Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:30-110mm

先月中古で購入した Nikon 1 V1 については先々週あたりに諸々書きましたが、その後も予想通り、軽量スタイル時の望遠セット機として活躍しています。

Nikon 1 を買うにあたって色々と悩んだ末に V1 ボディと 1 NIKKOR VR 30-100mm f3.8-5.6 を中古で購入しました。3万円。

Nikon1V1_10


V1 の操作性の難は、ニコンショールームで散々いじって納得した以上の問題がありますが、それでもこの値段に比した性能機能は(私にとっては)コストパフォーマンス抜群としか言いようがなく、満足しています。

ただ、せっかく廉価で購入したのですから、逆にあまり周辺アクセサリーなどでお金をかけるつもりはありませんでした…が、実際に使ってみて、これはちょっと…と思った点が2つありましたので、

  1. 予備バッテリー

  2. Richard Franiec's Custom Grip


この2つだけは買うことにしました。


続きを読む

昨日一昨日と、色々なミラーレス機を買ってきて(キヤノンユーザーなのに)Nikon 1 に手を出してしまった理由を書きました。

キャノンユーザー禁断?の Nikon 1 を買ってしまった、4つの理由【前編】
キャノンユーザー禁断?の Nikon 1 を買ってしまった、4つの理由【後編】

その中で概ね満足していることも少し書きましたが、

画質は不満だし、改善して欲しい部分もあるが
なるべく軽量な望遠撮影システムとしては、まずまず満足


であります(Nikon 1 V1 特有の操作性の悪さは別)。

画質を追い求めるのではなく、“手軽に望遠域の撮影を、それなりの画質で収めたい” という趣旨にはかなり合っているカメラだと思います。動きモノ相手も一眼レフ並みとは言いませんが(所詮 EVF だしね)、やはり他のミラーレス機に比べれば、ずっと良い感じです。

(標準域のスナップカメラとしても悪くはないのでしょうが、そのあたりになるとマイクロフォーサーズや APS-C ミラーレス機で、同等サイズでより画質の良いカメラは幾つもありますからね)

個人的には、自分のカメラシステムの中の欠けているところに上手くフィットした感じがあって、

「こりゃ買ってよかったなぁ」

と思っています。中古でお値段3万円でしたから(操作性の極悪さを除けば)まことコストパフォマンスの良い買い物でした。

購入して3週間以上になるのですが、使ってきて Nikon 1 の良さを実感した点を以下に挙げておきます。


続きを読む

前編記事は「4つの理由」と書きながら2つしか書かないという中途半端な状況で終わってしまいましたが、

  1. 望遠レンズの小ささに改めて驚き!

  2. 望遠レンズでは動きモノを撮りたくなる→現状のミラーレス機で動体撮影なら Nikon 1 に決まり


という2つの理由を示しました。

まぁ、EF マウントユーザー的には「EOS M が全てにおいて情けないから」というのが最初に来るわけですが、それはまぁ言わずもがな、理由以前であります X-)

Nikon 1 V1 + 30-110mm Test (14)


旅用ミラーレス機の望遠レンズとして、あらゆるミラーレス機の望遠レンズと比べて圧倒的な小ささは魅力でした。改めて見なおして、X-E1 の望遠レンズが発売されるまでの繋ぎというだけでなく、このサイズなら併用もあり、と思わせるくらいに。

そして、望遠レンズないし高倍率ズームレンズを付けると、結局いつも何かしら動きモノを撮りたくなる私。本気撮りでなくても旅先でヒコーキを撮りたくなるわけで、過去多くのミラーレス機を使ってきて動体相手に撮ってしまっては「ん〜」と思っていたなら、やはり Nikon 1 に行くしかないかな、と。

明確な購入理由としては、この2つの理由になるのですが、今まで Nikon 1 を避けていたのを翻した背景には、もう2つの理由がありました。


続きを読む

禁断というのは、まぁ大げさです。キヤノンとニコン両マウント持ちユーザーの知人もいますし、一時は私もそうであったことがありました。私自身、元々ニコンユーザーであり、今でもニコンが嫌いなわけではありません。

というより、むしろ動きモノ、スポーツを撮っていれば、信頼できるのはキヤノンかニコンだよね…となるわけで、一眼レフを使っている限り、その体力が続く限り、メインマウントはキヤノンかニコンに限ると思っています。

ただ、それだからこそ、ミラーレス機の選択で Nikon 1 は最終手段でした。なぜなら、Nikon 1 を買い、Nikon 1 を使っていくうちに、また Fマウントのレンズに手を出し、レンズから外堀を埋められてボディもニコンに…とならない保証はないわけですから(^_^;)

ま、ハイエンド APS-C 使いにとってはニコンもキヤノンも同じ穴の狢、同志みたいなもので、先日発表の D7100 に対するネットの賛否の否の方に、「これは D300S 後継機じゃないよね!?ニコン信じてるから!」的な声に共感を覚えたりしています :-D

Nikon 1 V1 + 30-110mm Test (12)


ともあれ今回、色々思案した挙句に中古となりましたが、Nikon 1 V1 を購入しました。キッカケとしては

X-E1 の望遠レンズがなかなか出てこないから、それまでの望遠撮影用


であります。そして色々理由つけて買わないでいたけど、Nikon 1 を思う存分試したい気持ちはずっとありました。

キヤノンユーザー的には本来 EOS M に期待すべきところではありますが、現状ではなかなか厳しい状況ですし、出し惜しみが社是のキヤノンが Kiss を食ってしまうようなミラーレス機を出すのはお尻に火がつかないと無理でしょうしね…

(EOS M も近々キヤノンから1週間ほど借りますので、自分で使っての判断はできるかと思いますが)

いずれにせよ、X-E1 の望遠レンズがなかなか出てこない中で、NEX の望遠レンズを買う選択肢もありましたし(タムロンの 18-200mm Model B011 は前から欲しがっていた友人に譲ってしまったので…あれは良い高倍率ズームだった)、四度のマイクロフォーサーズも考えました。

が、今回 Nikon 1 を選択したのには4つの理由がありました。

続きを読む

このページのトップヘ