Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

タグ:送風機

この猛暑いつまで続くの…(;´Д`) 状態ですが、残暑お見舞い申し上げます。って、全然残暑じゃねーし!

という空回りも暑苦しいわけですが、お盆真っ盛りでネタ切れでもあることだし(盆が明けるとソニーとかデジカメ関連は色々ありそうですが)、春から秋までウチで長年活躍してくれてるアイテムを一つ。

エアコンを点けるにせよ、そうでないにせよ、部屋の空気をとことんかき混ぜてやることで少しでも部屋の温度や体感温度を下げられるのは常識で、エアコンの冷房効率も高まります。

そういう用途に、以前から愛用しているのが、Amazon で買える安い小型送風機↓



比較的コンパクトなサイズの割には風力は十分あって、強中弱の3段階のうち中弱なら音も比較的静かです。お値段も2千円以下とお手頃。長年使っていて、今は2台利用中です。


続きを読む

もう何年前になるだろうか。USB グッズが色々出始めた頃、秋葉原で USB 給電の小さな扇風機を初めて見かけた時、「誰がこんなもん買うねん(笑) またネタグッズが〜」と笑っていた。最初に USB 扇風機が出てきた時は、数多くのネタ USB グッズと変わらなかったと思う。

しかし、毎年数多くの USB ネタグッズが作られ消えて行く中で、USB 扇風機はいつしかネタグッズから普通に作られて売られるアイテムになっていた。バッファローやエレコムその他、国内の周辺機器メーカーがこぞって作り、量販店でも普通に売られる USB 周辺機器になっていった。

最近では、風量コントロールだけでなく首振り付きがあったり、扇風機タイプだけではなく縦型ファンタイプも登場している。それでも、私は USB 扇風機をネタグッズとしか見ていなかったし、ましてや買おうと思うこともなかった。

しかし、今年は節電の年、節電の夏である。もしかすると、これから永遠に“節電の夏”が続くことになるかもしれない。

家庭でもピーク時の電力消費を少しでも抑える努力となれば、やはりまずはエアコンだろう。そのエアコンの温度を上げた時、場合によってはエアコンを止めた時に、少しでも涼しさを確保するためには扇風機・送風機の類いが必要になる。

扇風機を身体に直接当てるのはよくない、と言われるけれど、クソ暑ければ、そんなことは言ってられない。部屋の中に1つ扇風機があっても、それだけじゃ足りない。というか、部屋用の扇風機は部屋の空気の循環に使いたい。

だから、滲み出る汗を抑えるためにも、適度な風量の小さな卓上扇風機・送風機が欲しい。手の届くところにあって、自分に当てるためのサブの扇風機が欲しい。手軽な送風機が欲しい。

そう思ったら、真っ先に思い浮かんだのが USB 扇風機。



ちょっと前までは、自分が USB 扇風機を買おうと思うことになるとは思ってなかったが、手軽に手元への風を省電力で送れる装置という、ちょっとした節電グッズとしてはコレだった。

とにかく節電の夏のはずなのに、空気を読めない地球は6月からウンザリするほどの暑さをもたらしているので、思い立ってからすぐに購入した。

続きを読む

このページのトップヘ