Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:充電器

私自身が iPhone X で一番変わったことは、ワイヤレス充電 Qi が手放せなくなったこと

ダブルレンズの両方に手振れ補正が入って、望遠側レンズも明るくなって積極的に使えるし、防水は雨降ってきても安心だし、顔認証もまずまず実用的で未来的。ホームボタンがなくなったことによるジェスチャー操作も見事なら、有機EL の素晴らしい全面ディスプレイにも大満足(1mくらい離れてみると写真はめ込み合成かと未だに思うくらい)。

けれど、何が一番変わったかといえば Qi ワイヤレス充電三昧になったことであり、そのことについては前回述べました。

iPhone X を使い始めて一番変わったことは……ワイヤレス充電 Qi 三昧【室内編】

まずは仕事机に置く、縦置きできるスタンドタイプの Qi 充電器を買って、それを使い始めた瞬間、

多少充電速度が遅くても、この使い勝手には勝てんわ!


と完全に惚れ込んでしまいました。Nexus 7 (2013) を買った後に Qi 充電器を試して「こんな充電が遅いのは要らんわ」と、充電器を Galaxy な友達にあげてしまった私はどこへ行ったのでしょうか……(^_^;)
  • スタンドに置けばケーブルを刺さなくても充電開始されるので、充電ケーブルの挿し忘れがない
  • 置いてある iPhone を一時的に手にする時に Lightning ケーブルも一緒についてこない自由さ
  • Lightning ケーブルの抜き差しがないので、すぐにコネクタ根元が逝かれる Lightning ケーブルの損傷が発生しない
  • 縦置きしながら充電しようと思うとケースを外さないと Lightning 充電スタンドが使えないが、ワイヤレス充電ならケースをしていても縦置きで充電可能
  • 縦でないと顔認証が通らない iPhone X には最適!

というメリットの前には、過去の話も、充電速度が多少遅くても問題なしです!(^○^)

その充電速度の遅さも、今後アップデートで実現する充電速度の向上がされていない今も、iPhone X なら赤色のバッテリーマークでも一晩で満充電になるのですから、自宅で使う分には特に問題を感じていません。(タブレットだと厳しいだろうけど)



そんなわけで、デスクサイドに↑このスタンドタイプの Qi 充電器を置いて使い始めて、一発で「これからモバイルバッテリー以外は Qi で行こう」と決めたわけで、最初に追加したのが車載 Qi 充電器

うちの車はスマートフォン対応装備がない古いボロ車であり、車の中でスマートフォンを充電しようとすると、
  1. スマホスタンドにスマートフォンを置く
  2. シガーソケット用 USB 給電器に充電ケーブルを挿す
  3. 充電ケーブルをスタンドに置いたスマートフォンにも挿す

ということになります。とりあえず、スマートではないですね。

MTecoQiCarStand1


けれど、スマートフォンの車載スタンドがそのまま Qi 充電スタンドになれば、

車に乗ってエンジンかけてスマホスタンドに
iPhone をパッと置くだけで充電も自動的に開始


となるわけで、デスクサイド同様、ケーブルの接続なしにスマートな充電ができます。

というか、考えてみれば

手間をかけていられない車でこそワイヤレス充電でしょ!


と当たり前のことに思い至りまして、すぐに購入したのが↓コレ。


続きを読む

iPhone X が手元に届いて使い始めて2週間。会う人に聞かれるのは Face ID 顔認証のことだったり、ホームボタンがないことの操作感だったり、有機 EL になったディスプレイのことだったり、カメラのことだったりするのですが、

私自身が iPhone X で一番変わったことは
ワイヤレス充電 Qi が手放せなくなったこと


これに尽きます。iPhone X が手元に来て Qi を使い始めて2週間が経ちますが、全くもって快適であり、不満を感じたことがありません。(私の使い方では)

iPhone X でなく iPhone 8 / 8 Plus でも Qi ワイヤレス充電は使えますし、そもそも Nexus 7 (2013) を買った時に Qi 充電器は買って試したことがあるのですが、

充電に時間はかかるし、微妙に音がするからベッドサイドには置けないし、microUSB 突っ込んだ方が早いわ!


ということで速攻使われなくなり、放置されていたところを Galaxy ユーザーの友達が引き取っていったのは、もう2年くらい前の話。

そんな私が、まさかまた Qi 充電器を使うことになるとは思っていませんでしたし(ってか iPhone が採用するとは思いもしなかった)、

いやー、もう充電にケーブル挿すとかやってられんよねー。完全ワイヤレスイヤホンとか言ってるなら、イヤホンケースの充電も Qi 対応にして欲しいよなぁ


などと、Qi 充電器の前で iPhone X 購入以降常用している ERATO VERSE のケースを microUSB 充電しながら思ってしまったりするわけです。(ERATO VERSE については2〜3回後の記事にて)

ERATO_VERSE05


まったく我ながら、どの口が言うか状態だと思うのですが、iPhone X が来てからの2週間で

あっという間に机上もベッドサイドも車内も
全てワイヤレス Qi 充電器で占められることに


なりました。一度本気で使い始めると、止められませんね(^_^;)

(あと、すぐコネクタの根元がダメになって断線しやすい Lightning ケーブルを使わなくて済む、ダメにしなくて済む、というコスト的メリットもあります ;-)

今回、使い始めた Qi ワイヤレス充電器は以下の3製品。
続きを読む

購入したのは随分と前なのですが(5月)、購入して試す前に E-M1 Mark II のフリーズ問題が発生したため、互換充電器を使ったことによる問題の切り分けが難しくなることを避けるため、ずっと使うのを控えていました。

しかし、当方の E-M1 Mark II は2回目の修理行き以降、千歳基地航空祭(+手持ち花火)を始め、酷暑の中を1ヶ月で9千枚近くシャッターを切っていますが、全く問題なく使えています。

オリンパスから返ってきたけどフリーズ発生が全く直ってなかった E-M1 Mark II 再度修理行き【後編】

というわけで、E-M1 Mark II ボディの方は完全に正常状態に戻ったと判断できるので、購入してから忘れられていた E-M1 Mark II のバッテリー「BLH-1」用の USB 充電器を試しています。秋の航空祭遠征に向けての準備です :-)

購入した BLH-1 用 USB 充電器は ROWA 扱いのコレ↓



新しいバッテリーのせいか、互換バッテリーも USB 充電器もなかなか出てこなくて、やっと出てきたのが春頃。ROWA 扱いだったら、昔から幾つか買ってたので不安も少ないし、購入当時は互換バッテリーと抱き合わせセットじゃない USB 充電器がコレともう一つだけだったので、コレを選びました。

互換バッテリーについては購入せず、USB 充電器のみです。BLH-1 の互換バッテリーは
Smatree バッテリーはSmatree充電器とのみ互換性があり、オリジナルとサードパーテイーの充電器に合わないです。電源残量詳細のパーセント表示がありませんが液晶で大体電量が分かります。

という表記があったりして、どの互換バッテリーも
  • 純正充電器での充電不可
  • E-M1 Mark II で残量%表示が出ない(バッテリー交換表示が出ることもある)

という個人的には全く使う気になれない制約がついているので、非常用とか予備としても買っていませんし、今後も買うことはないでしょう。

まぁ「互換バッテリーが怖いなら互換充電器も怖いやろっ!」 というツッコミが入りそうなのは重々承知ですが、USB 充電器は EOS 時代からちょくちょく使ってきて、トラブルらしいトラブルを経験していないので、非常用、予備用途なら、という判断です :-)


続きを読む

前回、E-M1 Mark II のバッテリーの保ちや充電速度について、購入前の予想以上だった旨を書きました。

E-M1 Mark II のバッテリーの保ちは素晴らしい!

バッテリーの保ちや充電速度については、オリンパスプラザや店頭、イベントで試すわけにもいきませんし、雑誌その他のレビュー記事で触れられることも殆どありませんから、使って初めて判ることです。

バッテリーの保ちに関しては購入前の予想よりずっと良くて満足していますし、充電速度も納得の水準で、これをミラーレス機で実現したことは賞賛されるべきことだと思っています。

ただ、その賞賛はあくまで「ミラーレス機としては」であり、よく考えなくても一眼レフ機使っていた時と同じレベルなわけで、メーカーや開発者が E-M1 Mark II で標榜していることを基準にすれば最低ラインでもあります。

E-M1 Mark II はオリンパスというメーカーの「フラッグシップ機」であり、デジタル一眼レフに真っ向勝負な動体撮影能力を謳っています。開発者インタビューでもそのような点を散々述べています。

私自身も

デジタル一眼レフで撮ってたのと同じ被写体を
自分が本気撮影してどうなのか?


それが知りたくて既存システムを売却してまで手に入れたのですから、E-M1 Mark II に対する評価基準は「ミラーレス機にしては」という低いレベルではなく、

動体相手の撮影を目的に、ニコン・キヤノンではなく
敢えて E-M1 Mark II を選ぶ理由はあるのか?


というところになります。

厳しい物言いもありますが、これだけ動体撮影能力について声を大にしているのですから当然であり、本気で一眼レフに張り合えると言っているなら「ミラーレス機だから仕方がない」というのは、むしろ失礼でしょう。

また、マイクロフォーサーズを選ぶ理由というと、すぐに小型軽量という点が言われますし、それは確かにそうなのですが、動体撮影に対する高い水準を標榜するなら、当然ながら

小型軽量というのは撮れるもんが撮れてからの話


です。いくら小型軽量でも、撮りたい被写体を満足に撮れなきゃ、持っていても意味はないですからね。

EM1M2sample27


と、また前置きが長くなってしまいましたが、E-M1 Mark II のバッテリー、充電周りは従来機より顕著に改善されているのは確かですが、残念な点もまた幾つかあります。

まずは、前回記事の最後でも触れたように、

バッテリー残量表示が数字%になったのは良いが
今ひとつ信用できない精度


であること。

具体的に経験したことを言うと、使い始めて10日間で以下のようなことがありました。


続きを読む

予め断っておきますが、電源周り、バッテリー関係の互換製品は本体に予期せぬ問題を発生させることもありますし、性能をフルに発揮できない場合も有り得るので、全く推奨しませんし、個人的に持っていますが常用はしていません。

とは言うものの、ちょっと面白そうな気になる製品があると、つい手が出てしまうのはガジェットヲタの性。(歳を食って、だいぶ怪しい製品への衝動は下がりましたけどね ^^;)

先日 LP-E6N(1D系を除くEOS一桁機、最近の二桁機用のバッテリー)を買い増そうと Amazon で「LP-E6」で検索すると多数の互換バッテリー製品に混じって、こんな製品が。


LP-E6 の USB 充電器だと!?


商品的には互換バッテリーが主で、付属品として USB 充電器が付いてくるようなのですが、個人的には

USB 給電で LP-E6 がちゃんと充電できて使い物になるのか??


ということに興味が惹かれてしまいました。
  • 5V でせいぜい 2A 出力の USB 給電で、ちゃんと充電できるの?
  • 充電時間がやたらかかったりするでしょ、絶対!?
  • 充電できたと見せかけて、ちゃんと 100% 満充電できなかったり、使い始めるとすぐ減っちゃったりしないの?

と。

実際、充電器の出力仕様も大きく違いますからね。(以下参照)

LP-E6_USBcharger11
(純正充電器の出力は DC 8.4V、1.2A)

LP-E6_USBcharger10
(このUSB充電器の出力は DC 8.4V±5%、0.5A)


昨今 USB 充電可能なカメラが増えてきて、実際に使ってみてもコンパクトデジカメなどでは確かに便利ではありますが、別に一眼レフでそういうのを求めたりしていません。

(将来的には Apple 新MacBook で採用された USB PD が普及していく課程で、5年経てばノートPCの電源も USB Type-C + USB PD になるでしょうし、それはデジタルカメラにも波及するでしょうし、USB PD では最大 20V/5A まで流せるのでデジタル一眼用バッテリーも充電可能になりますが、使われるかどうかは別です)

ただ、求めたりしていませんが、緊急避難用に USB 充電可能なら便利かもしれません。たぶん使うことはなさそうだと判っていても、そんなことを思いたくなるのがヲタ思考。試したい。でもリスクはあるしなあ……

と、しばらく迷っていましたが、とうとう先日買ってしまいました。

LP-E6_USBcharger01
(右にあるのはセットの互換バッテリー。殆ど使うことはないと思うけど)


私の場合、フルに AF や高速連写使って動体追いかけるような撮影が多いですから、どんなマイナス要因も避けて基本的に純正バッテリーで純正充電器 LC-E6 しか使う気はないですが、

「この USB 充電器は純正充電器に比べるとかなり小さいから、本来充電器を持って行かず予備バッテリーだけでこなす1泊旅の時に、念のために持って行ってもいいかな?」

なんて思えるので、モノは試しと言うことで使ってみました。


続きを読む

出費が出費を呼ぶ」そんな言葉がありますが、デジタルカメラも概ねそういうところがあります。カメラ本体を買って終わり、とはなかなかいきません(^_^;)

レンズ交換式カメラだけでなくコンパクトデジカメでも、予備バッテリーを買ったり、背面液晶保護シートを買ったり(私は使いませんけど)、初めての場合ならメモリーカードを買ったり、ということがあります。

レンズ交換式では、レンズ用のプロテクトフィルターが必要になったり(各口径を持ってる割には殆ど使わってない… ^^;)、PL だの ND だのというフィルター地獄もありますが(77mmで揃えると安レンズ買える値段…)、やはり怖いのはレンズ沼。

特に X-E1 は富士フィルム独自の Xマウント。もちろん私にとって新マウントであり、レンズも色々と考えています…

が、レンズ云々は別にしても、

新しいカメラを買うとアレコレ細かい出費はある


のは世の常、人の常であります。

金欠が X-E1 を買って更に金欠なので、交換レンズをサクサク買っていくのは無理ですが、とりあえず X-E1 を心配なく、少しでも気持ちよく使うために、幾つかの小物を揃えてました。


続きを読む

先月発表された「iBUFFALO 4A出力対応USB充電器 4ポートタイプ BSMPA09BK」がようやく発売され、予約していた Amazonから一昨日届き、昨日から九州へ来るのに早速使っております。

Buffalo4A_ACUSB01


ひと言でいえば、

少々大きく重くなったのは残念だが
USB 充電機器をいくつも持って旅・出張する人なら買い!


と。開封した時の第一印象はともかく、実際使ってみると(出力の)強さは便利さという感じですね。


続きを読む

スマートフォンにタブレット、ガラケー、モバイルルーター、eneloop mobile booster などのモバイル給電器…出張先、旅先の宿では夜、これらの機器の充電が必要になります。それもまとめて、できるだけ速く充電できる方が良い。

ということで昨年、旅や出張のお供に大容量供給&4口の USB 給電口が付いた AC-USB 充電器を紹介しました。

出張・旅行に便利!2A 出力4ポート AC用 USB 給電器を比較する

上記記事ではバッファローとプラネックスの 2A 出力 4口の AC-USB 充電器を紹介するとともに、「どれくらいの組み合わせまで繋げて使えるか?」をテストしています。

その結果でも判るように、

従来の AC-USB 充電器ではスマートフォンとタブレットの同時充電は難しい


状態でした。これは供給最大電流が 2A でしたから、スマートフォンとタブレットの充電に必要な電力を足せば無理なことは自明です。

しかし、出張、旅先に持っていく道具は最小限にしたい。AC-USB 給電器を幾つも持って行きたくない。

「スマートフォンとタブレットが同時充電できる充電器が早く出てくれないかなぁ…」

と思っていましたが、ようやくバッファローから出ました。

iBUFFALO 4A出力対応USB充電器 4ポートタイプ 【スマートフォン全キャリア・全機種対応】 ブラック BSMPA09BK
iBUFFALO 4A出力対応USB充電器 4ポートタイプ ブラック BSMPA09BK

(ヨドバシ.com にはなかったが Amazon では予約受付中)


メーカー公式ページでも

GALAXY Tab/iPad/iPhone4Sの急速充電にも対応し、iPad2台やスマートフォン4台を同時にコンセントから充電できるハイパワーUSB充電器
【スマートフォン全キャリア・全機種対応】


と謳われていますし、仕様表を見ても

従来の倍!最大出力電流 4.2A!!


ですから、機種にも依りますがスマートフォン2台にタブレット1台くらいは同時充電可能でしょう。

発売日時は明記されていませんが(Amazon ページ上では 6/11 になってるが信用できるかは…)、一応6月中旬に発売されれば次の旅には間に合うので、即予約しました


続きを読む

このページのトップヘ