Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:Amazon

昨晩 Amazon のスマートスピーカー「Echo dot」が届いて早速使い始めているわけですが、どうも周りの友人から iPhone X より興味がある、どういう感じなのか、私がどういう感想を持つのか楽しみ、というメッセージをもらったので、予定を変更して、今朝の Alexa との会話を載せておきます。

(メモを元にして、あとから補完したので、細かいところは実際と差異があるかもしれません。ご了承ください)



アレクサ(以下、あ)「ピピッ、ピピッ、ピピッ」
私「アレクサ、ストップ」(←もう起きてた)


(音量を結構大きめに設定してるのに、こんな可愛らしいアラームではとても起きられる気がしないな。いつものアラームを設定しておいて良かったわ)

私「アレクサ、アラーム音の種類を教えて」
あ「すみません、私にはわかりません」
私「アレクサ、アラーム音の種類を変えたい」
あ「すみません、私にはわかりません」
私「アレクサ、アラーム音を変えたい」
あ「そのように設定する方法がわかりません」


アラームの種類すら変えられないのか!

スマートフォンの Amazon Alexa アプリからは簡単に変えられる。でもスマートスピーカーなんだから声のやりとりで簡単にできないと意味ないやろ……

AmazonEchoDot33A AmazonEchoDot33B
(Alexa アプリでのアラーム設定画面)


私「アクレサ、FM802 をかけて」
あ「TuneIn より FM 八女」
私「アクレサ、エフ、エム、ハチ、マル、ニ をかけて」
あ「TuneIn より FM 八女」
私「アレクサ、Radiko を開いて FM802 をかけて」
あ「Radiko へようこそ。ラジオNIKKEI第二を再生します」
私「アレクサ、Radiko を開いて、エフ、エム、ハチ、マル、ニ かけて」
あ「Radiko へようこそ。ラジオNIKKEI第二を再生します」


昨晩と同じ応答やんけ!どうなっとんねん!!(-_-#)


続きを読む

iPhone X にかまける日々ですが、先週 Amazon のスマートスピーカー「echo」がようやく日本でも発表されました。当面、購入は招待制とのことで、「具体的な使い道もない、興味だけのオモチャ」だから買うかどうかは判らないけれど、とりあえず購入権招待の申し込みだけはしたことを先日書きました。


“AIスピーカー”とやらには興味はなかったけど、3,980円/7,980円で買えるなら誘惑される Amazon echo

echo の国内販売は今週からと噂されていましたが、噂どおり昨日から発売開始になり、幸運にも初日に Amazon から小型廉価版である「echo dot」の購入招待メールが届き、早速昨日購入し、本日到着しました。

AmazonEchoDot25


ぶっちゃけ、Amazon echo の購入招待を申し込んでみたものの、

具体的な使い道もないし、特に役に立つとも思えないスマートスピーカーがどんなものか試すだけだし、このところの “IT オモチャ” は iPhone X で満足しているので、別に今買わなくてもいいか。
echo は外部スピーカー(有線/Bluetooh)を繋げられるだけでなく、自身が Bluetooth スピーカーにもなるらしいから、ちゃんと音の出る dot ではない方の echo にした方がいいかな?


と思っていたのですが、昨晩 Twitter を見ていたら、どうやら購入招待を申し込んで初日に購入招待メールが来た人は結構少ないようでした。(今日になって招待メールが届いた人が多かったようですけど)


AmazonEchoDot02


これらを見る限り、どうやら当たったのは非常にラッキーということを知りまして、招待メールには「招待購入の有効期限は本メールを受信されてから4日間」と書かれていますし、それなら

買える時に買って試してみよう


ということになり、早速試しています。

これを書いてるときはまだ1〜2時間程度 Alexa と色々やりとりして、今は Amazon Music やニュースなどを BGM にしてますが、

足りないことも多いけど、思ったより使えるかもしれないオモチャ


って感じですね。(詳細は後述)

続きを読む

LINE の WAVE やアップルの Home Pods、さらに Google Home / Home mini や、ソニーの LF-S50G といった Google Assistant 搭載の “AIスピーカー” “スマートスピーカー” の発表・発売が話題になっていますが(以下、スマートスピーカーで統一)、正直あまり興味はありませんでした。


(プライム会員なら Echo で4千円割引、dot で2千円割引)


家に置いて呼びかけて何すんの?という感じであります。メールや各種通知なら、だいたいスマホやパソコンやタブレットを見てるか近くにあるのだから、わざわざスピーカーに話しかける必要もないし、逆に勝手に喋られても鬱陶しいだけでしょ?

ま、その気持ちはないけれど、新しい物好きの習性というか、

ダメと言う前に試してみたい


という気持ちは常にあるわけです。

もちろん、買ってみてダメだった、というのは常にあるわけで、ゴミとしても記憶に残らなかったりするものは多々あるわけですが…(先日押入れの奥をまさぐっていたら、PSP Go なんて出てきてビックリですよ。ちゃんと使った記憶がないし、ダウンロードも終わってるのでディスクタイプの PSP と違ってどうにもならない ^^;)

ただ、試すにしても何でも気にせず買える富豪ではないので、ダメ元アイテムの購入費用=遊び代との兼ね合いになるわけです。各スマートスピーカーのお値段といえば、以下のとおり。


続きを読む

Amazon の Kindle 電子インク端末シリーズの中でもとびきり高い Kindle Oasis。初代 Kindle Oasis は「バッテリー最小限だけど本体は重さ131gの激軽、極薄仕様+バッテリー内蔵カバーのセット」で登場し、3万円台後半〜4万円台の価格と合わさって、全くもってそそられるものがありませんでした。

それから1年半、完全に一新された2代目「Kindle Oasis」は全くコンセプトを変えて、値段も少しお安くなって登場しました。(と言っても 33,980円〜44,980円、今だけプライム会員は4千円引き)



ざっと新しい Kindle Oasis の特徴を挙げると、


続きを読む

アマゾンの新サービスが日本で開始されるのはいつも、いきなり今日から!?ということが多いのですが、プライム会員向けの雑誌・書籍読み放題サービス「Prime Reading」が今朝からスタートしました。

Amazon、プライム会員向けの新サービス「Prime Reading」を日本で開始
Prime Reading

日本ではソフトバンクの iPad 向けアプリ「ビューン」に始まって、今や各キャリアその他が提供する読み放題サービスですが、ご存じのとおり何でもかんでも読めるわけではなく、かなり限られています。提供されている雑誌も一部のページしか読めないということも珍しくありません。

AmazonPrimeReading1


で、Amazon の場合は既に、「Kindle Unlimited」という別途課金の有料読み放題サービス(月980円)があり、また忘れられているかもしれませんが、プライム会員かつ Kindle 端末購入者向けの「Kindle オーナーライブラリ」というサービス(月に1冊無料で本が読める)もあります。

そこへもって、さらに「Prime Reading」。プライム会員サービス強化策の一つでしょうが、これまでのサービスを見ると
  • ライブラリは有料サービスと比べようもないけど、独自番組も積極的に制作していて結構満足できる「Prime Video」

  • ライブラリは有料サービスとは比べものにならないし、プレイリストも微妙だから、積極的に音楽を聴くなら全く物足りないけど、他の聞き放題サービスに入ってないなら BGM として流すには悪くない程度の「Prime Music」

  • コンテンツ提供ではないけれど、写真限定ながら RAW ファイルも含めて容量無制限というクラウドドライブサービスとしては超太っ腹仕様の「Prime Photo」

  • 一番昔からあるプライム会員向け(&Kindle 端末購入者向け)サービスだけど、初期の頃には比較的豊富にあった対象書籍が一時期よりごっそり消え去って、月に1冊無料で借りたくなる本すら探すのが難しくなった「Kindle Owner Library」

  • プライム会員とは別の有料サービスとして鳴り物入りでスタートしたけれど、出版社や作者とのトラブル話が絶えず、少ししたら読み放題対象からごっそり作品がなくなっていった「Kindle unlimited」

ということで、良いプライム会員向けサービスも多い中、

Amazonの書籍レンタル系サービスだけはロクなことがない


んですよね。そこに今度は「Prime Reading」。

今までのレンタル書籍サービスにおける Amazon のやらかし具合を考えると、プライム・リーディングも期待できないだろうなあ…


と思ったら、やっぱり(´Д`)

AmazonPrimeReading2


スタート初日の現時点で読み放題対象の書籍、雑誌が 896 冊。別途課金のない分だけ予算も少ないのでしょうけど、ちょっとこれでは…という印象がです。

ただ、それでもプライム会員なら無料ですから使えないわけではありません。


続きを読む

【追記】本記事のAmazonプライムデーは終了しています。

昨日から今日7月11日23時59分まで、年イチ恒例の Amazon プライムデーのセールが開催されています。

Amazon PrimeDay(プライムデー) 2017開催中

昨日18時の発売開始の状況を出先でタブレットから見ていましたが、安いな〜と思っていた製品は、あっという間にカートに積まれてなくなっていくのが見えたり、Amazon.co.jp のサイト自体が落ちているのを生暖かく見ていました :D

AmazonPrimeDay2017A
(2日目になってもこの画面を何度か見た :-)


ところで、セール商品にばかり注目が集まっていて意外と見過ごされているのが、

紙書籍全品 10% ポイント還元


という大盤振る舞い。これは間違いなく、お買い得です。写真集や専門書などの高額書籍は今がチャンス!でしょう。

Amazon.co.jp: プライムデー限定 【全品ポイント10%還元】マンガ・雑誌などすべての『本』がお買い得: 本

プライム会員の友達と話していて気づかずにスルーされているようだったので、もしかして気づいていない人も多いかと思って書いてみた次第です。(Amazon プライム会員限定ですけど)

もう一つ、見逃されやすいお得セールとして、プライムデー限定で(今日7月11日23時59分まで)

配送タイプのAmazonギフト券5,000円以上購入で
1,000ポイントプレゼント


というのもあります。

Amazon.co.jp: プライムデー限定 Amazonギフト券 配送タイプを5000円購入で最大1000ポイント: ギフト券

2段階で500ポイントずつ付与される仕組みになっていて、そこらへんは上記ページを参照してもらいたいのですが、とにかく

誰かにAmazonギフト券 5,000円送ったら1,000円分貰える


のですから、これはかなりお得です。友達とギフト券の送り合いをすれば win-win ですから、間に合えばやってみてはどうでしょうか。

【追記】プライムデーのセールで1万円以上購入した人は以下のページを見るのもお忘れなく!

Amazon.co.jp: 2017プライムデーでのお買い物でポイントプレゼント


続きを読む

それなりに電子書籍を購入してきて、すっかり新刊は電子書籍一択、読んでみて外しても中古本屋へ売れないリスクはあっても電子書籍の便利さに依存している私ですが、

文字ものの電子書籍を読むなら電子インク端末でしょ!


という思いもずっと変わりません。

雑誌などカラーで大型判の書籍なら 10インチクラスの液晶タブレットに限りますし、電子インク端末に対応している電子書籍ストアが今は実質 Kindle と Kobo しかないため、他のストアで買った電子書籍はスマホやタブレットで読みますが、目の負担や読み易さを考えると液晶端末は“仕方なく”読んでる感じ。

このあたりの感じ方は人それぞれですが、今は亡き SONY Reader 初代モデルで電子インク端末に触れてから、SONY Reader と Kindle 端末を使い続けてきました。


(Paperwhite は父の日に絡めて、またセール中)


(SONY Readerは販売完了品なのでボッタクリ価格に…)


SONY Reader はT1, T3 と、Kindle は日本未発売(もちろん日本語非対応)の Kindle 第4世代から Paperwhite シリーズの3世代(2012, 2013, 2015)を使い続けてきました。

Paperwhite 2015 では解像度もアップしてコミックもそこそこ読めるようになり、特にマンガモデル発売時のファームウェア・アップデートで使い勝手も少しマシになって、(メニュー周りのモッサリ以外は)それなりに満足して使っています :-)

本音を言うと、Voyager が発売された時にかなり惹かれつつも購入に踏み切れなかったのは今でも後悔していて、たまに「今さらでも良いから Voyager 買うかな?」と思うのですが、

Voyager は全く割引セールしないからモデルチェンジはまだまだなさそうだし、Paperwhite はマンガモデル追加があったとはいえ、前モデルから2年経って、そろそろ新モデルがあってもおかしくないしなあ


という頃合い。

ということで、北米の情報サイトで Kindle 電子インク端末新モデルの噂がないかどうか調べてみました。

続きを読む

先週末は土曜日に彦根へ彦根城築城410周年記念ブルーインパルス展示飛行(予行)を撮りに行って、日曜日は八尾空港へ痛飛行機を撮りに行き、週が明けてからは鈴鹿サーキットへ SUPER GT タイヤテストへと転戦したため、すっかりお疲れ気味で、一昨日未明のアップルの発表会の内容も全くチェックしてません(´Д` )

琵琶湖がらみのブルーインパルスや痛飛行機、元 F1 チャンプのジェイソン・バトンが SUPER GT を駆る姿を見られて満足ですけれど、先々週末の美保基地航空祭から撮影枚数が嵩みすぎて、整理どころかパソコンに取り込むことすらできない写真が大量にあったり、暑くなってきてまたフリーズ連発するようになった E-M1 Mark II に対して「死ねオリンパス」と呪詛を吐くこともありますが、それはともかくとして、

急遽 Amazon プライムに月額会員制が導入


されました。

Amazon.co.jp: Amazon Prime

既に本日から利用可能で、月額400円となっています。

AmazonPrimeMonthly2


このタイミングで急に月額プランが導入された理由は良く判りませんが、日本国内の Amazon プライム会員数の伸びが想定以下であることによるテコ入れ策なのか、それとも「プライム会員外でお急ぎ便や日時指定を利用するならプライム会員になる方がお得」感を出して勧誘する方向なのか。

いずれにせよ、

どれだけ使うかどうか判らんものを、いきなり年額で払うのはちょっとなあ…


と云う理由で躊躇っている人には良いキッカケになるかもしれません。


続きを読む

外へ持ち出すタブレットは 10インチクラスの「iPad Air 2」なのに、より小型な 7インチタブレットの「Nexus 7 (2013)」は自宅内専用(ほぼベッドサイド用)になってる私ですが、両方とも使い込んで年月が経ってるせいか、それなりにへたっております(´Д` )

iPad Air 2 の方はバッテリーはだいぶダメになっていますが、iOS 10 でも処理速度に不満を感じることはまだ殆どないので、バッテリー交換さえすればまだまだ現役ですが、Nexus 7 (2013) の方はモッサリ感があるだけでなく、時々原因不明のフリーズも起きます。

Nexus はベッドサイドに置いてあることもあって朝の起床アラーム代わりにもしていますが、アラームが鳴って画面タップで停止→スヌーズになるはずが、画面タップしたらアラームのメロディがブザー音に変化してフリーズ、電源ボタン長押しで強制オフするまで耳障りなブザー音が止まらないという、確実に起床できる迷惑極まりない症状が度々発生しています。

そんなわけで、そろそろ iPad Air 2 はバッテリー交換、Nexus 7 (2013) は新しい 7インチタブレットを物色していて、その候補の一つが、Amazon Fire タブレット。

先日大規模なセールをやっていて、そろそろモデルチェンジを匂わせていましたが、噂どおりに昨晩発表になりました。



7インチタブレットの「Fire 7」が 8GB/16GB ストレージの2モデル、8インチの「Fire HD 8」が 16/32GB ストレージの2モデル。いずれも 6月7日発売予定。

特長は唯一、激安価格だけ


と言ってもいいくらいで、スペックは凡庸もしくはそれ以下ですが、値段だけは激安。

続きを読む

昨日は素晴らしい晴天に恵まれて、ドライブ日和、ツーリング日和、サイクリング日和、お散歩日和、撮影日和、何してもええ日和だったのではないでしょうか。

私はと言えば、鈴鹿サーキットの SUPER FORMULA & SUPER BIKE を撮りに行くつもりでいたのですが、前夜仕事があって朝4時半起きがキツかったので止めて(半月前の SUPER GT 第1戦の写真整理も殆どできてないし ^^;)、サイクリングがてら京都競馬場まで行ってきました。

競馬もたまに撮影しますから、E-M1 Mark II を使っての動体撮影試し撮りの一環でもありますが、それよりも

一攫千金でニコン D500 資金を稼いでやろう❗️


という意気込みでありました。動き物相手に E-M1 Mark II とサンヨン買うくらいなら、D500 とサンヨンPF で、ちょいトリした方が一兆三千七百億倍幸せになれると思いますからね。(たぶん)

しかし残念ながら、5レースやって1勝4敗、結局収支トントン+コーヒー代くらいは出るかな程度で終わってしまいました…。タテ目を 5R 中 2R も食らっていれば、そりゃ勝てませんわ┐(´д`)┌

EM1M2sample51
(エアスピネル2着、ヤングマンパワー3着付けの狙いは悪くなかったけど…)


まぁ本気かどうかはともかく全く冗談ではない話はさておき、E-M1 Mark II でも以前から使っている E-M10 Mark II にしても、コントラストの厳しいシーンを撮っているとハイライトの滲みとか、明るい部分での階調の少なさが気になっていましたが、昨日の競馬撮影でも「うーん」という感じでした。

ヒストグラムで見ると白飛びしているわけではないのですが、白飛び気味の画像をレタッチでハイライトを -30 くらいにして無理やり白飛び警告だけ消した感というか。撮って出し JPEG だと顕著な気がします。

EOS 7D Mark II でもそういったことはあったのですが、ハイライト付近の描写を見てるとコンパクトデジカメの PowerShot G7 X に近いものがあって、こういったところでもコンパクトデジカメっぽさを改めて感じてしまいます。

EM1M2sample50
(最初電子シャッター使ってたら、1/160s程度のちょっと流しでこの歪みよう…)


もちろん、画質に関しては妥協してマイクロフォーサーズをメイン機にしてみたわけで、そこは仕方ないと言えば仕方ないのですが、夜間撮影は諦めるにしても、昼間撮影時の階調にはもう少し余裕があると思っていたところが、なかなかシビアな印象です。

それでも、バッテリーグリップ付きボディに 40-150mm F2.8 PRO と 300mm F4 IS PRO の2本のレンズなどを背負って、30km 先の競馬場へ自転車で行けるくらいの軽量さは他にないかな、と思います。

と、書くたびに、

EOS 6D と EF100-400L IS II USM の軽量セットで撮りに行ってた時と、重さは変わらなくね?それでいて撮れる画質は天地の差じゃないの?


などと、心の中の悪魔がマイクロフォーサーズに乗り換えた意味を失わせるようなことを囁きますが、とりあえずスルーしておく日々です :D

続きを読む

このページのトップヘ