今年は残暑もあまり厳しくなく、10月に入ってすっかり秋の涼しさになっていますが、今さらまた夏の航空祭、千歳基地航空祭の話。やっと、航空祭本番の日の巻。

北海道へ向かう前は、「金曜日から天気は下り坂、土曜から雨模様、日曜日も雨」そんな天気予報で、

今のジャンボな政府専用機が運用されているうちに、政府専用機を含めた異機種編隊が見たくて初めて来た千歳基地航空祭も雨模様になるのか……飛ばなかった泣くなあ。


と覚悟しながら千歳入りして、確かに金曜日は予報どおりに午後から雲が厚くなってきたものの、その夜から週末の天気予報が一転して、晴れマークを出すようになりました。

ただ、土曜日は、札幌では急速に天候が回復して北海道らしい青空が広がっていたのですが、快速で僅か30分先の千歳はどんより曇り空。結局、午後のブルーインパルス前日予行はローパスフライトのみ(第5区分)になってしまいました。

今さら千歳基地航空祭2017 前々日予行編
今さら千歳基地航空祭2017 ブルーインパルス前日予行編

残念ではあったものの、雨が確実だと思われていた航空祭本番の日曜日は、天気予報が一転して晴れ予報になりましたから

ブルーインパルスの予行がダメでも、明日の本番でイーグルなどの機動飛行や政府専用機とイーグルの異機種編隊が飛んでくれれば全然問題ないっしょ!晴れ予報に変わったし!!


と前向きに思えていましたし、前日どんより曇り空だった千歳市内も夕方になるとすっかり晴れてきて、燃えるような夕暮れに「明日楽しみだなー」と花火を見ながら翌日に期待を胸に膨らませていました。

急に知った花火大会、三脚がなければ手持ちで撮ればいいじゃない 〜E-M1 Mark II で手持ち花火撮影

そして千歳基地航空祭 2017 当日の朝。6時半ごろ千歳基地正門近くのホテルを出ると、見渡す限りの青……くない、真っ白で、どんより曇り空。

ChitoseABairshow2017A
(朝6時半、駐車場へ向かう車が何キロにもわたって渋滞)


えー、(気象庁やウェザーニュースや日本気象協会の)話と違うやん!なにこれ昨日と同じドン曇り……。でも夏の北海道太平洋側って、霧だったり低い雲に覆われるってこと多いよね。何度も体験してきた。でも、太陽が昇って気温が上がるにつれ、雲も上がっていって消えていくよね。今日は晴れ予報だもんね。そうだよね。そうと言ってくれよーーーー!


そんな思いとともに千歳基地航空祭 2017 当日は始まったのでした。


続きを読む