Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:モバイルルーター

3G 時代の銘モバイルルーター「Portable Wi-Fi」の名前を変えて、NTT がフレッツ契約者向けに安価でレンタルしていた「光ポータブル」。私も一昨年から2年少々借りてきました。

月額315円・高機能でSIM フリーなモバイルルーター「光ポータブル」今さら借りてみた
光ポータブルを Mac/ブラウザで初期設定する方法+セキュリティ設定

機器発売の頃はサービスインしていなかった LTE 通信はできない 3G (FOMA / emobile) 専用のモバイルルーターながら、当時としては圧倒的なバッテリーの保ち、付属クレードルで有線→無線コンバーターも可能という多機能性もあって「Portable i-Fi」の評価は高いものでした。

(LTE 時代には Portable i-Fi ほど高評価のモバイルルーターはないのではないかと思うくらいです)

私も b-mobile U300 や b-mobile Fair、イオンSIM、IIJmio 高速モバイル/D、DTI Servers Man 3G 100、OCN モバイル LTE 980 など多くのデーター通信 SIM を入れて使ってきました。

月額315円のレンタル料は十分、元を取ったなぁ


という感じですが、さすがに昨今は LTE じゃないと損した気分にもなりますし、どの端末でもテザリング可能になってきて、モバイルルーターを使う機会が減ってきたというのがあります。

ということで、レンタル開始から2年がすぎて解除に伴う違約金(機器解除料)も取られなくなったので、NTT 西日本へ返却しました。以下、その方法と経緯を簡単に記しておきます。


続きを読む

先月 INFOBAR A02 や dtab を買っていた頃に

「そんなに色々と買って、ちゃんと使えてるんですか?」
「使いもせずに転がってるだけなのが多いんとちゃうの?」

などと何度も言われたので、その辺どう使い分けてるかについて、チラシの裏な記事で少々。

Nexus7_with_iPad01


スマートフォンやタブレットの類も、デジカメも、馬鹿みたいには買いまくってはない(つもりだ)けれど、多少は多めに買っているのは自覚しています(周囲にいる数名の方々に比べれば全然…)。

ただ、性格上

全然使わないもの、使うアテのないものが手元に存在してるのは嫌


なタチなので、「これは使わなくなったなぁ」「今後全く使わなくなるだろうなぁ」という物は、割とサクッと売却してしまいます。

デジタルガジェットの場合、時間が経つとともに概ね価値は下がっていくものですから(大抵の場合は)売るなら早い方が良いですし、万が一買い直したくなったとしても、その際には当該製品の後継機、新たに良い物が出ている場合が多いでしょう。

というわけで、最近であれば iPhone 5 も多少悩みましたが売却してしまいました。iPhone 4S はまだ1台残していて使っています。4S は SIM ロックフリー下駄が使えるし、サブ端末としてなら 4S までのサイズがむしろ好みだということは以前書きました。

GPP Gevey SIMロック解除下駄を履かせ iPhone 4S を復活させて感じる、オリジナル iPhone サイズの良さ

他にも当ブログに登場してないデバイス(記事にする程でもない旧製品)を必要にかられて購入し、不要になったら即売却ということは、ちょくちょくあったりします(仕事関係含む)。

そんなことはありつつも、手元のスマートフォンやタブレットは(借り物を除いても)まだ幾つもあるのですが、一応使い分けてるということで、常用しているモノたちの自分なりの区分け、用途を徒然書いてみます。

まずは、スマートフォン&ガラケーとモバイルルーターについて。


続きを読む

NTT 東日本・西日本のフレッツ光契約者が月額 315円でレンタルできる SIM ロックフリーなモバイルルーター「光ポータブル」、その実態はバッファローから一般販売されている「ポータブル Wi-Fi DWR-PG」の OEM & SIM ロックフリー版であることは、前回の記事でも書きました。

元々がバッファロー製ということで、無線 LAN の接続にはバッファロー独自の AOSS も使えますし、業界標準の WPS も使えます。そして製品には Windows 向け AOSS 用ユーティリティソフトや設定ユーティリティそふとが同梱されています(本体内 ROM に収録されていて USB 接続でソフトをインストールする形式)。

ただ、例によって Mac 用ユーティリティソフトは用意されていません。バッファローに限らず、ユーティリティソフトは Windows 向けだけ、というのは良くあることで Mac ユーザーなら慣れていると思いますし、

どうせブラウザから設定できるなら
むしろ無駄なソフトのインストールなんか要らないぜ


という人も多いと思います(昔は Windows 用設定ソフトじゃないと設定ができない機器も多かったのですが、最近は絶滅しつつあります)。

ブラウザから管理画面にアクセスできれば Windows 用設定ユーティリティから行うのと全く変わりません(というかユーティリティからも結局ブラウザを起動する)。また、ブラウザベースでの話ですので、Mac ユーザーだけでなく Windows ユーザーや UNIX / Linux ユーザーでも同じです。

しかし Windows機のユーティリティソフト以外からの設定方法はマニュアルに書いてありませんし、

「光ポータブルを使いたいが、設定ツールは Windows 向けだけだと、うちは Mac だから無理かなぁ…」

という人が、ほんの少しでもいると不幸ですので設定方法をここに記しておきます。

また記事後半では、「光ポータブル」のセキュリティ上しておいた方が良いと思われる設定も付記しておきます。

「光ポータブル」は初期設定の無線セキュリティが WPA 系になっているので、Pocket WiFi のような初期状態でのセキュリティの甘さみたいな問題はありませんが、やっておいた方が良いことはあると思いますので。

続きを読む

先月 b-mobile Fair を購入し、Galaxy Tab へ入れて使ってきたわけですが、元々 Galaxy Tab を持ち出す機会はそう多くなかったうえに、iPad 2 を買って以降は更に減ってしまいました。

Galaxy Tab 自体は寝モバ用など自宅内でも活躍しているので、持ち出さなくても十分活用しているのですが、持ち出さないと宝の持ち腐れになるのが Galaxy Tab に入れた b-mobile Fair

せっかく、アップデート済みの Galaxy Tab をモバイルルーター化できるように改造したにも関わらず、Galaxy Tab を持ち出さないとなれば、その改造も無意味。

元々、たまにしか持ち出さない Galaxy Tab の通信用にはちょうど良い、と思って b-mobile Fair をあてがったのですが、思いの外、使用頻度が少なすぎて b-mobile Fair が勿体無い現状になってしまいました。

なので、たまに Galaxy Tab をモバイルルーターの代わりに持ち出そうかと思うこともありますが

モバイルルーター代わりのためだけに Galaxy Tab を持ち出すのは
さすがにサイズ・重さを考えると無理がある


のは明らか。何度も書いているように Galaxy Tab 自体は良いタブレットなのですが、さすがに気軽なモバイルルーター代わりというわけにはいきません。

また、iPad 2 が予想外に持ち出す気になる2代目だったので、本当は SIM フリーな iPad2 3G 輸入モデルを買って、それに b-mobile Fair を…と思いましたが、如何せん金欠貧乏な身では冷静になると思いとどまる輸入価格。



そんなわけで「b-mobile Fair を入れるモバイルルーターを買おうかなぁ…」という方向へ。そのこと自体は b-mobile Fair を購入する前から想定内だったのですが、いざモバイルルーターを買うとなると2万前後の出費はかかるため、出費が出費を呼ぶ状態はアホ過ぎるなぁ…と、散財野郎な私も迷っていました。

さらなる出費をするのも躊躇われるものの、しかし b-mobile Fair を有効に活用したい、iPad 2 を持ち出す時に b-mobile を使いたい!という気持ちが強く、できるだけ安くモバイルルーターを手に入れようということになって、

一番安い SIM フリーなモバイルルーターは
レンタル制だけど NTT 東・西日本の「光ポータブル」しかない


という結論に。一番安いというか、レンタルということさえ除けば、縛りの2年間借りても コストは 7,560円ですから圧倒的に安い(2年後に 3G モバイル通信を使ってるとは思えないし)。

光ポータブルの唯一の欠点というべき 11n が使える後継機が夏にも出るという話なのですが、使うなら今すぐ使いたいですし(後継機で 11n が使えるのは大きな魅力ですが…)、どうせ NTT 東日本から新機種が出てから西日本が出すまでタイムラグもあるでしょうから現行機でいいや…

ということで、NTT 西日本にレンタルを申し込み、1週間後に到着しました。

HikariPortable01


この「光ポータブル」はバッファローから発売されている、高機能&長いバッテリー駆動時間&比較的コンパクトと3拍子揃った



と同じものですが、バッファローから一般発売されている「ポータブル Wi-Fi」はドコモ回線限定(b-mobile 回線も OK)であるのに対し、NTT 東西からレンタルされる「光ポータブル」は SIM フリー。

つまり、

SIM フリーな「光ポータブル」ならイー・モバイルの SIM も使える


ので、b-mobile Fair 用だけでなく Pocket WiFi が壊れた時の予備としても便利かな、と(ソフトバンクの SIM も利用可能)。

とまぁ前置きは長くなりましたが、NTT 西日本からレンタルした「光ポータブル」が届きましたので、「光ポータブル」のメリットや申し込み方法などを紹介したいと思います。

続きを読む

先日の記事のとおり、先週サービスインとなった日本通信の従量制サービス「b-mobile Fair」を Galaxy Tab で使い始めた。当該記事でも書いたように、私は Galaxy Tab を日々持ち出して使うことはなく、たまに持ち出してのモバイル利用だからピッタリのサービスだ。

さて、b-mobile といえば(U300 系は速度制限があるものの)サービスの縛りが殆どない。もちろんテザリング −スマートフォンやタブレットをモバイルルーター化して、他のパソコンや無線 LAN 機器をネット接続させる機能− も利用可能である。

Galaxy Tab 本来のドコモ SIM を使ってドコモのサービスを使っている限り、spモードでは明確にテザリングは禁止されているし、mopera を使ってもテザリングに関しては不明で今後のドコモの判断次第、というのが現状である。

それに比べると、b-mobile Fair では明確にテザリング可能と記されており、安心して、大手を振ってテザリングできる。

よくあるご質問 | b-mobile Fair

テザリング時の通信速度も「b-mobile Talking SIM プラチナ」のような 300Kbps 制限はなく、フルスピードが出ているようだ(実測してみても、そうだった)。

bmobile_Fair8
(テザリング可能にした Galaxy Tab を通して PC で速度計測した例)


というわけで、

せっかくテザリング可能と明記されてる b-mobile にしたのだから
Galaxy Tab をモバイルルーターとして使えるようにしよう


と相成った。

ただし、Galaxy Tab は2月のファームウェア・アップデートで簡単にはテザリングできなくなったので、システムライブラリの改造が必要になる。アップデート前までは、アプリ1つ入れるだけでテザリング可能になっていたのだが、今はそうはいかない。

続きを読む

2009年もそろそろ終わりが見えてきたが、振り返ってみると今年はお買い物の当たり年だったような気がする。1月に VAIO type P が発表され、使い物になるのか?自分を満足させられる物なのか?不安に思いつつも、発表日即ソニースタイルに予約して入手したら見事にお気に入りのものとなり、素直に凄いと思える物だった。

その後も、予想通り生活を変えるくらいになった iPhone 3GS を始め、今年のお買い物では当たりが多かったと思う。お金を出した分以上の満足感を得られる物が多かった。勿論全てのお買い物に満足してはいないけれど、最近買った EOS 7D も MacBook Air も PowerShot S90 も気に入ってる。

そんな中、一昨日発売になった emobile の「Pocket WiFi」を早速購入・契約した。この「Pocket WiFi」、旧来のデーター通信端末と同じようにパソコンと USB 接続してデーター通信することもできる他、単体で通信して無線 LAN ルーターにもなってくれるというもの。

つまり、ポケットサイズの emobile 専用の無線 LAN ルーターであり、その最大の特長はサイズのコンパクトさ。まさに手のひらサイズ。そして“ポケット”サイズ。

PocketWiFi with iPhone
厚みのある iWood ケースを装着した iPhone との比較


そして小さく軽いだけでなく、何よりも使いやすい。


続きを読む

このページのトップヘ