Tedious diary more x4

写真日記ブログを合流させて完全に雑記ブログ化しました(>_<)


タグ:スマートフォンスタンド

昨年末はバタバタで慌ただしい中、10年ぶりくらいに本気の大掃除をやりました。家族が入院していたので、その間に近年放置していたところを一気に片付けちゃおう、と思って始めたら、あれこれ手を広げて結構な本気大掃除になってしまったわけです😓

どれくらい本気だったかというと、ウエストがベルトの穴にして1個半分くらい痩せたほどでした。やり残しはあるものの、随分と整理はついて快適になりました。もっとも、忙しい時に大掃除も頑張ってしまったので、年始はちょっと体調不良気味になりました。でも、スッキリ!☺️

おかげで、諸々放置していた物が発掘され、随分と捨てまくりましたが、それでも捨てきれなかったものも沢山(´・ω・`)

使わなくなったタブレット。友人知人にあげたけど数年経って戻ってきたタブレット。iPad、Android、Windows タブレット……何枚かは廃棄することにしましたが、まだ9枚くらいあります(+家族使用分が3枚)。

TabletsStand09
(ベッドサイドに常時積まれてる4枚)


ヘッドサイドにいつも積んでるタブレット、電子書籍リーダーが4枚。雑誌を並べていた本棚に刺さってたのが4枚。事務部屋の片隅で使わなくなったパソコンを積み上げているところにあった Windows タブレット😓

毎日使っているのは iPad Pro と MediaPad Lite 8 だけで、それなりの使用頻度があるのも Kindle Paperwhite と BOOX Poke Pro くらい。手元に戻ってきた初代 iPad Air や dTab あたりも、何かに使えそうで結局ほとんど使わず。サブディスプレイとして使うには古すぎますからねぇ。

TabletsStand10
(適当に本の間に立てかけられていた4枚…)


で、この積み上げられたタブレット群をそのまま小さな段ボール箱にブチ込んで、押し入れの奥に眠らせておこう…と思ったのですけど、なんかそれも芸がない。

なので、私と同じように、どころか、私よりたくさんのタブレットに塗れているはずの友達に、

数多くのタブレットをまとめて置くヤツとか使ってない?なんか良いのない?


と聞いたところ、紹介されたのがコレ↓



同時に6台のタブレット・スマートフォンを充電できるという、これぞタブレット廃人向けの製品。最大 9.6A 供給で6台のタブレット&スマホの充電を満足に賄えるかどうかは別にして、常時使うタブレットが何台もあるなら、これは良さげ。

ただ、私の場合、ほとんど使ってないタブレットを省スペースに置いておきたい、立てかけておきたい、というだけで、充電の必要がある時は別途行うため、充電機能は不要。

そこで上記販売ページの関連商品を見てみると、ちょうど良さげに見える製品がありました。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年末の「お買い物ベスト 2017」の記事にて先行で紹介してしまったので今さらな気もしますが、写真多めで改めて紹介しておこうと思います。

だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2017 【前編】6位〜10位



上記 Amazon リンク写真では3色ですが、実際には5色あります。人気色の在庫はないこともありますし、販売店が変わって高くなっていることもあるので(人気のない色は安く売られていたりすることも)、その点だけはご注意ください。(1,800円台が標準的な価格?)

「スマートフォンホルダー」という品名からして判るようにスマートフォンを固定するもので、三脚アダプターという名前でないことから判るように、三脚にも固定できるけれど、むしろ

折り畳み式スマートフォンスタンド


と言った方が良いかもしれません。

個人的には、
  • Bluetooth キーボードを使ってスマホでタイピング作業する時に使う
    MobilePhoneHolderPH1_11

  • 出先でノートパソコンを使っている時にスマホを横に置く時に使う
    (iPhone X は縦置きしておかないと顔認証できないから、こうすると通知来た時に iPhone を持つ必要がなく便利)
    MobilePhoneHolderPH1_12

この両方で便利ですね。顔認証のために縦置きしておきたい iPhone X を使うようになって、スマホスタンドを出先でも使うようになりました。

実際どんなものかは、以下の写真を見てもらった方が早いでしょう。(P10 lite の広角レンズで撮影しているので、ややパースがきつい写真になっていますがご容赦を)


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ