Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:モバイル無線LANルーター

ホテルなどの宿でインターネット回線は提供されているが有線LAN しかない、という時にスマートフォンやタブレットで使う場合に利用するのが、「USB給電可能な小型 Wi-Fi ルーター」。

この手の Wi-Fi ルーターが小型化し、さらに USB 給電で動作可能になったのはさほど昔ではなく、最初期の1台である Asustek WL-330gE を購入したのが2008年末の記事にありました。発売もその年ですから、登場してから 6年くらいでしょうか。

当初は発売しているメーカーも限られていたのですが、スマートフォン/タブレットが普及して、ここ数年は各メーカーから様々な製品が出るようになりました。

そんな中で小型化競争も激しいのですが、昨日バッファローから発表されたのが「WMR-433 シリーズ」。

無線LAN親機(Wi-Fiルーター): WMR-433シリーズ | BUFFALO バッファロー

単三電池より軽い 19g で、最新規格の 801.11ac に対応!というのが売り。サイズも 45×45×15mm とコンパクト。カラーも5色展開で女性が買いたくなっても良い感じです。

WMR-433_Release


ただまぁ、ケチを付けるわけではありませんが、個人的にこの製品を見て思ったのが、

小さく軽くても給電用 USB ケーブルが別ってのは、モバイル用として微妙


といっておきたい。

そして、もっと言うなら、出張/旅行用のホテル向け Wi-Fi ルーターならもっとお薦めのがあると。私も愛用している以下の製品。

続きを読む

ちょっと前にメモリーカードスロットのない Nexus 7 や iPhone に便利な製品として、Wi-Fi カードリーダー「AirStash」を紹介しました。

Nexus 7 にないメモリーカードスロットの代替策【2】Wi-Fi ストレージ/メモリーカードリーダー
iPhoneやNexusで便利な Wi-Fiカードリーダー「AirStash」、アップデートで安全かつ便利に進化!(WPA2対応&SideLink追加など)



AirStash はメモリーカードリーダーに無線LAN の機能が加わったもので、いつでもどこでも Wi-Fi を通して SDカードを読み書きでき、デジカメ画像を読み込めるほか、外部メモリ代わりにもできる優れものです。

Eye-Fi や AirFlash のようにデジカメの画像を取り込む時にデジカメのバッテリーを食うこともないですし、サイズもコンパクトな棒状、ガムスティック2本分程度で持ち歩くのも苦になりません。



方や、出張や旅には欠かせないのが、モバイル無線LAN ルーター。Pocket Wifi のようなモバイルルーターと違って、有線LAN を無線LAN に変換するアダプター的な製品。

最近はチェーン系ビジネスホテルを中心にインターネット回線を有線LAN だけでなく無線LAN も提供するところが多くなりましたが、まだまだ「お部屋でインターネット可能=有線LAN」というところが多数です。

そういった有線LAN しかない宿でスマートフォンやタブレットをインターネット回線に繋ぐためのものが、モバイル無線LAN ルーター(モバイル Wi-Fi ルーター)です。このブログでも随分昔に紹介しています。

Tedious Days More×3 : 旅のお供にコレ1台なモバイル・ルーター Asustek WL-330gE

が、もう4年前の記事ですので当時の製品は既になく、



とか



あたりが現行製品です。

この手のモバイル無線LAN ルーターは USB 給電で動くのがポイントで、スマートフォンやタブレットに使う AC-USB 給電器やモバイルバッテリーと組み合わせて使えるので、持っていく際に ACアダプターが不要なのも便利なわけです。



で、前置きが長くなりましたが、この

・Wi-Fi メモリーカードリーダーライター
・モバイル無線LANルーター

の2つが一緒になったのが、今回加賀ハイテックから発表された「MeoBankSD」。



個人的に出張や旅に持っていく、その両者が一つになっているだけでなく

USB メモリも読めるし、2機能が1つになってる割には安い


ので、ちょっと魅力的です。

うう、要らないといえば要らないのに、1つにまとまってるというだけで欲しい…(来週発売)

続きを読む

このページのトップヘ