E-M1 Mark II を買うと決めた時から予想はしていましたが、昨年末に買った E-M10 Mark II の出番が全くなくなりました(^_^;)

デジタル一眼レフと E-M10 Mark II では全く使う用途が異なるため、きっちり住み分けができていたのですが、E-M1 Mark II は完全に E-M10 Mark II の上位互換です。当然、様々な点で劣る E-M10 Mark II の出番は消滅してしまいます。

サイズや重量が違うと言っても、デジタル一眼レフと比べれば E-M10 Mark II と E-M1 Mark II の差なんて小さく、E-M1 Mark II だって鞄の隅に入れて持ち歩けます。E-M10 Mark II で使っていた小型軽量なレンズを使えば、サイズ感は大差ないです。

EM1M2_17
(E-M1 Mark II でもスナップにはパンケーキズームレンズを愛用)


気軽に持ち歩けるのは変わらないけど、空き時間に空港へ寄って、なんちゃって飛行機撮影するような時には E-M10 Mark II とは大きな性能差があります。動き物に対しては E-M1 Mark II とそれ以外のオリンパス機で、持つポテンシャルが雲泥の差です。

M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO は(撮影目的ではない)普段の時から持ち歩くようなサイズ・重量ではありませんが、以前から愛用の LUMIX G X VARIO 45-175mm F4.0-5.6 は極めて小型軽量で、普通のかばんの中に忍び込ませておけるサイズです。

ただ、LUMIX 45-175mm は E-M1 Mark II で使っていても AF は少々迷いやすいです。困るほどではなく、AF 速度は決して遅くはないのですが、M.ZUIKO 40-150mm F2.8 に比べると合焦を迷うことが多いですね。あと、RAWだとフリンジが出るので現像時に補正してやる必要があります。

とはいえ、普段持ち歩きに E-M10 Mark II で使っていた



この2本のレンズは E-M1 Mark II でも合わせて使っています。普段使いのカバンに入れておく小型軽量セットとしては大のお気に入りです。(広角側 28mm 相当というのは少々物足りないですけど)

しかし、そうなると本当に E-M10 Mark II の出番がありません。航空祭などではサブ機が欲しいので手放すつもりはありませんが、意識して「今日は E-M10 Mark II にしよう!」と思わないと持ち出さなくなってしまいそうです…

EM1M2sample29
(E-M1 Mark II + LUMIX G X VARIO 45-175mm)


さて、あることをブログに書こうと思って、書きかけのまま忘れていました。先日サッカーを(ダメ元で)撮った時に初めて試した「プロキャプチャーモード」。

オリンパスの公式サイトやカタログには↓のように書いてあります。

EM1M2_25
(クリックで拡大)

撮りたい瞬間を逃さない新機能「プロキャプチャーモード」を搭載。1stレリーズから20Mの高画素で記録を開始し、2ndレリーズまでの間の映像を最大14コマ記録します。「プロキャプチャーモード」を使えば、人の反応タイムラグやカメラの動作タイムラグにより、撮り逃していた瞬間を記録することができます。


夢のような機能というか、ミラーレス機ならではの素晴らしい機能❗️シャッターボタンを押す前のコマを記録しておいて、シャッター切ったところから最大14コマ前の画像まで記録できるということは…

このプロキャプチャーモードってやつは、タイミング命のスポーツ撮影に持ってこいの機能じゃないの!?


そう思った私は、まだまだミラーレス機メーカーの宣伝文句に釣られて痛い目に遭ってきた反省も後悔も足りなかったようです……


続きを読む