さて、iPad mini も発売されてから1週間。iPad mini を家で使っていても仕方ないので(家で使うなら Retina iPad の方が断然快適だし)、できるだけ持ち歩いて使うようにしています。

iPad mini そのものに関しては“通り過ぎたはずの旧世代機を小さく薄くしただけ”であり、(悪い言い方をすれば)迎合と妥協の産物とも言え、無条件に「こりゃ良い!素晴らしい」とは、私には言えません。

しかし、迎合と妥協の産物というのは、言い換えれば“時代のニーズに即して現状のバランスを上手く取った商品”と言えるわけで、iPad mini がそうなったことは諸事情を鑑みれば理解できるわけです。欠点についても(全てではありませんが)仕方ないと納得できる点も多いのも事実。

そして何より

iPad mini はどこまでも iPad そのもの


であり、あくまでタブレットとしての操作感・経験を最重要視した結果の現状最適解と思えるわけで、決して悪い評価はしていません(悪くはないであって、満足はできませんが)。実際、使っていて便利な商品ですしね。

まぁ、Retina iPad や Retina MacBook Pro 登場時に「これからは Retina の時代、これが基準、もう Retina しか有り得ない」的なことを散々言った輩が、iPad mini では「Retina じゃないのは気にならない、そんなの関係ない」と無条件に絶賛する提灯を多々見かけたのには辟易でしたが X-)

いずれにせよ、iPad mini は貶そうと思えばいくらでも貶せますし、逆に褒めようとすれば幾らでも褒められる、という代物ものなので、視点によってどうとでも言えるモノという感じです。

そして、iPad mini を使ってきて iPad としての良さを感じると同時に、Nexus 7 など Android の7インチ端末の良さも再認識していますが、それについてはまた別途、記そうと思います。

iPadmini_09


さて、

iPad mini は良くも悪くも言える


モノなわけですが、とりあえず使ってみて一言いいたいのが、

iPad mini用の純正スマートカバーだけはイマイチ劣化


という感想に尽きます。使っていて時々、なんかなぁ…と思うことがあります。

ボディデザインの変更に伴って仕方ない部分はあったかと思いますが、従来のフルサイズ iPad用スマートカバーと比べると、細かい点で使い勝手が悪くなってると感じるのですね。


続きを読む