Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:千歳基地航空祭

直前に晴れ予報に変わった天気予報にも裏切られ、前々日予行から航空祭当日午前中までひたすらドン曇り、夏の北海道らしい爽やかな晴天は何処へやら、だった今年の千歳基地航空祭。

今さら千歳基地航空祭2017 前々日予行編
今さら千歳基地航空祭2017 ブルーインパルス前日予行編

低く垂れ込めた雲のおかげで、航空祭の展示飛行プログラムの大半がキャンセルまたはちょっとした航過飛行だけに変更されてしまいました。

今さら千歳基地航空祭2017(1)天気予報に上げて落とされ編

天気には勝てない、誰も悪くないとは言え、「わざわざ北海道まで来たのに〜、初めての千歳基地航空祭なのに〜」という愚痴が出てしまうほどでありましたが、午前中最後のプログラム、米太平洋空軍(PACAF)F-16 のアクロバットフライトがこの状況下でも素晴らしい演技を披露してくれて、唯一の救いになってくれました :-)

JASDF Chitose AB Airshow 2017 (54) PACAF F-16C - 92-887

今さら千歳基地航空祭2017(2)さすが米軍様や!編

午前中の最後にようやく少しは気分が晴れて、午後のブルーインパルス展示飛行までの昼休み時間中に、基地の外での撮影ポイントからシャトルバスで基地内の航空祭会場へ移動しました。


続きを読む

世の中三連休ということで、昨日の早朝、新大阪駅も旅行へ行く人でごった返していました。昨日は九州出張だったのですが、うっかり三連休初日というのを忘れていて、1週間前に新幹線の予約を取ろうと思ったら全く空いてなくて、8時の新幹線で間に合うところが6時すぎのに乗る羽目になってしまいましたが、私の三連休は出張、ガンバ観戦、家庭内所用で終わりです(´Д` )

さて、2ヶ月以上前になってしまった千歳基地航空祭。夏の航空祭と言えば、丘珠空港の札幌航空ページェントとこの千歳基地航空祭ですが、今年は札幌航空ページェントが開催されず、この千歳基地航空祭だけでしたが、これまでの記事で書いてきたとおり前々日予行からずっと天気はドン曇り。

今さら千歳基地航空祭2017 前々日予行編
今さら千歳基地航空祭2017 ブルーインパルス前日予行編

北海道へ出かける前は雨予報だった天気予報は前日になって晴れ予報に変わったものの、朝起きてみると、やっぱりドン曇り。低い雲が垂れ込め、午前中の展示飛行は次々と中止、航過飛行のみに変更になっていき、機動飛行も、千歳基地航空祭へ来た目的であった政府専用機と F-15J イーグルとの異機種編隊飛行も中止になってしまいました。

今さら千歳基地航空祭2017(1)天気予報に上げて落とされ編

午前中のプログラムが進むも天候は一向に変わらず、次々と当初のフライトがキャンセルになっていく中、唯一の可能性は米空軍 PACAF F-16C のアクロバットフライト。

米空軍は航空自衛隊とは基準が違いますから、この悪条件でも魅せるフライトをやってくれる可能性はあるはず。それを信じて、午後のブルーインパルスを残して航空自衛隊の展示がおわったのち、撮影ポイントを移動します。

JASDF Chitose AB Airshow 2017 (24) Japanese Air Force One / 20-1101
(この写真下部に並んでいる人がいるあたりへ)


前々日の予行フライトでは様子見もあって土手から撮りましたが、F-16 は F-15 に比べて機体が小さいこともあって、土手から 600mm 相当では話にならないくらい遠かった(被写体が豆粒だった)ので、とにかく基地に近寄りました。

臨時駐車場を横切って基地フェンス際まで来て、

果たして飛んでくれるのか?どれくらいのフライトをやってくれるのか?


そう思って PACAF F-16C の離陸を待ち、そして……やってくれました、さすがですわ!


続きを読む

今年は残暑もあまり厳しくなく、10月に入ってすっかり秋の涼しさになっていますが、今さらまた夏の航空祭、千歳基地航空祭の話。やっと、航空祭本番の日の巻。

北海道へ向かう前は、「金曜日から天気は下り坂、土曜から雨模様、日曜日も雨」そんな天気予報で、

今のジャンボな政府専用機が運用されているうちに、政府専用機を含めた異機種編隊が見たくて初めて来た千歳基地航空祭も雨模様になるのか……飛ばなかった泣くなあ。


と覚悟しながら千歳入りして、確かに金曜日は予報どおりに午後から雲が厚くなってきたものの、その夜から週末の天気予報が一転して、晴れマークを出すようになりました。

ただ、土曜日は、札幌では急速に天候が回復して北海道らしい青空が広がっていたのですが、快速で僅か30分先の千歳はどんより曇り空。結局、午後のブルーインパルス前日予行はローパスフライトのみ(第5区分)になってしまいました。

今さら千歳基地航空祭2017 前々日予行編
今さら千歳基地航空祭2017 ブルーインパルス前日予行編

残念ではあったものの、雨が確実だと思われていた航空祭本番の日曜日は、天気予報が一転して晴れ予報になりましたから

ブルーインパルスの予行がダメでも、明日の本番でイーグルなどの機動飛行や政府専用機とイーグルの異機種編隊が飛んでくれれば全然問題ないっしょ!晴れ予報に変わったし!!


と前向きに思えていましたし、前日どんより曇り空だった千歳市内も夕方になるとすっかり晴れてきて、燃えるような夕暮れに「明日楽しみだなー」と花火を見ながら翌日に期待を胸に膨らませていました。

急に知った花火大会、三脚がなければ手持ちで撮ればいいじゃない 〜E-M1 Mark II で手持ち花火撮影

そして千歳基地航空祭 2017 当日の朝。6時半ごろ千歳基地正門近くのホテルを出ると、見渡す限りの青……くない、真っ白で、どんより曇り空。

ChitoseABairshow2017A
(朝6時半、駐車場へ向かう車が何キロにもわたって渋滞)


えー、(気象庁やウェザーニュースや日本気象協会の)話と違うやん!なにこれ昨日と同じドン曇り……。でも夏の北海道太平洋側って、霧だったり低い雲に覆われるってこと多いよね。何度も体験してきた。でも、太陽が昇って気温が上がるにつれ、雲も上がっていって消えていくよね。今日は晴れ予報だもんね。そうだよね。そうと言ってくれよーーーー!


そんな思いとともに千歳基地航空祭 2017 当日は始まったのでした。


続きを読む

このページのトップヘ