Tedious diary more x4

写真日記ブログを合流させて完全に雑記ブログ化しました(>_<)


タグ:サッカー

TediousPhoto20240110J
TediousPhoto20240110F
TediousPhoto20240110A
TediousPhoto20240110I

今まで別途運用していた写真日記ブログを、新年より本ブログに統合しました。よろしくご了承ください。


昨日、ヤットこと遠藤保仁選手が現役引退を発表、
そしてガンバ大阪へトップチームコーチとして帰還することも合わせて発表された。

いつかは現役を引退して、きっとガンバ大阪へ戻ってきてくれると思っていたが、
まさかの年明けになってからの、このタイミングは青天の霹靂。
ジュビロ、ガンバの公式リリース以外では所属事務所の Youtube 動画のみで、
記者会見などを行わないのは現在オフだから、オフを満喫したいから、
と本人は語っていたが、そのあたり如何にもヤットらしさは変わらず。

とはいえ、昨年末にはハッシー(橋本英郎氏)の引退試合を行なったガンバだから
きっと今年末にはヤットの引退試合をやることだろう。
豪華メンバーが集まるであろうそれは誰もが期待している。

ともあれ、引退した選手は指導者ライセンスのこともあって通常は
ユースやジュニアユースのコーチから始めるものだが、いきなりトップチームコーチ。
たしかC級ライセンスを取ったばかりのはずで、
ベンチ入りできる正式なトップチームのコーチ資格はないだろうから
今季はB級ライセンスを取りながらトレーニングなどでの指導になるのだろう。

彼の指導者としての力量にはどうしても期待してしまうけれども、
多くのサポーターの期待を一身に背負った恒さまのこともあるから、
期待しすぎず、できるだけ冷静に彼の指導者人生を見守りたいと思う。

今のガンバ大阪の体たらくを彼一人がコーチになったからと言って一変するものではないだろう。
けれど、現役の時にはピッチ上の監督のようにチームを引っ張っていた彼だからこそ、
ほんの少しでもガンバ大阪を上向かせてくれる助けになると信じたい。

正直なところ、今季のガンバ大阪には全く期待も関心も起きなかった。
未だチーム始動後の公開練習その他のチームスケジュールすら見てもいない状態。
だけど、王の帰還で、ほんの少し期待と関心を持てる状態になって良かった。


ということで、写真はすぐに出せる現役当時のヤットの写真から、とりあえず10枚。
バックアップ HDD の奥底に眠る15年以上の彼の写真を全部引っ張ってきたら、
ちゃんと現像処理した写真ですら、きっと千枚どころの話じゃないからね…

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

明日は Jリーグが開幕して30年。あの日、TUBE による君が代、そしてJリーグのテーマ曲が流れて、レーザー光線が飛び交うド派手な演出の中、Jリーグキングが現れ、カズ、ラモスや木村和司、井原正巳ら今やレジェンドとなった選手たちが登場し、ラモンディアスのキックオフで始まったJリーグ。

開幕試合をテレビで見て、そしてスタジアムまで歩いていける超地元に誕生したクラブを応援する日々が始まり、あれから30年。

地元だからと応援し始めたクラブは、Jリーグ創設期から弱いクラブの代表のように言われ、タイトルなんて永遠に取れないように思っていた20世紀を過ぎ、Jリーグ創設から10年が過ぎてから黄金期を迎えた。

あの頃はサッカーに興味ない人間も「一度観に来なよ!絶対に面白いから!」と言える撃ち合いエンタメサッカーを展開し、強く(時に負けても)楽しく面白いサッカーを楽しむことができていた。お金を払う価値のあるサッカーと自信を持って言えた。

しかし栄枯盛衰、弱かった頃を忘れて自ら「ビッグクラブ」などと調子こいて、弱小チームに幾つものタイトルをもたらした監督をリーグ3位が不満で切って、結果J2転落。すぐ昇格して三冠を達成したはいいが、そこからチームは下り坂一方。

軽々しくエンブレムを変えて、マスコットも追加して銭儲けに勤しむ反面、チーム成績は J2 転落を回避するのが精一杯、弱いクラブにありがちな監督の毎年途中解任が発生する有様。

今季は特例で J2 への降格枠が1クラブしかないから建て直しに最適…と思っていたら、Jリーグ30周年を前にした、12〜14日の「30周年記念マッチ」で堂々と最下位に沈む体たらく。今季は(今季も)新しい監督の下で我慢のシーズンとは思っていたけれど、13節終わって1勝。今季も残留争い。

もっとも、Jリーグ30周年として振り返ってみれば、20世紀の頃と同じ弱いクラブに戻っただけ、元に戻っただけ、と言える。あの頃から見てきた分だけ、このクソ弱状況には耐性がある。たぶん。

そして、強かった、胸を張れた10年は、ひとときの楽しい夢だった、結局はこんなもんだと思って納得するしかない30年目。

とはいえ、シーズン前の期待感が徐々に不安と落胆に変わっていき、光明の見えない負けを毎回見させられるのは精神的にくるモノはあるね。もう、監督が悪い、だけが原因ではない現実を受け入れざるを得ない状況だし。

TediousDays20230503_8361


とまぁ、贔屓のクラブに対してはポエムを垂れ流すくらいの思い入れはあるが、正直言って「Jリーグ30周年」自体には大した感慨はない。30周年と聞いて、疲れなんて感じなかった年代だった自分がこれだけ歳をとったことを改めて感じさせられるくらいである。

とはいえ、多少の紆余曲折はあったにせよ、これだけ続いて、これだけ拡大していったことには関係者の並々ならぬ尽力があったわけで、Jリーグを維持、発展に努力された方々には感謝し、敬服する。

が、この30周年というメモリアルイヤーに、コロナ禍前に一度は否決されたはずの Jリーグの秋春制移行への画策が再び起きているのは納得しかねる。

ただのド素人が何を言っても仕方ないが、1ファンとして。Jリーグの秋春制移行は反対、ということを「Jリーグ30周年の日」に記しておきたい。

日本の気候や社会習慣を無視して、単にタイムスケジュールだけを欧州に迎合しても、利を得るのは少数であり、そのために多くを犠牲にする。それは Jリーグが何故できたのか、ここまで大きくしたかの理由、理念からしても反するように思う。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

1ヶ月に渡って開催されたカタールW杯が終わって1週間。夜中にサッカーを見たり、朝起きて見逃し配信やデイリーレビュー番組を見ることがなくなって、なんかこう寂しいやら何やらの年末。特に決勝戦が歴史に残る激闘でインパクトが強かった分、ちょっとロスが大きいように思います。

欧州その他秋春シーズン制の国々ではクリスマス休暇が終わればリーグ再開、国によっては既に再開しているところもあるので、W杯が終わっても「次は推しのクラブの試合だ!」となるでしょうが、Jリーグは来年2月開幕、あと2ヶ月も我慢ですからねぇ。



今回のW杯は開催地がカタールということで初めて夏開催ではなく晩秋〜初冬開催、欧州シーズン真っ只中を中断しての開催ということで、ある意味ゼニの威力をまざまざと見せつける感じでした。

W杯前の調整のための時間、テストマッチが従来よりかなり少なかったことや日程的に過密だったという問題はありましたが、反面、欧州シーズン中ということもあってか(怪我人も多かったけれど)良い内容の試合もいつもより多かった印象もありました。

今後この時期に開催されることは難しいでしょうけれども、無理やりねじ込んだ開催時期だった割には、悪いことばかりではなかったな、と思っています。国内的には Jリーグが終わってから、というのも、中断期間よりは悪くはなかったと思いますしね。

TediousDays20220614_4407


ただまぁ、日本代表の試合も含めて素晴らしく盛り上がったW杯が1ヶ月あったせいで、今年の Jリーグの記憶、ガンバ大阪の体たらく、ラスト数試合の残留を賭けた緊張感、さらにはシーズンオフに入ってからの選手移籍(放出)の衝撃もだいぶ記憶の彼方になり、インパクトが消えて有耶無耶気味になったのも事実。

本稿もシーズン終わって11月中には書こうかな?と思っていたら、相次ぎ主力選手の放出で「え?どこまで選手切るの?それ終わらないと総括できないよな」となり、そうこうしているうちに日本代表によるドイツ戦の快挙から始まるジェットコースターな戦いで、今シーズンの振り返りもどこへやら😅

気がつけば、W杯も終わってクリスマスが過ぎ、今年も残すところあと僅か。色々書きたかった思いも随分と薄れていますが、年に一度のガンバ大阪振り返りで思うところを適当かつ乱雑に書いておきたいと思います。

先に断っておきますが、考察とかそういったような内容ではなく、特に深い知識も経験もない、ただスタジアムの近所だからと初期から応援してるライトな素人が、この1年の観戦でガンバ大阪に感じたことを支離滅裂に書いているだけであり、端的に言えば鬱憤を吐き出しているだけであります。

ですから、目くじら立てて読まれると困ります。邪推も含み、事実誤認もあるやもしれません。起承転結もなければ、展望も提案もございません。その点は予めお断りしておきます😁


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

例年、シーズン終了後だけは本ブログでガンバ大阪のことに触れることにしているのですが、12月初めにJリーグの今季全日程が終わってから表題は書けど、筆が止まったまま、かれこれ3週間。

ぶっちゃけ、ひと言しか思い浮かばないままなのですが、このまま年を越すのもなんなので、まとまりのないままの超やっつけ記事ですが、とりあえず。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

半月くらい放置していましたかね、本ブログ。元々昔ほどブログ書くのに頑張る気力もない近年ですが、「ネタない」「忙しい」「書きかけいっぱいだけど手付かず」という感じの昨今。

なので、とりあえず生存証明というか、そんなところですけど、何点か思うところを書き流しておきます。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ野球やJリーグが再開して3ヶ月近くが経ち、ともに上限5千人の制限を課せられながらも観客を入れての試合開催も2ヶ月が経ちました。

この間、選手やスタッフに感染者が出ることはあったものの、スタジアムにおけるクラスター、感染拡大の一因になるようなことはなく(確認されず)、無事に有観客での試合開催を続けられてきました。

このことは慎重を期して、安心安全を第一に考えたガイドラインの策定とクラブ側の遵守があってのことですし、関係者の非常なる尽力があったことは言うまでもありません。試合を観戦している一人として、心から感謝しています。

J-League2020Restart49


実際、Jリーグで観客を入れることになった最初の週末から何度も試合観戦に行っていますが(記事執筆現在で全カテゴリー合わせて 8試合)、上限5千人で座席間隔も4席に1人という疎な配置になっていることで、スタジアムにおいて入退場含めて密を感じることは皆無でした。

このことについては、過去にインプレッション記事を記しました。

上限5千人のサッカー観戦に思う安心と不安 〜パナスタの場合 【前編】
上限5千人のサッカー観戦に思う安心と不安とこの先 〜パナスタの場合 【後編】

ただ、上記記事でも書いたとおり、上限5千人というのは多くのクラブで本来の観客数よりずっと少ない人数です。特に J1 クラブにおいては激減と言っても良い数字。ガンバ大阪の場合、昨年の平均観客数は2万7千人を超えていますから、たとえ5千人入っても平均観客数の2割以下。

単純にチケット収入だけでなく、グッズ販売やスタジアムグルメの飲食店舗の販売にも大きく影響を与えていることは言うまでもありません。来季のスポンサー収入にも大きな影響は否めませんし、どこのクラブも経営が厳しい状況になっています。

本来なら上限5千人という観客数制限は7月だけを想定しており、8月からは「スタジアム収容人数の50%を上限」という政府方針でしたが、周知のとおり、新型コロナウイルス感染拡大の第二波とも言える感染者増によって観客数制限の緩和は2度3度と見送られ、現在9月末までは現状の上限5千人制限が適用されています。

ただ、ここ1〜2週間では新規感染者数も減少傾向となり、感染拡大第二波?もピークアウトしたように見られています。

新型コロナウイルス 国内感染の状況
新型コロナウイルス 感染者数やNHK最新ニュース|NHK
一律5000人という考え方がどこまで妥当かを議論してきた。第15回新型コロナウイルス対策連絡会議会見レポート:Jリーグ.jp

となると、本来8月には実施される予定だった観客数上限の緩和が求められるのも当然で、先日Jリーグ・プロ野球合同で制限緩和を政府に要望しました。

新型コロナ:プロ野球とJリーグ、観客制限の緩和要望 2万人か50%へ  :日本経済新聞
プロ野球とJリーグ 新型コロナでの観客数上限 緩和を要望へ | NHKニュース

Jリーグにおける制限緩和の内容は、「Jリーグ 新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン 8月25日更新版」の記載から概ね以下のとおり。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 本ブログでガンバ大阪の話を書きたくなった時に(愚痴を吐き出したくなった時に)書いていると、その話ばかりになるので、特に大きなことがなければシーズン終わりにその年の総括の感想を書くくらいにしていたのですが、そんな暇が1ミリもない昨年末でした。

 年始のガンバ大阪 2020シーズン始動に合わせて書こうと思っていたのですが、正月早々から家族の怪我などまた色々ありまして結局1月に書くどころか、気が付けば明日はゼロックスカップ、1週間後にはルヴァンカップ、そして再来週末にJリーグシーズンが始まる時期になってしまいました。

TediousDays20200201_01_7049


 実のところ、去年からちまちまスマホで草稿を書いていたところ、去年の振り返りどころか、ここ2年の体たらくの原因となったクルピ招聘(未だに強化部は血迷ったとしか思えない)や、そもそも GAMBAISM が変わってしまう端緒になった西野→セホーンの監督交代からの降格(血迷ったどころか狂ってた)のことまで長々と書き散らしていたのですが、

キャンプ最後のTM 2試合観たら
今シーズンへの期待が膨らみすぎて
去年まではどうでも良くなった\(^^)/


上に、キャンプ最終日になって移籍ニュースが出てきた CB 昌子源選手の加入が今週発表され、

足りないピースが埋まった


感があって、久しぶりにワクワクするシーズン開幕前になりました。

TediousDays20200201_01_7063


 今年も去年同様、飛行機撮影も兼ねてガンバ大阪沖縄キャンプ見学に行く予定もしていたものの、家族の怪我で介護していたため旅行へ行くどころではなくなった…のですが、月末になって少し回復して1日くらいなら目を離しても大丈夫になったので、キャンプ最終日の練習試合だけ見てきて、一気に思いは変わった感があります(^^)

 ですので、過去の話は置いといて、練習試合の写真などを載せつつ今年への期待を簡単に記しておこうかと思います。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

GAMBAOSAKA20180224


冬が終わりJリーグが開幕して、我慢のシーズンが始まった。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

先週末で今年 2017年の Jリーグが終了し、本記事公開の日時の頃には年間表彰式「Jリーグ・アウォーズ」が行なわれているはずです。DAZN で中継されているでしょうが、今年は見る気が起きるはずもありません(´Д` )

おまけに例年ならまだ天皇杯が残っているはずですが、今年は早々に敗退して、久しぶりに12月上旬でサッカーシーズン終了になりました。来年はW杯がある関係でシーズンスタートが早いため、サッカー成分が欠けて欲求不満が溜まる期間は短いでしょうが、物足りなさは残ります。

GambaOsaka EmperorCup 20161224
(去年はクリスマスイブに横浜まで観に行って負けましたが、試合がないより1万倍マシ)


ともあれ、まずは川崎フロンターレ初優勝おめでとうございます。先週末は出張などで忙しくライブで見る余裕はありませんでしたが、逆転で初優勝初タイトルを勝ち取ったのは本当に良かったと思います。

鹿島の小憎らしいまでに大人びたサッカーとその強さを否定することはありませんが、今のフロンターレの攻撃的なサッカー、積極的なサッカーでタイトルを奪取できたことは、かつて、そういったサッカーの代名詞的なチームであったはずのガンバ大阪の一ファンとして、鹿島が優勝するよりも嬉しく思うのは止むを得ないでしょう :D

川崎フロンターレといえば、試合開催時の様々な、ここまで貪欲にやるか!?的なイベントが色々開催されることでも有名で、そういった多彩なイベントに対しては、外からは単純に興味深いイベントに見えてもファン、サポーターの中には「そんな余興に金かけるなら、チームをもっと強くせえや」という意見もきっとあったことでしょう。成績が伴わない中では、そういう声があるのは当然でもあります。

けれど、今回の優勝でクラブのあらゆる前向きな姿勢に疑問を挟む声もなくなるでしょうし、多様な努力で集客力も高まって、なおかつ結果を出したこれからはさらに一回り大きなクラブになるのかな、と思います。そもそも今年からの DAZN マネーにより、優勝で20億円以上の資金が転がり込んできますしね(羨ましい)

GambaOsaka vs KawasakiFrontale 20160429


いずれにせよ、結果も内容も伴ったリーグ優勝、勝つだけでなく見ていて楽しいサッカー、スタジアムへ初めて来た人でも魅力を感じられるサッカーでの優勝は本当に喜ばしく(攻撃だけでなく失点の少なさもリーグ3位の守備も良かったチームだけど)、それと同時に

今年のフロンターレの試合を見れば見るほど、対照的な今のガンバが辛い(ToT)


というのは偽らざる本音です。

川崎相手にシュート1本だけの現実。ガンバのDNA、未来は見えているか。 - Number Web

正直言って

どうしてこうなった┐(´д`)┌


以外の言葉が出てこない、そんな今シーズンでした。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

本ブログでサッカー、ガンバ大阪のことは(近況的な記事冒頭文とかは除いて)あまり書かないようにしていて、年に1回くらい、シーズン終わりかシーズン始めに書きたくなれば書く程度にしています。

それは書き始めたらキリがないというか、調子の良いときはともかく、今みたいな「おい、こら、どうなってんねや (゚Д゚#) ゴルァ!!」という時にブログに吐き出していたら、ひたすら愚痴ブログになっちゃいますからね。そこらへんは通り過ぎていくだけの SNS で十分。

なのだけど、さすがちょっとね……先週末の試合で忍耐も切れました。書くかどうか迷ったけれど、少しだけ。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ