Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

タグ:ANA

先日、B787 ローンチカスタマーである ANA の B787 就航記念特別塗装機が3年ぶりに大阪伊丹空港へやってきた際の記事を書きました。

3年ぶりの伊丹鯖(B787就航記念特別塗装機)

この時は 2機ある B787 就航記念特別塗装機のうち、ANA B787 の 2号機である JA802A が伊丹空港へ飛来しました。

が、それから1週間後の 2月5日夜に再び B787 就航記念特別塗装機が伊丹空港へやってきて、今度は ANA B787 初号機の JA801A。

当日は色々とバタバタしていたため、ITMへ JA801A が飛来したことを知ったのは夜遅くになってから。ですから、またもや夜撮はできず。

しかしながら翌6日朝の離陸だけでも…と撮りに行き、今回は無難あんど無難に空港ターミナルの展望デッキ「ラ・ソーラ」からの撮影でした。

Itami Airport 2017.2.6 (1) JA801A / ANA's B787-8 commemorative painted of first delivery

Itami Airport 2017.2.6 (13) JA801A & JA824A / two ANA's B787-8s


この日は離着陸シーンは安定の一眼レフで撮影していたのですが、駐機やタキシング中のスナップは E-M10 Mark II でええやろ、と思って廉価ミラーレス機で撮っていたものの、なかなか苦労しました。

詳しくは後日また別記事で書くつもりですが、ゆっくりタキシングしている機体でも、プッシュバックする機体でも、さらに止まってる機体でも、ピンボケ、ピン甘を量産してくれる AF なので、油断なりません。

注意していれば避けられる、とは限らないのが辛いところですし、もっさりな E-M10 Mark II ではメモリーカードへの書き込みが終わってから再生して確認していると、タキシングやプッシュバックしてる機体は撮りどころから向こうへ行ってしまいますからね。

JA801A 撮り納めが目的ですから、駐機やプッシュバック状態も途中から一眼レフ+望遠レンズでの切り取り撮影をしていました。当たるも八卦な廉価なミラーレス機の AF 任せの写真のみでは怖かったので…(^◇^;)


続きを読む

先週末は友人が遠方より来阪していたのですが、ちょうど土曜日に若草山の山焼きがあるので、良い機会だということで見に行き&撮りに行きました。

Wakakusayama20170128


年が明けてからバタバタしていて、なかなか出番のなかった E-M10 Mark II を持ち出して撮影するのに良い機会であり、ミラーレス機ならでは、オリンパス機ならではの機能も活かせる機会…と思いきや、また色々あったわけですが、それはまた別の機会に(^_^;)

若草山の山焼き(と花火)を堪能し、大阪へ戻ってきて粉物で友人を歓待しつつ飲んで良い気分になりながらの帰路、ふと Flight Rader 24 のアラートを見ると、

3年ぶりに JA802A、鯖(ローンチデリバリー記念の特別塗装がされた B787 初号機、2号機の俗称)が伊丹に来てる!!マジか!?すっかり国際線ばかりになり、数ヶ月後の重整備で塗装が剥がされるまでに伊丹へ来ることはないだろうと諦めていたのに!!


と、酒も醒める勢いでビックリ。

ANA がローンチカスタマー(最初に導入するエアライン)であった B787 の初号機、2号機には特別な記念塗装がされています。導入当初は乗員の慣熟を目的に主に国内線で運用されていて伊丹空港へも来ていたのですが、元々短距離国際線仕様として造られた機体であり、半年経つと本来の役割である国際線へ投入され、伊丹空港へ来ることもなくなっていました。

そして、数ヶ月後の重整備時にはその記念塗装も消されて通常塗装に変わってしまうということで、「もう伊丹で鯖を見ることもないだろうなぁ」と思っていたところに、思いがけないチャンス。

ぶっちゃけ、ちょっと二日酔い気味でしたし、帰宅したのは午前様。それでいて日曜に早起きするのも辛い…わけですが、さすがにこれからチャンスがあるか判らない機会なので、二日酔いをおして撮りに出かけました。


続きを読む

「ANA×GUNDAM SKYプロジェクト」の目玉、ガンダムジェットが今日就航したので、その初便(羽田→伊丹)を所用の合間をぬって伊丹空港に撮影に行ったので、とりあえず何枚か載せておきます。

ANA's GUNDAM JET First Flight @RJOO (2)

The first flight of ANA's GUNDAM JET approaching to RJOO (2)

ANA's GUNDAM JET First Flight @RJOO

The first flight of ANA's GUNDAM JET approaching to RJOO (3)

The first flight of ANA's GUNDAM JET touching down

the parts of galleries for seeing ANA's GUNDAM JET

the right side painting of GUNDAM JET in the shimmer of hot air


左側面だけでなく右側面も撮ってみたのですが、陽炎の彼方なのでグダグダですね。というか、ロゴ中心の左側面だけでなく、右側面もガンダムが横倒しだったりで、期待した割には微妙…

経費削減が厳しい折、もうポケモンジェットのような派手な塗装は無理にしても、もうちょっと頑張って欲しかったなぁ…という気がします。今度は東静岡に設置された等身大ガンダムが派手なだけに、こちらはちょっとね…

ま、写真自体が下手糞なので、あとは伊丹のヒコーキ写真の達人たちのブログやサイトでお楽しみ下さいませ…

本年4〜8月の日本航空と全日空の国内線における路線別搭乗率一覧が、現在 asahi.com に掲載されている。

日本航空国内線の路線別搭乗率一覧
全日空国内線の路線別搭乗率一覧

集計時期が4〜8月という刈り入れ時、特に沖縄、北海道といった観光路線が儲かる時期だけに、それらの路線の搭乗率が軒並み上位にきている。

9月に廃止になってしまって不満たらたらの関西〜旭川便が 11位、搭乗率 72.3%というのを見てしまうと、これだけ搭乗率が良いのに何で廃止するんだよ…という思いがある。冬期の搭乗率が激減するなら夏期季節便でもいいのに…

とは思うが、観光路線はツアー客メインだから搭乗率が良くても儲からないのは、どこも同じ。通常は 60% が採算ラインとはいえ、観光路線だと 70% くらいじゃ採算に合わないのだろうな。

今回の集計は4〜8月だけど、これが冬期ならもっと悲惨なのは目に見えてるしね(だから冬期は割引キャンペーンが盛んだ)。

それにしても一番気になったのは、羽田〜伊丹便の搭乗率が JAL, ANA ともに 60% を切ってること。利便性のために1時間に1便、ちょうどL特急のように便設定されているせいもあり、昼間の搭乗率はかなり悪い時が多いのは事実だが、平日朝夕は満席 or 満席に近いことも多いし、トータルだとここまで低いのには驚いた。

同じく、飛行機のドル箱路線である羽田〜新千歳もそう。羽田〜新千歳に関しては便数が多すぎるとは思うけどね…何かあると、わざと間引いてるだろ?という欠航があるし。

いずれにせよ、これをみると厳しいのは事実。飛行機に乗るのは好きで、飛行機で旅するのが好きな私としては、休止廃止路線が増えるのは哀しいし、困るのだが…

飛行機写真を撮るにしても、行くところは早く行かないとなくなってしまったり、便数が減って、まともな時間帯に撮れないなんてことになる。

無駄に税金を使われるのは当然困るが、とはいえ、こういう状況で搭乗率が悪いところをドンドン切られていくと、ホント関西からはまともに行けるところがなくなるね…

国内空路7割超が「赤字」 日航・全日空、廃止路線増も

Tomakomai port view from the sky
(旭川→関空便、苫小牧上空にて)

来たよ、やっぱり今年も値上げ。もちろん JAL も値上げだそうな。やってられんね。

ま、今は飛行機出張どころか、今週は電車バスを乗り継いだ山奥へ毎日行って携帯の電波もほとんど届かない部屋に缶詰、帰りは午前様なわけですが。

asahi.com:全日空、国内線運賃9%値上げ 4月から

日通などとの国際貨物の提携も JAL が先行していたものの結局は ANA が行うことになったりと、相変わらず ANA はアグレッシブというか、JAL は規模縮小の嵐だな。本体の整備部門もほとんど子会社へ出向させるらしいしねぇ。羽田〜伊丹を見る限り、今年度に入ってから確実に ANA に流れていた客が少しずつ JAL に戻ってきている気はするけど、この先どうなるやら。

asahi.com:全日空が格安航空会社 近距離国際線、合弁で設立へ
全日空・日通・近鉄エクスプレス、国際貨物の新会社設立

おぃおぃ。ANA と JR 東日本は、Edy と Suica を巡ってライバルだったはずなのに、包括提携ってマジですか。JR 東は今まで JAL と組んできたはずなのに。ってか、JAL View Suica ユーザーとしては、先行きが心配なんですけど…

カード事業売却の絡みかどうか知らないけど、JAL はカード戦略が下手過ぎだよなぁ。JAL IC ポイントなんか全然使えないし、制限があっても Edy と相互交換できる ANA の方が魅力はあるもんなぁ。ホント、JAL View Suica が冷遇されそう。ってか、View カードは、まともなゴールドカード作れよ…

全日空・JR東日本が提携、カードを一体化

そりゃ2年連続で千円ずつ or それ以上値上げして、さらにこの秋からはネットで前日までに購入した際の割引も廃止されたのでは、客も逃げるわ。記事では現行¥14,600 って書いてあるけど、よく使われる時間帯は¥15,200 が基本、一番利用率の高い午前中の伊丹→羽田なんか¥16,200 だもんねぇ。私自身使っていて、何だかなぁ〜と思うし。

でも、特便割引1を安くしてもどこまで効果があるか?は微妙のような気がする。東阪間のパワーユーザーは回数券中心なんだから、シャトル割引や回数券が1回あたり1万5千円以上しているのを¥14,000 にしないと、あまり効果はないように思う。

あと、自分が時々使うようになったからという訳じゃないが、確実にスカイマークの神戸便に逃げた客はいる。阪神間ユーザーはもとより、大阪市内・北摂ユーザーでも結構いるのは、ポートライナーからJRや阪急に乗り継いで府内まで行く人を私以外にもそれなりに見かけるので間違いない。

スカイマークなら多少遠回りでも新幹線と変わらないか少し早い時間で、料金は電車代を加味しても新幹線よりかなり安い。現在、東阪間最安料金だから利用する人が少なくないのも当然。おかげでスカイマークの朝晩の便は、予約がかなり取りにくくなってきた。

ま、燃料高騰でそうそう値下げはできないだろうから、徐々に東阪間で飛行機が苦しくなるのも仕方ない気がする。私は相変わらず飛行機中心だけど、どこまで続くやら…

全日空と日航、東京―大阪線値下げ・新幹線に対抗

まだ正式発表になってないが、一律 15,000マイルだった特典航空券を、短距離(往復 600マイル以下)は 12,000マイル、中距離(往復 601〜1,600マイル)は今まで通り 15,000マイル、遠距離(往復 1,601 マイル以上)は 18,000マイルと格差をつけるとのこと。

また、閑散期は短距離 11,000マイル、中距離 12,000マイル、長距離 14,000マイルといった形でマイル減額も実施。さらに今まで特典航空券が使えなかった盆暮れも、3,000マイル追加で乗れるようにするとのこと。

マイルを使う時は常に長距離狙いだった私からすれば、これは値上げになるのだけど、ある意味理に適った措置だから納得せざるを得ない。国際特典航空券は場所によってマイル数が違っていたのだから、これも当然と言えば当然だ。

JALは今のところ何も発表してないが、今までの例からすれば、まず間違いなく追随するだろう。

その前にJALは11月末から2月の間(年末年始を除き)特典航空券のマイル数を 12,000マイルにするキャンペーンを行う。今年のニセコ行きは昨シーズンまでと色々と体制が変わることが確定しているので、マイルを使って行くことにしようかな…

マイル交換、近距離はお得 全日空、国内線の制度改訂
JALホームページ限定 JMB国内線特典航空券 マイル2割引キャンペーン

【追記】記事を書いた直後に公式発表。単に距離・時期に応じた特典航空券の必要マイル数の区分化だけではなく、

  • マイル有効期限の延長(翌々年度末までから搭乗後36ヶ月目の月末に変更)

  • 旅達(無料のANA旅行DM受け取り制度)加入者は、割引運賃で搭乗時のマイルが5%加算

  • 上級会員資格基準を大幅変更。資格基準が搭乗回数とプラチナポイントのいずれかだったのが、プラチナポイントに代わるプレミアムポイントに一本化。搭乗回数のみの基準は廃止。

  • プレミアムポイントは、マイルベースのポイントに加えて搭乗毎のポイントも加算されるが、旅割、超割、ツアー運賃で搭乗した場合には搭乗ポイントはつかない。

  • アップグレード券もポイント制になり、前年度プレミアムポイント実績に応じて、得られるポイントが非常に細かく区分化される。

  • 国内線のアップグレードポイントの使用は、当日カウンター受付のアップグレードのみに限定

  • 最上級ダイヤモンド会員のみ、マイル2倍払いで特典航空券が特典枠に縛られず、搭乗前日まで購入できるプレミアム特典航空券制度を使えるようになる。


といった大幅リニューアルな内容。一見、特典航空券の必要マイル数に目を奪われ、巷の注目もそれに集まりがちだが、

普段から利用する人にとっては、特典航空券より大きな変更がある


という事実。上級会員資格基準の変更に関しては、これはもう完全に修行排除。超割やら旅割やらツアーで乗るような観光客系はたくさん乗ってもらったところで要りません、うちはビジネス客相手で商売します、という強烈な意思表示だ。

おまけにアップグレードポイントが細かく区分されるだけでなく、事前予約時にアップグレードできないとか(SSP に乗るのに、普通席料金+アップグレードポイントという予約はできない)、なかなかキッチリ絞った感じがある。

おそらく JAL も多くの部分で追従すると思うが、微妙に思えるところもある。基本的には私もビジネス客の範疇に入るわけだが、だからといってこんな風になると少々萎えるかもなぁ。

新しく、あなたらしく。ANAマイレージクラブ(ANA 公式サイト)

ボーイングの最新鋭機であり、日本の航空機メーカーが生産に大きく関わっていることでも話題になっている B787 は、全日空が世界で最初に受け取って(今秋)、来年から運航を開始することになっているのだが、当初受け取る B787-8 タイプは国際線用にする話だったのだが、このニュースではどうも国内線にも使われるようだ。それも羽田〜神戸線。

関空線と違って神戸線は JAL も ANA も中型機でそれなりに採算が取れているらしいし、スカイマークも搭乗率向上に大きく貢献している路線らしいが、そこへ最新鋭機を投入とはね。つーか、就航したら、ちょっと乗ってみたいかも。時々 JAL やスカイマークで神戸線は使っているから、B787 にいち早く乗れるなら1回くらいは ANA に乗っても良いかも。

全日空、神戸便にボーイング新型機導入

JEX's B737-400 and three cargo ships
(by EOS 1D3 + EF70-200mm F2.8L IS USM @神戸空港)

このページのトップヘ