Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

タグ:ANA

ボーイングの最新鋭機であり、日本の航空機メーカーが生産に大きく関わっていることでも話題になっている B787 は、全日空が世界で最初に受け取って(今秋)、来年から運航を開始することになっているのだが、当初受け取る B787-8 タイプは国際線用にする話だったのだが、このニュースではどうも国内線にも使われるようだ。それも羽田〜神戸線。

関空線と違って神戸線は JAL も ANA も中型機でそれなりに採算が取れているらしいし、スカイマークも搭乗率向上に大きく貢献している路線らしいが、そこへ最新鋭機を投入とはね。つーか、就航したら、ちょっと乗ってみたいかも。時々 JAL やスカイマークで神戸線は使っているから、B787 にいち早く乗れるなら1回くらいは ANA に乗っても良いかも。

全日空、神戸便にボーイング新型機導入

JEX's B737-400 and three cargo ships
(by EOS 1D3 + EF70-200mm F2.8L IS USM @神戸空港)

ANA が下半期からネットチケット割を廃止するのも、これで納得。今後はネット基本、電子チケット基本でやるということなのだろう。海外の LCC (ローコストキャリア)と同じような考え方だ。それも携帯の Felica を基本にやるとなると、なかなか凄まじい。

まぁきっと携帯だけではなく、IC 機能付き ANA マイレージカードなどでもできるようになると思うのだが、それは正式発表が来ないと判らないね。もちろん、空港で発券するのは可能だが、発券されたチケットも2次元バーコード付きで、それを携帯代わりにかざして、ということになるらしい。

ともあれ今までは、ネットで買って電子チケットでやってくれれば若干だけど割引、だったのが、そのうち空港で発券する分には追加料金なんてことにもなったりして。ANA ならやりかねないし、そうなれば JAL も追随だな。

って、JAL も追随するのかねぇ。というか、できるのかねぇ。個人的には回数券がチケットレスになってくれれば、これほど楽なことはないんだけどね。期間や使う空港によっては、回数券1枚1枚についても多少の精算が必要になるのだけど、だからといって回数券で毎度毎度カウンターへ行かなきゃならないのは面倒過ぎる。

というか、回数券をチケットレスにすれば、カウンター業務、特に基幹空港の JGC カウンターはグッと人が減るような気がするのだが…。利用者にとっても事前にチェックインして、セキュリティゲートに直行できるのだから、これほど双方に利点があることも少ないと思うのだがねぇ。

JAL も ANA に追随してチケットレス割引を廃止するくらいなら、とっとと回数券をチケットレスにしてもらいたいものだ。って、これを書いていて思い出したが、そうなると9月末までのチケットレス割引が効く間に回数券をできるだけ溜め込んでおかなきゃならないな…4ヶ月で使える範囲内で。

全日空の国内便、航空券を電子チケットに全面移行へ

このページのトップヘ