Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:一眼レフ

少し前に D500 とサンヨンPF (AF-S 300mm f/4E PF ED VR) を調整に出そうとニコンへ行ったら、ゴールデンウイーク後になると言われてスゴスゴと帰ってきたのですが、10連休後も混みそうですし、不具合とかではなく急ぐものでもないので、しばらくはお預けです。

キヤノンにせよ、ニコンにせよ、サポートに対するコストを値上げ(もしくは新規設定)しているわりには地方のサポート拠点をどんどん減らすだけでなく、修理や調整にかかる期間が昔に比べると長くなっていて、購入後のサービスという点では低下の一途だなぁ、と感じます。

別に無料にしろ、極端に安くしろ、とは思いませんが、ちょっとした修理点検、調整でも半月以上使えないのが当たり前となると躊躇うものがあるのも事実。その点、オリンパスやリコーのアフターサポートは良いよなぁ、と改めて思ったりする昨今です。


AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR - 概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング

さて、公私ともども諸々捗らないことが多すぎて、本ブログの更新頻度もメッキリ減少しておりますが、AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR のファーストインプレ後編です。

ゴーヨンユーザーから見るゴーゴーロクPF (Nikon AF-S 500mm f/5.6E PF ED VR) ファーストインプレ【前編】

前編で大まかに言いたいことは書いてしまいましたが、後編では細かいところで感じたことも込みで改めて、本レンズの良いところと、ほんの僅かなそうでない点を記しておこうと思います。


続きを読む

このところ忙しくてすっかり本ブログは放置気味で(写真日記ブログは何とか毎日更新)、ゴーゴーロクPF の話も書きかけのまま放置していましたが、一時的に復活で更新。

さて、ニコンの超望遠単焦点レンズ AF-S 500mm f/5.6E PF ED VR(以下、ゴーゴーロクPF)は昨年9月の発売から品薄が続き、今でも予約して取り寄せに1か月〜数か月かかるという人気レンズです。

AFS500F56PF05


なにせ、PF レンズを使うことで 500mm 単焦点なのにレンズ長が 300mm 並みの短さ!70-200mm F2.8 クラスの軽さ!という画期的な超望遠レンズです。

超望遠単焦点レンズとして必須の「開放からキレる」レンズで巷の評判も上々。鳥、飛行機、モータースポーツなどを撮る人にとっては画期的なレンズと言ってもよく、人気になって品薄になるのも道理です。

ミラーレス時代に完全移行する前の一眼レフ向け NIKKOR レンズ渾身の一本ですし、これだけ軽いとむしろマウンドアダプターを付けてもミラーレス向けとも言えます。ミラーレスなら開放F値が暗くてもAFの制約は少ないですしね。


AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR - 概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング

私はと言えば、1年前にニコンへ出戻った際にゴーヨンFL (AF-S 500mm f/4E FL ED VR) を購入しています。F値が1段明るい反面、大きさも重さも倍以上、ついでにお値段も倍(´Д`)



とはいえ、テレコン入れて使うことも少なくない&二重フェンス抜きもする、ことを考えると、1年前にこのゴーゴーロクPF があったとしてもゴーヨンFL を選んだでしょうが、軽くて短いゴーゴーロクPF は発表時から興味津々だったのは否定できません(^_^;)

いきなり買って試すには高すぎるレンズですが、折を見てレンタルしてでもゴーゴーロクPF を自分の撮影対象で試してみたい、と思っていました。

評判の高さはあちこちで語られていますが、

飛行機相手で絶賛されていてもスポーツ撮影では(AF 周りとか)判らないし、晴天日中メインの飛行機では全く問題なくてもナイター撮影ではF値の暗さも含めて妥協点を上回れるかどうかは、自分のシステムと撮影条件(と下手っぴな腕)で試すしかない


という思いがあったわけです。

E-M1 Mark II の時に味わったような「悪いことは一切言わない」提灯ライターカメラマンみたいなのは別としても、各自被写体が違えば、皆さん撮影スタイルも違うし、当方のような下手っぴは上手い人が腕でカバーできるようなこともできませんからね。

そんなわけで、少し前ですがゴーゴーロクこと AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR を借りてきました :-)

AFS500F56PF01


3日間借りたのですが、年度末の仕事に忙殺されまくり中だったため実際に使ったのは1日半くらいだったのが残念。(天気も良くなかったし)

試し撮りがてら調節がてらの動物園、いつものスタジアムでのサッカー(ある意味本番)、テレコン装着時の挙動・画質を確認するための伊丹空港近郊からの遠距離飛行機撮影と、3つの被写体で試し撮りしてきました。

てなわけで、お試しで使ってみた感想を記しておきたいと思います。細かいところは次回にまわして、まず結論から。


続きを読む

ニコンが「Z」の銘を冠した新マウントの本気ミラーレス機を出して、「後出しキヤノンはどうするのかな?Photokina 前に発表するという噂としない噂が錯綜してるけど…」なんて思っていたら、週末になって EOS R & RF マウントのどエライ噂が出てきましたね。

キヤノンの看板レンズの一つ 50mm F1.2L がリニューアルされるのはともかく、まさかの 28-70mm F2!チャレンジングなレンズに、マウントアダプターはドロップインフィルターやコントロールリング付きまで用意され、ボディはまだ一部の情報しか出てきてないものの、AF最低輝度限界 -6EV というのは間違いとしか思えない数字。

飛び道具だけでなく、35mm マクロのように昨今のインスタ映え狙いっぽいレンズだったり、普通に使えるズームとして 24-105mm F4 を出してくるのも周到です。ニコンみたく「来年 24-70mm F2.8 が出るのに、キットレンズも同じ画角レンジの 24-70mm F4 なのかぁ」ということもない。

(24-105/120mm の F4 ズームは画質評価はそれなりなので、画質優先で 24-70mm に抑えたニコンの判断が間違ってるとは思いませんが、標準ズームは F4 通しで良いと思ってる人は画質最優先よりレンジの広さを選びたい人が多いように思いますけど…)

いずれにせよ、ニコンみたいに既存ユーザーの移行しか考えてないであろう「今の一眼レフ用レンズが使えるミラーレス機」ではなく、「どうよ?これならミラーレスの意味があるでしょ?RFマウント使ってみたくない?」という心意気が出てるのは好感が持てます。(ボディ内手ぶれ補正の搭載がないなら大きなマイナスでしょうけど)

というか、久しぶりにキヤノンの本気を見せてもらえそう、というか、手ぐすね引いて待ち構えていた感がしますね。EFマウント移行時のレンズ攻勢も結構なものだったらしいですし、正式発表やその後を楽しみに見ていきたいです。

寝られない夜なので、ニコン・ミラーレス機 Z6/Z7 についての独り言

AFS500mmF56PF_Release1


パナソニックがフルサイズ参入、それもスチルというビックリの噂も同時期に流れて、デジタルカメラ激動の季節という感じですが、動体撮影メインの私にとってはまだ様子見な気分です。

というか私自身、去年やっちまったばかりでもあるし、しばらくは冒険なしです。D500 には結構満足できていて、フルサイズもとりあえず一眼レフを買うのは間違いないので、ニコンの Z もキヤノンの R も外野から楽しく弥次馬するだけなのですが、問題はコレ↓

AFS500mmF56PF_Release8


いやー、本気のミラーレス機とともに、一眼レフ用の凄いレンズが出てきたというものです。半年前に買ったばかりのゴーヨンをロクに使えてないのに、超魅力的な 500mm。もっと言えば、

超望遠レンズのゲームチェンジャー


とも言うべきレンズでしょう。

発表時のスペックを見て予想以上の軽さに驚きましたが、ニコン大阪へレンズ実物を見に行って、改めてそのコンパクトさにも魅力を感じた次第。


続きを読む

国内最大のカメラショー CP+ を前にして新製品発表の季節になってきました。既に発表済みの富士フイルム中判デジタルに続き、昨日はニコンからいささか厳しい発表もありましたが、今日はキヤノンから新製品発表がありました。

キヤノン|EOS 9000D【プレミアムエントリー 一眼レフ】
キヤノン:EOS 9000D|概要
違いはオートフォーカス。|キヤノンEOS Kiss X9i
キヤノン:EOS Kiss X9i|概要
6senses それは、感性を刺激するミラーレス。 | キヤノン EOS M6
キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ EOS M6|概要
キヤノン:PowerShot G9 X Mark II|概要
キヤノン:PowerShot SX430 IS|概要
キヤノン:IXY 210|概要
キヤノン:IXY 200|概要

見てのとおり、
  • EOS 一眼レフは廉価機の2機種のアップデート
  • ミラーレス機は昨秋発売した EOS M5 の EVF なし(EVF 別売り)版
  • コンパクトデジカメはいずれも小規模マイナーチェンジ
    (G9 X Mark II 以外の3機種はプレスリリースで変更点すら書かれていないレベル ^^;)

であり、大きな新鮮味は特になく、堅実なマイナーモデルチェンジっぽいので余裕でスルー…していたのですが、帰りの電車の中で発表内容をよくよく見ると、

廉価一眼レフは2機種とも AF 測距点がオールクロス45点!


という中級機 EOS 80D と同じ AF システム。(Kiss X9i の方は F8 AF 非対応なので同じではないけど)

AF 測距点だけでカメラを語るわけでもないし、数字だけで語っても意味はないというのは重々承知しつつも、

おいおい、Kiss にオールクロス45点AF って、マジかよ。出し惜しみのキヤノンはどこへ行ったんだ…(;゜0゜)


という印象。コマ速も秒6コマに増速されて、飛行機撮影も民間機やヘリコプター相手ならもう十分のレベル。


続きを読む

正直なところ、手放す時の悩み具合を考えるともう少し後悔があると思ったのですが、なんか自分でも予想外にアッサリしたもので、むしろ

出かける時の機材選択に悩まなくなって無駄な時間が減った


というのが、負け惜しみ?でもなんでもなくて本音。

もちろん、富士フイルム Xマウント機に対する評価は(良くも悪くも)変わることなく、優秀な、動きモノ以外はこれでいいや!と思えるカメラ&レンズであったな〜。というのは変わりません。

それゆえに、常に Xマウントを持ち出したくなって悩むことも多かったですし、主被写体である動体相手でもつい、サイズ・重さと画質のバランスを考えて(AF-C 性能を考えず)Xマウント機を持ち出してしまって、ああやっぱり重くても EOS を持ってくるんだった……と反省することも多かったですから、それがなくなったのは思惑通りになりました。

BlogUpload20140907_04_X-T1


そして改めて思うのは

「Xマウントの色・画質は大好きだったけど、それを必要とするものが撮りたいものではなかったんだなぁ」

ということ。糞写真ばっかり撮っているのは別にしても、主被写体は Xマウントの向かう方向と違うもんだったんだなぁ…と改めて感じています。

そして、ミラーレス初号機である DMC-G1 購入から 6年間、あれやこれやと乗り代わり、移り変わりながらもずっと使ってきたミラーレス機を一通り手放して(コンパクト望遠システムとしての Nikon 1 だけは残してあるけど)、一ヶ月経って思うことは……



続きを読む

すっかり初夏の気配で熱源多い自室は夜が蒸し暑くて、一足早く寝苦しい季節になっております。というか、どうも一昨日くらいから風邪でもなさそうなのに怠くて微妙に調子悪いなぁ……と思っているのですが、これは早くも夏バテかもしれません(^^;;

さて、昼過ぎまで諸々雑務をやったのちに梅淀へ買い物に、と思ったところで、ふと思い出したのが、ソニーの「デジタルイメージング新商品体験会」。

ソニー デジタルイメージング 新商品体験会 | ソニー

そういや、αユーザー向けの先行体験会を金曜日にやるという DM を来ていたのも同時に思い出しましたが、すっかり忘れていました。一昨日はずっと梅田界隈にいたのですけどね。

東京、大阪、名古屋での一般向け体験会は今週末の土日だったのですが、日曜の午後になって思い出したので、梅田へ出るついでに体験会に寄ってみました。

GR011810.JPG


3商品同時の体験会ですが、特にお目当ての製品というものはなく、ただ、EVF内蔵& F2.8通しズームに生まれ変わった “三代目 RX100” だけはちょっと気になっているので、ソニー社員の方に色々聞きつつ、じっくり触ってみたいな、と。

先日の記事にも書いたように、個人的に、ここ数年あっちこっちのミラーレス機やハイエンドコンパクトデジカメを渡り歩きつつ散財していたのを止め、今年度は一眼レフ復権の年、EFレンズ更新に注力するつもりでありますが、RX100 III を触って前言撤回してしまいたくなるかどうかの試金石のつもりで触りに行きました :-)


続きを読む

ストラップの類いは個々人の好みによって千差万別ですから、私如きが紹介したところでどうもこうもないのですが、X-T1 購入に伴ってストラップも新調してみたところ、個人的に X-T1 と大口径 XFレンズのセットに良い感じだったので紹介しておきます。

今回購入したのは、ユリシーズの「クラシコ グランデ」というもの。

一眼レフにおすすめの本革カメラストラップ クラシコグランデ「ULYSSES」

X-T1 に付けると、↓こんな感じです。

Ulysses_ClassicoGrande2


X-T1 購入当初は、X-E2 や Nikon 1、NEX など他のミラーレス機で使っていた細身の本革ストラップや A&A のソフトストラップなどを取っ替え引っ替え付けていたのですが、自分的になんかイマイチしっくりきていませんでした。

また、X-E1/X-E2 の頃から XF55-200mm のような重量級レンズを付けると 15〜20mm幅程度の細身のストラップではちょっとストラップが食い込む感じになり、撮っていて首がちょいと痛くなってしまいます。

かといって、一眼レフ用の幅も厚みも太いストラップは似合いませんし、嵩張るのはミラーレス機を使う時に不本意です(重量級レンズを付けることが多いので一眼用ストラップはどれも太いのしか持ってない)。

そんなわけで、Xシリーズ機のデザイン的にレザーストラップにすることとして、首の後ろに当たる部分だけ幅広のストラップを……と考えて思いついたのが、ユリシーズの「クラシコ グランデ」でした。

続きを読む

高倍率ズームレンズと言えばタムロン。という時代があったわけですが、そういう意味でもニコンに APS-C 専用ズームで 300mm 域を先に到達されてしまったので「タムロンはどうくる?」という感じだったのですが、

広角 16mm から望遠 300mm
35mm換算 24〜450mm の 18.75倍ズーム


を発表しました。

TAMRON|ニュース|フルサイズデジタル一眼レフ対応。さらに進化した高倍率ズーム誕生。 『28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)』

現行モデルが 18-270mm で、ニコンが 18-300mm の出したので、それに追随して 300mm は達成するだろうと思っていましたが、広角側も広げてきましたか。最近のトレンドに沿ったものですが、いやはや凄い。

おまけにタムロンお得意の最大撮影倍率も確保して 1:2.9 の簡易マクロ的な使い方も可能であり、

真の「コレ一本」的な何でもあり高倍率ズームレンズ


という感じです。


続きを読む

今日は立冬。インフルエンザの流行を除けば冬大歓迎の私としては、晩秋〜年末までが一番好きな季節でもあります(年が明けると微妙)。我らがガンバ大阪はJ1昇格は決めたものの、天皇杯も既に負け、珍しく暇な12月になりそうですが…

さて、またチラ裏糞記事なんですが、一昨日発表になった Nikon Df。ネットでも賛否両論ですけれども、昨日友人とも話していて意外と言われたのですが、個人的には「アリ」です。というか、

これはニコンならではの英断だなぁ


と思ってます。

もちろん、自分自身が欲しいかと言えば1ミリも欲しいとは思いませんし(一眼はハイエンド高速連写機にしか興味なし)、今はキヤノンメイン、サブでフジその他ですから完全に他人事なのですが、今の時代、こういう “趣味性だけに走ったカメラ” が一台くらいあっても良いでしょうし、それができるのはニコンだけです。



一種のファッションカメラとも言えますが、良いじゃないですか。

カメラは性能や機能だけで買う/好むものではない


わけですし。カメラだけでなく、道具はいかにそれを愛せるかであって、そこに見た目や雰囲気は十分大きな条件だと思います。

私は機能やデザインが気にならないことはないにしても、もっと別のところを重視してカメラを選びますが(デザインで選んでいたら富士フィルムのカメラなんて使っていない)、見た目やデザインに重きを置く人もいるわけです。

このカメラのデザイン(ここでは操作系 UI デザイン含む意味)が好きにしろ、嫌いにしろ、そういう見た目重視のカメラがコンパクトだけでなくデジタル一眼レフでも出てくるのは良いことだと思います。

続きを読む

未明に「iPhone 5」、午後イチに「D600」、夕方には任天堂「Wii U」という本日。まぁ、もうゲームに没頭している時間は皆無なので「Wii U」はどうでもいいんですが、先日の IFA から来週の Photokina、そして東京ゲームショウへ向けて、新製品ラッシュは凄まじいですな。

ということで、iPhone 5 同様に長らく噂されまくってきた、ニコンの廉価版フルサイズ一眼 D600 が本日正式発表。お値段 20万円前後と、驚きはなくとも妥当なあたりに設定されました。APS-C の一眼レフ中級機の出始め(D100 とか)も似たような価格でしたからね。

D800_Release1
(量販店は 218,000円の 10%ポイント還元、20万円を切ってる店も多い)


また、発売日は2週間後の 9月27日発売と、さすが動きの速いニコンです。それに比べてキヤノンの鈍重さは…嫌になりますな(´Д`) たとえ金欠で買えなくても最近の流れは EF マウントユーザーにはちょっと哀しいかも。

ともあれ、D600 で注目すべき点は以下のとおり。

続きを読む

このページのトップヘ