Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

タグ:ミラーレス

散々ネット中を確定的な噂が飛び回っていましたが、パナソニックのマイクロフォーサーズ機としては待望の“全部入り”小型機 DMC-GX7 が正式発表されました。

一昨年発表・発売されたコンパクトスタイルのミラーレス機 DMC-GX1 の後継機ということですが、パナソニックユーザーの、マイクロフォーサーズユーザーが思う

コンパクトスタイルのミラーレス機で
こんな機能が全部入っていたら良いのになぁ…をおよそ実現した


と言えるモデルになっていて、スペック上はかなり魅力溢れる一台になりました。

色々と「おお、これを搭載してきたか〜!」という点はありますが、

ついにパナソニックもボディ内手ぶれ補正を搭載!


というのが一番のポイントでしょう。

これでパナボディでオリンパスの素晴らしい単焦点レンズを使う時も手ぶれ補正が効くようになりますし、マウントアダプター経由でレンズを使う時にも手ぶれ補正の恩恵を受けられます。

E-P5 に EVF が内蔵されなくてガッカリ…だった人も(オリンパス信者でなければ)GX7 を買ってみる気になるかもしれません。手ぶれ補正は OM-D 譲りの E-P5 の方がずっと強力そうでありますが、どちらを優先するかの問題でしょう。

いずれにせよ、レンズ内手ぶれ補正とボディ内手ぶれ補正の論争は色々あれど、今までレンズ内手ぶれ補正にこだわってきた一角のパナソニックがボディ内手ぶれ補正を搭載してきたことは、マイクロフォーサーズ全体、マイクロフォーサーズユーザーから見れば大きなメリットな気がします。

DMC-GX7_Release1


また、EVF 内蔵の小型ミラーレス機は NEX-7 や X-E1 など既にありますが、

ボディ内蔵なのにチルト式 EVF !


というは、やってきましたねぇ。個人的にはボディ内手ぶれ補正より魅力を感じます。私自身、「本機で使うミラーレス機は EVF 内蔵機に限る」と思っているのですが、これは羨ましいです(富士フイルムにこういう芸当は無理だろうねぇ)。

当然、内蔵 EVF の回転角は(上下にチルトする)背面液晶と違って上方向にしか動きませんが、それで十分です。EVF でウエストベルト撮影をしたい時には(出っ張る)外付け EVF というのが決まりでしたが、それを打破しました。

内蔵 EVF も背面液晶もバリアングル!


なんて素晴らしいのでしょう。EVF は最新の 276万ドットタイプ、背面液晶も GX1 の時と違って100万画素タイプの真っ当なモノが載っています。

他にも以下のように、目立つところから細かいところまで、しっかり改善改良されてきて、「ミラーレスの小型高級機」というジャンルに参入するに相応しい内容になっています。

続きを読む

今日のカメラ界的には何と言っても、リコー新型 GR に尽きるわけですが、個人的にはこちらも大きなニュース。 X-Pro1/X-E1 用望遠レンズ XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS が、ようやく正式発表になりました\(-o-)/

X-E1 を正月から使い始めた私ですが、XF55-200mm は去年からイベントで参考出品されていましたし、今日更新される前のレンズロードマップ(後述)では 2013年初頭に出そうな表示になっていましたから、

「望遠レンズは必要だけど、春までには出そうなロードマップだし、X-E1 買うタイミングとしてもちょうど良いかも」

なんて思いながら買ったのですが…結局正式発表は本日、発売は5月。

本気で使うカメラに望遠レンズは必須の身なので、時間以上に待たされた感が強い私です。

結局この間、ミラーレス機の望遠レンズ補完として(中古ながら)Nikon 1 V1 + 30-100mm を買ってしまったことは既述の通り。

キャノンユーザー禁断?の Nikon 1 を買ってしまった、4つの理由【前編】
キャノンユーザー禁断?の Nikon 1 を買ってしまった、4つの理由【後編】

まぁ、像面位相差AF の Nikon 1 は元々一度使ってみたかったですし、300mm 相当の望遠システムとしては異常にコンパクトなので(XF 55-200mm 1本と変わらないくらい)、これはこれで買って良かったと思っていますが…

ともあれ、ようやくの XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS 発表も含めて、今日の富士フィルムからのリリースは

  • XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS 正式発表(5月25日発売、実売価格7万弱)

  • 新しいレンズロードマップ発表

  • AF高速化のファームウェア・アップデート予告


の3点。

注目のレンズロードマップの更新でしたが、

新しい XF レンズはなし、発売時期を遅らせただけ


というのが、下の新旧レンズロードマップの比較を見れば判ると思います。


続きを読む

先月中古で購入した Nikon 1 V1 については先々週あたりに諸々書きましたが、その後も予想通り、軽量スタイル時の望遠セット機として活躍しています。

Nikon 1 を買うにあたって色々と悩んだ末に V1 ボディと 1 NIKKOR VR 30-100mm f3.8-5.6 を中古で購入しました。3万円。

Nikon1V1_10


V1 の操作性の難は、ニコンショールームで散々いじって納得した以上の問題がありますが、それでもこの値段に比した性能機能は(私にとっては)コストパフォーマンス抜群としか言いようがなく、満足しています。

ただ、せっかく廉価で購入したのですから、逆にあまり周辺アクセサリーなどでお金をかけるつもりはありませんでした…が、実際に使ってみて、これはちょっと…と思った点が2つありましたので、

  1. 予備バッテリー

  2. Richard Franiec's Custom Grip


この2つだけは買うことにしました。


続きを読む

今週は少し前に購入した Nikon 1 V1 を買った理由だの、しばらく使ってみた感想だのを書いていますが、昨日は「Nikon 1 を買ってよかった理由」について触れました。

Nikon 1 を買って良かった5つの個人的利点

元々 X-E1 の望遠レンズがなかなか出ない代替策をどうするか考えての Nikon 1 という選択だったわけですが、多少なりの不満はあっても(画質面での将来の期待込みで)Nikon 1 を選んだことは概ね正解だったなぁ…と思っています。軽量優先の旅望遠セットとしては納得です。

Nikon1V1_03


反面、EVF 付きボディと望遠ズーム込みで中古なら3万円で買えるし、画質的には現行機とそう大きな差はない、というところに惹かれて Nikon 1 V1 を手にしたわけですが、

こいつぁ(Nikon 1 V1)なかなか人に勧められる代物じゃねぇなぁ


と感じています。決して Nikon 1 が勧められないでのはなく Nikon 1 V1 が、です。誤解なきよう。

Nikon 1 そのものについては、昨日の良かったと感じた点の記事でも書いたように満足すべき点は多いですし、その不満点も購入理由の後編記事で書いたように将来的に改善できるのではないかな…と期待込みで買えるシステム、と思っています。特に望遠系のお手軽サブシステムとしては。かなり便利。

そして望遠レンズを多用するなら、特に動く被写体を撮ることが多いなら(たとえ EVF であっても)ファインダー付きの Vシリーズが第一候補になりますから、型落ちで安い V1 か、現行製品の V2 か。

もちろん、V2 の方があらゆる点で良いのは判っていますが、価格差はボディだけで見れば3〜4倍。中古の V1 と望遠ズーム 30-110mm で3万円でしたが、



ですから価格差4倍。操作性は百倍違うけれど、画質は4倍の価格差もあるとは思えないし…

と悩んで悩んで、事前にニコンプラザなどに入り浸って散々その操作性の悪さを確認し、これなら何とか我慢できると思って購入したのですが、なかなか考えが甘かったというか、想像以上だったというか(笑)

もちろん、操作性の悪さは納得して買ったので(ちょっと泣きたくなることはあっても)我慢できているというか自業自得というか、Nikon 1 V2 との価格差を考えれば仕方ないと思っているのですが、自分がこういう記事を書いて

「Nikon 1 V1 って安いんだな、ちょっと手を出してみようかな」

と考える人がいるとしたら、十分考えて確かめてからにしたほうが良い、いや V2 買えるなら V2 にした方が良いよ、という思いは強いので、以下に「V1 より V2 にしたほうが良い理由」を3点書いておきます。


続きを読む

昨日一昨日と、色々なミラーレス機を買ってきて(キヤノンユーザーなのに)Nikon 1 に手を出してしまった理由を書きました。

キャノンユーザー禁断?の Nikon 1 を買ってしまった、4つの理由【前編】
キャノンユーザー禁断?の Nikon 1 を買ってしまった、4つの理由【後編】

その中で概ね満足していることも少し書きましたが、

画質は不満だし、改善して欲しい部分もあるが
なるべく軽量な望遠撮影システムとしては、まずまず満足


であります(Nikon 1 V1 特有の操作性の悪さは別)。

画質を追い求めるのではなく、“手軽に望遠域の撮影を、それなりの画質で収めたい” という趣旨にはかなり合っているカメラだと思います。動きモノ相手も一眼レフ並みとは言いませんが(所詮 EVF だしね)、やはり他のミラーレス機に比べれば、ずっと良い感じです。

(標準域のスナップカメラとしても悪くはないのでしょうが、そのあたりになるとマイクロフォーサーズや APS-C ミラーレス機で、同等サイズでより画質の良いカメラは幾つもありますからね)

個人的には、自分のカメラシステムの中の欠けているところに上手くフィットした感じがあって、

「こりゃ買ってよかったなぁ」

と思っています。中古でお値段3万円でしたから(操作性の極悪さを除けば)まことコストパフォマンスの良い買い物でした。

購入して3週間以上になるのですが、使ってきて Nikon 1 の良さを実感した点を以下に挙げておきます。


続きを読む

前編記事は「4つの理由」と書きながら2つしか書かないという中途半端な状況で終わってしまいましたが、

  1. 望遠レンズの小ささに改めて驚き!

  2. 望遠レンズでは動きモノを撮りたくなる→現状のミラーレス機で動体撮影なら Nikon 1 に決まり


という2つの理由を示しました。

まぁ、EF マウントユーザー的には「EOS M が全てにおいて情けないから」というのが最初に来るわけですが、それはまぁ言わずもがな、理由以前であります X-)

Nikon 1 V1 + 30-110mm Test (14)


旅用ミラーレス機の望遠レンズとして、あらゆるミラーレス機の望遠レンズと比べて圧倒的な小ささは魅力でした。改めて見なおして、X-E1 の望遠レンズが発売されるまでの繋ぎというだけでなく、このサイズなら併用もあり、と思わせるくらいに。

そして、望遠レンズないし高倍率ズームレンズを付けると、結局いつも何かしら動きモノを撮りたくなる私。本気撮りでなくても旅先でヒコーキを撮りたくなるわけで、過去多くのミラーレス機を使ってきて動体相手に撮ってしまっては「ん〜」と思っていたなら、やはり Nikon 1 に行くしかないかな、と。

明確な購入理由としては、この2つの理由になるのですが、今まで Nikon 1 を避けていたのを翻した背景には、もう2つの理由がありました。


続きを読む

禁断というのは、まぁ大げさです。キヤノンとニコン両マウント持ちユーザーの知人もいますし、一時は私もそうであったことがありました。私自身、元々ニコンユーザーであり、今でもニコンが嫌いなわけではありません。

というより、むしろ動きモノ、スポーツを撮っていれば、信頼できるのはキヤノンかニコンだよね…となるわけで、一眼レフを使っている限り、その体力が続く限り、メインマウントはキヤノンかニコンに限ると思っています。

ただ、それだからこそ、ミラーレス機の選択で Nikon 1 は最終手段でした。なぜなら、Nikon 1 を買い、Nikon 1 を使っていくうちに、また Fマウントのレンズに手を出し、レンズから外堀を埋められてボディもニコンに…とならない保証はないわけですから(^_^;)

ま、ハイエンド APS-C 使いにとってはニコンもキヤノンも同じ穴の狢、同志みたいなもので、先日発表の D7100 に対するネットの賛否の否の方に、「これは D300S 後継機じゃないよね!?ニコン信じてるから!」的な声に共感を覚えたりしています :-D

Nikon 1 V1 + 30-110mm Test (12)


ともあれ今回、色々思案した挙句に中古となりましたが、Nikon 1 V1 を購入しました。キッカケとしては

X-E1 の望遠レンズがなかなか出てこないから、それまでの望遠撮影用


であります。そして色々理由つけて買わないでいたけど、Nikon 1 を思う存分試したい気持ちはずっとありました。

キヤノンユーザー的には本来 EOS M に期待すべきところではありますが、現状ではなかなか厳しい状況ですし、出し惜しみが社是のキヤノンが Kiss を食ってしまうようなミラーレス機を出すのはお尻に火がつかないと無理でしょうしね…

(EOS M も近々キヤノンから1週間ほど借りますので、自分で使っての判断はできるかと思いますが)

いずれにせよ、X-E1 の望遠レンズがなかなか出てこない中で、NEX の望遠レンズを買う選択肢もありましたし(タムロンの 18-200mm Model B011 は前から欲しがっていた友人に譲ってしまったので…あれは良い高倍率ズームだった)、四度のマイクロフォーサーズも考えました。

が、今回 Nikon 1 を選択したのには4つの理由がありました。

続きを読む

X-E1 を使い始めて2ヶ月近くにあるので、グダグダと書き連ねているセカンド・インプレッション。もうちょっと X-E1 を持ち上げて、悪いところ探し的な記事にするつもりはなかったのですが、どうもダメ出しばかりになってしまいました(^_^;)

モッサリニモマケズ、CBキャンペーンニモマケズ 〜 X-E1 と二ヶ月 セカンドインプレ【前編】
NEX-7 と X-E1 〜 X-E1 セカンド・インプレッション【中編】

X-E1 の良さといえば(ボディデザインの好みを別にすれば)吐き出す JPEG 画像の素晴らしさ以外は思い当たらないような…とはいえ、さすがにちょっと申し訳ないくらい言いまくってたので、これ以上は書きません。

ただ、色々と言われることの多い AF 速度は、日頃その点については結構やかましい私でもそう不満はないです。XF 18-55mm と XF 35mm に限ってですし(XF 60mm は要改善)、AF-C は論外ですけど。でも AF-C で撮るようなカメラではないでしょうから問題ないかと。

X-E1_SampleEastHokkaido09
(XF 18-55mm / マニュアルWB)


さて、前回記事の最後で、色々文句を言いつつも X-E1 は

「ボディサイズがデカくてカバンへの収まりは決して良くないのに、購入後2ヶ月経ってもファーストチョイスなカメラ」
「そのうち持ち出し率は下がるだろうなぁ…と思っていたのに、持ち出し率は高いまま」

と書きました。

「わざわざ、デカくてモッサリな X-E1 を持ち出したくなる理由は何なのだろう?」


そのことは自分でもちょっと疑問だったのですが、色々と考えていくと、

多少手のかかるカメラだからこその愉しさ

になるのかなぁ…と。

個人的にはこういうのは認めたくないのですが、そういうところは確かにあると思います。もちろん、使って得られる対価があって初めて成り立つことではありますが。


続きを読む

昨年末、NEX-7 を興味持っていた友人に売って(像面位相差AF 搭載の)NEX-6 でも買おうと思っていたのに、なんか面白みを感じなくて少し悩んで購入した X-E1。

NEX と比べると色々とモッサリしているのは十分判って買ったけれども、

X-E1 を使い始めて NEX の良さを再認識することも多々ある


のも、また事実。

バリアングルモニターのような判りやすい差だけではなく、X-E1 には少なくとも2つ、根本的な問題があると感じています。

  • シングルタスクのような内部処理で、ユーザビリティが一昔前のデジタルカメラであること。機能的にシンプルとかそういった次元ではない。

  • ハードウェア・ボタンの配置を含めて、ファインダーを覗きながら設定を変更する、ということに全く考慮していない UI 設計。


もちろん、X-E1 はそういったところを目をつぶっても使いたくなる良さもあるわけですが、NEX-7 同様にコンパクトデジカメより使いやすいとは感じられない点、ボディサイズの余裕はあるけれど工夫の無さを感じるのです。


続きを読む

いやー、やられました(?)。こういうことは間々あるのですが、一昨日、富士フィルムから発表されたキャンペーン。

+1 LENS キャッシュバックキャンペーン | 富士フイルム

Σ(゚д゚lll) ガーンですわ…この1ヶ月以内に2本も XF レンズを買ったのに… _| ̄|○

X-E1 のキットレンズである標準ズームレンズはまずまず満足しつつも、明るい標準レンズは持っておきたいから XF 35mm F1.4 R を…と思っていたら、格安価格の XF 60mm F2.4 R Macro を見つけて思わず買ってしまい、その後すぐにやっぱり必要だと XF 35mm F1.4 R を買い…

「うおー、キャンペーンがあと1ヶ月早かったら、5千円×2のキャッシュバックがあったのに〜〜っ」

などとは、今さら言っても仕方ないし、XF 35mm F1.4 R は1ヶ月でキャンペーンが気にならないくらい使っているので問題ないのですが…やっぱりねぇ。ちょっと悔しい(^_^;)

X-E1_and_Lenses1


正直言うと XF 60mm F2.4 R Macro は新品にしては格安の値段だったとはいえ、あまり使っていないので慌てて買わなくても良かったかなぁ…なので、尚さらです。

季節が進めば XF 60mm マクロも使う機会は増えると思いますが、この1ヶ月で使った回数を思うと…ですね。一般的な販売価格より5千円以上安く買っているのが救いですけど(´・ω・`)

というか、XF 60mm はマクロといってもハーフなことと、質感は良いけど重いのが微妙だったりもしますが、なんといっても

広角も含めて3本ないと、単焦点だけで持ち出す感じにならない


のが XF60mm をなかなか持ち出さない原因ですね。

標準画角相当の XF 35mm F1.4 R だけ付けて出る、標準ズームの XF 18-55mm に XF 35mm のペアで出ることは多いのですが、XF 35mm と XF 60mm だけで出ると、どうもバランスが悪いわけです。

となれば、

「キャッシュバック・キャンペーンで XF 18mm F2 R を買うか…」

という思いもなくもないのですが、ぶっちゃけ画角を埋めるためだけに4〜5万出して買うレンズかどうか悩ましいところです(XF 14mm の方が魅力ではありますが、Super Wide-heliar でカバーできるので…)。

ただ、XF 18mm F2 R はレンズがコンパクトなので X-E1 をお散歩カメラにするには最適なんですけどね。うむむ、どうしたもんでしょうか。正月1ヶ月でひと通り買って、X-E1 関連の物欲は消えたはずなのですが(^_^;)

X-E1_SampleEastHokkaido01


さて、今年の元旦から使い始めた富士フィルムのミラーレス機 X-E1。使い始めて2ヶ月近くが経ち、そろそろ購入当初のテンションの高さも抜けてきました。X-E1 関連の物欲をほぼ満たしたせいで憑きものが落ちた、というのも否定はできませんが(^_^;)

ともあれ、だいぶ落ち着いてきた?ので、冷静に振り返ったセカンド・インプレッションでも書こうと思います。と書き始めてから書いては消し…の状態が続いて、なかなかキータイプが進まないのですが、そもそも

慣れても、しばらく使っても印象はファーストインプレと大差ない


んですよね。ま、これで終わっちゃうのも、なんですけど。

端的に言って

撮る時は決して便利でも快適でもないけど悪印象だけではないカメラ
撮った後は、心地良くなれることの多いカメラ


というのは変わらない。時には違う印象も感じることもあるし、風景撮りなんかではたまに大外しすることもあるのですが、まぁだいたいそう。


続きを読む

このページのトップヘ