Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:ATOK

前回、ボディが大柄で片手操作・入力が厳しい iPhone 6s Plus でも ATOK for iOS の端寄せ機能で片手入力ができるようにしよう!と目論んで、見事に失敗したことを述べました。

iPhone 6s Plusの片手文字入力のために ATOK for iOS を買って使ってみた…

上記記事でも触れましたが、私の手が男性にしては小さく、指も短いため、ATOK for iOS で仮想キーボードを端に寄せてもギリギリ届かなかったのであり、手が男性の平均サイズか大きめの人なら iPhone 6s Plus でも ATOK for iOS を使えば片手入力は可能になるかもしれません。

また、ATOK for iOS で片手入力が叶わなかったのですが、せっかく安くないお値段のアプリを買ったということもあって、ATOK for iOS を使い続けています。私の手では完全な片手入力はできませんが、片手で使うには純正キーボードよりはマシですからね。

それにリリース当初は iOS による大きな制約の他に、Android 版と比べても機能が少なく、また当時はメモリ 1GB のiPhoneしかなかったためメモリ不足気味になりやすくて、賞賛とともに批判も多かったのですが、今は機能面、使い勝手でも改良もだいぶ進んだこと、それに

メモリが倍増した iPhone 6s (Plus) なら余裕あるパワーで
ATOK for iOS も快適に使えている


のも事実です。

友達が使っているのを見て iPhone 5s では、とてもじゃないけどモッサリで買う気になれませんでしたが、iPhone 6s (Plus) なら常用するのに全く問題ありません。

反面、

馬鹿で使えない日本語入力と言われた iOS 純正 IM も
iOS 7 くらいからだいぶ良くなり、今では概ね不満ない


レベルになりました。(自分が頻用する語句はある程度の単語登録する必要はあるけど、それは ATOK でも同じ)

初期の頃は連文節変換すらできず、その後も複数の文節を入力して変換させると酷い有様で、サードパーティ製IM が使えないのは iPhone 最大の欠点とも言われましたが、今は純正 IM でも(変換精度的なところで)厳しい意見を聞くことは少なくなったように思います。

そんなわけで、純正 IM も随分と改善が進んだ今、敢えて安くない価格のサードパーティー製 IM を買う意味があるかどうか?という視点で、改良が進んだ ATOK for iOS を今さら購入して使ってみた、ごく個人的な感想を以下に述べたいと思います。


続きを読む

今月始めに iPhon 5s から買い換えて使い始めた iPhone 6s Plus については、過去記事で色々と触れてきました。

4インチ iPhone 最高!の私がiPhone SEを買おうとして6s Plusにした、たった一つの哀しい理由
小さなiPhone 最高!の私がiPhone SEじゃなく6s Plusにした、哀しくない些細な幾つかの理由とその結果
スマホカメラはiPhone 5sレベルで十分!と思っていた私ですが反省しました【前編】 〜Live Photosの副次的効果は日本だと必須!
スマホカメラはiPhone 5sレベルで十分!と思っていた私ですが反省しました【後編】 〜Plusの手振れ補正は絶大
今さら iPhone 6s Plus に買い替えて半月あまり 〜画面や端末サイズ、カメラ以外で感心したこと・気づいたこと

6s Plus にした目的でもある老眼対策も含めて大画面の恩恵は色々と享受しています。今までの 4インチ液晶 iPhone では画面が小さすぎて iPad でしかやる気が起きなかったことも、iPhone 6s Plus ではやる気になれることがあります。

反面、大画面であるがゆえの端末のデカさだけは、どうやっても慣れません。どうしても必要な時はネックストラップを併用していますが、普段はネックストラップをしていないだけに、ポケットへの iPhone 6s Plus 出し入れだけでも気を使う日々です。

手に余るデカいスマホだから(時には)首からぶら下げてセーフティにしたい、でもネックストラップはダサいから臨機応変に行きたい。そんな時の「HandLinker Extra Carabiner」

そして、もう一つ。大画面であるがゆえの大きな難点として、片手操作が不可能であることもあります。

もちろん、5.5インチ液晶搭載の Plus シリーズでは片手操作が不可能であることは、前世代 iPhone 6/6 Plus 発売以降何度も実機を触って十分把握済みで購入しています。

実際に使い始めても当然、片手操作は無理です。私のように男性としては小さな手(一般女性並み)で指が短い者としては、Plus ではない iPhone 6s ですら隅々まで届くとは言い難いので、Plus では指が画面の半分も届くかどうかです。

そのことは十分理解の上で購入したのですから、今さら「片手操作できねえええ」「片手操作できないスマホなんてクソ」などとは言いません。実際に購入して使うまでは「簡易アシスト機能」もあると思っていましたが、いざ実地に使ってみると、まどろっこしくてとても使ってられませんしね(^_^;)

ただ、iPhone 6s Plus に買い換えて片手操作で使えないのは全く問題ないのですが、

今までの片手テンキー入力に慣れすぎて
両手使っての入力だと違和感ありまくり


だったりします。できないことはないどころか、片手入力と大差ない速度で文字入力できますが、やっぱりつい、届かないのに片手入力してしまいがちになります。

iPhone6sPlus31
(指の短い私で純正IMは右端の改行どころか、さ行・は行・記号すら厳しい)

iPhone6sPlus32
(テンキー入力はスライドもあるため、指腹でタップするので真ん中あたりが限界…)


ですから、片手操作ができないのは割り切れているけれど、

文字入力だけは片手で可能なように純正以外の IM を
仮想キーボードを端に寄せられる IM アプリを使おうか


と思い至りました。

iPhone6sPlus33
(仮想キーボードを端へ寄せられる機能が、純正以外の日本語入力IMにはある)


iOS の場合、iOS 8 から IM(インプットメソッド)がようやくサードパーティーへ開放され、日本語入力 IM も幾つか出てきたとは言え、Android に比べると選択肢は少なく、

純正 以外の日本語IM の選択肢は ATOK しかないよなぁ


という感じです。(Simeji とかいう地雷を踏み抜いていくのは各自の自由ですけどね ;-)

ATOK -日本語入力キーボード (App Store)

そんなわけで、今さらですが ATOK for iOS を購入して、iPhone 6s Plus で片手入力できるようにしてみました。

そして、結論から言うと……


続きを読む

昨日は毎年恒例になった、2014年版の ATOK for Windows と一太郎の発表がありました。

ニュースリリース | 2013.12.03 軽快さとストレスフリーを追求した「ATOK 2014」を、来年2月7日(金)発売
ニュースリリース | 2013.12.03 「ATOK Passport」専用の新機能 「ATOKクラウド推測変換サービス」を、本日より提供
ニュースリリース | 2013.12.03 「一太郎2014 徹(てつ)」を、来年2月7日(金)より発売

一太郎という過去の遺物は無関係でありますし、ATOK は使っていますが、もう行き着くところまで行き着いていて

日本語入力 IME は裏方、これ以上肥大化して無駄なことすんな!


という感じであります。

新しい「ATOKクラウド推測変換サービス」?また、変換のたびにネットアクセスするのですか。というか、まず ATOK のクラウドサービス用プロセスが無駄にリソース食い過ぎなのを直してくれ、って感じなんですがね。

ホント毎年毎年、新機能とか要らねーです。むしろ、言葉狩りの拡大を止めてくれ…

おまけに、来年の ATOK 2014 では変換動作が最大25%高速になる「アクセルモード」というのが新機能としてあるらしいですが、いや、だから

無駄な機能を削除して ATOK そのものを軽くしてくれや


って感じなんですけど…。ATOK Passport(月額 300円)払っているので、自動的に更新されていくわけですが。



さて、Windows版 ATOK 2014 や、ATOK Passport 専用新機能「ATOKクラウド推測変換サービス」の発表とともに、

Windows版と同等の変換エンジンを搭載した
ATOK for Android [Professional]


もサラッと発表されました。個人的にはこちらの方が遙かに注目したい話題でした。


続きを読む

半年間我慢してきたけど、いい加減“ことえり”の糞さ加減につき合うのも疲れてきて、そろそろ ATOK を買うか…(それとも EG Bridge って今は賢いのか?)と思っていたところなので、ちょうど良い。買おう。

ATOK for Mac 初代は発売日に買ったし、その昔は Mac VJE も WXG4 for Mac も使っていたのだけど、まぁだいたいからして、VJE も ATOK も PC-9801VM2 を愛用していた頃から使っていたわけだけど(あの頃は VJE 基本だった)、ある時 Visual Studio と IME の相性問題があって、その時に我慢して MS-IME にランクダウンしてから、IME も純正をできるだけ使うようにしてきた。

というか、昔みたいにカスタマイズ命ということもなく、今は標準からカスタマイズするのはできるだけ最小限にしようと試みている。公私ともに、他人様からアドバイスを求められることは多いので、その時にカスタマイズしまくってると困るしね。

しかし、Mac の「ことえり」だけは慣れられない。無理。この馬鹿さ加減と学習能力の無さは、いつの時代の IME かと思う。Windows と MacOS X のどちらが優れているか?なんていう愚かな比較はしないけれど、「ことえり」と MS-IME だったら比べるのも悪いくらい MS-IME の方が優れてる。

というか、MS-IME も最初はホント使えなかった。WX3 をベースに純正 IME として登場したが、明らかに他社製 IME に劣っていた。けれど、'90年代後半にはバージョンアップするたびに良くなって、今では ATOK と比較して優秀とまではいかなくても、一般的用途で使う分には何の問題もない。

が、「ことえり」は一般的用途でもストレスが溜まる。あまりに前時代的。漢字 Talk の時代からはともかく、MacOS 9 の頃から進化してるのだろうか?ホント、ダメ過ぎる。

と書いてきたけど、来月 ATOK 2007 for Mac が出たら買うから、もういいか。Apple にこんなところを期待するのも無駄だしな。

ジャストシステム、「ATOK 2007 for Mac」を7月に発売

このページのトップヘ