Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

タグ:モバイルSuica

事前の噂どおり、10月25日未明に iOS 10.1 のアップデートが始まり、今日から iPhone 7 / 7 Plus と Apple Watch 2 では iOS 10.1 にすれば Suica、iD、Quick Pay が利用可能になり、日本国内でも iPhone で交通機関にタッチ&ゴー、コンビニその他でのお買い物が可能になりました。

iOS10.1A

iOS10.1B


デュアルカメラの iPhone 7 Plus では被写界深度エフェクト(ボケを作り出すモード)もβ版ながら利用可能になっていたり、各種バグフィックスもされていますが、さながら

iPhone の日本国内向けサービス対応バージョン


という感じではあります。

基本的には iPhone 7 / 7 Plus の人や Apple Watch 2 ユーザーへの恩恵の多いアップデートですが、実際にアップデートしてみると

iPhone 6 / 6 Plus / 6s / 6s Plus / SE ユーザーも変化はある


アップデートになっています。概ね以下のような変化があります。


続きを読む

昨日帰宅後に JR 東海のエクスプレス予約のサイトへ行ったら、個人的に重要だと思っていた表題の件について、リリースが出ておりました。

【重要】 iPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2に関するご案内

上記ページ後半には、

iPhone 7等のSuicaがご利用できる対象端末では、「モバイルSuica電話機(Android端末及び携帯電話)」と異なり、EX-ICサービスをご利用いただくことはできません


と書かれており、iPhone 7 / iPhone 7 Plus / Apple Watch 2 ではモバイル Suica のように EX-IC サービスが利用できないことが明確に発表されています。

さらに、その前の部分では、

在来線と新幹線を乗り継いでご利用になる場合、iPhone 7等のSuicaがご利用できる対象端末と「EX-ICカード」を重ねて新幹線乗換改札機を通過することはできません。次のいずれかによりご利用ください。


と書かれており、

iPhone 7 (Plus) / Apple Watch 2 では単独で EX-IC 利用不可だけでなく
新幹線乗り継ぎ口で EX-IC カードとの併用乗り継ぎもできない


ということも書かれています。

要は、単独にせよ、EX-IC カードとの併用にせよ、乗り継ぎ口含む東海道・山陽新幹線の改札では一切 iPhone 7 / iPhone 7 Plus / Apple Watch 2 の Suica は使えないということです。


続きを読む

台風10号が東日本を襲っている本日、大阪は台風一過の秋晴れとも言える爽やかな日和になっています。一昨日の日曜日、鈴鹿サーキットでモータースポーツの夏を締めくくる「インターナショナル鈴鹿 1,000km SUPERGT 第6戦」が行われ、雨風にまみれて観戦、撮影していたので、今日みたいな日和であれば…と思わずにはいられません(>_<)

ただ、午前中の大雨でウェット路面だったのが、雨が止み、12時半のスタート前から強風で急速に路面は乾いていくわ、かと思えば、2時間に1度のペースで通り雨がザーッと降り、6時間のレースの最後まで優勝争い、表彰台争いをもつれさせて、エキサイティングなレースを楽しめた要因になったので、台風による変な天気が一概に辛かったとは言い難いところでしたけど…

20160828Suzuka1000km


さて、表題の本記事ですが、週末に投稿済みだと思っていたら、すっかり忘れていました。鈴鹿 1,000km のレース観戦へ意識が行きすぎて投稿を忘れていたようです(^_^;)

おかげで元々が与太雑談記事なのに、さらに話題の時期を外した感になりましたが、そうこうしているうちに今朝、Apple が噂どおりの 9月7日に発表会を行う際の生中継ページを公開しました。

Apple Events - Keynote September 2016 - Apple

もちろん、次期 iPhoneの発表が行われるのは確定的でありますが、少し前から、その次期 iPhone で「おサイフケータイ」が使えるようになる、という話がネットを賑わしています。

半月ほど前、石川温氏の有料メルマガで、氏がかなりの断言風味で述べていたことがキッカケで噂が巻き起こりましたが、同じ趣旨の内容の記事が先週、日経オンライン紙上でも掲載されました。

iPhoneにフェリカ 「おサイフ」に現実味:日本経済新聞

厳密には次期 iPhone に載るかも?と言われているのは、従来のガラケーや国産スマホに搭載されているおサイフケータイの規格「Felica」とは違うのですが、以下の経緯で、次期 iPhone におサイフケータイが使えるようになるかも?ということです。


続きを読む

一ヶ月ほど前に、JR 東日本の View Suica を持ってるけど、東海道新幹線の「エクスプレス予約」と昨日から始まったチケットレス乗車「EX-IC」を使うために、 JR 東海のエクスプレスカードか JR 西日本の J-West カードを作らなきゃな…、と書いた。

しかし、ちょうど1ヶ月くらい前の発表で、

View カード決済でモバイル Suica を使っている場合に限り
「ビュー・エクスプレス特約」を申し込むことで
JR 東海や JR 西日本のカードを別途申し込む必要なしに
モバイル Suica だけでエキスプレス予約が可能になった


ということになった。つまり JR 東日本の View Suica カードを持ってモバイル Suica を使っていれば、JR 東海のエクスプレスカードや JR 西日本の J-WEST カードを別途作る必要がない。もっとも、JR 東海の「エクスプレス予約」の年会費¥1,050 はしっかり必要になる。

これは嬉しい。よくちゃんとやってくれた、と言いたい。チケットレスサービスについても、モバイル Suica 自体が EX-IC カードの代わりになるから、改札口も携帯電話をかざすだけで通れるようになる。ようやくサービスが飛行機に追いついてきた感じだ。

ただし、モバイル Suica を使ってのエクスプレス予約および EX-IC (チケットレス乗車)が可能なのは「モバイル Suica の決済方法がクレジットカードで、なおかつビューカードの場合のみ」である。他社カードをモバイル Suica の決済に利用している場合、銀行口座決済を使っている場合は不可である。当然 EASY モバイル Suica も対象外。

これらについては、JR 東海、西日本も自社カ−ドユーザーのみなので仕方ないだろう。JR 東日本のビューカードの場合はモバイル Suica 会員限定だが、本州3社いずれかの JR カード会員ならエクスプレス予約やチケットレス乗車ができるようになったのは評価したい(年会費¥1,050 が必要なのも3社同じ)。

ちなみに、この「ビュー・エクスプレス特約」だが、

モバイル Suica の携帯アプリからのみ申し込み可能


となっている。元々 JR 東日本管内の「モバイル Suica 特急券」のスタートに紛れて、他社管轄のエクスプレス予約については判りにくい状況だったのだが、PC からでは申し込み不可なので、申し込む時は携帯アプリから行わなければならない。

ついでに加えておくと、モバイル Suica とともに JR 東海のエクスプレスカードを既に持っている人でも EX-IC(チケットレス乗車)サービスをモバイル Suica で行うことができる。登録さえしておけば、

JR 東海エクスプレスカード用の EX-IC カードの代わりに、
手持ちの携帯電話(モバイル Suica)でチケットレス乗車ができる


わけだ。おまけに、この場合はモバイル Suica の決済方法がビューカード決済でなくても良い。つまりモバイル Suica の決済をビューカード以外にしている人(4月からモバイル Suica の年会費¥1,000 が必要な人)が、東海道新幹線でチケットレス乗車したいならば、JR 東海のエクスプレスカードを作れば可能と言うことになる。

ま、どうせ他のカードを作るならエクスプレスカードよりビューカードを作っておけば、モバイル Suica の決済をビューカードに変えれば年会費がかからなくて済むのだから、敢えてエクスプレスカードを作ることもないと思うが…。ちなみに

JR 西日本の J-WEST カードの場合は
モバイル Suica で EX-IC サービス(チケットレス乗車)はできない


仕様となっている。JR 東海のエクスプレスカードはできるが、JR 西日本の J-WEST カードはできない。何故か判らんが、私の中での J-WEST カードって使えない感、JR 西日本のやる気なし感は更にアップだ。今回のことをちゃんと知らなかったら、私は嫌々ながらも J-WEST カードを作っていたところだった。危ない、危ない。

モバイルSuicaによる「EX-IC(エクスプレスIC)サービス」(JR東日本モバイル Suica 公式ページ)
「モバイルSuica」電話機で「EX−ICサービス」の利用をご希望の方へ(エクスプレス予約公式ページ)

このページのトップヘ