Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

タグ:Adobe

従来、一年半に一度の Adobe 税(アップグレード代)を巻き上げていたのを「これからは年貢を払わないと最新版を使わせないよーん」と月額/年額のサブスクリプション制に移行したアドビ。

Adobe Creative Cloud の殆どの製品が使えるプランで月額5千円、Photoshop 単体だけでも月額 2,200円。プロで仕事に使い倒してお金を生み出しているなら払える金額ですが、そうでないなら鼻白む以外ない制度。

私自身、当然スルーして、CS6 を使い続けています。アップグレードを強制させる一番の要因であった Adobe CameraRAW も、今のところは CS6 をサポートし続けてくれていますので、わざわざ Creative Cloud で毎月金を巻き上げられる必要性は皆無です。

と、そう思っている人間が少なくないのか、Adobe は Creative Cloud 誘導への新たなる一手を出してきました。

Photoshop CC と Lightroom 5 最新版を月千円なら、どうや?


と。

PhotoshopとLightroomユーザー向けに月額1,000円の新たな提供方法を発表

このプランには後述する加入条件はあるものの、最初の1年間だけのお試しディスカウント価格ではなく、継続的な料金というのがポイントです。確かに、これならちょっと心動かされます。お金を計算してみても、悪くはない話。


続きを読む

プロ・アマ写真家、ウェブデザイナー、動画クリエイター、印刷屋さんその他、全国にかなり居るはずの Adobe 製品ユーザーの皆様、1年半に一度の Adobe 税の季節がやってきました…orz

続きを読む

各分野の定番ソフトを抱えつつ、しかし強気なお値段をいつまでも崩さない&日本語版は英語版に比べて驚きの付加価値設定で有名な Adobe 様が、

Elements を含む Photoshop ユーザーや他社現像ソフトユーザーには
Lightroom 3 を通常価格の3分の1で販売


という、なんとも Adobe らしくない太っ腹企画を打ち出してきました。

アドビストア - Photoshop Lightroom 3 乗換え/特別提供版

基幹製品ではないとはいえ Photoshop の名を冠した製品に対してのセールなんて Adobe としては珍しいので、Lightroom3  の売上が想定以下なのか?と思ったり、長い Adobe ユーザーならば

甘い餌で釣った後すぐに Lighroom 4 を出して
Adobe税 アップグレード料狙いなの?


と思わず穿ってしまいます(笑)。なにせ Adobe はバージョンアップすると、速攻で前バージョンの RAW サポートを打ち切りますから、結局バージョンアップする羽目になることもありますからね…

個人的に Lighroom はファーストリリース前の長いβ期間の時から試していたり、その後もバージョンアップするたびに試しているのですが、自分のワークフロー的には Photoshop CS + Bridge の方が向いていたので、購入に至っていませんでした。

そんなこともあって少し逡巡したのですが、お買い得すぎる価格に釣られてしまいました(笑)



CS ユーザーや他社現像ソフトユーザーのみならず、Photoshop Elements ユーザーも1万円強で Lightroom 3 が買えるのはお買い得でしょう。Elements は「Photoshop サブセット」として廉価グラフィックソフトの定番ですが、写真を撮ってる人が Elements からステップアップするにはちょうど良い条件かと。

Mac だと最初は iPhoto だけで十分満足し(一応は写真管理もこなしますからね)、そこから iPhoto では物足りないレタッチソフトとして Photoshop Elements を選ぶ人は多いですし、Elements を持っていれば+1万円強で Lightroom というのは、Adobe も考えているのでしょう。

AdobeLightroom3Special3
(自分の既存ワークフローにどう組み込むか、置き換えるかは手探り中)


ところで、この「特別提供版」ですが、単に店頭の乗換え/特別提供パッケージを購入するだけではなく

申請書を必要事項を記入して送付しろ


という、なんか良くわからんことが書いてあり、それについて何人かの友人から質問を受けたので、どういったことをするのか、私の場合で記しておきます。

続きを読む

一昨日 Apple から「Digital Camera Raw Compatibility Update 3.0」がリリースされて、よ〜〜〜やく Panasonic の RAW、DMC-G1 / GH1 / LX3(および Leica D-LUX 4)の RAW が MacOS X および iPhone '09, Aperture 3 でサポートされた。

DMC-G1 や LX3 発売からは1年以上が経ち、「Apple はパナソニックの RAW をサポートする気ないんだな…」と思わせるに十分な期間だった。だから、今ごろサポート開始したのにビックリだ。Aperture のメジャーバージョンアップに合わせたのだろうけれど、なんだかなぁ…である。

ついでに言えば、PowerShot S90 やキヤノンの sRAW, mRAW も今回ようやくサポートされた。ホントにもう「私が使ってる RAW だけピンポイントでサポートしないのかよ!」という感じだったから、心の底からよ〜〜やくかよ、である。

前回のアップデート時には同時期発売の Powershot G11 や EOS 7D、さらには発売前の 1D Mark IV までサポートしながら S90 だけスルーだったのには、ガッカリよりむしろ驚いたくらいだ。

もっとも、普段 DMC-G1 の RAW 現像は Adobe Bridge / Photoshop CS4 の Caemra RAW を使っているし、iPhoto は使っているものの RAW 現像後の JPEG ファイルしか読み込ませていないので、特に不都合はなかった。

けれど、こういう RAW サポートの悪さ・遅さがあるから、興味がなくもない Aperture が安くなったところで、やっぱり買う気がしないんだよね。DMC-G1 / GH1 をサポートしておきながら GF1 は対応してないという不思議さもあるし。

ともあれ、それでも OS レベルでサポートしてくれれば、RAW ファイルを Quick Look でサクっと確認したり、プレビューで開いて簡易現像もできるので、便利なことは便利である。

というわけで、なんとなく

MacOS X のネイティブ・サポートも出たことだし
DMC-G1 の RAW 現像をちょっと比較してみるかな…


という感じで、少し自分でやってみた。現像に使ったアプリは

  • カメラ内現像(JPEG 撮って出し)

  • Adobe Camera RAW

  • Apple iPhoto '09(MacOS X 内部処理と同等)

  • SILKYPIX Developer Studio 3.0SE(一応純正の添付アプリ)


の4種類。

もっとも、やり始めてすぐに気がついたのだけど、なんというか、比較するのだからとデフォルトで RAW 現像処理してみたわけだが、

RAW で撮って現像するのに、デフォルト現像しても意味なくね?


という気が大いにするわけで…(^_^;)

きちんと調整入れてこその RAW 撮影、現像処理でしょ、というのは当然あるし、デフォルト現像で単純比較してもあまり意味はないと思えるが、かといって調整入れまくったら比較も糞もないというか、そこまで暇なことしてられっか、と。

そんなわけで、今回の記事もまたやっつけで、写真も現像時の自動補正のかかり具合がよく判るようなテスト用写真ではなく、Mac の HDD 内にあった RAW ファイルから適当に選んだ11枚。一応シチュエーションは色々で、なるべく白飛び気味とかコントラストの強いものを選んではみたけれどね…

こういうのをきちんと比較するのは、私もいつも見ている某カメラ比較ブログに任せるべきですな。ちゃらんぽらんな適当性格な私は、あくまで適当なことしかできませんが、なんとなく自分で比較したかったので。

続きを読む

このページのトップヘ