Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:リモートレリーズ

コンパクトデジカメも含めて Wi-Fi 機能のキャッチアップが遅れ気味だった富士フイルムでしたが、昨年コンパクトデジカメに続いて X-M1、X-A1, X-E2 とミラーレス機にもようやく Wi-Fi 機能が搭載されました。

ただ、X-M1、X-A1, X-E2 も昨年モデルのコンパクトデジカメも Wi-Fi で利用できる機能は、画像閲覧・取り込みとスマートフォンからの位置情報追加のみでした。

既に他社カメラの Wi-Fi 機能ではスマートフォン/タブレットによるリモート撮影が当たり前になりつつあったので少し遅れ気味でしたが、今年モデルのコンパクトデジカメの一部および X-T1 からリモート・ライブビュー撮影が搭載されました。

X-T1_CameraRemote1


機能的には可もなく不可もなしですが、お手軽なリモート撮影にはピッタリというだけでなく、X-T1 ではできないタッチ AF が可能ということもあり

X-T1 の使いづらい小さなボタンをちまちまするより
三脚に据えた状態で設定を弄るならスマホからやる方が楽じゃね?


と思えるものです。

まあ、当然ながら接続の手間はいりますし、バッテリーは食いますし、例によって間抜けな仕様とか(後述)、花火などのタイミング最重要なシーンでは有線レリーズケーブルに限るとか、色々とありますが、

アナログ操作に惹かれてやってきた爺さんも
食わず嫌いせずに一度やってみるとええんとちゃうかな?


と思います(偉そう)。Wi-Fi 接続限定のタブレット(iPad や Nexus 7)や iPod touch でも使えますしね。

 
(前世代 Nexus 7 や iPod touch なら比較的リーズナブルな端末かも)


普段レリーズケーブルを使っている人も忘れた時には便利ですし、スマホ/タブレットさえ持ち歩いていればいつでもどこでもリモートできるのは、しょっちゅうレリーズケーブル(と NDフィルター)を忘れる私には大助かりです。安心です。

ただ、富士フイルムのリモート撮影アプリには幾つか注意点があります。

続きを読む

三脚をあまり使わない私にとっては滅多に使わないけれど、必要な時は必要なカメラアクセサリーが「ケーブルレリーズ」。

eRemoteSwitchII_C1_4


最近は Wi-Fi 内蔵のデジカメだと、撮影写真をスマートフォンに転送するだけでなく、スマートフォンからリモートレリーズやライブビュー撮影ができるものが多く、メーカーによっては殆どの撮影設定が可能なところもあります。

が、残念ながら富士フイルムはそんなメーカーではありません。この手の対応は時代から取り残されそうなのを必死に頑張って追いつこうとして未だ追いつけていませんので、Wi-Fi 内蔵のカメラでもスマートフォンからのリモートレリーズはできません。

ぶっちゃけ、ケーブルレリーズを使う(使いたい)のは年に数回レベルのライトユーザーなら Wi-Fi 経由のスマートフォンからのリモートレリーズでも良いんですよね。有線より微妙にタイムラグがあったり、夜撮だと画面のライトに気をつけなければなりませんが(自分より周りに)、そこまでシビアでもないですからね。

とは言うものの、富士フイルム X シリーズでリモートレリーズするには有線しかありませんから、X-E1 の時から買おうと思っていました。例によって富士フイルム純正アクセサリーは高いので、エツミの安価なケーブルレリーズを買おうかと。



とか



とかが純正品の半額以下で売られています。

しかし、富士フイルム X シリーズはフィルムカメラ時代からのケーブルレリーズが使えます。↓のようなレリーズスイッチにブッ挿すタイプです(デジタルカメラでもNikon Df など一部で利用可能)。



五百円少々で買えますからコレを買おう…と思っていたら、友達から「もう使わないから」と貸してくれたので、X-E1 の時は(滅多に使わなかったけれど)コレを使っていました。

これでも何も問題ないですし、とにかく安い。おまけに、富士フイルム X シリーズのようなクラシカルデザインには、こういうアナログなアクセサリーの方が似合います。

とは言うものの、別にクラシカルデザインもアナログな感じも興味はないですし、何よりもいつまでも借りたモノで写真を撮ってるのはどうかと思うので、ようやく購入しました。

eRemoteSwitchII_C1_1
エツミ 電子リモートスイッチ2 C1 E-6535


X-E2 購入後に自分で安いケーブルレリーズを買おうと思ったら、エツミの互換リモートスイッチで新型が出ると知ったので、先週の新型発売を待っての購入でした。


続きを読む

このページのトップヘ