初めてのマイクロフォーサーズ機 DMC-G1 が発表されたのは、かれこれ4年近く前、2008年の9月。すっかり市民権を得てシェアを伸ばしているマイクロフォーサーズ陣営のトップバッター DMC-G1 は、まさにデジタルカメラ新時代の旗手でした。

発表直後には「せっかくのマイクロフォーサーズなのにコンパクトタイプじゃないデカさで、ガックリ」と批判しまくりだったのに、発売後に実機に触ったら一瞬で惚れて購入し、愛用したのは過去の記事に散々書いています。

そんな、かなり愛用した DMC-G1 でしたが、昨夏マイクロフォーサーズのレンズ一式とともに手放しました(DMC-G1 の後に買った E-P1 は、全く気に入らなくて速攻で手放していた)。

動体撮りが多い私としては何かと限界は感じていたし、時間が経つと画質に不満を感じるようにもなりました。DMC-G1 + 45-200mm の組み合わせはデジタル一眼+望遠ズームよりコンパクトとは言え、小さくはないサイズに比して得られる写真を考えれば、結局デジタル一眼を選ぶことが多くなっていったのが主因。

さらに DMC-G1 以後のマイクロフォーサーズの進歩の緩慢さから、買い替えたくなる機種がいつまで経っても出なかったので、

AF や EVF に革新的な進歩があったら、また m4/3 に戻ってこよう


そう思って手放しました。3年後か5年後か…その頃にまた戻ってきたい、と。

GF2 + M.Zuiko 40-150mm サンプル3
(DMC-GF2 + M.Zuiko DIGITAL 40-150mm F4-5.6 @石垣島・平久保崎)


んが! AF や EVF の進歩どころか、相変わらずマイナーチェンジの繰り返しの真っ最中の、わずか9ヶ月後にマイクロフォーサーズに出戻ってきてしまった…

まるで

「こんな家、出ていってやる!」と勢い良く家出したものの
結局その日の夜中にこっそり戻ってきた


そんな気分である。はっきり言って、ちょっと気恥ずかしい

でも、理由はある。

思いも掛けない早さでマイクロフォーサーズに出戻ってきてしまった理由は、ただ一つ。

リコーが GXR の中望遠・望遠ユニットを出す気がないから


ただ、それだけ。P10 ユニットはあるけれど、あれは廉価コンパクトデジカメと変わらない。

今年マウントアダプターユニットを出すと言っていた時に微かな期待はしていたものの、正月にあった GXR 用マウントアダプターユニットの発表は結局Mマウントだった。リコーやリコー信者を思えば仕方ないとは言え、これで AF が使える中望遠・望遠系ユニットは望み薄となった(少なくとも当面は)。

というわけで、

コンデジ画質じゃなくて、動体が撮れる、最もコンパクト望遠撮影体制を


と思って、悩んだ上に購入したのが、この パナソニック DMC-GF2 に、オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4-5.6 という組み合わせ。

GF2_MZuiko40-150_Blog1


普通は組み合わそうとしない組み合わせであるのは重々承知だが、理由はある。

続きを読む