昨今、パイロット(機長資格者)不足による減便問題が話題になっている国内 LCC ですが、国内 LCC 3社の1つ、ジェットスター・ジャパンが有料会員プログラム「Club Jetstar(クラブジェットスター)」をスタートさせると発表しました。

Club Jetstar | ジェットスター

航空会社の有料会員プログラムと言えば、大手キャリアにおける基準搭乗距離/搭乗数をクリアした人向けの上級会員(クレジットカード)システム、ANA Super Flyers Club (SFC) や JAL Global Club (JGC) がありますが、「Club Jetstar」は3千円強払えば誰でも加入できるシステムです。

大手キャリアの上級会員向けクレジットカードシステムでは年会費が1万円以上取られますが、「Club Jetstar」は LCC らしく初年度が 3,290円(入会金)、2年目以降は年会費 3,390円と安価で、敷居も低い会員システムです。

反面、SFC や JGC のようなラウンジサービス、専用カウンター、預け入れ荷物の重量・個数優遇のようなサービスはなく、サービス内容は以下のようになっています。

続きを読む