Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:APS-C

東海〜首都圏に台風19号が近づく昨今、関西でも少しずつ風が強まってきていますが、昨年の台風21号で被害に遭った身として言えることは、

屋根に被害を受けるほどの猛烈な台風を一度体験したら、もう二度と「台風が来るからコロッケ」とか「台風が来たら(学校または仕事が)休みになる/できるのに」なんてことは言えないトラウマになる


くらいですので、厳重に警戒していただきたいと思います。あらゆるものが飛び交います。

特に雨戸のないマンションの方は、ガラス窓は養生しておいた方が賢明です。養生テープが売り切れていたら段ボールを当てておくとか。割れなくても窓ガラスが風圧で膨らんできて間一髪という思いをした人は周りに何人もいます。



さて、今日はシグマからフルサイズ・ミラーレス機 fp と、ニコンから APS-C ミラーレス機 Z 50 が発表になりました。

コンセプト | fp | カメラ | SIGMA GLOBAL VISION
Z 50 - 概要 | ミラーレスカメラ | ニコンイメージング
NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR - 概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング
NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR - 概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング
Z 50 発売記念キャッシュバックキャンペーン | ニコンイメージング

SIGMA fp は非常にコンパクトなフルサイズミラーレス機として、かなりそそられるのですが、今までのミラーレス遍歴から EVF なしでは使う気にならなくなることが判っていますし、3つ目のマウントに手を出せるほどの余裕はないので、良さげに思いつつも見てるだけになりそうです(/_;)

体感イベントには行ってみたかったのですが、当日のホーム川崎戦はデーゲームなのでちょっと厳しそうですねぇ(´Д`)

Sigma_fp_Release


そして、ニコン Z 50 ですが、今までニコンに欠けていた APS-C ミラーレス機。ソニー α4桁機やキヤノン Kiss M に対抗できるタマがなかったのは痛かったので、ようやくです。運動会シーズンに間に合っていないところが、どうにも昨今のニコンらしいですが……

私の場合、メインマウントをミラーレス機からデジタル一眼レフに戻ってくるにあたって、長く使っていたキヤノンではなくニコンを選択(こちらも出戻り)したわけですが、

最後のデジタル一眼レフとしてニコンを選択したけど、ニコンのミラーレス Z システムには何の魅力も感じないし、再びメインマウントをミラーレスへ移行するとしたら、現状ニコンじゃなく(ボディは微妙でも魅力あるレンズが多い)キヤノンに戻る可能性の方が高いなぁ


と思っていました。まぁフロントランナーのソニーかもしれませんけど。

NikonZ50_Release1


今もその思いはあまり変わっていないのですが、今回の Z 50 発表で

初めてニコン Z マウントに興味が出てきた


って感じです。


続きを読む

既に各種スペックどころか、プロモーション動画までだだ漏れでしたが、GR Digital 改め新型 GR が発表されました。

GR|PENTAX RICOH IMAGING(公式ページ)

随分前から、次の GR は APS-C サイズの撮像素子搭載、という噂は流れていましたが、多くの人は

「APS-C になるのは良いけど、デカくなるのは嫌だ、レンズの点で厳しくなるのは嫌だ」

と思っていたわけですが、APS-C 機で世界最小ボディで、

GR Digital と比べて幅8mm、厚み 6mm アップに留まった


というのは、素晴らしいとしか言いようがありません。

GR Digital から Digital を外し、フィルムカメラ時代の GR 銘に戻すだけでなく、

GR1 と同じサイズに揃えてきた


というのも、リコーの思い、気合の入れようを表している気がします。

なんというか、見れば見るほど欲しくなります。当初はスルーないしは、しばらく様子見してから購入のつもりだった私も、これはちょっとそそられます。

というか、去年の CyberShot RX100 と同じ感じがします。これは買うべきカメラ、今年を代表する一台だと。

続きを読む

このページのトップヘ