Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:2010

ソフトバンクの場合は iPhone べったり、Apple と死なばもろとも的な戦略ゆえに、Android 機はせっかく良いものを持ってきても冷遇されてたりするわけで、秋冬モデル発表にもさほど期待はしてませんでしたが、

DELL Streak はソフトバンクか!


という驚きはあったり。

DELL Steak は、5インチ液晶の Android 端末。スマートフォンともタブレットとも言い難い微妙なところですが、逆に使ってみないと判らない、ということで、これはちょっとそそられていたものの、国内では出ないだろうなぁ…と諦めかけていたので、ちょっと気になります。

携帯できる5インチの大画面―Androidタブレット「DELL Streak 001DL」
5インチ画面のAndroidタブレット「DELL Streak 001DL」

といっても、月額料金が通常のスマートフォンプライスで2年縛りだと、ちょっと買えないですよね…。昨日の新規一括ゼロ円 IS01 購入記事にも書いたように、次々と良い端末が出るのが判っているだけに、2年縛りものとなると、なかなか手が出にくいところ。

昨日買った IS01 みたく「パケット使わずにオモチャとして使う」と割り切って月額8円で済ませられるなら良いのですけど、800x480pixels という解像度も現時点で既に少し遅れ始めてるとも言えますしね…

ソフトバンクがどのようにして売るかは判りませんが、Galaxy Tab と同様に iPhone と iPad の隙間に位置する商品ですから、力を入れているそれらとはかぶらないでしょう。

iPad のように安いパケット料金体系などが用意されるなら、面白いとは思うのですが、どうなりますやら…

というか、

また docomo じゃなくソフトバンクからですか


と思ったのは私だけではあるまい。モバイル向けの製品だからこそ、ソフトバンクよりドコモで使いたい人は多いはずなのに…



Android 携帯もいくつか出ているわけですが、主力になりそうなのは

3D液晶搭載、Android 2.2の「GALAPAGOS 003SH」
3D液晶+9.6M CCDカメラ、日本独自機能も備えたAndroid端末「GALAPAGOS 003SH」

でしょうね。ガラケー仕様の Android ケータイ。差別化は3D液晶ですけど、それがどこまで訴求できるかは疑問ですけど、

差別化が大好きな孫社長にはピッタリ


ですね(棒読)

ついでに、これのキーボード付きという形になる

3D液晶、QWERTYキー搭載のAndroid端末「GALAPAGOS 005SH」
3D液晶+QWERTYキーボードを搭載したAndroidスマートフォン―「GALAPAGOS 005SH」

でしょうか。どちらもシャープ製端末。でもって、名前が「GALAPAGOS」

ややこしい名前、付けんなや!


って、きっと、ほとんどの人が思ってるでしょう。孫社長は良い名前が付けられたとか思ってそうですけど。

まー、シャープの電子書籍端末・サービスの「GALAPAGOS」が、やたら話題を呼んだからその流れにあやかったのでしょうが、なら当然シャープの電子書籍サービスが使えるんだろうと思ったら、未定とか…

【追記】使えるようにするらしいですね。ソフトバンクの電子書籍ストアとは別に使えるとか。それはそれで、ややこしい話だ。



といった2モデル以外は、特に大して興味を惹くようなものはなさげ。残り2つの Android ケータイ、

Android 2.2搭載、携帯風メニューも用意した「004HW」
Android 2.2搭載、重さ110gの「Libero 003Z」

は大して力も入れられず、話題にもならず消えて行きそうだし、だいたい発売が来年3月以降と鬼が笑いまくりだしね。

ガラケーは、毎度のシャープハイエンド端末に始まり一揃えですかね。以前発表していた LUMIX Phone が出たくらいで。

ちょっと気になるというか、言っておきたいのは

ULTRA SPEED | ソフトバンクモバイル

ですな。LTE 並みの速度を実現!とか発表会でふかしていたけれど、

基地局やバックボーンがボロボロな状態では何やっても一緒


なわけで、LTE の準備が遅れているのをこれで目くらまししようという、いつものソフトバンク戦略。

LTE までの繋ぎで DC-HSDPA や HSPA+ をやるのは当然だろうけど、今の回線状態じゃ、速度ご自慢は冷笑されるだけってのが判ってないのかねぇ…

デザリングについて質問されても「ノーコメント」だからね。できない、とも言えないところがまた何とも…

7月の終わりに iMac が今年のモデルチェンジを行ったわけですが、昨年フルモデルチェンジをしたこともあって、今年は基本的にマイナーチェンジ、特に上位モデルは僅かな増強に留まりました。

うちの iMac は購入から3年が経とうとしていて、そろそろ買い替え時。特に昨秋のフルモデルチェンジで登場した 27インチ液晶は、画面(というか解像度)はいくら大きくてもいいと思っていて、実際にセカンダリモニターを繋げている私としては非常に魅力的でした。

【PC Watch】 アップル、Core iベースの新型iMac 〜マルチタッチのMagic Trackpadが新登場
Magic Trackpadも:すべてのモデルが“Core i”世代へ――新型「iMac」が登場 - ITmedia +D PC USER

しかし今回は、あまりのマイナーチェンジ度合いに落胆し、もう1回だけスルーして、来年モデルに期待することになりました。せめて店頭販売の最上位モデルがお値段据え置きで Core i7 化してくれると思っていたのですが…(ただし最後に触れますが、下位モデルの強化は注目すべきものです

3年近く前に買った Mid 2007 の iMac は 24インチ 1920x1200pixels 液晶で Core2Duo 2.4GHz。Tiger → Leopard → Snow Leopard と使ってきましたが、

3年前のモデルでも C2D 2.4GHz で 24インチなら、ほとんど不満ない


状況で、それが昨年 27インチモデルが出て惹かれながらも購入を躊躇ってきた最大の理由でした。

Core2Duo 不満があるとすれば、EOS 7D(1800万画素)クラスの RAW 編集の重さと、iPad / iPhone4 以降少しずつやり始めた HD 映像のエンコードの遅さ、くらい。特に後者は Core2Duo ではかなり辛い。

といっても、今はまださほど HD 映像のエンコードをしょっちゅうやるわけでもないし、RAW 編集も 7D は辛いが、1D MarkIII や S90 のような1000万画素クラスなら、さほどストレスは感じない。液晶も馬鹿に広い 27インチモデルに比べれば狭いが、世間的には十分広いレベル。

となれば、欲しい物がバカスカ買えるほどの財力があるどころか、金欠でヒーヒー言ってる身ですので、大きな不満がないなら買い換える必要はないのは当然で、スルーも当然…来年に期待…

と思っていたのですが、買う羽目になってしまいました(>_<)



購入したキッカケは、

新 iMac 発表の翌日に、iMac の Firewire 800 が突如使えなくなった


こと。ケーブル替えても接続デバイス替えてもダメ。ハードウェアテストはパスするし、Firewire 400 その他は問題ないのでロジックボードではなくコネクタの接触不良か何かだったようだが、とにかく使えなくなった。

一般的には「ふぁいやーわいやー?なにそれ?美味しいの?」的な存在で、Firewire 400 ならビデオカメラからの映像取り込みで使う人もいるだろうけれど、800 となると“それなりに目的があって判って使う”存在。何でもかんでも USB な時代だから、Firewire を必要する人は少ない。

だけど、私には必需品。HDD を2〜3台、常に Firewire 800 にぶら下げていた私としては、2〜3日 Firewire 800 なしの生活をしていたら、なんかもうやってられなくなって、修理に出すか or 新iMac を買うか、の二択に。そして後者になった次第(以前所有していた iMac は、すぐに何人も買いたい人の手が挙がり、FW800 が壊れてるので安く手放しました)。

まだまだ旧 iMac も使えたのに
スルーするつもりのモデルを買うことになるとはなぁ…


と思いましたが、これも一つのキッカケかな、と。

ちなみに最初は BTO で Core i7 にしようかな?と思いましたが、今回の Core i7 は省電力に振ったチップになっているので、昨秋モデルより Core i5 と i7 の性能差が縮まっていることもあり、店頭モデルの最上位にしました(外部 HDD が多いので内蔵 HDD は 1TB で十分)。

ま、RAW 編集とエンコードを頻繁にやることを考えたら i7 にすべきだったかもしれませんが、買い換えるとなったら(気持ちが変わらないうちに)すぐに手に入れたかったのと、店頭価格やポイントで少しでも安くと思ったので…。次は6コアが店頭モデルに入ってきた頃が買い替えですかね…

iMac


で、購入してのセットアップは、旧 iMac の TimeMachine でバックアップしていた HDD から環境戻し。その HDD をFirewire 800 で繋いでいたということもあり、

設置開始から2時間で、元の環境が完全復活


ということに(戻すデーターは 200GB 弱)。

TimeMachine から戻すのは、これで2度目だけど、いやホント、TimeMachine はヤバい。クリーンな環境を一から構築する方がゴミも一緒に戻らなくて良いのは判ってるのだけど、サクっと環境が戻って、すぐに使える環境が整う利便性には変えられない。

Windows 環境だとレジストリその他の問題があるから、アプリケーションはちまちまと入れ直さなきゃならないし、時間だけでなく手間もかかるので、なんだかんだで一日仕事になりかねないが、

TimeMachine での環境戻しなら、ほっとけば勝手にやってくれる


便利さもある。

あまり Mac 礼讃はどうかと思うが、Time Machine はバックアップも含めて本当に便利な機能だと思う。誰にでも使えて(HDD を繋げてポップアップで出てくる TimeMachine 機能を ON にするだけだ)、誰にでも便利かつ有効な機能だからね。マシンが故障した時の、転ばぬ先の杖としても。



というわけで、話は横道に逸れましたが、新しい iMac を使い始めて思ったのは、当然ながら「やっぱり新しいのはええなー」ということと、

C2D 2.4GHz の iMac で十分と思っていたけれど
やっぱり Core i5 + GPU フル活用の iMac は速いわ!


でした。とにかく

「今まで 20分かかっていたエンコードが5分かからないわ!」
「1800万画素の RAW 編集が苦にならない」
「1000万画素クラスなら、ちょっとしたことでも RAW 編集する気になる軽さ」
「今まで、ちょこちょこ待たされていた瞬間の待たされストレスが全くなくなった」

という感じで、正直なところ

今まであまり不満がないと言っていたけれど
意識せずに少しずつ我慢してたことも多かったんだなぁ…


と気づきました。一応、それなりにバリバリ使い倒している自負はあるので、余計にそういった小さなストレスは溜めていたようです。

そんなわけで、「旧マシンがまだまだ使えたのになぁ…」とか「金欠なのに、こんなの買っちゃって良かったかなぁ…」などと思いましたが、

やっぱり3年の進化は伊達じゃなかった


と、購入して良かったと思っています。加えて、今回 27インチで解像度が上がったことで、

サブディスプレイを撤去して少しエコに(笑)


なりました。個人的に 27インチモデルは縦が 1440pixels あったので、縦置きしていたサブディスプレイがなくても良い環境になったのが嬉しかったですね。

ただ、やっぱり今回、上位モデルはマイナーチェンジだったのは間違いないので、自分がそういう時に新マシンを買うことはほとんどないので、やむを得ないキッカケがあったとはいえ、そこは残念だったかな…と(ヲタク的発想ですけどね!)

反面、今回で超お買い得になったのは最下位モデルだったりします。



最下位モデルは、液晶は従来の 21インチ 1920x1080pixels (Full HD) ながら、CPU は Core2Duo から Core i3-540 へジャンプアップ。Core i3 でも 540 なら Hyper Threading 付きなので、物理コアは2コアでも論理コアは4コア動作

さらに GPU がチップセット内蔵 GPU から外部 GPU(ATI Radeon HD 4670)になったため、グラフィック周りも大きく改善。MacOS X の場合、GPU は単にグラフィック云々だけでなく色々と CPU 補助に使い始めているので、恩恵は色々とあります。

HDD 500GB とメモリ 4GB はそのままですが、普通はそれで十分でしょう。それで 118,000円ですから、ぶっちゃけデスクトップ機では断然お買い得。

私なんかは 27インチ液晶に惹かれたクチですが、

24インチはともかく 27インチはちょっとデカ過ぎるかなぁ…


と思うこともあります。24インチくらいが普通の環境で最大の大きさかな?と思ったりします。

そういうこともあって、21インチの最廉価モデルはバランスよく、それが11万円台で買えるのは他人には一番薦めやすいかなぁ…と、今回 27インチ新 iMac を買って思ったことだったりします。

新旧「iMac」を比較(前編):Core i世代に完全移行した新型「iMac」を試す (2/2)

上記のページを見ても、最上位モデルと最廉価モデルの性能差は、価格差ほどない感じですしね。ホント、最廉価モデルおすすめ。27インチモデルが欲しい人も普通なら下位モデルで良い気がします…

このページのトップヘ