Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:コミック

新型 Kindle Oasis で採用された、本棚画面での「マンガはシリーズごとにまとめて表示」機能が先日、手持ちの第三世代 Kindle Paperwhite (2015) にも適用されるアップデートがありまして、

BookLive! が採用している、シリーズ作品が自動でまとめてフォルダ表示してくれる機能がキタ━━━(゚∀゚)━━━!!


と喜んで、ブログネタにでもしようと思ったのですが、実際に使ってみると、コレクション表示設定では「シリーズごとにまとめて表示」が適用されないようで、千数百冊?二千冊弱?くらいある書籍をコレクションである程度分けて整理している私にとっては、全く意味のないアップデートでガックリでした。

というか、連続ページターン機能も今回の「シリーズごとまとめて表示」機能も、コミック限定じゃなく一般書籍でも適用して欲しいし、そもそも Kindle ストアはシリーズ作品の中で何故か途中でシリーズ扱いが外れてる巻があったり、タイトルの大文字小文字がバラついていたり、かなり書籍名の扱いがぞんざいなのが嫌なんですよねぇ。



さて、そんな中、紀伊国屋書店の電子書籍アプリ Kinoppy が本日アップデートされまして、iPhone X の縦長画面対応とともに

コミックの縦スクロールでのページ移動


が可能になりました。

Kinoppy20171121B
(画像クリックで等倍)




コミックを読むときに「書籍ライクな左右スワイプでページ送りするのではなく、縦スクロールして読む」というのは、大手電子書籍ストアのアプリでは珍しい(初?)のですが、ガラケー時代からやってきて、今はスマホに特化した電子コミックサービスでは珍しくもなんともなかったりします。タテコミ、めちゃコミ、コミコ、Vコミ……

私自身はそういった縦スクロールで読むコミックはサンプル程度にしか見たことがなかったのですが、紀伊国屋書店 Kinoppy がコミックの縦スクロール移動に対応した、ということで早速使ってみると……


続きを読む

野球ほどではないにせよ、サッカー漫画もかなりのタイトル数があります。もちろん、サッカー漫画で一番有名なのは「キャプテン翼」


(何故かワールドユース編は電子書籍化されてないようで…)


漫画にもサッカーにも興味ない方にとっては、キャプテン翼くらいしか知らない人も多いでしょう。(逆に言えば、そういう人でも名前くらい知っているのがキャプテン翼)

超有名野球漫画である「ドカベン」のプロ野球編と同じで、ワールドユース編以降はどうなの?という話もありますが、日本のみならず欧州南米でも超有名プレイヤーを含めた多くのプロサッカー選手が影響を受けたというサッカー漫画/アニメの大金字塔です。

現在連載中のサッカーコミックだと「エリアの騎士」「BE BLUES!〜青になれ〜」「DAYS」とかが少年誌サッカー漫画のメジャーどころになるでしょうか。



これらをはじめとしてサッカー漫画も大変多くのタイトル数があり、Wikipedia の「サッカー漫画」の項目には、ある程度のタイトルがまとまっています。

サッカー漫画 - Wikipedia

また、以前は小学生〜高校生年代の選手が頑張って活躍していく姿を描く「王道スポーツ漫画」的な作品が主体でしたが、ここ10年は選手以外の視点、特に他のスポーツ漫画では見られない経営的な視点のサッカー漫画も出てきたりして、色々と多彩になってきています。

そして今春からは高田桂先生の「サポルト! 木更津女子サポ応援記」という、サポーター視点のサッカー漫画が始まっており、来週には第1巻が発売されます。(連載開始当時のタイトルは「ウルトラス」だったが、商標の兼ね合いで改題)


サポルト! 木更津女子サポ応援記|コミック アース・スター(第1〜2話と最新話がウェブで読めます)

個人的に、第1話を読む前は「サポーター視点とか、全然ええ話ばかりちゃうやろ…」と割とネガティブだったのですが、そこはそれ、自身もヴェルディサポーターの高田桂先生だけあって、今のところは色々な意味で良い感じで話は流れていて、お気に入り作品になっています。

そのサポルト! 木更津女子サポ応援記」の第1巻が発売ということで紹介するのに合わせて、個人的にお気に入りで、勧めておきたいサッカーコミックを幾つか紹介しておきたいと思います。


続きを読む

このページのトップヘ