Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:デジタル一眼レフ

予約から半年以上音沙汰なくて購入を諦めて資金を別のものに費やしたのに、7ヶ月以上経って突然入荷メールが来て、悩んだ挙句に無理して買ってしまった、ゴーゴーロクPF こと、ニコン AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR。

予約して半年以上音沙汰なく購入断念したAF-S 500mm f/5.6E PF ED VRが今さら入荷したので(無理して)買ってしまった2つの理由

その経緯と購入理由については前回記したとおりですが、あれから10日間経って、本来想定しているサッカー撮影含め、民間機撮影や航空祭へ持ち出して何度か撮影しています。

端的な感想としては、画質も AF 速度的にも、超望遠ズーム << ゴーゴーロクPF < ゴーヨンFL (AF-S 500mm f/4E FL ED VR) という至極当たり前の結論にしかなっていませんが、ゴーヨンFLの半額以下と思えば(小型軽量さを別にしても)ある種のお買い得さは感じます。

とはいえ、レンタルで借りて撮影をした際の印象よりはゴーヨンFL との差を感じるところはあって、やはり MTF 曲線だけでは測れない差というものはあると、これまた当然のことを思ったり。あと、開放F値の関係上、テレコンを付けることに対してゴーヨンFLより遥かに抵抗感があるので、その点は一段明るいゴーヨンの方が何かと安心、頼れる存在なのも事実。

加えて、使用している硝材の違いなのか、ゴーヨンFL とはいささか画質傾向に違いがあって、そのあたりはまだ慣れている途中といったところです。一部にはコントラストが強すぎると批判があるようですが、単純にそういうところは違う印象で、まだその辺は探り探りですね。

AFS500F56PF_ShortHood6


ゴーゴーロクPF の使用感その他についてはまた改めて記事を書くつもりでいますが、とりあえず今回ゴーゴーロクPF 購入で、普段はあまり買わないアクセサリー類を2つ購入しました。

今回、ゴーヨンを持っていながら(そしてレンズをロクに揃えていないのに)敢えてゴーゴーロクを購入した目的は

ゴーゴーロクの小型軽量さを活かす


ことであります。大型レンズであるゴーヨンが使えない場所、目立ちすぎて使いにくいところで使用するのが、当方におけるゴーゴーロクの役割でもあり、ゴーヨンとの使い分けです。

ですので、ゴーゴーロクでは

フードなしで使う or 小型フードを使う


ことは購入前から想定していました。

特に 500mm / 95mm径ということもあって、ゴーゴーロクPF のフードは小型軽量なレンズに対して、そこそこ立派な存在感があります。レンズは 500mm という焦点距離に対して本当に小型軽量なのですが、フードが持ち運び時にも少々かさばりますし、使用時にも目立ちます。

ですので、ゴーゴーロクに合う短いフードがあれば良いなぁと思っていて見つけたのが、コレ↓



純正フードと比べると長さ半分というだけでなく、スクリューフードなので直径もかなり小さいフードです(長さ 39mm)。お値段も当方購入時は 2,599円とリーズナブル。


続きを読む

夏の終わりからのゴタゴタが年内いっぱいまで引きずるとは思いもよらず、ゲスト入れるから観に来てよ、と誘いのあったライブは全部行けずじまい(/_;)。ガンバ大阪の試合だけが心のリフレッシュの秋でした。

とりあえず残り2試合でガンバ大阪が J1 残留を決めたのは一安心でしたが、来季はそろそろ再び優勝争い…はすぐに無理でも、以前は出るのが当たり前だった ACL に出場できるようになって欲しいものです。

AFS500F56PF14


さて、表題の件。先日「シグマ fp が気になる〜」という、どうでも良い与太記事を載せました。

そのカメラを買ってしまったら、後悔はしないけど自分には合わなかったと思うのが判っているのに欲しくなる現象(病気)

フルサイズ機なのに超コンパクトさ、写りもなかなか良さげで、過去の経験上 EVF なしのカメラは自分に合わない、使わなくなる、と判っていても、そそられるカメラで、その思いをとりあえず文字にして発散しておこう、という記事でした(^_^;)

欲しいけど自分には向かないカメラなのは明らかで、メインの動体撮りニコン Fマウント、サブのスナップ用マイクロフォーサーズがあって、3番目のマウントとして買うならアリだけど、そんな金銭的余裕は皆無
静止体相手には信頼もできるし便利な E-M1 Mark II だけど、実は出番が年に10回もないし、面白みはもうないから、マイクロフォーサーズ売って fp 買うか?
でも E-M1 Mark II の超絶手振れ補正に慣れた身は、手振れ補正のない fp なんか買ったら、手振れ写真量産で「やっちまった…」と後悔する買い替えになるのは目に見えてるしなぁ


なんて思っていたわけですけど、その記事をアップした夜に、こんなメールが届きました。

AFS500F56PF16


はぁ?今ごろになって、ゴーゴーロクPF が入荷しただと!?

半年以上前に Nikon AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR(以下、ゴーゴーロクPF)を予約したヨドバシカメラからは、概ね2週間に1度、

NotComingAFS500f56PF20190908


こんなメールが届いていたので、今回もまた「以下同文」メールが来たのだと思いました。が、届いたのは唐突な入荷メール。

今さら入荷されても、もう買うのは諦めて
その分 iPhone 11 Pro とかにお金使った後だよ!


という状況です。

iPhone X から iPhone11 Pro に機種変してしまった5つの理由

上記記事の iPhone 11 Pro 購入理由の1つとして「ニコンがゴーゴーロク (500mm f/5.6E) 売ってくれなかった腹いせ」と書いたのは、マジもマジで本当の話。

なので、ゴーゴーロクPF 購入資金は iPhone 11 Pro や家庭の諸々に消えて、もうお金はナッシング ┐(´д`)┌

iPhone 11 Pro その他を買った後もゴーゴーロクPF の予約をキャンセルしなかったのは、どれだけ待たされるのか?いつ入荷するのか?という興味だけで……いや本当に。

ゴーゴーロクPF がゴーヨンFL (AF-S 500mm f/4E FL ED VR) の代わりには絶対ならないけど、重さ大きさ以外はゴーヨンFL がゴーゴーロクPF に劣る点は皆無だから、別にゴーゴーロクPF にこだわる必要はない


という判断でしたからね。

にも関わらず、

あらゆる犠牲と金欠上等で購入


してしまいました。

今回は本当にかなり無理しての購入となり、来年の遠征資金にも事欠くのが確定的ですが、上位レンズであるゴーヨンFL を持っていながらも

そこまで無理してゴーゴーロクを買った理由


は主に2つあります。


続きを読む

公私で色々バタバタが続いている上に、先月やらかした腰はマシになったものの、右腕の痛みは相変わらず良くなったりぶり返したり、というか、パソコン作業多めだとぶり返すのが常になっているので、本記事もまたまた音声入力メインからの修正だったりします。

iOS や macOS の音声入力は固有名詞や英文字系は認識率が低いですが、カメラやレンズ名などは認識率の高い別単語で入力しておいて、後からエディターで置換すれば効率は良くなります。

ともあれ、今週はちょっと気になるカメラやレンズが開発発表、発表されましたのでそれについて簡単に印象を記しておきます。


続きを読む

来年の東京五輪に向けて、いつ開発発表されてもおかしくなかった、ニコン最後になるかもしれないデジタル一眼レフ・フラッグシップ機「D6」が発表されました。

が、同時リリースで、

いつまでもリニューアルしなかったサンニッパが
まさかのズームサンニッパでリニューアル!!


というのは、大いに意表つかれました。

Nikon | ニュース | 報道資料:デジタル一眼レフカメラ「ニコンD6」および望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」を開発

とはいえ、

D6 のスペックが一切発表されず


というのは、どうなんですかね。単に

ウチも頑張っとるから、ソニーに行かんといてくれや…(/_;)


と言ってるだけじゃないですかねぇ ┐(´д`)┌

ソニーの「α9 II」もニコンやキヤノンの動向見つつ、いつでも(ニコン D6 みたいな詳細なしの開発発表なら)発表できる体制なのでしょうけど、噂によれば 3,000万画素オーバー。

(SR3) Sony A9II with new 33-36MP sensor to be announced in 1-2 weeks? - sonyalpharumors

D6 は 2,400万画素と言われていますし、ある意味順当進化、高感度画質最優先なら妥当なところでしょうけど(EOS-1D X Mark III もそのくらい?)、α9 II が 3,000万画素超となると流れて行く人はさらに増えそうな気がします。

高感度最優先と考えるのはサッカーなどのナイトゲームのあるスポーツだったり、フィギュアなど室内スポーツを主体とする人で、そう言った人たちでも D850 あたりの高感度画質では不満に思う層は多くとも、3,000万画素超で技術の進歩と合わせて D5 / EOS-1D X Mark II よりちょい落ちレベルなら全然OKな人も多いはず。(スポーツ以外なら尚更)

NikonD6_Release


あと、AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR についても、

いまサンニッパ出すなら Z マウントだろ…


という気がしてならないのですがねぇ。


続きを読む

今週末はガンバ大阪の神戸アウェイからの SUPER GT Rd.5 @富士スピードウェイという観戦旅でしたが、先月購入した AF-S 16-35mm f/4G ED VR も富士へ持って行ってフェンス際で広角流しでも…と思いつつ、この猛暑を思うと少しでも機材を減らそうと持って行くのを断念してしまいました(^_^;)

4月あたまに予約していたゴーゴーロク (AF-S 500mm f/5.6E PF ED VR) が手元にきていれば、ゴーゴーロクと AF-P 70-300mm f/4.5-5.6E、AF-S 16-35 f/4G の軽量体制で行けたのですが、如何せんゴーヨン (AF-S 500mm f/4E FL ED VR) はそれ一本だけで十分重たいですからねぇ(´Д`)

10年前なら 10kg 超えのカメラバックを背負って真夏のサーキットを動くのもできたでしょうが、寄る年波には勝てません(/_;)。というか、富士スピードウェイはグランドスタンドから撮影ポイントまで結構遠いですからねぇ…

AF-S16-35mmF4G_3


さて、去年春にデジタル一眼レフ、ニコンへ戻って、望遠レンズばかりじゃなく広角レンズを買わなきゃ…そう思いつつレンズ選びに悩んで1年、結局一回りして、中古で安くなっていた AF-S 16-35mm f/4G ED VR を購入したことは前回記しました。

一年悩んだ割に広角レンズは結局 AF-S 16-35mm f/4G ED VR を選んでしまった理由

小型軽量なタムロン 17-35mm F/2.8-4 Di OSD (A037) や、同じく中古相場が下がっている銘レンズ AF-S 14-24mm f/2.8G に惹かれたりしましたが、幾つかの理由から無難な選択に戻ったのは上記記事のとおりです。

AF-S16-35mmF4G_2


本レンズは発売から8年くらい経っているレンズで、巷に評判も実写例は嫌というほど出回っているので今さらとやかくレビューをする気はありませんが、軽い雑感というかチラシの裏に書き散らす感じで少々。


続きを読む

暑中お見舞い申し上げます。今年も昼間は殺人光線が天頂から降り注ぎ、夜帰宅しても自宅2階の気温計は昼の熱気そのまま35℃を指しているような有様でありますが、皆々様におかれましてはご健勝のことと存じます。

さて、タイトルの「選んでしまった」という表現はどうかと思うのですが、去年から超広角レンズを買おう、買わなきゃ、そう思いつつレンズ選びに悩みまくり、結局一回りして無難な、面白くも何ともない選択になってしまいました。中古だけど。というか、中古が安くなったから選んだ、ですね。

まぁ、メインマウントは撮りたい被写体を如何に確実に(下手くそでも楽に)撮れるか、が大前提のシステムなので、冒険はしないんですけどね……


AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR - 概要 | ニコンイメージング

ニコン Fマウントは現状、私のメインシステムですので基本的に動体相手専用です。静止体はマイクロフォーサーズ・システムに任せているため、私にとって Fマウント広角レンズの主な被写体は
  • ブルーインパルス展示飛行(サクラ🌸、レベルキューピッド♡など)
  • 千里川など一部撮影スポットにおける民間機撮影
  • サーキットでの広角流し撮り

くらいで、かなり限定されます。(スポーツ撮影でも広角レンズは使われますが、フィールドレベルで撮影できる場合で、スタンド撮影の当方は殆ど使うことはありません)

キヤノン EOS & EF マウント時代は EF16-35mm F4L IS USM を愛用して、その描写にも、値段や重さ大きさと得られるモノのバランスにも満足していました。ですからニコンでも AF-S 16-35mm f/4G ED VR 一択、となるはずだったんですが……


続きを読む

1週間前は G20 開催で、大阪伊丹空港は新政府専用機、米軍 C-17 など含むエアフォースワン祭りが、関西国際空港ではエアフォースワンを除く各国政府専用機勢揃い祭りが開催されていましたが、雨模様でテンションが上がらなかった軟弱者であります。サッカーは雨天でも観に行くし、撮るのですけどねぇ(^_^;)

そして、もちろん、帰りの Air Force One にはやられたクチであります(´Д` )






ヒネリ狙いの、とある場所にいましたので(昆陽池公園ではない)、遠くからエンジン音だけを聞いてシャッターを1枚も切らずに終了した哀しい思い出となりました……_| ̄|○

TediousDays20190627


さて、また数ヶ月前に書きかけて放置していた話、アルカスイス規格互換クランプの話をば。

望遠・超望遠レンズでスポーツ撮影やモータースポーツ撮影で必要になるのが一脚。当方も、以下の3本の一脚を使い分けています。(もう1本あるけど、全く使うことないので)


SIRUI 一脚 4段 大型 カーボン P-424
SIRUI 一脚 6段 小型 カーボン P-326
Velbon 一脚 ULTRA STICK L50

普段使うのは、SIRUI のカーボン三脚の2つ。どちらもコストパフォーマンスが高く、カーボン三脚としての剛性・軽さ・全高のバランスが良く、それでいて安価なので個人的にお勧め一脚です :D

私の、この3種類の一脚の使い分けは、概ね以下のとおり。
P-424

パイプ径 36mm、4段で全高 170cm の P-424 は、4段全部伸ばして小デブな私が体重をかけても全くしなることのない剛性を持っていて、かつ高さもそこそこあるので、ゴーヨン(500mm F4)のような重量級レンズを立って使う時、踏み台や脚立に乗って使う時に持ち出します。安心の一脚。

縮長が 56cm とやや長めなのでカメラバッグに入れるより、カメラバッグとは別途に持って移動することが多いのですが、専用の一脚バックが付属していて後述するクランプや雲台とともにピッタリ収納して持って行けるので便利です。


P-326

パイプ径 32mm で 6段の P-326 は、全高 154cm と十分に立って使える長さがありながら縮長 38cm と短く、400g 強と軽いため、カメラバッグ側面のポケットに入れて十分持ち歩けるサイズ。それゆえ公共交通機関での移動にピッタリ。

ただ、32mm 径とはいえ6段のため、全部伸ばすと下から2段くらいは細めになってゴーヨンクラスの重量級レンズには少々不足。でも 70-200mm F2.8 や 100-400mm クラスなら十分。スポーツ撮影などで椅子に座って撮影する場合は、伸ばすのは上から3段〜3段半で済むため重量級レンズでも問題なし。


ULTRA STICK L50

最後のベルボンの一脚は、実際使っているのは上記商品の前モデルですが、ミラーレス機のスナップ撮影で念のために持ち出す時に使う程度。縮長31cm、重さ300g 未満と持ち運びに負担のならないのは良いですが、ミラーレス機+1kg 未満のレンズでしか使えない剛性ですから。

また、手振れ補正が鬼のように強力な E-M1 Mark II を使う場合、「三脚じゃなくて一脚なら別に要らんかなぁ」となるので、E-M1 Mark II を使うようになってからは、スナップとかでの出番は殆どないですね。


急に知った花火大会、三脚がなければ手持ちで撮ればいいじゃない 〜E-M1 Mark II で手持ち花火撮影
今年もまた、ズボラで適当な私のための E-M1 Mark II が止められない理由がやってきた 〜マイクロフォーサーズは10周年らしいね

Clamps4Monopod01


さて、一脚にカメラやレンズを付け外しする際、いちいち一脚をクルクルさせてネジを回して脱着するのが面倒だからと使うのが、アルカスイス規格互換のクランプ。

もちろん、剛性と(抜けない)安心感のためには一脚をクルクル回してネジで直接付けておくのが一番なのは言うまでもありません。が、頻繁じゃなくても現地で脱着が発生する時はクランプを使ってサクッと脱着するのがストレスなくて良いです。私のようなイラチには必需品です(^_^;)

いま手元にあるのが、上の写真の4種類。本当はもう1個あったはずなのだけど行方不明(^_^;)

で、クランプは結構相性問題があって、たまに手持ちのアイテムと合わなくて「ハズレ」たりするので、そのあたりを少々。


続きを読む

なかなかブログを更新できない間、移動中とかにちょこちょこと書きかけたメモが散乱していて、まとめるにもまとまらないものばかりなので、チラシの裏の集合体として本記事で垂れ流しておこうかと思います。

個人的に感じたどうでもいいことばかりなので、ブラウザのバックボタンをクリックしていただくか、もしくはサラッと流していただければ、と :D


続きを読む

短文写真雑記ブログの方は更新しているものの、相変わらず当ブログは更新が思うようにできない昨今であり、自宅パソコンのデスクトップには、いずれ記事にしようと思っているアイテムの写真フォルダばかり増えていく状態です(^_^;)

中には購入してから半年くらい経つブツもあったりして「今さらだからもうええか」とスルーされるものも増えてきていますが、今年は大したものを買っていないので余計に放置プレイが進みます。

で、今回の記事で紹介するのも全く大したものではなく、

500mm F4 クラスの大型レンズも入るドライボックス


であります。

ドライボックスというのは、乾燥剤を入れて湿気らせないためのプラスティック密閉容器ですね。こういうヤツ↓



量販店のカメラコーナーの近くで売られていることが多いように、カメラ機材、特にレンズにカビを生やさないために使われるわけですが、別にカメラ機材だけでなく食料品その他で湿気を避けるために使われるものです。

ゴーヨン (500mm F4) みたいな高いレンズ使ってるなら、ちゃんと防湿庫を買えよ!


と言われると思いますが、防湿庫は持ってるんです。ただ、ゴーヨンのような長いレンズが入らないだけで…(^_^;)

以前使っていたサンニッパ (300mm F2.8) までは何とかギリギリ入っていたのです。が、買った時にはゴーヨンを買うまで想定していなかったので全く入らず…であります。

EF300mm F2.8L IS II USM はφ128mm×長さ248mm ですが、AF-S 500mm f/4E FL ED VR はφ140mm×長さ387mm で、ゴーヨンの方が 15cm 近く長いレンズですので、小さな防湿庫では全くの不足。

防湿庫は自分が将来想定する機材量より、さらに一回り大きいものを買え


というのは鉄則ですが、大きな防湿庫というのはお値段もする以上に、場所もとるし、重量も半端ないですからねぇ。

もちろん、防湿庫の買い替えは考えているというか、手持ちの防湿庫に入らないのは昨春にゴーヨンを買った際に書いたと思うのですが、1年後くらいまでには買い替えている予定でした。

ただ、「自室に大きな防湿庫を置く場所を確保するには部屋の模様替えが必要」だったのですが、この1年ではそれが達成できませんでした。

というか、ちょうど1年前に大阪北部地震があって直撃され、家の中はメチャクチャになり、その後の台風直撃で屋根も…というのがあって、この1年の自宅は原状復帰させるのが精一杯でしたからねぇ(´Д`)

そんなわけで、防湿庫の買い替えが間々ならないまま、また梅雨の季節を近くなった1か月前、

防湿庫買い替えの前に、とりあえずゴーヨンを入れられるドライボックスを探して暫定対応しよう!

と思って購入したのが↓コレであります。

続きを読む

毎年6月の Apple WWDC 基調講演で発表されるアレコレについて記事にすることが多いのですが、今年はマジで特に書くことも書きたいこともないレベルだったので、余裕でスルーしました(^_^;)

さて、前回は撮影した写真をどうするか?ということの一つとして、近年よく使っている激安フォトブックサービス3種類を簡単に紹介、比較しました。

ワンコインで作れる激安フォトブック 〜いつも使ってる3つのサービスを比較 【前編】

撮った写真は「基本的に画面上で完結」と思っているクチで、適当に現像してオンラインアルバムや SNS に載せたり、人に送ったりして終わりの私ですが、それでも

写真はプリントしてナンボ


という意見はそれなりに理解できています。(それでも、今どきプリント絶対主義者はアホとしか思いませんが)

ただ、基本的に面倒臭がりの私はその昔 A3 出力可能な写真用プリンターを購入したものの、カラーマネージメントも調整も面倒臭くなって放置(^_^;)、今では紙出力をするのは、キタムラなどのお店プリントと、安かろうそれなりだろうの激安フォトブックが中心になっていることは前回記しました。

そんな中、「ワンコイン以下で作れる激安フォトブック」は、よく利用しています。私が常用している激安フォトブック・サービスは以下の3つ。

フォトブックを毎月1冊無料で - ノハナ(nohana)
送料無料フォトブック★超人気キャラ表紙多数オシャレなTOLOT
フォトブック|お客様満足度第1位【しまうまプリント】198円〜のフォトアルバム

今回はこの3つのサービスの特徴、個人的な印象をそれぞれ個別に記しておきたいと思います。また最後に、これら3つのサービスおよび激安ではないフォトブックとの使い分けにも言及しておきます。

(なお、本記事におけるフォトブックの写真は全部 iPhone 適当撮りのため、画質や色味を写真で判断することはできませんので予めご了承ください)

CheapPhotoBook06SizeALL


なお、前回も強調しましたが、再度念押ししておくと、

200〜500円で作れるフォトブックに
画質や造りを期待してはいけない


わけで、解像感、コントラスト、発色いずれも普通のプリントよりだいぶ落ちるのは、3つのサービスとも同じです。

ぶっちゃけ、スマホでちゃんと撮れた写真なら60万円のカメラで撮った写真と大差ないレベルのプリント画質です。そういう意味では、スマホ写真のプリント向けであり、レンズ交換式カメラで撮ったものに対しては不足なのは事実です。

ただ、「数百円レベルで作れるお手軽さ」は何にも代えがたいものがありますし、画面じゃなく紙でシェアできる良さは価格に関係なく、また安い分だけ皆で作ったり配ったりするのも抵抗が小さいのは何にも代えがたい魅力であります :D


続きを読む

このページのトップヘ