先月ニコンから開発発表された AF-S 500mm f/5.6E PF ED VR(以下、ゴーゴーロク)。以前の記事にも書いたように、個人的にかなり気になっているレンズです。

スタジアムの観客席からサッカーを撮る際には、陸上トラックのない専用スタジアムで前方席から撮る場合でも 500mm くらいが必要です。(フィールド脇から撮影できるプロカメラマンの標準レンズはヨンニッパこと 400mm F2.8 ですが、それより距離は必要)

しかしながら、がら空きの自由席でもない限り長玉レンズを持ち込むのは周りの迷惑になるので、500mm、600mm といったレンズは(それがタムロン、シグマのようなズームレンズであっても)使うのは避けたいものです。実際、望遠レンズ禁止になったスタジアムもあります。

私の場合、キヤノン時代は周囲の理解を得てサンニッパ (EF300mm F2.8L IS II USM) を使っていましたが、それですら気が引けていたわけで(精一杯身体を引いて撮っていたけど)、そういう意味ではニコンの 300mm f/4E PF ED VR(以下、サンヨンPF)というレンズは、具合の良いレンズであります。



サンヨンPF はサンニッパよりも一段暗いので、シャッター速度を確保しようと思うと APS-C カメラで ISO 3200 を使わざるを得ないし、ぶっちゃけスポーツ撮りに使うには AF が遅いのが難点ですが(普段の撮影で遅さを感じることは殆どない)、PF レンズによる劇的なレンズ長の短さ(と軽さ)は、フードなしで 15cm 未満とスタジアムの観客席で撮っていても周りに迷惑はかかりません。

90分ずっと手持ちでも全く筋肉痛の心配がありませんし、画質的にも妥協の範囲内。VR に SPORTS モードがある最新形なので、ニコン VR の強いファインダーの揺れを気にする必要もなく、AF速度以外は良いレンズです。

そんな中、ニコンは今度 500mm F5.6 の PF レンズを発表しました。

Nikon | ニュース | ニコンFXフォーマット対応の超望遠単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」を開発

ゴーヨン(AF-S 500mm f/4E FL ED VR)を買ったばかりだし、



と言いつつも、「PF レンズとはいえ、500mm のレンズがサンニッパレベルの 20cm 台前半は厳しいやろ」と思ってスルーの方向だったのですが、実機レンズの写真がリークされて見てみると、思いの外、短そう。

となると、

フルサイズ+ゴーゴーロクなら、今の APS-C 機+サンヨンPF より確実に画質も上げられて、シャッター速度も稼げそう。AF 速度もサンヨンPF よりは速いだろうし、サンニッパが全然リニューアルされない今だと、フルサイズ機と一緒に買いたいなぁ


という気持ちになっていました :-)

個人的には「ゴーゴーロクが実際どれくらいの長さなのか?」というのが、購入するか否かのポイントなのですが、昨晩 Nikon Rumours にゴーゴーロクの長さが判りそうなリーク写真が載っていました。
続きを読む