Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:雲台

以前、iPhone 6s Plus 購入直後の感想記事で、従来使っていた iPhone 5s のカメラでも十分と思っていたけど、6s Plus のカメラと手ぶれ補正には感心した、という記事を書きました。

スマホカメラはiPhone 5sレベルで十分!と思っていた私ですが反省しました【前編】 〜Live Photosの副次的効果は日本だと必須!
スマホカメラはiPhone 5sレベルで十分!と思っていた私ですが反省しました【後編】 〜Plusの手振れ補正は絶大

特に Plus モデルでは光学式手ぶれ補正が入っているので、静止画写真を撮る時はもちろん、手持ちの動画撮影時には絶大な威力を発揮していて、従来の iPhone ではあまり撮っていなかった動画を iPhone 6s Plus では積極的に撮るようになりました。


(何気ないことでも手持ちで動画を撮るようになりました)


ただ、いくら手ぶれ補正があってブルブル震えまくりの動画にならなくなったとはいえ、やはり三脚に置いて撮りたいときはあります。軽い iPhone とはいえ、10分くらい長回しだと疲れてきますし、iPhone を三脚に置いて動画撮りながら、自分ではカメラで撮影したい時もあります。

ですから、iPhone に三脚アダプターを付けて三脚に固定するわけですが、その際の スマートフォン用三脚アダプターで便利なのがコレ↓(何が便利なのかは後述)



Manfrotto の「スマートフォン用三脚アダプター MCLAMP」。大人気商品というか、なかなか入荷数が少ないせいか、Amazon ではずっと1〜2ヶ月の入荷待ちになっていますし、ヨドバシでも「お取り寄せ」状態が続いています。

ヨドバシ.com - マンフロット Manfrotto MCLAMP [スマートフォン用三脚アダプター]【無料配達】

私は先月ヨドバシ梅田で取り寄せ注文して1ヶ月弱くらいで購入できたので、少しずつ入荷しているようですから待てば手に入るとは思います。

また、ベルボンからも同種製品として以下の製品が発売されていて(発売はベルボンが先)、こちらは数百円お値段高めですが、Amazon でも即納なので、手早く欲しい人にはオススメです。付加機能に違いはありますが、それは後述します。



さて、このマンフロットやベルボンのスマートフォン用三脚アダプターは千円少々のお値段がしますから

「スマホ用三脚アダプターなんて百均でも売ってるし、もっと安いのが幾らでもあるじゃん」

という意見もあるでしょう。私も安価なスマホ用三脚アダプターは持っていました。

MCLAMP08
(ネジで固定するスマホ用三脚アダプターは少ないけど、個人的には好き)


ただ、マンフロットやベルボンのスマートフォン用三脚アダプターはどちらも三脚メーカーとしては有名メーカーの製品というだけでなく、

百均や激安スマホ用三脚アダプターとは決定的に違う


点があります。それが以下の点。

続きを読む

本ブログで少し前に、私が愛用しているカメラストラップを3種類紹介しました。

お気に入りストラップ【前編】〜 ネック部が分離可能で融通の利く OP/TECH プロループ・ストラップ
お気に入りストラップ【中編】〜 三脚穴を使わない斜めがけストラップ「OP/TECH スリングストラップ」その利点と欠点
お気に入りストラップ【後編】〜2台吊り速写ストラップ BLACKRAPID デュアルカメラハーネス DR-1「DOUBLE」

どれもデジタル一眼レフ向けの(それも大型機材にも耐えられる)大きめストラップで、ミラーレス機全盛の今ではあまり需要のない?ものですが、ミラーレス機向けの小洒落たストラップの紹介は巷のカメラ女子ブログその他で山ほど紹介されていますので、敢えて漢のストラップを紹介した次第です。

(実はミラーレス機など小型軽量カメラ向けの、小洒落たストラップも何本も持ってます。何本かは友人にあげたり、将来一眼レフシステムが持てなくなってミラーレス機に戻ってきた時に使うために取ってありますけど、そういうのはカメラ女子ブログでいっぱい紹介されていますしね ^^;)

さて、上記記事でも書きましたが、私自身のストラップは通常 OP/TECH のネックストラップを使うことが一番多いのですが、ボディ二台同時使いする時は斜め掛けストラップを使うことが多く、BLACKRAPID の速写ストラップを使うことが多くなっています。

そして、速写ストラップは以前も紹介したように通常、カメラ(レンズ三脚座)の三脚穴に、ストラップフックを引っ掛ける器具を装着します。

DR-1a

DR-1c


ですから当然、速写ストラップ使用時には(ストラップを外さないと)三脚穴が使えません。

速写ストラップを使うようなシーンでは三脚、一脚を使うことは少ないのですが、ないわけではありません。そんな

三脚穴を塞いでしまう速写ストラップ使用時の、一脚・三脚装着はどうする?


という問題の解決策として私が購入したのが、コレ↓


GARIZ カメラプレート(アルカスイス互換) XA-PC1

一見、なんか小洒落たアクセサリーっぽいデザインですが(それも特長)、これを三脚穴に装着することで、

  • 真ん中のリングを起こして、速写ストラップのフックを掛けることで、ストラップ付属の器具と同様に速写ストラップを装着できる
    XA-PC1_07

  • 製品の側面にはアルカスイス互換規格の溝が切られているので、取り外して三脚穴を出さずとも、アルカスイス互換の雲台/プレートを通して三脚、一脚に装着できる
    XA-PC1_09

  • アルカスイス互換規格の溝が切られてない側面にはストラップ穴があり、ハンドストラップを付けられる
    XA-PC1_06


という一石三鳥なカメラプレートになっています。

もう随分長いこと使っているので、いささか使い古し感が出ていますが、製品細部を見ると以下のようになっています。


続きを読む

EOS & EFレンズ一式を2週間前に点検・調整に出して、旧型 7D とリコー GR 以外のカメラが何もない状態が続いているため、ふと安いミラーレス機とか EOS Kiss X7 のレンズキットを買ってしまいそうになる衝動と戦っております。


(このあたりなら安いし持っていてもええかも…なんていう悪魔の囁きがw)


もっとも、小さめ軽めボディは先日の記事で書いたように EOS 6D で結構満足していますし、今は「EOS 6D 用のお散歩レンズを買いたいなあ」という思いの方が強いので、我慢できています(^_^;)

というか、EOS 6D でフルサイズ復帰したのは良いけれど、思いのほか気に入っている分、6D で使いたいレンズが出てきたりで出費が出費を呼びそうな状態になっているのは頭の痛いところです……

さて、そんな EOS 6D、先日インプレ記事を3回にわたってダラダラと書きましたが、EOS 6D ではいつもボディ本体と同時購入しているバッテリーグリップを買っていません。


(6D用バッテリーグリップは7D/5Dシリーズ用よりずっと安いが…)


一眼レフでもミラーレス機でもバッテリーグリップが用意されていれば、ほぼ必ず買って使っていますし(1D系は一体ですし)、EOS 7D, 7D Mark II ではバッテリーグリップを外すことが珍しいくらいです。

しかし、6D はサブ機、スナップ用途機として買ったのと、小さめボディを生かすためにバッテリーグリップは買っていません。動きモノを撮るようなカメラではない、という心づもりでいるため、必要ないかな、と。

今後とも 6D には絶対にバッテリーグリップを買わない、使わないかどうかは自信ないのですが、当面はバッテリーグリップを買わない代わりに、L型プレート(ブラケット)を購入しました。



もちろん、L型プレート(ブラケット)はバッテリーグリップの代わりになるものでは全くありませんが、

中央以外の AF 測距点が微妙な 6D は
三脚&ライブビューで撮ることも多いだろう


ということを購入後すぐに感じたので、縦位置で雲台に取り付けるのに楽な L型プレートを買いました。


続きを読む

このページのトップヘ