Tedious diary more x4

写真日記ブログを合流させて完全に雑記ブログ化しました(>_<)

タグ:比叡山

TediousPhoto20240514

木の影を見ると撮りたくなる病😅
湖岸だったので、琵琶湖と比叡山を一緒に。

ただ、比叡山を入れようと思うと左上に木の枝がどうしてもかかるので
最初から後で消すことを前提に撮影。

ちなみに、邪魔者を消すくらい別に何とも思ってない何が悪いの?派。
それぞれ考え方、主義はあるし、それを否定はしないけれど、
後処理許せないとかしょうもない、生きていて辛くないの?と思ってる派😅
最近 AI 生成の絵とかもすぐに叩かれてるけど、それもアホじゃないの?と思ってる派。

AI 生成がー、なんて言ってるのは今のうちで、10年15年もしたら
「あの頃そんな無意味な批判してる奴が結構いたよねー」ってなる。
インターネット検索ですらも昔は批判の対象だったからね。

ChatGPT に代表される AI チャットボットだって、
10年もしたらスマホの中で普通に ChatGPT 4 レベルかそれ以上のものが
(ネット接続なしの)ローカルで動くようになっている時代になって
今の Google 検索と同じく、あって当たり前、使って生活するのが当然になってる。

新しい技術を手段として効率を上げて、今までできなかった先をするのが人間だわね。

(X-S10 + Voigtlander NOKTON 23mm F1.2)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

TediousPhoto20240511

今日ではなくゴールデンウィークの頃の写真だけれども
今日も同じような日和で、きっとここでは同じような光景があっただろう。

ということで、今日の分の写真日記投稿を忘れていたので、
日付が変わる前になんとかアップ。

(X-S10 + Voigtlander NOKTON 23mm F1.2)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

TediousPhoto20240401ATediousPhoto20240401B

春の名物「黄砂」が中国奥地より飛んできた。
花粉といい、黄砂といい、ホント春は嫌い。
ま、秋に続いて春もなくなりそうな日本の季節だけど。

空はがっつり濁って、湖畔から正面に見える比良山は僅かに視認できるかどうか。
すぐそばの比叡山も霞んでいる。
霞んで濁っているだけでなく、モワッとした春もだいぶ進んだ初夏に近い空気感。

「3月も下旬なのに比良山はたくさん雪を抱いてるわ」
などと、未だ冬の冷たい空気とともに言っていたのは1週間ちょい前だったのにねえ。

[Photo Diary] 3月も下旬なのに…

早く秋が来ないかな……

(iPhone 15 Pro Max / 広角カメラ / ProRAW)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

TediousPhoto20240312

2月半ばは季節先取り春の陽気が続いていたのに、
3月になってから日差しは熱くとも気温も気候も真冬戻り。
まだしっかり雪を抱く比良山を背景に、湖上の釣り人がいい感じだったのでスマホで一枚。

カメラを持っていなくても 120mm 相当の望遠カメラで撮れるのはホント良い。
もうちょっとしっかり解像してくれれば、メイン広角レンズ並みの画質なら尚良かった。
と思うけど、iPhone の望遠カメラ搭載初代モデルだから仕方ないし、
こんな小さなスマホの中に 120mm 相当のレンズと思えば贅沢を言い過ぎだわね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ