Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:ANA

まだ正式発表になってないが、一律 15,000マイルだった特典航空券を、短距離(往復 600マイル以下)は 12,000マイル、中距離(往復 601〜1,600マイル)は今まで通り 15,000マイル、遠距離(往復 1,601 マイル以上)は 18,000マイルと格差をつけるとのこと。

また、閑散期は短距離 11,000マイル、中距離 12,000マイル、長距離 14,000マイルといった形でマイル減額も実施。さらに今まで特典航空券が使えなかった盆暮れも、3,000マイル追加で乗れるようにするとのこと。

マイルを使う時は常に長距離狙いだった私からすれば、これは値上げになるのだけど、ある意味理に適った措置だから納得せざるを得ない。国際特典航空券は場所によってマイル数が違っていたのだから、これも当然と言えば当然だ。

JALは今のところ何も発表してないが、今までの例からすれば、まず間違いなく追随するだろう。

その前にJALは11月末から2月の間(年末年始を除き)特典航空券のマイル数を 12,000マイルにするキャンペーンを行う。今年のニセコ行きは昨シーズンまでと色々と体制が変わることが確定しているので、マイルを使って行くことにしようかな…

マイル交換、近距離はお得 全日空、国内線の制度改訂
JALホームページ限定 JMB国内線特典航空券 マイル2割引キャンペーン

【追記】記事を書いた直後に公式発表。単に距離・時期に応じた特典航空券の必要マイル数の区分化だけではなく、

  • マイル有効期限の延長(翌々年度末までから搭乗後36ヶ月目の月末に変更)

  • 旅達(無料のANA旅行DM受け取り制度)加入者は、割引運賃で搭乗時のマイルが5%加算

  • 上級会員資格基準を大幅変更。資格基準が搭乗回数とプラチナポイントのいずれかだったのが、プラチナポイントに代わるプレミアムポイントに一本化。搭乗回数のみの基準は廃止。

  • プレミアムポイントは、マイルベースのポイントに加えて搭乗毎のポイントも加算されるが、旅割、超割、ツアー運賃で搭乗した場合には搭乗ポイントはつかない。

  • アップグレード券もポイント制になり、前年度プレミアムポイント実績に応じて、得られるポイントが非常に細かく区分化される。

  • 国内線のアップグレードポイントの使用は、当日カウンター受付のアップグレードのみに限定

  • 最上級ダイヤモンド会員のみ、マイル2倍払いで特典航空券が特典枠に縛られず、搭乗前日まで購入できるプレミアム特典航空券制度を使えるようになる。


といった大幅リニューアルな内容。一見、特典航空券の必要マイル数に目を奪われ、巷の注目もそれに集まりがちだが、

普段から利用する人にとっては、特典航空券より大きな変更がある


という事実。上級会員資格基準の変更に関しては、これはもう完全に修行排除。超割やら旅割やらツアーで乗るような観光客系はたくさん乗ってもらったところで要りません、うちはビジネス客相手で商売します、という強烈な意思表示だ。

おまけにアップグレードポイントが細かく区分されるだけでなく、事前予約時にアップグレードできないとか(SSP に乗るのに、普通席料金+アップグレードポイントという予約はできない)、なかなかキッチリ絞った感じがある。

おそらく JAL も多くの部分で追従すると思うが、微妙に思えるところもある。基本的には私もビジネス客の範疇に入るわけだが、だからといってこんな風になると少々萎えるかもなぁ。

新しく、あなたらしく。ANAマイレージクラブ(ANA 公式サイト)

ボーイングの最新鋭機であり、日本の航空機メーカーが生産に大きく関わっていることでも話題になっている B787 は、全日空が世界で最初に受け取って(今秋)、来年から運航を開始することになっているのだが、当初受け取る B787-8 タイプは国際線用にする話だったのだが、このニュースではどうも国内線にも使われるようだ。それも羽田〜神戸線。

関空線と違って神戸線は JAL も ANA も中型機でそれなりに採算が取れているらしいし、スカイマークも搭乗率向上に大きく貢献している路線らしいが、そこへ最新鋭機を投入とはね。つーか、就航したら、ちょっと乗ってみたいかも。時々 JAL やスカイマークで神戸線は使っているから、B787 にいち早く乗れるなら1回くらいは ANA に乗っても良いかも。

全日空、神戸便にボーイング新型機導入

JEX's B737-400 and three cargo ships
(by EOS 1D3 + EF70-200mm F2.8L IS USM @神戸空港)

ANA が下半期からネットチケット割を廃止するのも、これで納得。今後はネット基本、電子チケット基本でやるということなのだろう。海外の LCC (ローコストキャリア)と同じような考え方だ。それも携帯の Felica を基本にやるとなると、なかなか凄まじい。

まぁきっと携帯だけではなく、IC 機能付き ANA マイレージカードなどでもできるようになると思うのだが、それは正式発表が来ないと判らないね。もちろん、空港で発券するのは可能だが、発券されたチケットも2次元バーコード付きで、それを携帯代わりにかざして、ということになるらしい。

ともあれ今までは、ネットで買って電子チケットでやってくれれば若干だけど割引、だったのが、そのうち空港で発券する分には追加料金なんてことにもなったりして。ANA ならやりかねないし、そうなれば JAL も追随だな。

って、JAL も追随するのかねぇ。というか、できるのかねぇ。個人的には回数券がチケットレスになってくれれば、これほど楽なことはないんだけどね。期間や使う空港によっては、回数券1枚1枚についても多少の精算が必要になるのだけど、だからといって回数券で毎度毎度カウンターへ行かなきゃならないのは面倒過ぎる。

というか、回数券をチケットレスにすれば、カウンター業務、特に基幹空港の JGC カウンターはグッと人が減るような気がするのだが…。利用者にとっても事前にチェックインして、セキュリティゲートに直行できるのだから、これほど双方に利点があることも少ないと思うのだがねぇ。

JAL も ANA に追随してチケットレス割引を廃止するくらいなら、とっとと回数券をチケットレスにしてもらいたいものだ。って、これを書いていて思い出したが、そうなると9月末までのチケットレス割引が効く間に回数券をできるだけ溜め込んでおかなきゃならないな…4ヶ月で使える範囲内で。

全日空の国内便、航空券を電子チケットに全面移行へ

このページのトップヘ