少し前まで、まだ肌寒い日があったのに、すっかり暖かくなりました。天候が微妙に不順っぽいせいか、先週末で見頃は終わりかと思っていた関西の桜も、なんとか今週まで保ちこたえているところがあり、バタバタしていてまともに花見ができていなかった私も、少し行ってきました。

EM1M2sample32
(西吉野の山間に点在する見事な枝垂れ桜の一つ)


もちろん、桜花見に行くお供に、今回は E-M1 Mark II を持ち出したのですが(メインレンズは 40-150mm F2.8 PRO)、

旅やドライブのお供にはマイクロフォーサーズが良いね


と思います。レンズ交換式コンパクトカメラの面目躍如でしょう。

昨年末、E-M10 Mark II を買ったのも「鎌倉散歩旅へ出かけるのにデジタル一眼レフセットより軽量化したいなぁ」というキッカケもあったわけで、それは日帰りの花見ドライブでも変わりません。

購入直後の E-M10 Mark II を鎌倉散歩のお供に撮り歩いてみた雑感【DAY 1 前編】
購入直後の E-M10 Mark II を鎌倉散歩のお供に撮り歩いてみた雑感【DAY 1 後編】
購入直後の E-M10 Mark II を鎌倉散歩のお供に撮り歩いてみた雑感【DAY 2】

フルサイズ機にそれなりのレンズで撮ったものと比べると繊細さ加減とかが違うのは、ど素人のクソ眼でも判らなくはないのですが、

風景や花とか、どう撮れば上手く撮れるのか今ひとつ判らんし、どうせ観光スナップにしかならんのだから、画質どうこう言う以前の問題なので、重いフルサイズ機とかでなくてもええわ。


っていうのはありますね。夜スナップとかになると高感度画質のヘタレ具合が気になるでしょうが、そこは小型軽量さとのバーターとして我慢せざるを得ません。

EM1M2sample35
(関西随一、全国的にも指折りの桜のトンネル、琵琶湖畔の海津大崎)


さて、E-M1 Mark II も購入から2週間、既に撮影ショットは1万ショットを超えてます。E-M1 Mark II のシャッター耐久回数は 20万回らしいですが、本当にそこまで保つのでしょうか。

ちなみに EOS 1D Mark III や 7D Mark II は 2年で 20万ショット近く(7D2 は先日売却するまで 22万回)撮りましたが、問題なく使えていましたが、そこまでの信頼・信用ができるのか、オリンパス機をそこまで使い込んだことがないので判りませんし、不安です。

E-M1 Mark II では従来と同じクオリティのサッカー撮りが無理ゆえ撮りませんので、今までの撮影のうち、ガンバ大阪のホームゲーム年間20試合×1,500枚=年間3万枚以上の撮影ショット数は丸々減るため、今までのように2年で20万枚はいかないと思いますが…

E-M1 Mark II には専用のメンテナンスパッケージが用意されていて、これだと購入から3年後にオーバーホールしてくれるらしいですが、本気で使っていたら3年後は遅いんじゃないですかねえ。

オリンパスオーナーズケアプラス E-M1 Mark II 専用メンテナンスパッケージ

まぁ今のところ、まだ1年後に E-M1 Mark II を使い続けている自信が持てないので(笑)、上記パッケージには加入していませんけど、ちょっと迷うところではあります。オーバーホールは2年後とかにしてくれないのかなあ…と使い続けるかも判らないのに思っていたりします(^_^;)

EM1M2_08
(E-M1 Mark II 付属品一式)


そんな E-M1 Mark II ですが、付属品を見ると特徴的なのは

小型フラッシュが同梱されている


ことでしょう。

カメラボディがフラッシュ内蔵でない代わり、ということでしょうが、こ奴はさらに

付属の簡易フラッシュなのにバウンスできるやん!


ってのはビックリしましたね。ここまで小型なのに、上下だけでなく左右にも振れる。これは素晴らしい!


続きを読む