Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:マイル

昨年5月に始まって、2年も経たないうちに廃止決定。元々1年に1回しか交換させなかった上、今年度からは期間限定、交換人数限定という措置をとって、とにかくやる気はなかったようだが、正式に廃止決定。ホント、アホかと。だったら、最初からやるなよ…という感じ。

JALマイレージバンク - Yahoo!ポイント特典(Yahoo!ウォレットに登録済のYahoo!JAPAN IDをお持ちのJMB日本地区会員限定)

来年度の JAL 特典航空券制度は、既報通り ANA と同じく国内路線も距離に応じて必要マイルが区分制になり、JAL は近距離が 12,000マイル、中〜遠距離が 15,000マイル、東京・大阪から久米島、宮古、石垣への路線が 20,000 マイルとなる3区分。

JAL と ANA の違いは、区分数が JAL 3、ANA 4 で各路線で必要マイル数も異なる他、ANA で採用したハイシーズンでのマイル割増や、ローシーズンのマイル割引がないこと。また、概ね必要マイル数は JAL の方が少ないこと。

これだけ見ると ANA のプレスリリースから2ヶ月近く考えて決めた JAL に軍配が上がりそうなものだが、

人気路線、使える便は、特典航空券の席数を絞りまくるんだろうなぁ〜


というのが見え見え。この下半期はバーゲンもあまり取らないけど、発売直後にチェックしていると、バーゲンフェアの席もかなり絞られてきてる。以前は席の提供があった便も提供なしになっていたり、席数が半減してるというのも少なくない。

そんな状況を見ていれば、一見良さそうに見えても“釣り”であって、結局は特典航空券をロクに取れない状況になるんだろうな〜と想像してしまう昨今。

それよりも最近の変更で一番酷かったのが、JMB たび倶楽部(JAL カード・ツアープレミアム)特典の突然な変更。今期のマイスター特典の一つに、「JALピックアップサービス」「JAL宅配便サービス」利用クーポン2枚というのがあったのだが、いきなり今月末で終了となった。宅配便無料の特典は冬のニセコ行きの時にこそ使えるものだったのに、その直前で突然の終了。

おまけに代替サービスは、JAL ホテルか JAL ツアーでの無料券 1,000円分。使えねー。激しく使えねー。以前ならニセコの行き帰りに日航千歳くらいは使ってみるか?と思ったろうが、今年の春に一度泊まってみたら、今時 LAN はないわ、ホテルの周りには何もないわ(駅からも遠いしね)で、今イチ使えないホテルだった。

というわけで、マイスター特典の宅配無料券は、ただの紙切れに。どうせ JAL グループ内で処理させてしまうなら、せめて BLUE SKY(空港内の JAL 系ショップ)の無料券にしてくれれば良かったのに…

JALマイレージバンク - 特典航空券がますますおトクで便利に!(JAL 公式サイト)

まだ正式発表になってないが、一律 15,000マイルだった特典航空券を、短距離(往復 600マイル以下)は 12,000マイル、中距離(往復 601〜1,600マイル)は今まで通り 15,000マイル、遠距離(往復 1,601 マイル以上)は 18,000マイルと格差をつけるとのこと。

また、閑散期は短距離 11,000マイル、中距離 12,000マイル、長距離 14,000マイルといった形でマイル減額も実施。さらに今まで特典航空券が使えなかった盆暮れも、3,000マイル追加で乗れるようにするとのこと。

マイルを使う時は常に長距離狙いだった私からすれば、これは値上げになるのだけど、ある意味理に適った措置だから納得せざるを得ない。国際特典航空券は場所によってマイル数が違っていたのだから、これも当然と言えば当然だ。

JALは今のところ何も発表してないが、今までの例からすれば、まず間違いなく追随するだろう。

その前にJALは11月末から2月の間(年末年始を除き)特典航空券のマイル数を 12,000マイルにするキャンペーンを行う。今年のニセコ行きは昨シーズンまでと色々と体制が変わることが確定しているので、マイルを使って行くことにしようかな…

マイル交換、近距離はお得 全日空、国内線の制度改訂
JALホームページ限定 JMB国内線特典航空券 マイル2割引キャンペーン

【追記】記事を書いた直後に公式発表。単に距離・時期に応じた特典航空券の必要マイル数の区分化だけではなく、

  • マイル有効期限の延長(翌々年度末までから搭乗後36ヶ月目の月末に変更)

  • 旅達(無料のANA旅行DM受け取り制度)加入者は、割引運賃で搭乗時のマイルが5%加算

  • 上級会員資格基準を大幅変更。資格基準が搭乗回数とプラチナポイントのいずれかだったのが、プラチナポイントに代わるプレミアムポイントに一本化。搭乗回数のみの基準は廃止。

  • プレミアムポイントは、マイルベースのポイントに加えて搭乗毎のポイントも加算されるが、旅割、超割、ツアー運賃で搭乗した場合には搭乗ポイントはつかない。

  • アップグレード券もポイント制になり、前年度プレミアムポイント実績に応じて、得られるポイントが非常に細かく区分化される。

  • 国内線のアップグレードポイントの使用は、当日カウンター受付のアップグレードのみに限定

  • 最上級ダイヤモンド会員のみ、マイル2倍払いで特典航空券が特典枠に縛られず、搭乗前日まで購入できるプレミアム特典航空券制度を使えるようになる。


といった大幅リニューアルな内容。一見、特典航空券の必要マイル数に目を奪われ、巷の注目もそれに集まりがちだが、

普段から利用する人にとっては、特典航空券より大きな変更がある


という事実。上級会員資格基準の変更に関しては、これはもう完全に修行排除。超割やら旅割やらツアーで乗るような観光客系はたくさん乗ってもらったところで要りません、うちはビジネス客相手で商売します、という強烈な意思表示だ。

おまけにアップグレードポイントが細かく区分されるだけでなく、事前予約時にアップグレードできないとか(SSP に乗るのに、普通席料金+アップグレードポイントという予約はできない)、なかなかキッチリ絞った感じがある。

おそらく JAL も多くの部分で追従すると思うが、微妙に思えるところもある。基本的には私もビジネス客の範疇に入るわけだが、だからといってこんな風になると少々萎えるかもなぁ。

新しく、あなたらしく。ANAマイレージクラブ(ANA 公式サイト)

Yahoo! 公衆無線 LAN スポットのサービスに加入するにあたって、Yahoo! プレミアムに入って、ついでに Yahoo! ウォレットも設定したので、15万マイル近くある JAL のマイルから1万マイルを Yahoo! ポイント1万ポイント分に変えてみた。といっても、反映されるのはしばらく先である。

昨年 JAL のマイルと Yahoo! ポイントは相互交換できるようになったが、2ヶ月ほど前に JAL マイル→ Yahoo! ポイントへの交換については規制が発表され、今年の9月3日からは年に数回、先着 100名までが1万マイルのみ交換できる、という訳の判らない制限がかかるようになった。

元々、 JAL マイル→ Yahoo! ポイントへの変換については1年に1万マイルのみという制限がかかっていたが、それすらも極めて限定数に抑え込もうという措置だ。よほど JAL マイルから Yahoo! ポイントに変える人が多くて JAL の持ち出しが大きかったのか?と思うくらいだ。つーか、そんなことなら止めてしまえば良いのに、と思うくらいのショボい制限である。

ということで、

JAL のマイルを Yahoo! ポイントに変えるなら今のうち


なので、Yahoo! プレミアムにも入ってしまったし、久しぶりにヤフオクをする機会も出てくるだろうから、Yahoo! ポイントが1万くらい有っても使うだろうということで変えてみた次第。換算率は1万マイル=1万円だからかなり悪い(ポイント移行としては平均的だが)。でも結構貯まってるし、どうせ夏のキャンペーン類でまた1万マイルはボーナス加算されるから別に良いかと。

この JAL マイル→ Yahoo! ポイントへの変換には、単に Yahoo! の ID やプレミアムの加入だけでなく、Yahoo! ウォレットへの登録が必要とのこと。まぁ Yahoo! プレミアムまで登録してしまったら Yahoo! ウォレットを登録しても一緒のような気がするので、特に抵抗はなかった。むしろ Yahoo! プレミアムに登録するのだけは最大限避けてきたのだが(だからヤフオクはやらなくなった)、公衆無線 LAN を使うのに登録してしまったので、こうなればトコトンやるか、みたいな。

ちなみに Yahoo! ポイントから JAL マイルへの移行は特に制限はない。ま、JAL マイル→ Yahoo! ポイントよりさらに換算率は悪いから、そんな移行をする人は少ない気もするが。

JALマイレージバンク - Yahoo!ポイント特典

このページのトップヘ