Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:地図

少し前に、iPhone のカーナビアプリ、特に無料でカーナビ機能が使えるアプリについて個人的な意見を当ブログに書きました。

iPhone カーナビアプリ色々
無料iPhoneカーナビアプリ Googleマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+ の個人的比較感想
Googleマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+ をカーナビアプリとして使う場合のルート探索上の注意点【前編】
Googleマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+ をカーナビアプリとして使う場合のルート探索上の注意点【中編】
Googleマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+ をカーナビアプリとして使う場合のルート探索上の注意点【後編】

時期的にはそんなに前のことではないのですが、幾つかのアプリがアップデートして、上記記事で書いた内容から大きく変化していることが2点がありますので、それについて補足しておきます。


続きを読む

前回、前々回と2回にわたって、無料 iPhone カーナビアプリのうち

これら3つのルート探索における癖、留意点を記してきました。(無料カーナビアプリのうち NAVIRO は常用していないため割愛。以前の記事参照)

前々回は主に「Googleマップ」、前回は主に「MapFan+」のルート探索について注意点を述べてきました。

Googleマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+ をカーナビアプリとして使う場合のルート探索上の注意点【前編】
Googleマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+ をカーナビアプリとして使う場合のルート探索上の注意点【中編】

今回は最後、「Yahoo!カーナビ」のルート探索の癖、利用上の注意点を述べていきます。カーナビ専用アプリだけあって、「Googleマップ」「MapFan+」と比べると一番実用的なカーナビアプリですが、オススメルートはかなりの曲者ですので、そのあたりを中心に。

過去2回同様、常用している中での実例なので関西エリアが中心の実例になっているため、首都圏その他の方には判りづらいかもしれないことを先にお断りしておきます。

また、ルート探索アルゴリズムは告知なく変更・改良されているものですから、当記事は記事執筆時点での話であることを予めご承知おきください。ここで指摘した問題は将来、きちんと改善されている可能性があります。


続きを読む

先回記事に引き続き、無料 iPhone カーナビアプリ

これら3つのルート探索における癖、留意点を今回も記しておきたいと思います。(無料カーナビアプリのうち NAVIRO は常用していないため割愛。以前の記事参照)

前回は主に「Googleマップ」のルート探索機能の注意点を2点紹介しました。

Googleマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+ をカーナビアプリとして使う場合のルート探索上の注意点【前編】

今回は主に「MapFan+」のルート探索について、「Googleマップ」「Yahoo!カーナビ」など他のカーナビアプリと比較しつつ注意点を述べていきます。

前回同様、常用している中での実例なので関西エリアが中心の実例になっているため、首都圏その他の方には判りづらいかもしれないことを先にお断りしておきます。

また、ルート探索アルゴリズムは告知なく変更・改良されているものですから、当記事は記事執筆時点での話であることを予めご承知おきください。ここで指摘した問題は将来、きちんと改善されている可能性があります。


続きを読む

前々回で iPhone カーナビアプリの現状について色々と書き、その流れで前回は無料 iPhone カーナビアプリ「Googleマップ」「Yahoo!カーナビ」「MapFan+」それぞれを常用してきた中での機能や性能の特徴について比較してみました。

iPhone カーナビアプリ色々
無料iPhoneカーナビアプリ Googleマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+ の個人的比較感想

「MapFan+」は一部機能が有料アプリだとか、無料カーナビアプリ比較という割には無料カーナビアプリで最も多機能な「NAVIRO」が入っていないとか、諸々片手落ちがありますが、ちょっと使ってみただけでの比較ではなく、きっちり話できるのは常用しているアプリに限られるので、この3つのアプリについてのみ記しています。

(NAVIRO を常用していない理由については、前回記事を参照)

前回記事では、

の3つのアプリそれぞれについて長所・欠点を列挙しましたが、今回はその前回記事でも触れた各アプリの情報表示やルート探索の癖について、具体的な事例を示していきます。

これら3つの無料カーナビアプリを始め、どのカーナビアプリもそれぞれ長所短所は持っていますし、特に

ルート探索についてはアプリ毎に癖がある


ので、使うなら事前にアプリの癖を知っておく方が良いですし、時には「転ばぬ先の杖」にもなります。(面倒くさいこと考えずに一番無難にこなしたければ、月額課金して「カーナビタイム」や「ドライブサポーター」の NAVITIME系アプリを使うのがベター)

ということで、以下、私個人の気づいた「Googleマップ」「Yahoo!カーナビ」「MapFan+」のそれぞれの特徴、注意点を実例で示していきます。今回はまず「Googleマップ」を中心に。

なお、ルート探索アルゴリズムは告知なく変更・改良されているものですから、当記事は記事執筆時点での話であることを予めご承知おきください。ここで指摘した問題は将来、きちんと改善されている可能性があります。

また、常用している中での実例なので関西エリアが中心の実例になっているので、首都圏その他の方には判りづらいかもしれないことを先にお断りしておきます。(首都圏その他でも同様の例はあります)


続きを読む

前回記事で iPhone カーナビアプリの現状について色々と書きました。

iPhone カーナビアプリ色々

現在よく使われているだろう有料無料カーナビアプリそれぞれについて、色々と特徴があることは上記記事で書いたとおりで、NAVITIME 系アプリの優秀さについても触れました。

ただ、人それぞれカーナビアプリにどこまで重きを置くか、月額課金を払うほど利用するか、というのはあるわけで、例えば営業で毎日車であちこち駆け回る人なら、機能精度とも優秀な「カーナビタイム」に月額500〜600円払っても惜しくないでしょう。それだけの価値はあります。

反面、たまにしか車を(カーナビを)使わない人などにとっては月額課金するほどのことはなく、必要な時は無料カーナビアプリで済ませよう、それで十分という場合も多いでしょう。

現在 iOS には以下のような無料カーナビアプリがあり、いずれもカーナビの基本的な機能はカバーしています。

Google マップ
Yahoo!カーナビ
カーナビNAVIRO
MapFan+(マップファンプラス)(渋滞情報など利用は月額400円)

(MapFan+ は VICS 渋滞情報や渋滞情報込みのルート探索、オフライン地図、駐車場満空情報などの機能は有料ですが、地図閲覧、ルート探索、カーナビ機能そのものは無料でも利用可能なので、ここでは無料カーナビアプリの一つとして入れておきます)

私はこれら4つの無料カーナビアプリのうち、NAVIRO を除く 3つを常用しています。別に NAVIRO がダメだというわけではなく、

無料カーナビアプリで最も多機能なのが NAVIRO


であり、NAVIRO は有料アプリと比べても見劣りしない唯一の無料アプリと言ってもいいくらいです。(ナビ音声の方言切り替え、AR モードやドライブレコーダー機能内蔵などは NAVIRO ならでは)

ただ、前回記事でも書いたように、私自身は「カーナビはドライブ前の参考程度」が中心でカーナビ機能より地図の閲覧性を重視していること、NAVIRO のハニカムメニューが好みでないため、本格的に使うに至りませんでした。

ですから、私自身が十分利用していて語れるのは「Google マップ」「Yahoo!カーナビ」「MapFan+」だけです。片手落ちなのは十分承知の上で、これら iPhone 無料カーナビアプリ3つの個人的印象、感じる比較印象を述べていきたいと思います。

(「Yahoo!カーナビ」はカーナビ専用アプリですので、地図アプリとして「Yahoo!地図」も併用しています。統合して欲しいんですけどねぇ…)

なお、3つの地図・カーナビアプリの個人的な使い分けは以下のとおり。
  • 一番常用かつ検索、ブックマークに使うのは「Google マップ」(操作性が良く、地図アプリとしての機能性に優れるから)
  • モバイル時につらつらと地図を眺める、調べるときはパケットを消費しないオフライン地図利用可能な「MapFan+」
  • カーナビとして使う場合の第一選択肢「Yahoo!カーナビ」と「Google マップ」の情報が古い、足りない時の「Yahoo!地図」

という感じですね。

実際のカーナビアプリ利用に関しては

出かける前なら3つのカーナビアプリでルート探索して
一番まともなルートを探索したアプリを使う


って感じです。(車内でサッとやる場合は「Yahoo!カーナビ」が第一選択肢です)

NAVITIME 系アプリを使っていたならば、探索ルートも到着予想時刻もそれだけで概ね信用できるのでしょうけれど、これら3つのアプリは(Yahoo!カーナビが一番マシとはいえ)色々と欠点を持っていて信用するところまではいきませんので、3つ試してみて自分で判断です。

まぁ結局信用できるのは自分というか、自分で決断下せば何があっても自業自得で納得できますからね。カーナビの隷にもなりたくないし、結果をカーナビのせいにはしたくないので(^_^;)


(地図といえば外せないのがコレ)


そんなわけで、今回はそれら「Google マップ」「Yahoo!カーナビ」「MapFan+」の長所・短所を列挙して、次回はルート探索その他における良し悪しの実例を示そうと思います。


続きを読む

前回記事で、地図&カーナビアプリ「MapFan+」のことを書きました。

大好きな地図&ナビアプリ「MapFan+」の有料課金継続を止めた2つの理由

「MapFan+」は地図だけでなくカーナビ機能も持っているわけですが、最近のカーナビアプリは機能も充実の一途を辿っていて、特にカーナビに特化した有料アプリは機能や情報量が車載カーナビと遜色ないレベルです。

唯一、スマホカーナビはジャイロセンサーがないのでトンネルやビルの谷間、山間部での自車位置がズレやすい点だけは車載カーナビを超えられませんが、それ以外はほぼ同等レベルになってきたと言ってもいいくらいです。

(正確にはスマホカーナビというかスマホの位置情報は Wi-Fi によるアシストもあり、一部のカーナビアプリはスマホのセンサー情報を活かしてジャイロセンサーがない欠点をフォローしているので、必ずしも GPS だけの位置情報ではありません)

ともあれ、スマホのカーナビアプリというか、iPhone のカーナビアプリを改めて見てみると、一時期は雨後の筍のように数多くのカーナビアプリが存在していたものの、現在は

カーナビアプリがだいぶ淘汰されてきた


感じです。

去年あたりから出てきているカーナビアプリもありますが、適当にググって数年前のカーナビアプリ紹介ブログ記事などを見てみると判りますが、そこで紹介されているアプリで少なくない数が AppStore から撤退済みだったりします。

AppStoreOldApp4


そんな、一大勢力だったカーナビアプリが激減した原因といえば、まずは何と言っても Google Maps。

Google マップ (App Store)

対応当初は「高速もロクに認識しねえとか使い物にならねえわ」レベルだった Google Maps のカーナビ機能でしたが、無料で地図アプリの大定番 Google Maps が日本国内でもカーナビ機能に対応したことは大きく影響しましたし、徐々に改良されて今ではだいぶ実用的になりました。

そして、淘汰の決定打になったのは Yahoo! カーナビ。

Yahoo!カーナビ (App Store)

Yahoo! カーナビに関しては無料ながらも(基本機能は)有料カーナビアプリと大差ないレベルにあり、NAVITIME 系カーナビアプリの精度を必要としなければ、これで十分という人は多いでしょう。

他のアプリで有料課金が必要としている渋滞情報などを無料で提供していますし(Yahoo! ID ログインは必要)、何より Google と並ぶ利用者の多い Yahoo! ですから、みんな手を出しやすいアプリでもあります。


(ポータブルカーナビは大打撃ですっかり価格帯が変わりました)


そういった強力な無料アプリが出てきた以後も、なお生き残る他のカーナビアプリには各自それなりに特徴があり、特に有料アプリは「金が取れるレベル」でないと生き残れていません。

そんな iPhone 向けカーナビアプリの現状で、いま主に使われているカーナビアプリといえば、上記2つの無料カーナビアプリの他に、以下のアプリが挙げられるでしょうか。
続きを読む

一昨日、オフライン地図アプリ「MapFan」の Android版が新バージョン “2014” になったものの、その中身は Map Fan for Android 2013 と全く同じ、地図データーすら同じで、時間とともに値上げするセールに釣られて、従来版を持っている人は慌てて買わないように、という記事を書きました。

Android版 MapFan 2014 がリリースされたが、要注意!

おまけに定価4千円近いのに地図データー更新サービスもやらない宣言を予めするやる気のなさで(何も言わずに更新しないよりはマシだけど)、従来版を持っていないユーザーでもせいぜい 500円が妥当、千円以上出すほどの価値はない(個人的評価)とも書きました。

先ほど見たら 1,500円になってましたが、命である地図データーが今春のまま放置プレイですから、定価の半額以下と言えども、この値段では(個人的に)お勧めできる価格ではありません(iOS 版オフライン地図は既に先月更新されているのに Android版が春のまま放置はホント酷い)。

ちなみに Android版でも買い切り制ではない月額制(400円/月)アプリである「MapFan」は月額 324〜400円なので、Android でキチンと更新できるオフライン地図が欲しいという場合は、高くてもこちらがベター。月324円と言っても年間にすれば4千円近いので、よほど常用してないと高いと思いますし、Google Maps と比べて必ずしも良い点ばかりではないですからねぇ。

という感じで MapFan for Android 2014 は、さっぱりやる気のないアプリですが、

iOS版の方は納得の作り


になっており、今回のバージョンアップも「お、いいね。金払ってるメリットがあるね」と思えるものです。

iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 MapFan+ (地図・ナビ・渋滞・オービス・オフラインマップ)

今回の目玉は

有料課金中なら、オフライン地図更新や渋滞表示/渋滞ルート検索などに加え
速度違反撮影カメラ「オービス」マップ表示とオービス警告が追加


されたことで、以下の通り、地図で見ても判りやすいものです。

続きを読む

Google Maps と並んで愛用している地図/ナビアプリ「MapFan+」。Google Maps の高機能化が進み、地図だけなくナビ機能もまずまず、限定的ながらオフライン機能もあって、たいていの場合は Google Maps アプリで十分。なかなか他の地図アプリ、特に有料アプリに手を出す人は少なくなりました。

iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 MapFan+ (地図・ナビ・渋滞)

が、個人的には「MapFan+」はお薦めアプリの一つです(Android版「MapFan 2013」はお薦めできないけど)。その理由は以下のあたり。


続きを読む

個人的に待望していた MapFan の Android版アプリが今週リリースされました。

電波に左右されない、オフラインでも地図が見られる/ナビ可能な「MapFan for Android 2013」登場! 〜時間とともに値段の変わるセール中、急げ!【色々追記有り】

iOS でも初代 MapFan アプリから現行 MapFan+ アプリまで愛用していて、オプションの月額課金もしています(iOS版は基本無料、オフライン地図のダウンロードや渋滞情報のみ月額課金が必要)。

Android OS では iOS 以上に Google Maps アプリの出来が良い、Google ナビの出来が良いことは誰の目にも明らかですが、MapFan は「Google Maps のサブアプリ」としてベストな特徴を備えていると言っても良いと思います。

MapFan の特徴のうち、最大の特長は地図データーをダウンロードしておくオフライン地図アプリであること。

大量の地図データーをダウンロードするので端末内のストレージ容量は馬鹿食いしますが(約 4.9GB、ダウンロード時は約 6.2GB以上の空きが必要)、基本的に地図閲覧で通信が発生しませんから

通信状況が悪くても、通信不可でも、Wi-Fi限定端末でも
安定して地図を閲覧できる


わけです。たとえ圏外であっても(or Wi-Fi版タブレットであっても)GPS 測位さえ確保できれば、現在位置を地図上でキチンと把握できるわけです。

Google Maps も地図ダウンロード&オフライン閲覧機能を備えていますが、それはユーザー指定する一定地域に限られるテンポラリなものであり、日本全国一括ダウンロードというわけにはいきません(裏技的なアプリを使えば不可能ではありませんでしたが…)

特に、自分だけでは通信ができない Wi-Fi タブレットや通信速度が低速な廉価データー通信サービスの SIM を挿している端末には最適な地図アプリです。一応、ナビも可能ですしね(Android版は渋滞情報などが得られないので、ナビはあまり高く評価できないけれど)。

さらに

Google Maps って意外と情報更新が遅い


ので、数ヶ月に一度はデーター更新される iOS版の MapFan+ は重宝しています。Android版は定期更新がないようですが、色々な高速道路が開通する来春には更新する予告がなされています。

また、Google Maps は河川名がやけに省略されているので、河川や橋の名前を把握する場合には Google 以外の地図の方が便利なことも多いので、MapFan も併用には良いアプリです。

そのような利点もあって、iOS版 MapFan+ は愛用していますし、Android版にもあれば良いなぁ…と思っていましたので、登場は大歓迎でした。

とはいえ、MapFan が Google Maps より良いわけでもなく(あくまで補完的存在)、また

Android版が出てきたのは嬉しいけど、この出来、内容は…


というところもあります。

特に MapFan for Android は定価では高額なアプリですから、激安セール価格が終わり、記事執筆現在では定価の半額とはいえ 1,700円もしますし、今後は定価ないし定価に近い価格になるようですので、マイナス点もしっかり把握して買うべきアプリです。

ということで、“iOS版から愛用し続けてる私でも指摘したくなるマイナス点” を、以下に列挙しておきます。


続きを読む

【追記】記事の最後に色々と気づいたこと、注意点その他を追加してあります。

iPhone / iPad で超愛用しているオフライン地図アプリの「Map Fan+」が、とうとう Android に登場。個人的に待ってました!!であります。ストレージ馬鹿食いしますが、推薦しておきたいアプリ(まだ完成度は低すぎるけど…)。

MapFan for Android 2013 - Google Play の Android アプリ

まだまだ荒削りのβ版っぽいところもありますが、本来のアプリ価格は 3,780円のところが 100円スタートで時間とともに値上がりするセールが現在進行中ですので、興味の或る人はお早めに!

【追記】当日中に 400円まで上昇し、翌日夜には 800円。絶賛価格上昇中ですが、今の完成度で千円以上とるのは…


Android ユーザーは「Google マップさえあれば十分」という人が多いですが、

オフラインでも全国の地図が見られる(ナビも可能)


ですから、

Wi-Fi 版タブレットを使っている人にはピッタリ


ですし、低速な通信状況の時もサクサクと地図が見られますから

スマートフォンやタブレットで廉価データ通信 SIM を使っている人にもピッタリ!


です。実際、私は iPhone 4S や iPad で OCN モバイル ONE や IIJmio / BB.excite の廉価データー通信 SIM を挿していますが、そういった時に「MapFan」は大きな味方です。

また、通信状態に左右されずに地図が見られるということは、電波状況の悪いところでも安定して地図を見られることができるので、普通のスマートフォンでもメリットはあります。

加えて、

Google マップは地図の更新が遅い


ので、高速道路などの最新状況に対応する地図アプリとしても価値はあると思います(ただし、Android版は iOS版 MapFan+ と違って2〜3ヶ月おきの地図更新はなく、次回は来年春予定)。

ただし、MapFan にも欠点はあります


続きを読む

このページのトップヘ