Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:航空自衛隊

先日の記事でも触れたように、先週末の小松基地航空祭は、残念ながら台風18号の直撃コースにあったため中止になってしまいました。

台風一過の空を期待しつつ、半年ぶりに昆陽池から伊丹離陸便

昨年も中止にはならなかったものの雨でしたから、2年連続で雨に祟られたことになります。5月末の美保基地航空祭、同じ9月の三沢基地航空祭とともに、比較的雨の多い航空祭の印象がありますね。(三沢基地航空祭はまだ一度も行ったことがないですけど)

前日当日の小松の空模様をネット経由で見ていると、結果的には前日予行の時間帯は雨が降ることなく、航空祭当日も台風は明け方までに通過し、午前中は小雨残りだったものの昼頃から青空が見えていたので、午後からのアグレッサーと 306SQ の機動飛行だけでも観たかったなー、と思ったのは正直なところです(^_^;)

とはいえ、航空祭当日の準備は未明から行われますから、それが台風通過前後では中止も妥当な判断だったと思います。ホント、間の悪い台風でした(>_<)

KomatsuABairshow2016Rehearsal
(去年の小松基地航空祭予行から)


去年も雨模様だったので結局航空祭本番には行かなかったので、2年連続で予行だけ、今年は予行も泊まりで行くことができず、航空祭直前の木曜日1日だけの日帰り遠征でした。

ただ、去年は予行を撮りに行った日も曇り空でしたが、今年は予行だけでも晴れてくれて、それだけに航空祭そのものは中止になったものの多少救われた感があります ;-)

先週木曜日の時点ではまだ航空祭のプログラムは発表になっていませんでしたが、木曜日の予行は外来機の F-2, F-4 の展示飛行を除いて、ほぼプログラムどおりに行われました。F-2, F-4 の展示飛行の予行も行われる予定だったのですが、こちらは全く音沙汰なしでした。残念!

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (46) Aggressor F-15DJ #074
(アグレス機動の予行は、2日前にお披露目の新色で行ってくれました)


ということで、小松基地航空祭本番は中止になったものの、予行でそれなりに楽しんだので、今年の小松基地航空祭の自分的記録として、拙い写真を載せて振り返っておきたいと思います。


続きを読む

前回記事でまた E-M1 Mark II のフリーズが再発し始めたことを書いたら、友達から「凹んでない?」と心配されましたが、いま一番怒り心頭なのはオリンパスに対してではなくガンバ大阪フロントに対してであり、ガンバ大阪社長や糞強化部に対しての怒りに比べれば E-M1 Mark II がまたフリーズウンコカメラになった件は些細な話です(#゚Д゚)

一時は首位に立っていたのに、リーグ後半戦は大阪ダービー以外は全く勝てず酷い試合を繰り返し、優勝はほぼ望みがない状況まで急降下。多くの(少なくとも西野時代からの)サポーターにとって Jリーグと同等以上に重きを置く ACL で惨敗しておきながら、リーグでもこの体たらく。

さらには「(ガンバ大阪監督の)長谷川健太はよ辞めろボケ❗️」の声が高まるばかりのタイミングで、サポーターの神経を逆撫でするような来季続投要請のニュース記事が出て、本当に何を考えてるやら、舐められてるやらであります。

いやホント、クソ監督と糞強化部のペアが続くなら来季の年パスは継続しないでおこうかな、と真剣に悩みます。毎年、年間パス代だけでも一眼レフやミラーレス機のレンズキット一式が買えるくらいは払ってるし、トータルすれば中級機が買える程度はお布施しているのに、こんな糞フロントでは応援する気もなくしますね……


(チケット代で毎年これらが買えるくらいは……)


とまぁ、そんなガンバ大阪フロントへの怒りが爆発しているので、E-M1 Mark II フリーズ再発の件は「このカメラ、もうどうでもええわ」的に横へ置かれてしまってるのですが、1ヶ月前に再修理から帰ってきて、千歳基地航空祭遠征へ持ち出して3日間ガッツリ撮影した際は何も起きず、一安心したのですけどね……

そんな千歳基地航空祭、私自身は初参加でした。北海道へは50回やそこらでは効かないくらい行っているのですが(10年ほど前までは毎冬3〜4回ペースでニセコへスキーしに行っていた時期もあるので)、千歳の航空祭も、丘珠の航空ページェントも観に行ったことがありませんでした。

にも関わらず今回千歳基地航空祭へ初めて赴いた目的は、近く退役するジャンボジェット(B747)の政府専用機。

ChitoseABairshow07
(航空祭当日、編隊飛行はキャンセルで単独の航過飛行を一回だけ実施)


千歳基地航空祭では、その政府専用機の展示や航過飛行だけでなく、F-15 イーグルとの異機種編隊飛行もあるので、それを観てみたい、撮って残しておきたい、と思っての初遠征。だったんですけどね……

ところが、前々日に到着時からひたすら天気が悪く、航空祭本番もずっと低い雲が垂れ込めていて(夏の北海道太平洋岸には有りがちですが)、米軍 PACAF F-16 のアクロバット・フライト以外は航過飛行が少しだけ、ブルーインパルスに至ってはトラブルで滑走路上で止まってしまう始末で、なんのために北海道まで遠征したのやら……気分は否めませんでした(´Д` )

ブルーインパルスのトラブルに関しては「珍しいものが見られた」と前向きになれないことはないのですが、千歳基地航空祭は初めてだっただけに、北海道の爽やかな夏空に舞う飛行機が全然見られずじまいだったのはホント残念でした。

ChitoseABairshow02
(よりによって1番機が滑走路上で故障、後ろの機体も動けず離陸できず)


というわけで、千歳基地航空祭の写真は1ヶ月経ってもロクに写真整理してないどころか、航空祭本番の写真はまだパソコンに取り込んでもいなかったですが(糞天気すぎたのでヤル気が出ない)、秋の航空祭シーズンの前に少しずつ整理を始めたので、PACAF F-16 の前々日予行から少々。

腕の問題だけでなく天気や空気状態も酷く、以前のような機材に助けられることもなくなったので、人様にお見せできない酷い写真ばかりですが、とりあえず当日の記録がてらの記事ということで。


続きを読む

前回記事に引き続き、“今さら” “今ごろ” な記事でありますが、5月末に行われた美保基地航空祭。2ヶ月近くかけて、ようやく写真整理が……終わりませんでした(´Д` )

千歳基地航空祭までには美保基地航空祭の写真整理を終わらせるぞ!と思っていたのですが、終わりませんでした _| ̄|○

雨に祟られることの多い美保基地航空祭、今年は快晴の素晴らしい日和だったのですが、初夏の日差しが暑くて暑くて暑すぎて……。おかげで航空祭本番の写真は朝一番から陽炎の影響が出ていて、途中からは何撮っても油絵ちっくな写真になり、整理しようと写真を見るたびに萎える始末。悪条件を少しでも突き抜けるレンズじゃなくなっちゃいましたしね……

贅沢な話ですが、この春唯一のウキウキ航空祭遠征で絶好の天気だったのに、結果として写真整理の手が全く進まない今ひとつな結果に終わりました。まぁ昨年の航空祭も大して写真整理が終わってませんけどね(^_^;)

MihoABairshow1

MihoABairshow2

MihoABairshow3
(見納めの YS-11 も就役直後の新型輸送機 C2 も存分に見られたので満足だけど)


美保基地航空祭本番は暑すぎ陽炎メラメラで写真的には残念でしたが、ブルーインパルスの前日予行は天候回復途上の朝イチということもあって、空気はクリア(風も強かった)この季節にしては比較的好条件でした。

もっとも、ブルーインパルス展示飛行にありがちな「この瞬間だけ曇るのかよ〜〜」というパターンで、展示飛行の途中まではドン曇り、最後の方だけ晴れる状況で、あと15分遅くに展示飛行していればもっとクリアスカイだったのに……という残念さはありました。(おかげで垂直系演目がほとんどなく3区分でした)

ということで、今日の千歳基地航空祭前日予行がどうにもこうにもな状況だったので、3区分でもしっかり飛んでくれた美保基地航空祭の前日予行だけでも、とりあえず。


続きを読む

旅は計画の時が一番楽しいと思う私は、「イベント絡みのブルーインパルス展示飛行は、撮影場所を妄想してる時が一番楽しい」のですが、あーだこーだと妄想しながら撮影ポイントを考えていた前編記事の続きです。

城と湖とブルーインパルスと妄想の愉しみ【前編】

Google Maps と諸々ネット上の資料と自分の記憶とロケハンの結果、選んだ撮影ポイントが芹川河口にある防波堤。「彦根城も良いけど、滋賀県初ブルーインパルスだから、やっぱり琵琶湖もね」という思いで選んだ場所。

果たして、ブルーインパルスはどこから進入してくるのか、琵琶湖と絡むのか、どういう動きで展示飛行がなされるのか、選んだ場所が大外しなのか、それとも良い具合に収まってくれそうなのか。予行と本番、チャンスは2回だけ。結果発表の段になるとちょっとドキドキです。

続きを読む

梅雨入りしてるのに、意外と爽やかな日和というか朝晩は結構涼しいですが、照りつける太陽はもうすぐ夏至の真夏の光。意外と空気状態が良いかも?と思って撮っても、陽炎が酷くて接近戦以外は見た目のようには撮れない季節なのは間違いありません。

夏のお楽しみ、第23航空隊エアフェスタは、よりによって大阪ダービーのホームゲームとかち合って行けないことが判明したこともあって(今年はガンバ大阪のホームゲームとエアショーの日程がかぶりすぎ)、

しばらく撮れなくてもいいや。いや、むしろこれ以上未整理写真増やしたくない。写真整理しながら秋を待つのでいいわ


という感じで、とりあえず写真整理モードの昨今です。(などと言いつつ、すぐ禁断症状が出るけど ^^;)

まぁ、5月末から6月前半にかけて、美保基地航空祭、彦根城築城410周年ブルーインパルス展示飛行、痛飛行機、SUPER GT タイヤテストと連続で楽しいイベントがあって、今のところは幸せ気分のまま :-)

その中で、メインイベントだったのは彦根城築城410周年ブルーインパルス展示飛行。

HikoneBlueImpluse2

HikoneBlueImpluse3


滑走路のある航空自衛隊基地がない関西は、航空祭を観に行くにしても“遠征”になって気軽に行けませんし、関西でブルーインパルスを観る機会は少ないのですが、一昨年の姫路城・大天守保存修理完成記念式典、去年の奈良基地60周年記念(平城京天平祭2017)に続いて3年連続で関西エリアで観られることになりました。(彦根は大阪より名古屋の方が近いけど ^^;)

メインイベントと言いつつも、展示飛行本番の日は急遽予定変更して痛飛行機を撮りに行ったため予行だけの撮影だったのですが(^_^;)、彦根城でのブルーインパルスの展示飛行が発表されてから

彦根城とブルーインパルス、どうやって撮ろう?
あそこはどうだろう?天守閣はちゃんと見えるかな?
そっちは良さげだけど、逆光になるよなあ
進入方向はどうなるだろ?メイン会場がそこで、天守閣がそっちだから…


などと Google Maps や他アプリと首っ引きで悩み、考え、妄想する期間があっただけに、彦根城築城410周年ブルーインパルス展示飛行はこの春のメインイベントだったように思うのです :-D

HikoneBlueImpluseMap4
(色々ある太陽位置アプリも必須ですね)


まぁ、「旅は計画してる時が一番楽しい」のと同じく、

イベント絡みのブルーインパルス展示飛行は
撮影場所を妄想してる時が一番楽しい


と思います。

そして、実際に本番を迎えると

こんなはずじゃなかった…_| ̄|○


となるところまでが、お約束です(>_<)


続きを読む

このページのトップヘ