3月末日の E-M1 Mark II(と2本のPROレンズ)購入から3週間が経ちました。先日の記事で「購入から2週間、既に撮影ショットは1万ショットを超えてます」と書きましたが、一昨日確認したら既に1万8千ショット近くに達してました…(((( ;゚Д゚)))

さすがに

新しいカメラ買って試し撮りとか、色々な被写体撮って試したいのは判るけど、仕事でもないのに購入から3週間経たないうちに 18,000 ショットとか、オレはアホか!?


と思ったのですが、よくよく撮影記録を見てみると、購入後20日間のうち13日も撮影してます。

もちろん、一日撮影していたのは SUPER GT 第1戦@岡山国際サーキットの時と吉野へ花見ドライブに行った時くらいで、あとは概ね短時間、所用の移動途中に空港でちょっと撮影、アポとアポの合間に動物園でちょいと撮影、といったような感じなのですが、こうして数字にして見ると

一眼レフに比べて、気軽に持ち歩けるようになったのは事実


だよなあ…と実感します。

パンケーキ標準ズーム(14-42mm EZ)と小型望遠ズーム(G X VARIO 45-175mm)の体制ならともかく、40-150mm F2.8 PRO や 300mm F4 IS PRO を持ち出すとなると

小型軽量と言うけど、EOS 6D と EF100-400mm IS II USM のワンセットを持ち出すのと大差なくね?


と毎度思うんですが、買ったばかりとはいえ、これだけちまちま撮影しているというのは小型軽量の恩恵でしょうかね。まぁそのおかげで

今年は3月までしっかりできてた写真整理が崩壊


してるので、いい加減撮影ペースは落とさなきゃ、とは思ってます(^_^;)

あと、シャッター耐久回数が不安(E-M1 Mark II の公称値が、というより、オリンパスに対してまだ信用がない)なので、動き物相手以外では電子シャッターを使うようにしているのですが、

電子シャッター使用時も擬似シャッター音欲しいなあ


と思いますね。(もちろん静音モードがデフォルトとしても)

電子シャッター使っていて何もシャッター音が鳴らないまま撮ってると、撮ってる気がしないというか、リズムが狂うというか。メカシャッターの音は嫌いじゃないだけに、電子シャッターでもコンパクトデジカメのように擬似シャッター音鳴らせるスイッチがあると良いのですが。

EM1M2sample47
(ユーカリの木の高いところで眠る天王寺動物園のコアラ「アーク」)


さて、前々回記事でオリンパスユーザーがオリンパス公式のオンラインショップを多用する理由と、すっかり私も取り込まれて利用していることを書きました。

オリンパスユーザーが公式オンラインショップを盛んに利用する理由に納得!そして私もオリンパスの思う壺へ…

記事中で書いたように、オンラインショップで利用できる割引ポイントを“稼ぐ”ことが可能なのが「フォトパス」(Fotopus)というオリンパス公式の写真投稿サイト。

写真を投稿して割引ポイントを貯めて
直販オンラインショップで買っちゃいましょう!


というのが、オリンパスの甘い誘惑なわけですが、さらなる誘惑がフォトパスの有料会員である「プレミア会員」。

国内カメラメーカーの多くは様々な会員制度を持っていますが、
  • ニコン:ニコンイメージング会員(無料)、ニッコールクラブ(有料)
  • キヤノン:CANON IMAGE GATEWAY(無料)、キヤノンフォトサークル(有料)
  • リコー/ペンタックス:PENTAX RICOH Family Club(有料のみ)

これら3社とオリンパスは会員向けに修理代金の割引をしています。(他にも撮影講座の代金割引など)

キヤノンとリコー/ペンタックスは有料会員のみ割引ですが、ニコンとオリンパスは製品登録だけの無料会員でも10%割引が受けられるのは太っ腹ですね。(その分のコストはどこかに加わってるわけですけど)

富士フイルム(MY FUJIFILM)とパナソニック(LUMIX CLUB)は有料会員制度も修理代金割引制度がなかったと思いますが、既に古い記憶なので間違っていたらすいません。ソニーは…ありましたっけ?フォトライフサポートというオプションはあった気がしますが、あれはメーカー公式の会員制度ではないですしねえ。

ともあれ、オリンパスは製品登録しただけで加入できる Fotopus スタンダード会員でも修理代金 10%割引の恩恵がありますが、年会費 3,024円(+入会金 756円)払うとプレミア会員となって、その違いは以下の通り。


続きを読む