作ライクなピンチ&ズームで拡大が可能に

といった改良を行われました。

ストレージの大容量化を除いた、これらマンガ読書向けの改善は従来の「第7世代 Paperwhite (2015)」「Voyager」「Oasis」各モデルにもファームウェア・アップデートで順次実現される(廉価版 Kindle は対象外)ということで楽しみにしていましたが、Paperwhite マンガモデルが出荷された昨日に Paperwhite 向けの新ファームウェアがリリースされました。

KindlePaperwhiteNewFirmware5

Amazon.co.jp ヘルプ: Kindle Paperwhite (第7世代) のソフトウェアアップデート

Kindle のファームウェア・アップデートは順次、各自の端末へ自動的にダウンロードされてアップデートを促す通知がされます。が、

「マンガを読むのに高速化されたという新ファームウェアを一刻も早く試したい!」

という人は、パソコンで
  1. 上記 Kindle ヘルプページから最新ファームウェア (Ver. 5.8.5) をダウンロードする
  2. パソコンと Kindle 端末を USB で接続して Kindle のストレージをマウントする
  3. ダウンロードした「update_kindle_all_new_paperwhite_5.8.5.bin」というファイルを Kindle のストレージ上にコピーする
    KindlePaperwhiteNewFirmware1
  4. パソコンから Kindle のストレージをアンマウントしてから Kindle をパソコンから外す
  5. Kindle の電源を入れて、ホーム画面右上のメニューから設定→設定画面でさらに右上のメニューを開いて「Kindleをアップデート」を実行

の手順で、手動ファームウェア・アップデートが可能です。

KindlePaperwhiteNewFirmware2

KindlePaperwhiteNewFirmware3



私も早速、新ファームウェアにアップデートして試したのですが、

電子インク Kindle でのマンガ本のページめくりは
確かに少しキビキビ動作になった


のを実感できます。

さらに

画面長押しによる「連続ページターン」は
紙の本のページパラパラ送り感に近くて面白い


ですね。ちょっと気持ち良い感じもあります(笑)

以下が、実際に長押しによる「連続ページターン」をやってみた動画です。


続きを読む

7月の Amazoプライムセールで 1万円を切った価格(プライム会員だから当然送料無料)で売っていた激安折りたたみ自転車を思わず買ってしまって3ヶ月。すぐに壊れることなく(今のところは)普通に使えていますので、不定期にダラダラとレポートしていく第2弾です。

【Amazon通販】1万円で買った激安折りたたみ自転車【ある意味お試しチャリ】 (1)購入編

今回は、折りたたみ自転車が届いて内容の紹介とお組み立てたあたりの話と、今は自転車を購入したら必須とも言える防犯登録の手続きを行う過程について述べてみたいと思います。

前回書いたように、

当方、特にチャリンコの知識が詳しいわけでもない、パンクしたり壊れたら自転車屋へ行く一般ピープル


であり、

Amazon で売ってる激安自転車って、一体どうなん?ちゃんと乗れるの?すぐ壊れないの?いつ壊れるの?


という疑問に回答する実例としてのレポートであります。

間違っても、最近ネットでよく見る、お高いロードサイクルや真っ当なミニベロ、折りたたみ自転車などをブログでレポートする人たちと同じにしてもらっては困ります。こちとら 1万円の激安折りたたみ自転車です。(その分、自転車薀蓄もない、はず ^^;)

というわけで、Amazon プライムセールで購入したコレ↓


【Amazon.co.jp限定】キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) Oricle 20インチ 折りたたみ自転車 FDB206 [シマノ6段変速 / バッテリーライト / ワイヤー錠 / 前後泥よけ ]標準装備 ホワイト YG-778

通常1万数千円で売られているものがプライムセールでは1万円切りという、背中を押される値段であり、かつ1日限定だったものの数量限定ではなかったせいで注文が多すぎたせいか、7月12日に注文して実際に自転車が届いたのは10日後でした。(今はそんなことはないと思います)

今回は到着して開梱、組み立てあたりについて、どういうモノだったかを説明してします。


続きを読む

1万円で買った激安折りたたみ自転車などというキワモノ商品をブログに書くかどうか迷っていたのですが、3ヶ月経って 300km 以上乗っても壊れておらず(当たり前といえば当たり前)、激安だから即終了すぐ壊れる糞商品ということでもなさそうなので、不定期にダラダラと書いていこうかと思います。

最初に言っておくと、巷ではお高いロードサイクルや真っ当なミニベロ、折りたたみ自転車などをブログでレポートする人がいっぱいいますが、そういう人たちと同じにしてもらっては困ります。こちとら 1万円の激安折りたたみ自転車です。(一応新品)

FoldingCycleCaptainStag01


さらに誤解のないよう予め断っておきますが、

当方、特にチャリンコの知識が詳しいわけでもない
パンクしたり壊れたら自転車屋へ行く一般ピープル


なので、感想もやってることも、普通に自転車を日々の道具として使うレベルでの話であります(パンクはできなくもないけど面倒だから ^^;)。もちろん、自転車の改造とかそんなこともありません。

自転車に乗ることは小さな頃からオッサンの今に至るまでそれなりに好きですが、(運動不足解消のために乗ってはいるけど)特にサイクリングを趣味としているわけではない私ですので、専門知識的なことやら、知見ある人たちから見た視点とかは全くありません。

と同時に

「1万円の自転車、それも折りたたみなんて、自転車舐めんなよ」

「5万円以下の自転車とか話にならない」

「折り畳み自転車ならブロンプトンとか BD-1 じゃね?サイズ優先なら Carryme や 5LINKS あたりで、千歩譲って DAHON 以下とかないわ〜」


とか、そういうことを言われても、

「はい、そうですね。全くごもっとも。それで?」

としか言いようがないわけです。

当ブログで書く、この1万円激安折りたたみ自転車の話はそういった真っ当な自転車の話ではなく、また今回購入した激安自転車を特に勧めるわけでもなく、

Amazon で売ってる激安自転車って、一体どうなん?ちゃんと乗れるの?


という疑問は(買ってみる前の私も含めて)あると思うので、一つの実例としてレポートしてみるのが目的でありますので、チャリダーからの面倒臭い薀蓄などはございません( ̄∇ ̄)

さて、前置きが長くなりましたが、今回購入したのは、コレ↓


【Amazon.co.jp限定】キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) Oricle 20インチ 折りたたみ自転車 FDB206 [シマノ6段変速 / バッテリーライト / ワイヤー錠 / 前後泥よけ ]標準装備 ホワイト YG-778

Amazon では通常 1万円台前半で売られていますが、7月の Amazon プライム会員限定セールで1万円弱で売られていました。似たような製品はヨドバシカメラなどでも1万円台前半〜半ばで、サイクルあさひでも1万円台後半〜2万円弱で見かけます。

折り畳み自転車としては大きく、20インチ。今後の記事で述べていくように、激安自転車ですから一切の軽量化はないので、折り畳めるだけでクソ重い自転車です。

ま、一言でいうと……

続きを読む

先日、毎月缶コーヒー1杯分でアップグレードできる(& iPhone から簡単にできる、支払いに iTunesカードが使える) iCloud の敷居の低さについて雑感を記しました。

月130円の誘惑 〜クラウドストレージのプチ・アップグレード

上記記事でも触れましたが、私自身が使っているクラウドストレージは iCloud だけではなく、Google ドライブ、マイクロソフト OneDrive、Dropbox、Amazon クラウドドライブ、といった大手/メジャーサービスに加え、BOX も利用しています。

これらは全部無料で使っているわけではなく、一時的なものも含めて有料アップグレードしているサービスもあります。

周りからは

「そんなに色々使っていて、どうするの?」

と言われることもありますが、それなりに使い分けているつもりです。

特に、天災がいつやってくるか判らないご時世ですから

クラウドにバックアップしておけば
自宅に何があってもデーターは残る


ということはありますからね。もちろん、秘匿すべき情報は安易にクラウドへバックアップするのが危険であることは言うまでもありません。

ともあれ、チラシの裏的な話ではありますが、私個人が常用している、Google ドライブ、マイクロソフト OneDrive、Dropbox、アップル iCloud、BOX 、Amazon クラウドドライブの 6種類のクラウドストレージの使い分けについて、簡単に記しておきたいと思います。

続きを読む

以前からだいぶ噂になっていた「Kindle Unlimited」の日本国内サービスが本日始まりました。

KindleUnlimited1

Amazon.co.jp: Kindle Unlimited - 本、コミック、雑誌が読み放題。

お値段は月額980円で、ドコモの「dマガジン」(月額432円)、auの「ブックパス」(月額562円)、ソフトバンクの「ブック放題」(月額540円)といったキャリア系の読み放題サービスに比べると倍の価格ですが、キャリア系の読み放題サービスは雑誌が主体であるのに比べ、Kindle Unlimited は雑誌だけでなく書籍も幅広く読み放題対象というのが売りになっています。

とはいえ、新刊含めた全部の書籍が読み放題な訳がないのは当然であり、アメリカ本国の Kindle Unlimited でも4大出版社が全て参加しない、という状況でありますから、気になるのは

月額980円で読み放題言うても、どこまで読めるのか?


というのが気になるわけで、ざっと見てみました。


続きを読む

今年1月から日本でもサービス開始となった、Amazon プライム会員なら写真アップロード容量無制限の「Amazon プライムフォト」。JPEG だけでなく RAW でも容量無制限対象ということで、サービス開始時から使い始めて、すっかり自分にはなくてはならないインフラの一つとなっています。

Amazon プライムフォトを使い始めて一週間 〜格安無制限なのに安定して速くバックアップに最適!
Amazon プライムフォト サービス開始から1ヶ月 〜環境・撮影枚数によってはバックアップはこれだけでもOK!?

撮影データーや現像処理済みの写真データーは NAS や外部 HDD へ複数バックアップしていますが、クラウドへのバックアップは色々な意味で心強いとともに、心の中ではプライム会員の年会費値上げや無制限の取りやめに戦々恐々としつつ使っています(^_^;)

そんなわけで、Amazon プライムフォトのベースとなっている Amazon Cloud Drive はしょっちゅう、最近は撮影することも多かったせいか、毎日のようにアクセスしているのですが、今朝 Amazon Cloud Drive のページを開いてみると、↓こんなポップアップメッセージが。

AmazonCloudDriveUnlimited1


今まで北米の Amazon.com では提供されていたものの日本では未提供だった Amazon Cloud Drive の容量無制限プランが、日本国内でもサービス開始になったようです。お値段は年額 13,800円

Amazon Drive

ただ、

あれ?アメリカの Amazon Cloud Drive の Unlimited Plan って、年額 $59.99 だったよね?日本ではお値段2倍なの??


という疑問が出てくるわけですが、そのあたりどうなんでしょう?アメリカでは Amazon の各種サービス価格が徐々に値上げされまくっているので、北米の Unlimited Plan も将来的には値上げでしょうかねぇ。

とはいえ、

マイクロソフト OneDrive も容量無制限プランは廃止したし
大手で月千円前後で容量無制限なのは Amazon だけ


です。(Dropbox の容量無制限プランはビジネス向けで 5ユーザー/月7,500円)

以下の表を参照してもわかるように、大手クラウドストレージの月千円前後の価格帯を比較しても、容量的に圧勝しているのは今回日本でも始まった Amazon Cloud Drive になります。


続きを読む

このページのトップヘ