Tedious diary more x4

写真日記ブログを合流させて完全に雑記ブログ化しました(>_<)

タグ:大阪府

TediousPhoto20240404ATediousPhoto20240404BTediousPhoto20240404C

また、うっかり更新予約忘れで10時間遅れ投稿。

週始めの、ちょい花見を兼ねた短時間お外ランチ。
ソメイヨシノは、まだ咲き始めから3分咲きで平日だったが、
東広場のジンダイアケボノは満開近し。
桜の樹の下はどこも陣取りされていたが、逆にベンチが空いていたので、そこで昼ごはん。

その後、戻るまで中央エリアあたりまで少しだけ散歩したが、
ソメイヨシノの並木がある東大路通路あたりは、歩く人が多いだけでなく、
ちょっとした芝生に夏休みの海水浴場状態の密集さ。
満開ごろの土日はこんな状態なのは知っているけれど、
まだ3分咲きの平日なのに…凄い人出。

TediousPhoto20240404D

満開見頃必至の今週末はとんでもないことになるやろねえ。
まぁ見に行こうと思っている人は、とりあえず太陽の塔より西側、
春の泉あたりの方がまだマシです。
桜の数は少ないけれど、人もまだマシ。
(平日は人も少ないと言えるけど、休日は言えない😅)

(X-S10 + XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

TediousPhoto20240403

スマホ写真に有りがちであり、どうでも良すぎてブログに載せるようなものではなく、
時限で消えていく Instagram のストーリーに流すか、
ゴミ捨て場の X (Twitter) に投棄するか、
の二択のような写真だが、
たまには写真日記的にコレで良いかという気がしたので、掲載。

まだソメイヨシノは3分咲きといった程度だったが、
この場所にあったジンダイアケボノは満開近しだった。
このあと1週間は花見してる余裕も無さげなので、短時間のランチ花見。
食後のデザート?のお団子で、今さらやるか?的な使い古された一枚。

いや、一枚どころか、画角を変えたりして何枚か撮ったんだけど、
団子にちゃんとピントが来てるのがこれだけだったという…orz
スマホカメラは(超広角以外は)意外と寄れないからなあ。
一応こんな写真撮ってる恥ずかしさもあって、確認しながら撮らなかったミス。

X-S10 も一応持っていっていたが、こんな馬鹿らしい写真を撮るのに
わざわざカメラを出すのはどうかと思った。
というか、恥ずかしさの自乗は避けたかった…😅

(iPhone 15 Pro Max / 広角カメラ)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

TediousPhoto20240220

天下分け目の天王山、の天王山方面から淀川へ流れる水無瀬川。
数日雨の降らない日が続いていたせいか、その名のとおり枯れていた。

もっとも水無瀬の地は扇状地であって、川の流れが伏流水となることの多い地形。
それゆえ湧き水が豊富で美味しいからこそ、サントリーがこの地に工場を建てたわけで、
さらに淀川の水に頼っている大阪中北部エリアの中で、
ここ島本町だけは9割が地元の地下水で、水道水からして美味い地域。

今でこそ淀川からの水道水も改善されているが、昔はなかなかアレと評判で
島本町の住民がいると「ええなー毎日美味い水が飲めて」と言っていたものだ。

(X-S10 + Voigtlander NOKTON 23mm F1.2 / Classic Nega)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

TediousPhoto20240205
(X-S10 + NOKTON 23mm F1.2 / Classic Chrome)


西国街道をどこまで含めるかは定義によって様々のようだが
(山陽道を含めた下関まで、もしくは太宰府まで、など)
狭義というか今に馴染む狭い範囲で言えば京都〜西宮間。
その間にあった6宿で本陣が現存するのが、ここ郡山宿・椿の本陣。
たまに裏道として通るところなので個人的には珍しくも何もないのだけど、
随分ぶりに歩いて通りがかりの一枚。

本陣の真ん前に車が停まっていて邪魔と言えば邪魔なのだけど、
江戸時代から残る建物と、今ありきたりな自家用車とのアンバランスさもまた一興かと
敢えて車を入れて撮ってみた。

ちなみに、以前はこの本陣も無料公開されていたけれど、
(コロナ禍をきっかけにして?)今は公開中止になっていた。
保存管理も大変だから、それで良いのかもしれない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

TediousPhoto20240123
(iPhone 15 Pro Max / 広角カメラ / RAW)

なんて事のない竹藪の中のハイキング道を行く一コマ。
後処理しても HDR 臭いのは RAW で撮っても、この手のシーンでは強制的にかかるから。
まぁ iPhone はまだマシなかかり方だけど。

逆光ということもあって RAW でも撮っておいたのを Lightroom で現像。
だが、こんなどうでも良い写真なのに元写真のファイルサイズ 100MB 超。
スマホカメラ写真なのに 100MB 超。

そりゃまぁ Z9 より画素数多い 4,800万画素の非圧縮 RAW だから当然といえば当然。
だけど、えええ〜ってなりますわな、たかがスマホカメラ写真なのに、って。
(スマホカメラで 1億画素は今や珍しくないけど、そんな画素数の RAW とか考えたくもない…)

iPhone カメラの JPEG/HEIF はファイルサイズ一定志向の圧縮方式なので、
青空メインみたいなシンプルな被写体だと RAW でもファイルサイズは小さく、
よって JPEG/HEIF でファイルサイズ一定に圧縮しても、圧縮率は低く画質も良い。

反面、風景やらこういう画面内がごちゃごちゃ細かいものが多くなると
RAW のファイルサイズは馬鹿デカくなり、そして
ファイルサイズ一定方式の JPEF/HEIF 圧縮では圧縮率が高くなって画質が低下する。

それを思うと、圧縮率一定で JPEG/HEIF 圧縮して欲しい、もしくは選べるようにして欲しい。
と思うけれど、スマホカメラだからね、特にシンプルを是とする iPhone だからね…

普通に JPEG/HEIF で撮ってる人は写真の細かい画質云々より
内蔵ストレージに多くの枚数が収められる方がずっと良いし、
RAW を用意したんだから文句ある層は RAW を使えよ、大容量ストレージ買えよ、
というのは理解できる。

できるんだけど、モヤるんだよねえ。
ってか、RAW でちょこちょこ撮ってると 256GB が狭いわ…

    このエントリーをはてなブックマークに追加

TediousPhoto20240122
(iPhone 15 Pro Max / 広角カメラ / RAW)

くねくね道を登った先の、山の上の展望台。
昭和の時代から、こうなるのはお約束(^_^;)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

すっかり本ブログの存在を忘れるくらいダラバタでありましたが、その間に梅雨明けして、東京五輪が始まって、我らがガンバ大阪も ACL ウズベキスタン遠征から帰ってきて、またすぐに中2〜3日が連続する真夏の15連戦を戦っている最中で、ようやくまたスタジアム観戦もできるようになった、と思ったらまた緊急事態宣言で……

という最中、本ブログについては特に絶対書きたいようなネタもないし、暑くて無駄なこともしたくないし、という感じで放置しておりましたが、とりあえず新型コロナウイルスワクチン接種2回目も先日完了した次第であり、そのことを少々。

大阪府コロナワクチン接種センターでモデルナワクチンを接種(1回目)してきたメモ

周りでも高齢者ではない結構多くの方が既に1回目2回目接種を受けている状況なので、今さらまた書くこともないかと思ったのですが、1回目の接種のことを書いたので、より副反応が強いと言われる2回目接種後のことを一例として記しておこうと思います。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

今週、大阪府が設置・運営する大規模集団接種会場「大阪府コロナワクチン接種センター」(マイドームおおさか)にて、モデルナ製の新型コロナワクチンを接種してきました。

接種してきたことを LINE や SNS に書いたところ、友人知人で同所や他県での大規模集団接種にてワクチン接種を考えている人が幾人もいて色々聞かれたので、2回目の時の自分用メモも込みで、少し記しておこうと思います。

あくまで6月下旬における、マイドームおおさかでの大阪府大規模集団接種の一例でしかありませんので、その点は十分ご留意ください。

Covid19VaccinationByOsakaPref01


なお、当方が体験したかぎり、大阪府コロナワクチン接種センターにおけるワクチン接種は極めてスムースで、途中で戸惑うことも、長く待たされることもなく、会場入場から接種まで15分程度、接種後の待機時間も含めて30分少々で終わりました。

接種時点で1日2千人の予約が連日フルで入っている状態であるにも関わらず、いい意味で淡々と流れ作業で最後まで終えられるシステムを短期間で作り上げられていることには感銘を禁じえなかったくらいです。

大規模集団接種会場の設置およびスムーズな接種フローの構築をマネージメントされた方、また現場で実際の接種作業に関わられた方々、サポートされていた方々には心より感謝致したいと思います。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ