Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:旅

ようやく今週末からJリーグシーズンが開幕。半月ほど前に行った、ガンバ大阪の沖縄・中城村キャンプ見学記も何とか Jリーグ開幕前に最終回です。

ガンバ大阪沖縄キャンプと(ちょっぴり)飛行機と 【DAY 1 前編:久しぶりの沖縄本島へ】
ガンバ大阪沖縄キャンプと(ちょっぴり)飛行機と 【DAY 1 後編:笑顔煌めく選手たち】

ガンバ大阪沖縄キャンプと(ちょっぴり)飛行機と 【DAY 2 午前:恒さまが監督と実感する時間】
ガンバ大阪沖縄キャンプと(ちょっぴり)飛行機と 【DAY 2 午後:中城城跡良いとこ一度はおいで】

ちなみに、リーグ優勝予想記事がメディアでも雑誌媒体でも色々と出ていますが、だいたいは川崎、鹿島、浦和の3クラブに金満補強の神戸、あとは記者それぞれが推すクラブの計5クラブが優勝争いを予想してるようで、まぁ無難な予想ですね。ド素人の私もそう思いますわ。

ガンバ大阪の予想順位は上位にしている人で4位くらい、だいたいは一桁下位か二桁上位の、いわゆる “中位” 予想ですが、それをもどかしく思いつつ、ファンの一人としても内心では「そんなもんやろなぁ」と思っていたりします(^_^;)

もちろん、ある意味、ガンバ大阪の最低目標ともいえる ACL 出場権獲得(リーグ3位以上 or 天皇杯優勝)を目指してもらうのは当然としても、現状あまり贅沢を言える選手層だと思えないので、あまり無理は言えないかな、と。

とりあえず今年のスローガン「GAMBAISM」らしく、ガンバ大阪らしいサッカーを取り戻してくれて、年パス代に見合う楽しさを提供してくれれば、それで良いかな、と思っています。

(去年みたくロクに選手補強せず出て行ってばかりなのに「奪還」というスローガンを掲げず、地に足のついたスローガンは好印象ですけど)

30代後半のベテラン選手に今なお頼らなきゃならない状況では優勝を狙えるクラブとは言い難いですから、今季は最初から指揮を執る「恒さま」こと宮本恒靖監督がどこまで世代交代を進められるのかも注目です。

とはいえ、世界で最も予想の難しいリーグかもしれない混戦 Jリーグですので、最初から目標を下げることはないですし、期待も楽しみもしています。ってか、どんなことがあっても、隣りよりは上に居てもらわないとねぇ :-P

TediousDays20181124_01_7898
(昨季ホーム最終戦セレモニーから)


さて、前置きが長くなりましたが、本題のガンバ大阪・中城村キャンプ見学の最終日です。今回は分割なしの一まとめです(^_^;)

私の沖縄滞在も最終日でしたが、ガンバ大阪の中城村キャンプも最終日(翌週は本島南部、南城市で第2次キャンプ)。中城村キャンプの〆としてキャンプ地の、ごさまる陸上競技場で練習試合が2試合、朝10時からジェフ千葉、12時から地元のFC琉球との試合が行われました。

その2試合を見学して夕方の飛行機で大阪戻りの予定。飛行機撮影については満足にできたわけではないけれども、ガンバ大阪のキャンプ見学が主目的ですし、それだけでも既に満足していましたから問題ありません。

そして、前日と打って変わって、この日は朝から良い天気!

TediousDaysOkinawa2019WinterA3


初日は初夏のような暑さで良い天気だったものの、南風が吹き荒れ、夕方にはスコールが降る天気。そして昨日は一転して、北風が肌寒い曇りメイン、たまに薄日が差す日和でしたが、最終日は再び快晴。

風も南風に戻って暖かくなりそうで、良い最終日になりそう!と思いながらの始まりです。


続きを読む

ガンバ大阪の沖縄・中城村キャンプを見学に行った前回記事↓の続きです。

ガンバ大阪沖縄キャンプと(ちょっぴり)飛行機と 【DAY 2 午前:恒さまが監督と実感する時間】

初日分は、こちら↓

ガンバ大阪沖縄キャンプと(ちょっぴり)飛行機と 【DAY 1 前編:久しぶりの沖縄本島へ】
ガンバ大阪沖縄キャンプと(ちょっぴり)飛行機と 【DAY 1 後編:笑顔煌めく選手たち】

初日は前後編2分割したものの、2日目は一記事にまとめる…つもりでしたが、結局、午前のガンバ大阪練習編と午後のそこらへんウロウロ編と分けました(^_^;)

というのも、当初寄るつもりのなかった中城城跡へ行ってみたところ、

中城城跡メッチャ良かった!
一度はおいでと勧めたい!


と思いながらアホみたく写真を撮ったので(iPhone で適当撮りばかりだけど)、それもあって記事を分割して、ゆっくり?中城城跡その他に触れてみたいと思います。


続きを読む

ゼロックス杯も行われて、いよいよ Jリーグシーズンの開幕が1週間後と迫ってきました。なんとかJリーグ開幕までは3日分の旅記録を終わらせておきたいと思っていますが、どうなりますやら……

なお、アレコレバタバタとしてる中の隙間時間で、10分20分ずつ書き足したり写真整理したりして書いているので、途中で文体がコロコロ変わっているのはご容赦ください。

(諸事情を鑑みて、ガンバ大阪の沖縄キャンプ全日程が終わってから旅記録記事を掲載しようと思っていたので、書き始めるのも遅くなってしまった ^^;)

ガンバ大阪沖縄キャンプと(ちょっぴり)飛行機と 【DAY 1 前編:久しぶりの沖縄本島へ】
ガンバ大阪沖縄キャンプと(ちょっぴり)飛行機と 【DAY 1 後編:笑顔煌めく選手たち】

というわけで、初日はすごーく長くなって、前後篇に分けても長くなりましたけれども、2日目は一記事で終わらせます。と書き始めたものの、結局アホみたいに長くなるので午前と午後で分けました。今回はキャンプ見学2日目編です。


続きを読む

間が空きましたが、前編記事↓の続きです。初日から長くなってしまったので分割しましたが、たぶん分割するのは初日だけのはず…(分割したからと言っても中身が濃いとは限らない >_<)

ガンバ大阪沖縄キャンプと(ちょっぴり)飛行機と 【DAY 1 前編:久しぶりの沖縄本島へ】

5時出発で朝イチのスカイマーク神戸→那覇便に搭乗し、数年ぶりの沖縄本島入り。主目的はガンバ大阪の沖縄・中城村キャンプの見学でしたが、この日は15時からの練習だったため、ちょっと瀬長島に立ち寄った後は嘉手納基地へ向かうことに。

できれば、最近になって嘉手納基地へ何機か配備され始めている「高高度偵察機 U-2S ドラゴンレディ」が見られたなぁ…と言うのが目的。短時間しかいられないので、あまり期待はしていませんでしたが……


続きを読む

当ブログは個人的な雑記ブログであるわけですが、昨今の物欲まみれな与太記事だけでなく、大昔は真面目な技術記事を書いたり(特に移転前)、旅の記録なんてものもあったものの、このところ航空祭その他撮影に行っても、さっぱりブログに記録を書かなくなってしまいました。

おかげで記憶にも記録にも残らない撮影や旅が増えてきたり、ブログに載せる分だけでも写真整理していたのがしなくなったりとロクなことはない現状。

one day, one photo

↑写真ブログも移転リニューアルして再開しましたが、こちらは1記事5行以下制約を課していることもあり旅や撮影の記録には使えませんので、今年からは心を入れ替えて当ブロクでも改めて撮影や旅の記録を書いていこうかな、と思ったりして書いてます。

まぁ、続かないと思いますが(^_^;)

TediousDays20190201_32_2028


というわけで、今年初めての遠征は沖縄本島。3年ぶりくらい?

以前は気軽に&頻繁に旅ができていて、冬の北海道はニセコ通いも含めて毎月行っていたり、冬以外は4月、11月に沖縄、6月と9〜10月は北海道なんてルーチンもありましたけれど、主に家庭事情が変化して出張以外では1〜2泊の旅も簡単ではなくなった昨今。

いやホント、

行ける時に行っとけ


と心底思いますね。若い人はもちろん、ある程度年を取っている方にもそう言いたい昨今です。子供の手が離れて親に手がかかる隙間の時間とかは貴重だと思います。

さて、今回の沖縄行きの目的は一切観光なしの予定で、
  • 主にガンバ大阪の沖縄(中城村)キャンプ見学
  • ついでに最近嘉手納基地に来ているという高高度偵察機 U-2S ドラゴンレディが見られたらなぁ

この2点。那覇空港/那覇基地の撮影もしたいところですが、時間にかぎりがあるので今回は上記2点、というか主にガンバ大阪の沖縄キャンプを最優先として出かけました。

そんなわけで、2泊3日の予定で出かけて沖縄遠征の第1日目から。

(ちなみに写真は望遠で撮ったと思われる写真以外は全部 iPhone です。悪しからず)

【追記】ガンバ大阪の沖縄・中城村キャンプだけが目的の方は本記事を飛ばして、「DAY 1 後編:笑顔煌めく選手たち」の後半へどうぞ。本記事はガンバ大阪のキャンプ見学まで辿り着きません(笑)


続きを読む

3月に入って青春18きっぷが使える季節になりました。利用期間初の週末だった先週末を前に、友達から「なんか良いアイデアない?」と聞かれるのも割と毎度のこと。

生粋の乗り鉄マニアでもなければ、青春18きっぷマニアでもありませんが、十代の頃から「え?ええ歳なのに青春18きっぷで移動なんかしてるの?馬鹿なんちゃう?」と言われる今まで、それなりの青春18旅をしていることは周囲によく知られているので、アイデア引き出しに使われております(^^;)

一時期以降、巷でも青春18きっぷ旅のムック本が春、夏、冬の各青春18きっぷ売り出し期間前になると、たくさん出ています。



そんな状況なので、半端な青春18きっぱーな私がどうこう言うこともないでしょうが、気がむくまま、
  • 大阪発(京阪神エリア発)
  • 日帰り(朝7時前後出発をメド)
  • 乗り鉄じゃない
  • でも旅行気分を味わえるくらい遠く
  • 春の青春18きっぷ期間に行くのが相応しい

コースを幾つか紹介してみたいと思います。

“旅行気分を味わえるくらい遠く” というコンセプトですので、いささか朝早め、夜遅めになりますが、安価だけど鈍行only の青春18きっぷ旅でそれなりのところへ行くとなれば、ゆっくり出発では本当に近場のみ or 乗り鉄だけになってしまうので、そこはそれご容赦を。

記事が長くならないよう1回につき2コースずつ紹介することにして、前編では京阪神より東の方を、中編は北の方、後編は西の方を紹介したいと思います。

なお、モデルプランの時刻は 3月26日のダイヤ改正前の土休日ダイヤを前提に紹介しています

平日ダイヤでも似たような時刻で行けるようなプランですが、細部の時刻は異なります。3月26日のダイヤ改正後は、時刻に変更の可能性があります。

ということで、まずは東海方面から。


続きを読む

近年、旅の行先を迷うことが多い。小学校の頃から旅は好きだったから国内はおおよそ行っていて、行きたいのに行ってない場所は、ほとんどなくなっている(面倒臭がり&直前計画が多いから、海外は安くても基本NG)。ゆえに、迷う。

そのせいか、ここ10年くらいの泊まりの旅は、北海道と沖縄がほとんどになっている。飛行機でポーンと飛んで、手っ取り早く遠くへ来た感が得られるからだ。

さすがに北海道と沖縄ばっかりでは…と思うので、今後はまた東北と九州へも時々行こうとは思ってるが、今年の旅もまず北海道、そして沖縄になってしまっている。北海道は、ニセコや旭川というお気に入りの場所があるせいで、どうしても回数は多くなってしまう(ここ1年で5回も旭川に行ったし…)。

そんな泊まりの旅はまだ良いのだが、すっかり行き場を失って久しいのは「関西からの日帰り旅」。日帰り旅といっても私の場合、圏内は普通の人の1泊分くらいまで足を伸ばすことが多いから、ドライブだと西は広島・出雲、東は東海・信州一帯(箱根〜八ヶ岳〜軽井沢〜志賀高原あたりが東限)という感じ。

日帰りのみならず、学生時代に免許をとってからあらゆるドライブし尽くした感はあるので、正直どこへ行くにしても天気が良くなきゃ行く気ゼロ。特に関西から日帰りで行けるところはテンションは上がらないから、誰かを連れて行く以外は動く気がしなくなってしまった。

そんなこともあって、数年前に東京から大阪へ戻ってきてからはドライブ好きもすっかり返上してしまった。そして青春18きっぷで旅するといっても、誰か友人を連れて行くならともかく、一人だと行きたいところもない。

そんなことを思いながら、ふと twitter で「サイコロ転がして進む旅」みたいなことをつぶやいたら、結構レスポンスが良かったので、この春の青春18きっぷ最後の1枚で実行してみることにした。ちょっとしたリアル双六気分というより、

サイコロで決められた駅で強制的に降りることで
超辺鄙な駅で降りて刺激が味わえるかも?


と思ったわけだ。要は無くなって久しい、旅の刺激が欲しかったのである。

【サイコロ旅】
(本記事の写真は全て iPhone 3GS で撮影)


そして、一昨日実行した。twitter を見てくれている人は知っての通りだが、この“サイコロ旅”でつぶやいた twitter のログは、後半にまとめてある。

近場で蠢いていても仕方ないと思って、サイコロは5個振って、なるべく遠くまで行こうとしたわけだが、最終的な経路と(サイコロによる)降車駅は

東海道線→【元町(神戸)】→山陽本線→【網干】→赤穂線→【邑久(岡山)】→赤穂線・宇野線→【茶屋町(岡山)】→瀬戸大橋線→【高松】→高徳線→【讃岐相生】→高徳線・徳島線→【鴨島(徳島)】

となった(【】内がサイコロによる降車駅)。

一応、サイコロの目による指定駅以外は改札外に出ない縛りで、ルートについて twitter フォロワーで reply してくれた人の意見を取り入れつつ(多数決)、それで決定できなかった岡山ではサイコロで、坂出ではそのまま電車に乗るという選択肢を採ることで進行した次第。

なお、その日のうちに戻ってこれることを前提にギリギリまで粘ることにしていたので、最後は20時頃、鴨島なる駅で終わりとなり、そこから徳島へ戻って最終の高速バスで高速舞子へ行って JR で帰着ということに(詳しい経緯は後半記載の twitter ログ参照)。

そんなこんなのサイコロ旅だったわけですが、旅の途中でつぶやいたように

旅している本人的には、思ってたより微妙…


だったり。

元々メチャクチャ楽しくなるとは思っていなかったけれど、なんというか割と予定調和っぽく安牌で終わってしまったというか、「どうしよう…」的なパプニングもワクワク感もなく、帰りも概ね心配することないところで収まったというか、とにかく刺激が足りなかった

【サイコロ旅】赤穂線西片上駅にて車中から
(赤穂線西片上駅にて車窓)


刺激が足りなかった理由はいくつもあったと思うものの、大きな理由の一つは

賽の目で降りた駅が普通の駅ばかりで
今ひとつインパクトのある駅がなかった


ということ。風情というか、「おぉ〜ローカル駅だぜ〜」みたいな駅だったのは、讃岐相生だけ。

讃岐相生だけは、駅前にちょっと民家はあるけど、あとは田んぼばかりで、すぐ近くが海で…という旅心を刺激してくれる駅でした。強風の上に雨が降っていて、せっかく良さげな駅で次の列車まで1時間もあったのに、ゆっくり堪能できず残念でしたが(海が近くで夕暮れ時でしたから、晴れていれば…ねぇ)。

【サイコロ旅】讃岐相生近くの海岸にて
(iPhone で撮影したものを AutoStitchアプリでパノラマ合成@讃岐相生駅近く)


それ以外の駅は辺鄙でもなく、なんか普通の田舎町の駅ばかりにあたってしまって、風情もへったくれもなしでした。別に降りた駅が悪いとか町が悪いというつもりはなく、意外と賽の目が偏ってしまったというか…

なにせ、最初の神戸元町はまだしも(大阪近郊から最初ですからね)、その後は網干に、茶屋町に、高松って…ねぇ。いずれも列車乗換駅になることの多い駅ですから、その先を進むのには効率は悪くなかったけれど、突拍子もないローカル駅に下ろされることを期待してサイコロ振ってるのに…という気分は否めず。

それに乗換駅だろうがなんだろうが、サイコロを振って出た目の数だけ進んだ駅で降りる、というのがありますから、降りる度に30分、1時間と次の列車までの時間をロスしていくわけですから、効率はあまり関係なかったですしね…

でもまぁ、ここまでピッタリとこういう駅に行くかな、と。

【サイコロ旅】邑久駅近くの瀬戸内市市役所
(邑久駅近くの瀬戸内市市役所)


邑久駅なんかは全く知らなかったので、絶対鄙びた田んぼばっかりの中にある駅だろう…と思っていたら、普通に開けてました。駅前はな〜んにもなかったけれど(何故かケーキ屋とコインランドリーだけが)、すぐ近くに大きなスーパーもありましたし。というか、瀬戸内市の市役所がありました…

最後の鴨島なんかも、きっと真っ暗なローカル無人駅に下ろされて、帰りの対向列車を待つ十数分の間、寂しい思いをするんだろうなぁ…なんて想像していましたが、駅前には立派?な商店街がありました。駅前のロータリーには結構な台数のタクシーが止まってました。無人駅ですけど、別に無人じゃなくてもいいんじゃないかと思うくらいの駅。

先にも書いたように、それらの駅や町が悪いわけではなく、単にさいの目がそうなっただけなんですけどね。一言で言えば

運がなかった


とも言えるし、もっと言えば

瀬戸内を回ってるだけじゃ、スーパーローカルな駅なんてない


のかもしれません。別に飯田線みたいな秘境駅の応酬を期待していたわけではありませんが、もうちょっと破天荒な駅があっても良かったかな…というのは正直ありましたね。

ま、運が悪かったといえば、前日も翌日も良い天気だったのに、この日だけ天気が悪かったわけで、私の日頃の行いが影響したのでしょうか…

【サイコロ旅】瀬戸大橋線の車中から
(瀬戸大橋線の車中から)


後から思えば、姫路から姫新線とか、岡山から伯備線とか、そういうルートに行っていたら、もっと違ったような気がしますが、姫路では西へ行け意見ばかりでしたし、岡山では純粋にサイコロで決めて瀬戸大橋線になったので、仕方ありません。

というか、このあたりが、サイコロで決める、TL の意見で決める、ということへの反省点だったりします。具体的には

  • サイコロの目で指定した駅が、思うような駅である確率は高くない。

  • 偶然性はあるが、しょうもない駅に降りるくらいならフォロワーの人たちに紹介したい良い駅は、近くにもっと他にあった。

  • サイコロで乗り換える路線を選ぶ際も、当然イマイチなことになることがある。

  • TL で意見を聞くアイデアは悪くないのだが、辺鄙なところへ行くとアイデアを募っても、路線がどんなところとか、場所自体を知らない人が多くなる(自分みたいな人間がそう多いわけでもないのを忘れてた)。

  • いくら青春18きっぷとはいえ、なんかひたすら電車に乗ることが多くて、その割にはあまり遠くへ行った気がしない(私の中で岡山とか高松は割と近場に入ります…その感覚がおかしいかもですが)。

  • 時間と体力をかけた割には、満足感に乏しくてストレスが溜まった…


というところで、これが正直な思いだったりします。

とりあえず、アイデアは悪くなかったと思うのですが、旅の方針が間違ってた気がします。アイデアは良くても設計が悪いと、コーディングが最悪につまらない作業になるのと同じでしょうか…

帰宅直後の twitter でもつぶやきましたが、サイコロの目で降りる駅を決めるやり方をするなら

遠出を狙わずに、サイコロ1〜2個で近場を細かく回って
「ぶらり途中下車の旅」みたいな感じでやった方が良かったかも?


と思いましたね。青春18だとどうしても遠出を考えてしまって、サイコロ5個を振ってましたが、もっと細目に乗り降りできるところで、知らない街を見て回った方が面白かったように思います。

まぁ、サイコロ1〜2個で列車が1〜2時間に1本というようなローカル線に入ってしまうと、ドツボにはまる可能性もありますから、近郊区間内でやるとか私鉄でやるとか、そういった縛りの方が良かったかもしれません。

ただ、見てる方は遠くに行った方が面白かったのもあるので、難しいところです。

【サイコロ旅】夜の明石大橋


今回は瀬戸内をグルッと回った感じで、さほど山間部もなかったのでソフトバンクの糞電波が圏外になるところも少なかったですが、「iPhone で写真を撮って加工して echofon Pro で Flickr にアップしつつ twitter 投稿」という形をやってると、希望していたような辺鄙な駅だと確実に圏外になるのも問題点ではあります。

docomo の普通のケータイから mova twitter するのもアリでしょうが、iPhone に慣れてしまうとちょっとね。ただ、今後またやることがあれば、そのあたりも課題ですね。

まぁ、またやるとしても、もうちょっとやり方を考えないと…行き先が決まらないと言いつつ、サイコロで決められるのは意外とストレスが溜まるものだと実感しました。ココよりアソコの方が景色も良いのに…とか判ってる路線だっただけにね。

ということで、当日の twitter でつぶやいたログから、今回のサイコロ旅に関する tweets を抜き出してまとめておきます。

続きを読む

このページのトップヘ