Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:300mmF4ISPRO

世の中三連休ということで、昨日の早朝、新大阪駅も旅行へ行く人でごった返していました。昨日は九州出張だったのですが、うっかり三連休初日というのを忘れていて、1週間前に新幹線の予約を取ろうと思ったら全く空いてなくて、8時の新幹線で間に合うところが6時すぎのに乗る羽目になってしまいましたが、私の三連休は出張、ガンバ観戦、家庭内所用で終わりです(´Д` )

さて、2ヶ月以上前になってしまった千歳基地航空祭。夏の航空祭と言えば、丘珠空港の札幌航空ページェントとこの千歳基地航空祭ですが、今年は札幌航空ページェントが開催されず、この千歳基地航空祭だけでしたが、これまでの記事で書いてきたとおり前々日予行からずっと天気はドン曇り。

今さら千歳基地航空祭2017 前々日予行編
今さら千歳基地航空祭2017 ブルーインパルス前日予行編

北海道へ出かける前は雨予報だった天気予報は前日になって晴れ予報に変わったものの、朝起きてみると、やっぱりドン曇り。低い雲が垂れ込め、午前中の展示飛行は次々と中止、航過飛行のみに変更になっていき、機動飛行も、千歳基地航空祭へ来た目的であった政府専用機と F-15J イーグルとの異機種編隊飛行も中止になってしまいました。

今さら千歳基地航空祭2017(1)天気予報に上げて落とされ編

午前中のプログラムが進むも天候は一向に変わらず、次々と当初のフライトがキャンセルになっていく中、唯一の可能性は米空軍 PACAF F-16C のアクロバットフライト。

米空軍は航空自衛隊とは基準が違いますから、この悪条件でも魅せるフライトをやってくれる可能性はあるはず。それを信じて、午後のブルーインパルスを残して航空自衛隊の展示がおわったのち、撮影ポイントを移動します。

JASDF Chitose AB Airshow 2017 (24) Japanese Air Force One / 20-1101
(この写真下部に並んでいる人がいるあたりへ)


前々日の予行フライトでは様子見もあって土手から撮りましたが、F-16 は F-15 に比べて機体が小さいこともあって、土手から 600mm 相当では話にならないくらい遠かった(被写体が豆粒だった)ので、とにかく基地に近寄りました。

臨時駐車場を横切って基地フェンス際まで来て、

果たして飛んでくれるのか?どれくらいのフライトをやってくれるのか?


そう思って PACAF F-16C の離陸を待ち、そして……やってくれました、さすがですわ!


続きを読む

今年は残暑もあまり厳しくなく、10月に入ってすっかり秋の涼しさになっていますが、今さらまた夏の航空祭、千歳基地航空祭の話。やっと、航空祭本番の日の巻。

北海道へ向かう前は、「金曜日から天気は下り坂、土曜から雨模様、日曜日も雨」そんな天気予報で、

今のジャンボな政府専用機が運用されているうちに、政府専用機を含めた異機種編隊が見たくて初めて来た千歳基地航空祭も雨模様になるのか……飛ばなかった泣くなあ。


と覚悟しながら千歳入りして、確かに金曜日は予報どおりに午後から雲が厚くなってきたものの、その夜から週末の天気予報が一転して、晴れマークを出すようになりました。

ただ、土曜日は、札幌では急速に天候が回復して北海道らしい青空が広がっていたのですが、快速で僅か30分先の千歳はどんより曇り空。結局、午後のブルーインパルス前日予行はローパスフライトのみ(第5区分)になってしまいました。

今さら千歳基地航空祭2017 前々日予行編
今さら千歳基地航空祭2017 ブルーインパルス前日予行編

残念ではあったものの、雨が確実だと思われていた航空祭本番の日曜日は、天気予報が一転して晴れ予報になりましたから

ブルーインパルスの予行がダメでも、明日の本番でイーグルなどの機動飛行や政府専用機とイーグルの異機種編隊が飛んでくれれば全然問題ないっしょ!晴れ予報に変わったし!!


と前向きに思えていましたし、前日どんより曇り空だった千歳市内も夕方になるとすっかり晴れてきて、燃えるような夕暮れに「明日楽しみだなー」と花火を見ながら翌日に期待を胸に膨らませていました。

急に知った花火大会、三脚がなければ手持ちで撮ればいいじゃない 〜E-M1 Mark II で手持ち花火撮影

そして千歳基地航空祭 2017 当日の朝。6時半ごろ千歳基地正門近くのホテルを出ると、見渡す限りの青……くない、真っ白で、どんより曇り空。

ChitoseABairshow2017A
(朝6時半、駐車場へ向かう車が何キロにもわたって渋滞)


えー、(気象庁やウェザーニュースや日本気象協会の)話と違うやん!なにこれ昨日と同じドン曇り……。でも夏の北海道太平洋側って、霧だったり低い雲に覆われるってこと多いよね。何度も体験してきた。でも、太陽が昇って気温が上がるにつれ、雲も上がっていって消えていくよね。今日は晴れ予報だもんね。そうだよね。そうと言ってくれよーーーー!


そんな思いとともに千歳基地航空祭 2017 当日は始まったのでした。


続きを読む

9月も最終日、もう今年も残すところ3ヶ月になってしまいました。今日は愛媛国体開会式のブルーインパルス展示飛行や海上自衛隊徳島航空基地祭がありますが、ガンバ大阪のホームゲームがあるので飛行機撮りは自重して応援に……と言っても、今のガンバの体たらくではテンションも全く上がりませんけど(´Д` )

さて、2週間ほど前の小松基地航空祭の予行は1週間以内に写真整理が終わったのに、2ヶ月前の千歳基地航空祭の写真は放置プレイのままでしたが、次の航空祭の前に少しずつ整理しておかなければ……ということで、今さら過ぎますが、2017年の千歳基地航空祭前日予行の撮影録をば。

1ヶ月ほど前に前々日予行の米軍 PACAF F-16 が予行フライトのことを記しました。

今さら千歳基地航空祭2017 前々日予行編

曇天&湿度満点の撮影条件が悪い中で、立ち位置もミスって撮影的には全くでしたが、フライトの方は相変わらずキレッキレのアクロバットフライトを行ってくれました。

その日はススキノのホテルに泊まり、北海道ならではの海鮮をこれでもかと食い倒し、痛風持ちなのに大好きなイクラ丼を山盛りで食って憂さを晴らして熟睡。

ChitoseABairshowRehearsal20170721A


そして航空祭前日、土曜日は予報に反して朝から意外と悪くない天気。雨模様の予報だった土日の天気予報に晴れマークが垣間見せるようになってきました\(^o^)/

ChitoseABairshowRehearsal20170722A


前日予行は午後からのブルーインパルスだけなので、ホテルをゆっくり出て、すっかり青空が広がってきた札幌駅で連れ合いと別れて、昨日同様に南千歳駅へ向かいます。


続きを読む

小松基地航空祭が先週じゃなく今週末だったら良かったのに…と思わなくもないお彼岸ですが、残念ながら空気読めずに三連休に日本へやってきた台風18号のせいで中止になった小松基地航空祭の予行の記録、後半です。

小松基地航空祭 2017 予行 〜ようやく E-M1 Mark II で機動飛行を試せた一日 【前編】

ほぼ本番に近い進行で行われた先週木曜日の予行。他基地からの外来機 F-2, F-4 の展示飛行は、予定にされていたのにも関わらず行われなかったものの、午前中はそれ以外のオープニングフライト、第303飛行隊(以下 303SQ)の機動飛行、救難展示、小松基地各部隊合同10機のイーグルによる編隊飛行の予行が執り行われました。

前編では昼休みまで、午前中の撮影録を記したのですが、今年の小松基地航空祭予行柄みで変わったことと言えば、航空プラザ横にあったコンビニ(ファミリーマート)が潰れたこと。これは痛い。

飲み物の自販機は航空プラザにあるし、自転車や車があれば少し離れたコンビニまで行くのは難しくないけど、撮影拠点のすぐ近くにコンビニがあるのは楽ちんだったので閉店したのは残念です。公共交通機関で来た場合、徒歩圏内にはコンビニがなくなってしまったので、徒歩だと小松空港ビル内に行くのが一番手っ取り早いことになりましたね。

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (24) 303SQ F-15J #878


さて、今回は昼休みが終わっての午後の展示飛行は、みんな大好きアグレッサー部隊(飛行教導群)と第306飛行隊(以下 306SQ)の機動飛行です :-)


続きを読む

先日の記事でも触れたように、先週末の小松基地航空祭は、残念ながら台風18号の直撃コースにあったため中止になってしまいました。

台風一過の空を期待しつつ、半年ぶりに昆陽池から伊丹離陸便

昨年も中止にはならなかったものの雨でしたから、2年連続で雨に祟られたことになります。5月末の美保基地航空祭、同じ9月の三沢基地航空祭とともに、比較的雨の多い航空祭の印象がありますね。(三沢基地航空祭はまだ一度も行ったことがないですけど)

前日当日の小松の空模様をネット経由で見ていると、結果的には前日予行の時間帯は雨が降ることなく、航空祭当日も台風は明け方までに通過し、午前中は小雨残りだったものの昼頃から青空が見えていたので、午後からのアグレッサーと 306SQ の機動飛行だけでも観たかったなー、と思ったのは正直なところです(^_^;)

とはいえ、航空祭当日の準備は未明から行われますから、それが台風通過前後では中止も妥当な判断だったと思います。ホント、間の悪い台風でした(>_<)

KomatsuABairshow2016Rehearsal
(去年の小松基地航空祭予行から)


去年も雨模様だったので結局航空祭本番には行かなかったので、2年連続で予行だけ、今年は予行も泊まりで行くことができず、航空祭直前の木曜日1日だけの日帰り遠征でした。

ただ、去年は予行を撮りに行った日も曇り空でしたが、今年は予行だけでも晴れてくれて、それだけに航空祭そのものは中止になったものの多少救われた感があります ;-)

先週木曜日の時点ではまだ航空祭のプログラムは発表になっていませんでしたが、木曜日の予行は外来機の F-2, F-4 の展示飛行を除いて、ほぼプログラムどおりに行われました。F-2, F-4 の展示飛行の予行も行われる予定だったのですが、こちらは全く音沙汰なしでした。残念!

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (46) Aggressor F-15DJ #074
(アグレス機動の予行は、2日前にお披露目の新色で行ってくれました)


ということで、小松基地航空祭本番は中止になったものの、予行でそれなりに楽しんだので、今年の小松基地航空祭の自分的記録として、拙い写真を載せて振り返っておきたいと思います。


続きを読む

台風18号に席巻されたこの三連休でしたが、私も小松基地航空祭へ遠征する予定がなくなってションボリでありました。去年も雨でしたが航空祭は開催されたものの、今年は台風直撃コースでしたので安全を重視して前日朝には航空祭中止が決定されました。

KomatsuABairshow2017Cancel


去年、航空祭数日前の予行時に共生の丘(スカイパークこまつ翼)へ来ていた基地広報さんが

路上駐車や田んぼ立ち入りなどの迷惑が減らないようならブルーインパルスが来なくなったり、航空祭中止も有り得ますので、このことを拡散して下さい


と盛んに訴えていたものの、昨年は雨で来場者数が少なかったのに違法駐車が絶えず、結局今年はブルーインパルスなしの航空祭になる予定でしたが、イーグルタウンの小松基地はブルーインパルスなしでも3部隊の機動飛行などがあって楽しみにしていたので、中止は止むを得ないながらも残念でした。また来年に期待したいし、ローカルフライトを撮りに行きたいですね。

(直近を台風が通過した直後の未明から駐車場開放や準備をしなければならないことを思うと仕方ないですけどね。ホント、間の悪すぎる台風でした)

Itami Airport 2017.9.18 (9) JA743A / C-3PO ANA JET (B777-200)


ということで、伊丹空港も昨日は夕方から全便欠航となり、スターウォーズ・ジェットシリーズの一機 C-3PO ANA ジェットが伊丹ステイしていたので、台風一過のクリアスカイを狙って今朝は伊丹空港へ行きました。

大阪北部は意外と台風の影響も少なく、自宅でも幾つか台風対策しましたけれど、風雨ともに強かったのは昨晩1時間くらい(風は前後数時間それなりに強かったけど)。夜半にはすっかり静かになっていたので、今朝は台風一過の晴れになるであろうと。

で、台風一過の澄んだ空気ならば、久しぶりに遠距離撮影もできるかと思って、五月山か猪名川堤防か、と迷いつつ、半年近くぶりに昆陽池公園へ行って伊丹離陸便の、俗に言う伊丹カーブのヒネリ狙いに行ってきました。

もっとも、台風一過で期待するほどの澄んだ空気にはならず、朝イチのプロペラ機からベイパーが軽く出ていたくらい湿度残りでしたし、朝のうち北風は強めだったものの陽炎の影響はまだ色濃く、あと1〜2ヶ月待たないとダメか……と実感した次第です。

また、半年近く前に E-M1 Mark II とマイクロフォーサーズシステムに乗り換えて、その時に何度か試し撮りに行って以来でしたが、AF のダメさ加減の変わらなさも実感しました。(ファームウェア・アップデートなどで変わってないのですから当然ですけど)

先週行った、小松基地航空祭の予行撮影でも色々感じることはありましたし、そのあたりは近いうちにまとめたいと思いますが、とりあえず半年ぶりの昆陽池からの撮影を少々。


続きを読む

前回記事でまた E-M1 Mark II のフリーズが再発し始めたことを書いたら、友達から「凹んでない?」と心配されましたが、いま一番怒り心頭なのはオリンパスに対してではなくガンバ大阪フロントに対してであり、ガンバ大阪社長や糞強化部に対しての怒りに比べれば E-M1 Mark II がまたフリーズウンコカメラになった件は些細な話です(#゚Д゚)

一時は首位に立っていたのに、リーグ後半戦は大阪ダービー以外は全く勝てず酷い試合を繰り返し、優勝はほぼ望みがない状況まで急降下。多くの(少なくとも西野時代からの)サポーターにとって Jリーグと同等以上に重きを置く ACL で惨敗しておきながら、リーグでもこの体たらく。

さらには「(ガンバ大阪監督の)長谷川健太はよ辞めろボケ❗️」の声が高まるばかりのタイミングで、サポーターの神経を逆撫でするような来季続投要請のニュース記事が出て、本当に何を考えてるやら、舐められてるやらであります。

いやホント、クソ監督と糞強化部のペアが続くなら来季の年パスは継続しないでおこうかな、と真剣に悩みます。毎年、年間パス代だけでも一眼レフやミラーレス機のレンズキット一式が買えるくらいは払ってるし、トータルすれば中級機が買える程度はお布施しているのに、こんな糞フロントでは応援する気もなくしますね……


(チケット代で毎年これらが買えるくらいは……)


とまぁ、そんなガンバ大阪フロントへの怒りが爆発しているので、E-M1 Mark II フリーズ再発の件は「このカメラ、もうどうでもええわ」的に横へ置かれてしまってるのですが、1ヶ月前に再修理から帰ってきて、千歳基地航空祭遠征へ持ち出して3日間ガッツリ撮影した際は何も起きず、一安心したのですけどね……

そんな千歳基地航空祭、私自身は初参加でした。北海道へは50回やそこらでは効かないくらい行っているのですが(10年ほど前までは毎冬3〜4回ペースでニセコへスキーしに行っていた時期もあるので)、千歳の航空祭も、丘珠の航空ページェントも観に行ったことがありませんでした。

にも関わらず今回千歳基地航空祭へ初めて赴いた目的は、近く退役するジャンボジェット(B747)の政府専用機。

ChitoseABairshow07
(航空祭当日、編隊飛行はキャンセルで単独の航過飛行を一回だけ実施)


千歳基地航空祭では、その政府専用機の展示や航過飛行だけでなく、F-15 イーグルとの異機種編隊飛行もあるので、それを観てみたい、撮って残しておきたい、と思っての初遠征。だったんですけどね……

ところが、前々日に到着時からひたすら天気が悪く、航空祭本番もずっと低い雲が垂れ込めていて(夏の北海道太平洋岸には有りがちですが)、米軍 PACAF F-16 のアクロバット・フライト以外は航過飛行が少しだけ、ブルーインパルスに至ってはトラブルで滑走路上で止まってしまう始末で、なんのために北海道まで遠征したのやら……気分は否めませんでした(´Д` )

ブルーインパルスのトラブルに関しては「珍しいものが見られた」と前向きになれないことはないのですが、千歳基地航空祭は初めてだっただけに、北海道の爽やかな夏空に舞う飛行機が全然見られずじまいだったのはホント残念でした。

ChitoseABairshow02
(よりによって1番機が滑走路上で故障、後ろの機体も動けず離陸できず)


というわけで、千歳基地航空祭の写真は1ヶ月経ってもロクに写真整理してないどころか、航空祭本番の写真はまだパソコンに取り込んでもいなかったですが(糞天気すぎたのでヤル気が出ない)、秋の航空祭シーズンの前に少しずつ整理を始めたので、PACAF F-16 の前々日予行から少々。

腕の問題だけでなく天気や空気状態も酷く、以前のような機材に助けられることもなくなったので、人様にお見せできない酷い写真ばかりですが、とりあえず当日の記録がてらの記事ということで。


続きを読む

前回記事でも書いたように、今年のお盆は何かと忙しく、ガンバ大阪のホームゲーム2試合を観に行くくらいで終わってしまいそうなのですが、お盆前のある日、夏の甲子園、全国高等学校野球選手権大会をチラ見してきました。

特に、母校が出てるとか、出身県の高校を応援しようとかそういうことでなく、たまたまその日は神戸近郊で仕事があったので、その帰りに寄ってみて1試合だけ観戦してきた次第。

春夏の甲子園シーズンにはいつも、1日くらい観に行きたいなあ〜と思いつつ、思うだけでなかなか行けないのですが、お盆ウィークに入ると毎日朝から満員になりますから、比較的空いている間に行きたかったのです :D

ちなみに、プロ野球と異なり高校野球は一応 “教育の場” ですし、プレーしているのは高校生ですから、未成年である球児や応援団を撮影した写真を個人が無許可でネットに掲載するのがダメなことは言うまでもありませんが、高野連からの通達では球場内だけでなく球場周辺の写真もアウトらしく、

Koshien2017Summer01
(公式ホームページより)


こんな写真で「甲子園なう」的なツイートも Instagram 投稿もいけないようです。私もうっかり忘れてツイートしてから消しましたけど、高野連らしくそのあたりは厳しいので気をつけなきゃいけません。

ということで、真っ当な写真は載せられませんが、3年ぶりくらいに夏の甲子園を1試合だけですが観戦してきました。


続きを読む

12-40mm F2.8 PRO、40-150mm F2.8 PRO、300mm F4 IS PRO という3本の M.ZUIKO PRO レンズを4ヶ月ほど使ってきた雑感2回目です。

3本の M.Zuiko PRO レンズ雑感 〜12-40mm F2.8、40-150mm F2.8、300mm F4 IS〜 【前編】

前回書いたように、3本の PRO レンズのうち、12-40mm F2.8 PRO、40-150mm F2.8 PRO については、描写最高とまでは言わないけれどコストパフォーマンスは最高であり、40-150mm F2.8 PRO で少し絞りたくなる時があるものの、基本的には開放から文句なく、マイクロフォーサーズの高感度の弱さを補ってくれる素晴らしいズーム2本だと思っています。

反面、300mm F4 IS PRO の方はそれなりに良レンズだけど、センサーサイズの小さなマイクロフォーサーズ用にも関わらず、フルサイズ用サンヨンよりデカい、重い、遥かに高い、の割には……で期待したほどではなかった、コスパ的には微妙というのが個人的な感想です。



前回、大きく分けて4つ思っていることがある、と書いて、そのうち 2つについて述べましたが、今回は残り2つ。

今回はフードや三脚座について。12-40mm F2.8 PRO はノーマルなモノで特に言うことはないのですが、40-150mm F2.8 PRO、300mm F4 IS PRO については使う前と使ってみてからの感想がだいぶ違いました。


続きを読む

4ヶ月前に E-M1 Mark II を購入してから色々と書いてきましたが、同時に購入した 40-150mm F2.8 PRO、300mm F4 IS PRO や1ヶ月後に購入した 12-40mm F2.8 PRO の感想は特に書いてきませんでした。



レンズについてはカメラボディ以上に好みや求めるもので意見は千差万別なものですし、個々人の撮影スタイルに左右されるところはあるでしょうが、4ヶ月使ってきて私が感じてきたことをまとめておきたいと思います。

細々としたことは別にして、強く思っていることは4つありますが、まずは2点。


続きを読む

このページのトップヘ