Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:ニコン

5月に入って急に暑くなり、2階の自室はやや寝苦しい夜になって、ちょっぴりエアコンも入れたくなる季節になってきました。と同時に、湿度も上がってきて

カメラもレンズも全然使えん状況だと
カビ生えてきそうで怖いわ…


と思っていたりする昨今です。緊急事態宣言延長で、まだしばらくマトモに撮影しに行くことも無理ですからねぇ。

それにニコンは4月初めから修理サポート受付停止(修理預かり品も返せないままらしいけど)で先行き不透明ですから、ここで落として壊したり、カビ生やしたりするとなかなか辛い羽目になるので、そういう意味でも慎重にならざるを得ません。

500mm F4 Day 1


そんなゴールデンウィーク真っ只中の5月4日はゴーヨンの日、ということで朝から当方の Timeline は 500mm F4 の写真や 500mm F4 で撮った写真やらで埋まっていたんですが、ゴーヨン云々に関しては先日ゴーゴーロクPF との比較インプレッションの記事を書いたばかりでした。

2本の 500mm 単焦点レンズに思う徒然 〜購入から2年の500mm f/4E FLと購入から半年の500mm f/5.6E PFを比較して

間が悪いですね、この記事を今日公開にすべきだったかもしれません。まぁ、ゴーヨンの日とかどうでも良いですけど…

で、どうでも良いと言いながらゴーヨンの日に託つけて記事を書いているのは、特にネタがないからであり、珈琲休憩中にゴーヨンとか今のカメラシステムに対しての適当な与太話でも、と思ったからです。

とりあえず、いま手元にあるゴーヨン (AF-S 500mm f/4E FL ED VR) に対して思うことは、一つ。

続きを読む

一度はミラーレス・システムに完全移行したものの、やっぱりアカンと1年でデジタル一眼レフへ舞い戻ってきた2年前。その時、最初に購入したレンズが通称ゴーヨンと呼ばれる 500mm F4 という単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」でした。

Two500mmLenses4


その後 300mm F4 をすぐ購入したり、1〜2年のうちに望遠、超広角、標準の各ズームレンズを購入しましたが、ゴーヨンFL は絶大な信頼を寄せることができるメインレンズ、自分にとって基準となるレンズであり続けています。

とは言え、ゴーヨンFLは俗に言う“大砲レンズ”の一つであり、重量もさることながらその大きさから、使う場所、使える場所を選んでしまいます。それが理由で、昨年末に 2本目の 500mm 単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」を購入しました。

Two500mmLenses3


注文から半年以上入荷がなくて一度は諦めて別のものを買ったのに、思い直して無理して購入したため今なお懐は火の車であり、さらに購入した最も大きな理由が

「大型レンズが使えない(使うと周囲の迷惑になる)3密なサッカースタジアムやアメフト観戦でより良い写真を撮りたい」

というものだったのに、新型コロナウイルスによってJリーグは長らく中断となって再開の目処も立っていません。

無理くり50万出して買ったのに、まだ2試合180分しか使えてない…orz


という有り様で、

何のために無理して買ったんやー!┐(´д`)┌


と嘆きたいところもあります。いやホント。まぁ今になって買おうとしてもレンズ生産が止まっていて、さらに買えなくなったかもしれませんが。

とは言え、ゴーゴーロクPF は元々観客の多いサッカーやアメフトの試合で使う予定だっただけでなく、

気軽に持ち出せる、お散歩500mm


としても考えていましたし、実際そうなっていて購入以来、思っていた以上によく使っています。

そして、この2本を半年間併用してきて思うのは、

ゴーヨンとゴーゴーロクPF
2本の500mm単の使い勝手は随分違う


ということ。同じ 500mm 単焦点レンズでも方向性の違う2本。



そんな2本の 500mm を比較して思うところ、自分なりの使い方の違いを何点か記しておきたいと思います。

続きを読む

前回冒頭で書いたように、家族に基礎疾患持ち高齢者がいるだけでなく自分も昔の手術の関係で呼吸器系に弱点抱えているので、以前からできるだけ自重していましたが、緊急事態宣言発令となると、いよいよ外出は最小限になりました。

現地作業必須の仕事もなくなり、家族の通院付き添いと買い物だけになると、写真を撮ると言っても近所スナップくらい。そうなると、デジタル一眼レフしか持ってない、それも小さなカメラもレンズもない身としては、

買い物がてらとかのスナップ用には GR とか RX100 とかあったら良かったよなぁ


と、使わなくて手放したコンパクトデジカメのことを思ってしまい、さらには

初代 GR とか RX100 も3代目くらいまでなら中古が安いし、買い戻しても良いかも?


という悪魔の囁きが心の中に出てきてしまいます。

とは言え、この騒動が落ち着いて(何年後?)サッカーやモータースポーツ観戦ができるようになれば、近所スナップとか全くしなくなって使わなくなるのは確定的なので、自重を心に刻む次第でございます。このご時世、余分なものに使えるお金なんて無いですしねぇ😩


(大して使わなくてもこれらを買える余裕が欲しい…😓)


それはともかく、季節モノの“桜×ヒコーキ“を撮ろうとして「別に要らんと思ってたけど、やっぱりデジタル一眼レフ用の標準ズームが必要だわ」と思い直したのが先週。

どうせ買うなら桜が咲いているうちに…と思ったものの、なにせ当方にも仕事面で直撃している新型コロナウイルスの影響。僅かな予算でどうしたもんかと悩んで購入したのが、中古の AF-S 24-120mm f/4G ED VR。

AFS24-120f4G_5

Fマウントに戻って2年越しの標準(ズーム)レンズ購入【前編】 〜僅かな予算でどうするか?

中古で本レンズを選んだ理由、経緯は前編記事に書いたとおりですが、その記事の最後でも記したとおり、中古ですが外装もレンズ内も綺麗で、目につくような画質上の問題もなく良い買い物でした :-)

ただ、手元にレンズが届いた直後に緊急事態宣言が発令され、本来の目的であった桜×ヒコーキは一度だけ、それこそ試し撮りのレベルしか使えなかったのは残念でした(仕方なし)。

TediousDays20200407_01_9362


それでも病院付き添いの長い待ち時間(数時間)で近くの桜を撮ったりと、何回か使ってみた印象だと、

無難な評価をする人もいれば、微妙な評価、辛口の評価をする人も少なくないレンズで躊躇っていたけど、実際使ってみたら全然悪くないし、これだったらもっと早く手に入れておいても良かったなぁ
10年前発売のレンズということもあって、もっと凡庸かと思っていたけど、欠点はあっても思いの外、好印象かも


という感想。

仕様を考えても、予算5万円以内、被写体が飛行機(主に民間機)と思えばベストな選択だったと感じていますが、そのことも含めて、10年前発売の本レンズを少し使ってみた雑感を何点か記しておきます。


続きを読む

とうとう、というか、ようやく、というか、どこが緊急やねん?という感じで緊急事態宣言が発令され、大阪府も当然対象となり、これでほぼ撮影に出かけることもなくなり(できなくなり)ました。

家族には基礎疾患山盛りの高齢者がいますし、私自身も10年前の手術の絡みで呼吸器系に弱点を抱えているので、従来から無駄な外出は避けたいと思いつつ、仕事絡みだけでなく家族絡みで病院へ通う頻度が高かったため、こればっかり運次第です(´Д` )

カメラ的には、サッカーもモータースポーツも再開が見えない中、自分の被写体の中では空港で飛行機(民間機)を撮るくらいしかなく、病院へ車で家族を送迎する合間に短時間でもヒコーキを撮影をするくらい。(緊急事態宣言発令後に撮りに行くようなことはないですが…)

TediousDays20200407_02_9389


その民間機も減便に次ぐ減便、運行機材の縮小化(羽田〜伊丹線で90席のE190が充当されるようになったのは驚き)で撮影テンションは全く上がらなかったのですが、一応桜の季節でもありましたから、

短時間しか立ち寄れなくても、桜×ヒコーキを少しは撮っておきたいな…


と。

去年ロケハンして「来年はここで」と狙いをつけた桜×飛行機撮影ポイントはいずれも車が停められず、公共交通機関で行かねばならないのでリスクを考えて断念。なので、既知のポイントへ撮りに行って気づいたのが、

オレ、標準域のレンズを持ってなかったわ😓


現在手元にあるレンズは、超広角ズームレンズ(AF-S 16-35mm f/4G ED VR)を除くと全部望遠レンズ。一番引けるのが AF-P 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR のワイド端 70mm。

満開の桜と絡めようとすると 70mm でも引けずにちょっと苦しいことが多く、かと言って APS-C + 16-35mm だともう少し寄りたいと思っても寄れずに厳しい。

飛行機はいつも同じところを飛んでくれるわけではないので(離陸では特に)、臨機応変に対応できる余裕が欲しい。

TediousDays20200409_04_1570


去年は標準域が欲しくなったら E-M1 Mark II + 12-40mm F2.8 PRO や単焦点レンズがあったので、一眼レフシステムの方で標準域のレンズがなくても全く気になりませんでした。が、今年はありません。

(動体に対して信用できなかったE-M1 Mark II ですが、民間機相手で広角〜中望遠域で撮る場合なら概ね問題はなかったので)

昨年末、AF-S 500mm f/5.6E PF ED VR を買うために泣く泣く手放した後は「標準域はスマホで頑張るわ」とか思っていましたが、ヒコーキ相手だとそんなことわけにもいかず。

そんなわけで

さほど要らないと思っていたし、少し使ったあとは防湿庫の肥やしになりそうだけど、標準ズーム買っとくかぁ
どうせ買うなら桜×ヒコーキが撮れる間に手に入れよう


となりました。桜が満開近くになった頃、緊急事態宣言が発令される1週間くらい前のことです。


続きを読む

先週末に予約投稿してあるつもりが、今ごろ投稿できていないのに気付いて投稿であります。前回から間が空いてしまいましたが、AF-S 500mm f/5.6E PF ED VR(以下、ゴーゴーロクPF)セカンドインプレッションの後編。

ニコン AF-S 500mm f/5.6E PF ED VR を2か月使って改めての感想【前編】〜小型軽量でも信頼できる超望遠単

新型コロナウイルスの影響でガンバ大阪のホーム開幕戦も延期になり、4月以降にお預け。その分、モータースポーツのシーズン開幕前のテストに通えるから良いや、と思っていたら、今月から来月初めのモータースポーツイベントも全滅。

残念ですが仕方ないことですし、撮影欲消化は人の少ない撮影ポイントでヒコーキ撮るか、公園を散歩がてら見かけた鳥とかを撮るくらいですが、前回記事でも書いたように、散歩がてらの超望遠撮影にはゴーゴーロクPF がホント便利です。

もう写真撮るのはスマホカメラで十分!だけど、望遠や動体はスマホカメラでまともに撮れないからレンズ交換式カメラ、一眼レフを使ってるだけ


という望遠馬鹿の私にとって、お散歩カメラも信用信頼できる超望遠単焦点レンズを持って気軽にできるようになったのは有難い話です。

ColemanWalkere25_01

とはいえ、

500mm 単焦点レンズとして最上位である AF-S 500mm f/4E FL ED VR(以下、ゴーヨンFL)と同じくらい信頼できるか?同じように扱えるか?


というと、さすがにそこまではないのは致し方ないところ。開放F値の違いによる使い勝手の差、制約はどうしてもあります。

反面、ゴーゴーロクPF の小型軽量さが活きる、使える場面もあるわけで、同じ 500mm 単焦点レンズだけど意外と使いどころは違うと感じています。

ちゃんと使い分けられる2本の500mmレンズ


であり、だからこそ前回書いたように

ゴーヨンFL 持っていても、ゴーゴーロクPF 買って良かった


と思うわけで、もっと言えば、

ゴーヨンFL もゴーゴーロクPF も手放せないなぁ


と思っています。

ですので、今回はゴーゴーロクPF の制約(欠点)も含めて、同じ 500mm 単焦点レンズ2本が共存できる、上手く使い分けられていることも含めてその違いなどを記しておきたいと思います。


続きを読む

4月頭にヨドバシカメラに注文したけど半年経っても入荷せず、一度は諦めて別のものを買っていたら11月末になって入荷連絡が来たニコン AF-S 500mm f/5.6E PF ED VR(以下、ゴーゴーロクPF)。

AFS500F56PF_ProtectFilter3


結局どれだけかかって入荷するのか?という興味だけでキャンセル手続きを取っていなかったのですが、手に入るとなると欲しくなるもんで、懐がちょいと厳しいなか無理して買ってしまって、未だに火の車でございます(>_<)

予約して半年以上音沙汰なく購入断念したAF-S 500mm f/5.6E PF ED VRが今さら入荷したので(無理して)買ってしまった2つの理由
ゴーゴーロクPF (Nikon AF-S 500mm f/5.6E PF ED VR) 用に買ったショートフード(とプロテクトフィルター)

購入当時の記事にも書いたとおり、

同じ 500mm の最上位レンズである AF-S 500mm f/4E FL ED VR(以下、ゴーヨンFL)を持っているし、他に揃えるべきレンズもあるだろうに無理して買わなくて良いのでは…


という思いはありましたし、今でもそういう思いは多少あるのは事実です。

標準域のズームレンズを未だ買っていないのはともかく、70-200mm F2.8 レンズがないのは撮る環境に制約を与えてしまっていますし、キヤノン時代に長年愛用してきた 100-400mm ズームがないのは不便ではあります。買ってしまってから思うのもナンですが(^_^;)

懐具合的にも所有レンズ構成的にも多少やっちまった感は否めませんが、とはいえ

ゴーゴーロクPF 買って良かったわ


という満足感は間違いなくあります。

もっと言えば、

ゴーヨンFL 持っていても
ゴーゴーロクPF 買って良かった


ということです。これはホンマそう。

私がゴーヨンFL を持ちながらも敢えてゴーゴーロクPF を購入した理由である、以下の点について十分満足できるものがあったからです。


続きを読む

CP+ が近くなってきたこともあって今週はカメラ関連の新製品発表ウィークとなりそうですが、まずは本日ニコンとオリンパスから。

ニコンからは一眼レフのフラッグシップ機 D6 と、Z レンズ2本。

D6 - 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング
NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR - 概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング
NIKKOR Z 20mm f/1.8 S - 概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング

Z レンズ2本については、とりあえず無関係なので

お、ニコンもやっと S Line とかいうお高めレンズ以外の Z レンズを出し始めたのね。10万円以上するけど


くらいの印象しかないわけですが、フラッグシップ一眼レフ機の最新世代 D6 は D5 ユーザーとして当然気にする存在。

ソニー α9 IIから数ヶ月、キヤノン EOS-1D X Mark III からも1ヶ月遅れて、ニコンの最新フラッグシップ機 D6 が正式発表され、

画素数増やさず AF 性能強化


というコンセプトはライバル機と同じモデルチェンジ。

ただまぁ、α9 II が業務用フラッグシップ機として欠けていた部分の補強を行ったり、EOS-1D X Mark III がα9 との競争を意識した連写性能の確保や、もはや現代の業務用デジタルカメラとして必須になってきた動画機能も最高レベルまで実装したことを思うと、D6 は割と地味な進化

ニコン大好きな人たちからは「一眼レフとして着実な進化」などという評価が聞こえてきますし、それはそのとおりなのですが、ぶっちゃけ

D6 ってより D5S って感じだよなぁ


というのが、個人的な第一印象。ニコンは D4 まで中間年に S モデルを出していたけど、D5 では D5S が出せなかったのでコレに、という感じ。

4年に1度のフラッグシップ機モデルチェンジということを考えれば、同じ画素数というだけでなくセンサーが4年前の前モデルと同じ、というのはかなり微妙な話。

AF が進化しているから〜という信者様の声はありますが、フラッグシップ機のモデルチェンジで AF がきっちり進化してくるのは当たり前の話であり、それに加えて+αがあってこそですが、D6 にはその点のインパクトが薄い印象は拭えません。

オリンパスの E-M1 Mark III でもそうですが、

センサーを自社製造できないだけでなく
新しい専用センサーを注文できない懐事情


となると、やはりちょっと厳しいところが出てこざるを得ないのかなぁ、と思わざるを得ません。

その中で D6 は頑張っていると思いますが、それでも従来先頭(の一角)を走ってきたはずのニコンのフラッグシップ機としては…という寂しさは感じてしまいます。

D6_Release1


ともあれ、D5 → D6 の進化(一部は据え置きまたは退化)で個人的に注目するポイントと雑感は以下の点でしょうか。


続きを読む

今週7日にニコンから発表された製品は、以下の4製品。

D780 - 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング
AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR - 概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S - 概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング
COOLPIX P950 - 概要 | コンパクトデジタルカメラ | ニコンイメージング

このうち COOLPIX P950 は P900 のマイナーチェンジモデルなのでスルーするとして、Z 70-200mm f/2.8 VR S はニコン Z6/Z7 に移行したユーザー待望の望遠レンズ。私としては Z 70-200mm f/2.8 そのものより、

これで大三元レンズが揃って、今まで踏み切れなかったニコ爺がさらに Fマウント一眼レフ手放して Z マウントへミラーレス移行するやろなぁ
D850 の中古ボディがさらに潤沢になるかな?
Fマウントの 70-200mm F2.8 レンズの中古も更にいっぱい出てきそう。最新の 70-200mm f/2.8E FL はともかく 70-200mm f/2.8G VR II あたりは一杯出てきそう…


なんて思っているわけですが、どうでしょうかね。

Z70-200F2.8S_Release


AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR については、まぁ何というか、開発発表の時から

結局古いサンニッパはリニューアルしないのね…


という感想しかないです。

ニコンのサンニッパ (300mm F2.8) は 3kg もあってデカい、そして VR の SPORTS モードがない旧世代のレンズのまま。キヤノンやソニーの最新ヨンニッパ (400mm F2.8) より重い体たらくを改善することなく、フェードアウトなんでしょうねえ。

少なくとも、3kg 以上あって全長が 30cm 以上ある AF-S 120-300mm f/2.8E FL が「ニコンはサンニッパを何とかしてくれ!」と求めてる人に対する答えには全然ならないですし、この上サンニッパを Fマウントでリニューアルするとも思えないので、サンニッパのリニューアルを求めていた人には厳しい状況になった気がします。

私自身、ニコンに戻ってきた時には「サンニッパだけ放置されてるけど、近いうちリニューアルされるやろ」と思っていたりしたので、なんだかなぁ気分はあります。(とっくに諦めたし、だからこそ 500mm f/5.6E PF を購入したわけで)

そもそもズームサンニッパに対する需要って、ものすごくニッチだと思う上に価格も価格だし、何故かテレコン入りじゃないし、「これ売れるの?」という思いしかないのですが、きっとド素人には判らない世界があるのでしょう :D

AFS120-300F2.8E_Release


で、きっとこれが最後のミドルクラス最後のフルサイズ一眼レフであろう D780。

正月の物欲展望記事で書いたとおり、フルサイズ一眼レフのサブ機購入は具体的に考えているし、発表内容だけだと D750 からどれほど変化があるのか判りづらかったので、先日所用帰りに実機を試しにニコンプラザ大阪へ寄ってきました。

私が行った時は、たまたま D780 を触る人が誰もいなかったこともあってか、D750 と交互に使って比べていたら、シャールームのお姉さんが並べて使ってください、とまで言ってくれる親切さでありました。(感謝)


続きを読む

 今年のガンバ大阪の成績同様、今ひとつパッとしなかった当方の 2019年でありますが、散財具合も去年がデジタル一眼レフ復帰も合わせて5〜6年に一度の大散財イヤーだったこともあって、今年はかなり控えめになりました。
 
 まぁ去年使いすぎて、今年は散財資金がなかったとも言えるわけで……ちなみに、来年はさらに控えめになる予定(>_<)

 あと、今年のお買い物をチェックしてみると、カメラ関連では「必要になった時のために購入しておいたけど、結局実際には使うことなく今年が終わった」というモノが多かったですね。

 大型自由雲台のマーキンス Q20i-BK、ニコン D5/D500 用の MC-30 互換 ROWA リモコンシャッター、夜景や機窓など窓越し撮影の映り込み防止用レンズフードの(忍者レフならぬ)忍者フード、大型超望遠レンズもカバーできるわりに安価な大型のカメラレインカバー……




 必要になってから買うのは慌ただしいし、間に合わないこともあるから予め用意しておくのがベター、と思って買ったわけですが、全く使う機会がないまま年末を迎えると、お買い物評価としてはちょっと微妙な気分(^_^;)

 将来使う機会はあるだろう、無駄遣いではないのだ、と自分に言い聞かせて、実際そうだと思うんですが、我ながら言い訳でしかないと……難しいところです。

AFS500F56PF11


 さて、前回は本年、2019年の “お買いものベスト” 第10位から第6位まで紹介しました。

だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2019 【前編】6位〜10位

 今年のお買い物上位5製品を発表する前に、“お買いものベスト10” から漏れた次点の製品、ちょっと触れておきたい?各賞の製品について記しておきます。

続きを読む

予約から半年以上音沙汰なくて購入を諦めて資金を別のものに費やしたのに、7ヶ月以上経って突然入荷メールが来て、悩んだ挙句に無理して買ってしまった、ゴーゴーロクPF こと、ニコン AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR。

予約して半年以上音沙汰なく購入断念したAF-S 500mm f/5.6E PF ED VRが今さら入荷したので(無理して)買ってしまった2つの理由

その経緯と購入理由については前回記したとおりですが、あれから10日間経って、本来想定しているサッカー撮影含め、民間機撮影や航空祭へ持ち出して何度か撮影しています。

端的な感想としては、画質も AF 速度的にも、超望遠ズーム << ゴーゴーロクPF < ゴーヨンFL (AF-S 500mm f/4E FL ED VR) という至極当たり前の結論にしかなっていませんが、ゴーヨンFLの半額以下と思えば(小型軽量さを別にしても)ある種のお買い得さは感じます。

とはいえ、レンタルで借りて撮影をした際の印象よりはゴーヨンFL との差を感じるところはあって、やはり MTF 曲線だけでは測れない差というものはあると、これまた当然のことを思ったり。あと、開放F値の関係上、テレコンを付けることに対してゴーヨンFLより遥かに抵抗感があるので、その点は一段明るいゴーヨンの方が何かと安心、頼れる存在なのも事実。

加えて、使用している硝材の違いなのか、ゴーヨンFL とはいささか画質傾向に違いがあって、そのあたりはまだ慣れている途中といったところです。一部にはコントラストが強すぎると批判があるようですが、単純にそういうところは違う印象で、まだその辺は探り探りですね。

AFS500F56PF_ShortHood6


ゴーゴーロクPF の使用感その他についてはまた改めて記事を書くつもりでいますが、とりあえず今回ゴーゴーロクPF 購入で、普段はあまり買わないアクセサリー類を2つ購入しました。

今回、ゴーヨンを持っていながら(そしてレンズをロクに揃えていないのに)敢えてゴーゴーロクを購入した目的は

ゴーゴーロクの小型軽量さを活かす


ことであります。大型レンズであるゴーヨンが使えない場所、目立ちすぎて使いにくいところで使用するのが、当方におけるゴーゴーロクの役割でもあり、ゴーヨンとの使い分けです。

ですので、ゴーゴーロクでは

フードなしで使う or 小型フードを使う


ことは購入前から想定していました。

特に 500mm / 95mm径ということもあって、ゴーゴーロクPF のフードは小型軽量なレンズに対して、そこそこ立派な存在感があります。レンズは 500mm という焦点距離に対して本当に小型軽量なのですが、フードが持ち運び時にも少々かさばりますし、使用時にも目立ちます。

ですので、ゴーゴーロクに合う短いフードがあれば良いなぁと思っていて見つけたのが、コレ↓



純正フードと比べると長さ半分というだけでなく、スクリューフードなので直径もかなり小さいフードです(長さ 39mm)。お値段も当方購入時は 2,599円とリーズナブル。


続きを読む

このページのトップヘ