Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:A代表

いよいよ、W杯への長い戦いが始まる。このままじゃ先が見えないのは、サッカー日本代表も同じ。かといって、特効薬がすぐに出てくるわけでもない。それでも同じことの繰り返しは、もう勘弁だ。

日本は来年2月の3次予選から登場 10年南アW杯予選で

とりあえず言いたいのは、

いい加減、同じような試合は見飽きた


見飽きた。ホント見飽きた。また、10人相手に崩せないまま、PK戦。PK は運の要素も強いから、負けるのは仕方ないけれど、それまでが同じような展開過ぎて嫌になる。つーか、オシムは学習能力ないんか?

基本的にオシム支持だが、今回のアジア杯での采配には疑問を感じる点は多い。というか、選手選考自体に疑問を禁じ得ない。いい加減、千葉の選手偏重はやめろ。それじゃあジーコとかわらねぇ。確かにレギュラーは固定される方が良いし、控えとの差があるのも事実だろうが、選手交代となると毎度、羽生に佐藤って…

だいたい、昨日の試合は前試合の疲れも残ってるし、大して意味のない3位決定戦だから、控え中心にするんじゃなかったんかよ。それが開けてみれば、やっぱりいつものメンツが出て、交代もワンパ。そして試合もまたワンパの繰り返し。ストレス溜まりまくりだ。

とにかく千葉の選手偏重は止めてくれ。別に千葉が嫌いなわけじゃない。でも現実に今、千葉は J2 降格争いといっていいほど調子が悪いし、他のチームにもっと選ばれても良いような選手はいると思う。散々ワンパターンでやられてきてるのだから、そろそろ動きを見せて欲しいものだ。今回のアジア杯の敗因の第一は、監督であることは間違いない。

ま、これでアジア杯も終わって(イラクvsサウジなんて詰まらんサッカー以外が想像できん)毎回毎回同じような試合でストレス溜まりまくりのA代表も一休み。そして来月からは、そんなストレスも解消してくれる、楽しいガンバ劇場が始まる!!!

日本、PK戦で韓国に敗れる アジア杯3位決定戦

オシムは疲れのせいにしていたけれど、疲れと言うなら相手の方が日程的にも、移動的にも辛かったのだから、言い訳にはならない。試合を見ていた限り、点差は1点差だけど、明らかに力負け、個人技を止められなかった印象が大きい。そういう意味では完敗に近い。

最初の2点は取ったらすぐ取り返す形になったが、2点目取って同点にして、またすぐ勝ち越し点を入れられたのは痛かった。中沢にしても、阿部にしても点を取ったのは良いが、彼らの本職は CB (DF) であり、中央にいる守りの要。それがサウジの FW、ジャシムやマレクに良いようにされていたのでは勝てないのも仕方ない。

無論、システムの問題だから CB 2人の責任だけではないし、まぁハッキリ言えば、今大会の前から不安視されていたように、「闘莉王がいたなら違っていたかもなぁ…」という在り来たりな思いに繋がるのだが、それを除いても今大会の DF は悪かった。最初の試合からずっとそうだった。

攻撃の組み立てについては、中村俊輔だけでなく遠藤へボールが回ったり、W中村+遠藤でのボール回しなど、プチガンバ的な攻撃がかなり機能してきたけれど、この試合にしても、ボール支配率は3分の2の割には崩し切れないのは、まだまだ未熟な証拠。相変わらず決定力に欠けるのはもはや日本の伝統だが、とにかく DF はここ 10年で一番悪い気がする。それでは勝ち切れないだろうし、W杯への展望も明るくない。

ただ、何度も書いてるけれど、ジーコの時にアジア杯を勝ったことと比較して今がダメだとは決して思わない。ジーコの時は勝っても、ひたすら目の前だけの話だけだった。アジア杯を勝っても、その先に大きな伸びしろも、選手代えていっての可能性も感じなかった。でも、このチームは違う気がする。いい加減オシムが一部チーム選手の偏重を止めれば、の話だが。もっと選出すべき人材はいたと思うのだけどね。

いまさら韓国相手の3位決定戦はどうでもいいが(燃え上がるのはあちらさんの国だけで十分。日本は控えに経験を積ませて欲しい)、このあとは 8/22 のカメルーン戦と、9月の欧州遠征2試合(オーストリア、スイス)。なんだか中途半端だ。特にカメルーン戦は、Jリーグ後半日程のど真ん中に、無理矢理ねじ入れてやる必要があったのか。おまけに客が入らない九石ドームなんかで。まったく何考えてるのか判らん。

それから、ホント今回のアジア杯で一番最低だったのは、テレビ朝日。ホント、テレ朝はサッカー中継から手を引いてくれ。今までもそうだったが、何もかも酷すぎる。酷過ぎるにも程がある。BS 見られない状況だと、テレ朝の中継を見るたびに、テレ朝なんかなくなれば良いのに!と思うわ。

オシムジャパン、守備陣崩壊で最多失点負け…アジア杯3連覇逃す
3連覇夢散…オシム監督負け惜しみ

やはりサウジか。アジア杯とはいえ、4強ともなればどこも手強いのは同じだしね。それにしても1次リーグで苦戦していた韓国も4強とはね。奇しくも日本と同じように PK 戦での勝ち上がりとは、さすが地力のある国だ。

オシムジャパン、手ごわいサウジと準決勝 アジア杯4強出そろう

まぁなんつーか、またもや、そしていつまで経っても日本代表らしい試合でしたな。押して押して押しまくってるのに点が入らない。引いてる相手を崩すのは難しいけれど、最後は相手が 10人になって、完全に足が止まっていたのに、それでも入らないのは、もはや日本のお家芸ですな。

もっとも、最初にオーストラリアに先取点を奪われた時は、これで最悪パターンになるかと思ったけれど、即座に高原がゴールして同点にしたのは大きかった。あれがなければ確実に 0-1 で負けてたパターン。

そして何よりも GK 川口。日本人 GK としては、PK には滅法強いのを今回も証明。今日はまさに、神様仏様川口様。他に何を言うこともない。PK は見てる方にも心臓に悪いけど、最初に川口が2本止めてくれるという神業っぷりを見せてくれたので、かなり楽な気分になれた。

次はたぶんサウジだろうけど、これで1日分だけ日程的にも有利だし、場所もまたハノイのままという有利さなので、それを生かして決勝へと駒を進めて欲しいものだ。いやホント、ここまで来たら期待したい。

日本ベスト4進出!PK戦でオーストラリア下す アジア杯

1ゴール2アシスト。2戦連続 Man of the Match。中村俊輔ばかりに注目が集まっているけれど、さすがにこうなれば見出しもヤットを…と思ったが、日刊もスポニチも1面は俊輔。まぁ俊輔も1ゴール1アシストだったけど、納得いかねぇなぁ。むしろサンスポみたいに、ようやく復活?の2ゴール挙げた巻を取り上げるなら判るけど。

まぁ海外組という大看板はないし、バックに団体がついているわけでもなければ、元々地味な選手だから仕方ないけど、でも現在J随一の華麗な FK に、司令塔らしい華麗なパスワークは、俊輔と利き足は違えど劣らない。そういうのはちゃんと認めて欲しいよなぁ。宮本もそうだったけど、何かキッカケがあれば、すぐ注目されるだけの技術も、そしてそれだけの実績が既にあるんだけどねぇ。ドイツ組の数少ない生き残りで、オシムジャパンの、間違いなく核なわけだし。

ともあれ、昨晩は予想通り仕事で見ることはできず。夜中の仕事の合間に、少しだけダイジェストをあれこれで見たくらいで、あとは後日またビデオでゆっくり観戦だな。とにかくヤットの力が証明されただけでも嬉しいよ。

いぶし銀が輝いた!“黄金の右足”遠藤が技あり決勝FK弾
FWは高原だけじゃない!復活・巻の2発で日本1次L1位突破

以上とか以下とか関係ないが、日本のマスコミ、特に新聞関係(スポーツ紙)はとにかく俊輔、俊輔と、中村俊輔ばかりが主役のようにかき立ててウザい。中田らが抜けた今のA代表において、広く知られた有名プレイヤーは高原と中村俊輔くらいだからある程度取り上げられるのは仕方ないとはいえ、ヤットを無視して中村俊輔ばかりを取り上げるのは、ガンバ贔屓を別にしても酷過ぎる。この記事も全国版ではなく、日刊の関西版の小さな記事だ。

個人的な好き嫌いを言えば、中村俊輔は元々好きじゃないプレイヤーだが、今の日本代表に欠かせないプレイヤーであるし、少なくとも代表では頑張って欲しいと思っている。が、しかし、今のオシム体制にあって、中盤を支配しているのは俊輔ではなく、俊輔とヤットの2枚の動きだ。何でもかんでも俊輔、俊輔と書かれ続けると余計に俊輔が嫌いになる(笑)

だいたい、全国版=首都圏版とはいえ、先日のナビスコ杯でもゼロックスの時でもそうだが、ガンバが浦和を粉砕しているのに、新聞は常に浦和目線。ガンバな人間としてはムカつきまくり。テレビは映像中心のせいか、一部のサッカー番組を除けば、まぁそこまで酷くない。

かといって、関西版のスポーツ紙はどうかというと、勝っても負けても馬鹿の一つ覚えで常に阪神一面。2面、3面も阪神。サッカーの記事はその他スポーツ扱いに毛が生えたようなもの。ホント、関西のスポーツ紙のサッカーに対するやる気のなさは酷い。その酷さは、首都圏版が常に浦和目線である方がずっとマシに思えるくらいだ。

まぁ、関西はテレビも常に阪神オンリー(野球オンリーではなく阪神オンリー)だから、ガンバがどんなに頑張っても UHF 含め地上波のテレビ中継が増えることもないし、ホント報われなさすぎ。それでも淡々と、和やかに、そして華麗に、日本で一番面白いサッカーを展開するガンバだけどね。

ともあれ、今日はベトナム戦。まさにアウェーな戦いになるし、中2日で悪条件のコンディションも厳しいが、きっちり勝ち上がって欲しい。午後から仕事で、生中継で見ることはできないと思うが…どこかで USB ワンセグチューナーを買おうかな?(って、屋外じゃないから電波入らないかな…)

「遠藤は俊輔以上」ベトナムメディア絶賛

とりあえずは良しという感じ。前半は先日と違って見違えるような動きだったけど、後半がなぁ。後半がグダグダになるのは、高温多湿まくりな状況だから仕方ないとは思うが、それでも相手が 10人になってから失点をしたのは、いただけない。次の試合の結果によっては、この得失点差1が明暗を分けることにもなりかねないのだから…

それに次戦は地元ベトナム。ここまで番狂わせの強さを見せているのは、まさにホームの強さを生かしていて、サッカーをするような気候じゃない中でも、元気に走り回れるのが理由。日本が足が止まってグダグダになる後半にカウンターでやられる可能性は小さくない。というか、そんな悪寒がするわけだが。

A組でオーストラリアがまさかの2連敗で沈んでしまって、タイがベトナムと同じく予想以上の強さを見せているのも、やはり気候のせいだろう。ってか、B組の日本、ベトナムと同じく、A組はイラク、タイが勝ち点4で上位体制。決勝トーナメント初っぱなでイラクと当たるのは避けたいから、ここはB組首位で抜けておきたいところ。と言ってると、B組2位にオーストラリアが来たりして(笑)

とにもかくにも決戦は月曜夜。その前に明日も決戦。でも、私自身がそれどころでないので、見に行くのは無理な感じ…

日本、高原の2得点などでUAEに快勝 B組首位に アジア杯

怒りたくなるのも仕方ない試合だったとは思うが、オシムお前の采配ミスもあったと思うわけだが。それにいい加減、千葉の選手偏重は止めろ。監督をやっていた千葉の選手は扱いやすいだろうが、今年になってから結果を出せてないし、昨日の試合の敗因(負けたようなもんだ)はそこもあるだろ。今シーズンの千葉のダメさ加減も考えれば、偏重してる場合じゃないだろう。

基本的にオシム支持な私だが、ジーコの時の海外組“黄金の中盤”偏重主義と同じ匂いが漂いつつあるのは、ちょっとね。アジア杯で優勝できなくても別に止めることはないと思うが、昨日は監督の選手起用ミスもあると思うし、これで予選リーグ敗退となれば責を問われて然るべき。方針は悪くないが、千葉偏重も含めて選手起用についてはどうかと思うね。

国内リーグの日程に文句をつけるのは代表監督の常だが、合宿日程を急に繰り上げたり、戦う前から負けた時の言い訳をJリーグ日程になすりつけるなど、最近はなんつーか焦りというか、思うようにいかないのを他に原因を求めてばかりになってきた気がする。

ま、とりあえず昨日については、選手に怒鳴るのと同じくらい自分こそ反省しろや、みたいな気分。

日本痛恨のドローにオシム監督激怒「お前らはアマチュアか!」

何やってんだか… セバスティアンには決められるちょっと前にもヒヤッとさせられる FK をされてるのに、結局対処できずに最後の最後で決められてしまうとはねぇ。終了間際に耐え切れない、日本代表の悪い病気がまた出てきたという感じ。もはや伝統というか、これをしっかりモノにできるようにならないと勝ち上がっていけないのに。

前半から押して押してるのに決められないのは、もはや毎度過ぎて何にもいえない。高原のボレーは良かったけれど、それだけだったなぁ。会場のコンディションが悪いことを別にしても、ホント、欲求不満だけが残る試合だった。最悪すぎ。

オシムジャパン、痛恨の終了間際 初戦のカタール戦はドロー

このページのトップヘ