Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:優待版

各分野の定番ソフトを抱えつつ、しかし強気なお値段をいつまでも崩さない&日本語版は英語版に比べて驚きの付加価値設定で有名な Adobe 様が、

Elements を含む Photoshop ユーザーや他社現像ソフトユーザーには
Lightroom 3 を通常価格の3分の1で販売


という、なんとも Adobe らしくない太っ腹企画を打ち出してきました。

アドビストア - Photoshop Lightroom 3 乗換え/特別提供版

基幹製品ではないとはいえ Photoshop の名を冠した製品に対してのセールなんて Adobe としては珍しいので、Lightroom3  の売上が想定以下なのか?と思ったり、長い Adobe ユーザーならば

甘い餌で釣った後すぐに Lighroom 4 を出して
Adobe税 アップグレード料狙いなの?


と思わず穿ってしまいます(笑)。なにせ Adobe はバージョンアップすると、速攻で前バージョンの RAW サポートを打ち切りますから、結局バージョンアップする羽目になることもありますからね…

個人的に Lighroom はファーストリリース前の長いβ期間の時から試していたり、その後もバージョンアップするたびに試しているのですが、自分のワークフロー的には Photoshop CS + Bridge の方が向いていたので、購入に至っていませんでした。

そんなこともあって少し逡巡したのですが、お買い得すぎる価格に釣られてしまいました(笑)



CS ユーザーや他社現像ソフトユーザーのみならず、Photoshop Elements ユーザーも1万円強で Lightroom 3 が買えるのはお買い得でしょう。Elements は「Photoshop サブセット」として廉価グラフィックソフトの定番ですが、写真を撮ってる人が Elements からステップアップするにはちょうど良い条件かと。

Mac だと最初は iPhoto だけで十分満足し(一応は写真管理もこなしますからね)、そこから iPhoto では物足りないレタッチソフトとして Photoshop Elements を選ぶ人は多いですし、Elements を持っていれば+1万円強で Lightroom というのは、Adobe も考えているのでしょう。

AdobeLightroom3Special3
(自分の既存ワークフローにどう組み込むか、置き換えるかは手探り中)


ところで、この「特別提供版」ですが、単に店頭の乗換え/特別提供パッケージを購入するだけではなく

申請書を必要事項を記入して送付しろ


という、なんか良くわからんことが書いてあり、それについて何人かの友人から質問を受けたので、どういったことをするのか、私の場合で記しておきます。

続きを読む

以前、本数限定で発売されて一瞬で売り切れた Windows7 の本数限定優待パッケージ(Home Premium / Professional のアップグレード版)よりは高くなってしまったが、発売記念優待パッケージとして割安な Windows7 アップグレード版が今日から予約受付開始で、amazon でも予約を開始している。





前回は1日もたずに売り切れたのだが、今回は数量をかなり用意しているということで速攻売り切れということはなさそう。とはいえ、どこも数量限定で予約していて、amazon でも上限はあるかもしれないので、前回購入できなかった人は早めに押さえておいた方が良いかも。

ヨドやビックなどの各店舗での店頭販売も、朝から予約受付開始になるようだ。

なお、3台までのインストール・ライセンスが含まれる「ファミリーパック」(Home Premium 限定)は 10/18 から予約開始とのこと。

マイクロソフト、Windows 7パッケージ版を9月25日に予約開始

このページのトップヘ