Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:カメラポーチ

去年今年と色々買ったカメラの中で GR だけは変わらぬ愛用具合であり、私にとっては「なくては困る」カメラの筆頭なのですが、その GR を持ち歩きする時に使っているケースはずっと、この↓純正ケースでした。



GR 購入直後にこのケースを買った際、本ブログでも記事にしました。

色々試して悩みつつ、結局買ってしまった GR 純正革ケース GC-5 〜コンパクトなGR用ケースなら現状一択で良い製品

このケース、純正だけあって GR にピッタリピチピチ。最初は少々キツいくらいですが、使っているうちに革が馴染んでとても良い感じに出し入れできるようになりますし、最小限のサイズでしっかり保護してくれます。

何よりこのケースの良いのは、ケースというよりはベルトに付けたり、リングを使って、腰からぶら下げてホルスタータイプのケースとして使えるところ。

サッと取りだして、サッと撮れる GR に相応しいケースと思って、1年3ヶ月愛用してきました。

GRcase20140904B


ところが昨夜、神戸の山の中、ユニバー記念競技場へガンバ大阪の応援に行った際、駐車場からスタジアムへ向かおうとした際に、腰から GR がコロコロコロと……Σ(;|| ̄▽ ̄)/

幸い屈んでいる体制での落下でしたので、ガシャーン!と落下破壊するようなこともなく(立った状態での落下なら終わってた)、見た目は殆ど傷もなく動作もとりあえず問題無さそうですが(レンズ周りに影響はあるだろうけど)、いやー焦りました。

ちゃんとケースに入れていたはずなのに、なぜ GR が転がり落ちたんだ??と思って見たところ、この純正ケースの縫製の糸が切れて(解れて)しまっていたのが原因だったようです。


続きを読む

ミラーレス機を持ち歩く時にはカメラバッグではなく、普通のバッグにカメラ用のインナーボックスを入れて使うことが殆どですが、バッグや持っていく内容によってはカメラ用のインナーケースを使いたくない時もあります。

そういった時にはキルティングポーチや百均ポーチにレンズを入れたり、以前紹介した king の「ぽけっとクロス」を使っています。

そんななか、年末にデジカメ Watch のとあるレビュー記事に載っていたのをキッカケに買ってみたのが、このカメラ用キルティングポーチ。



見た目は普通のキルティングポーチですが、中仕切りがついていて、レンズを2本ないしは小型ミラーレス機 or コンパクトデジカメとレンズ1本を同時に入れても、直接ぶつかり合って傷つけることのないというアイデア商品です。

OLYMPUS 中仕切り付汎用キルティングクッションケース CS-43


知って「おお、これは便利そう!」と思って即買い…というには若干躊躇う2千円台後半のお値段で、「裁縫できる人なら、これくらいはずっと安く材料費で作ってしまうんだろうなぁ〜」なんて思いつつも、手芸の類いはサッパリですから買ってみました。


続きを読む

昨日は GR のカスタマイズサービス開始の発表がリコーよりありましたが、自身の GR は相変わらず絶賛愛用中であり、どこへ行くにも9割以上一緒に持ち歩いている愛機となっています。実に具合良いです。

新型 GR カスタマイズサービス発表、本日受付開始!

そして、今月初めにやってきた早期購入特典の「GR × nano・universe ストリートバッグ」も販促キャンペーングッズとしては勿体ないくらいに実用的な、使えるコンパクトデジカメ用バッグになっています。

GR_nano-universeBag05


このノベルティバッグについては商品到着時に

GR早期購入+発売前イベント参加者特典のネーム入り「GR × nano・universe ストリートバッグ」、ようやく到着!

と記事にしていますが、その後

  • 出張・旅行時のサブバッグ/ポーチ代わりとして

  • GR とタブレットだけを持って、ちょい出かける時のバッグとして


に結構活躍してくれています。

なんというか、

GR にこだわらず、コンパクトデジカメ持ち歩き用小型バッグとして本当に使い良い


のですね。

ということで、カバンの中身拝見的に改めて紹介するとともに

コレ、少し変えて一般販売しても良いのでは…


とプッシュしておこうかと思います。

いやホント、コンパクトデジカメに特化したカメラバッグって少ないですし、使い勝手が良いので一般販売しても良いんじゃないかな?と思うんですよねー。。

続きを読む

グーグルさんの検索アルゴリズム変更の余波か何なのか判りませんが、昨日からそれまでの4分の1くらいのアクセス数になって場末ブログで更に閑古鳥が泣きまくり、もとい鳴きまくりの当ブログです。日記みたいなものとはいえ、ちょっと哀しい。。。

さて、昨日の記事では、新型 GR 用にベストフィットサイズなカメラポーチが見当たらなくて、結局純正ケースを購入したことを書きました。

色々試して悩みつつ、結局買ってしまった GR 純正革ケース GC-5 〜コンパクトなGR用ケースなら現状一択で良い製品

上記記事で述べたように

GR 本体だけを最小限サイズで入れるポーチとしては、純正ケースは現状ベストな製品


だと感じました。レザーケースながら型崩れもなく、上蓋が外せることも含めて使い勝手もバッチリ。さすが純正。デザインは地味ながら、私の大嫌いなメーカーロゴの主張もなしで無難。



ただ、本当に GR 本体だけがピッチリと収まるケースなので、予備のバッテリーやメモリーカードなどを一緒に入れたい、という場合には不向きなケースです。

私自身、コンパクトデジカメは 古い GR Digital や PowerShot S90/S100 から Cybershot RX100、そして新しい GR と比較的大きめのコンパクトデジカメを使ってきていることもあって、それらが入るカメラポーチを買って使ってきています。

手元にあるベルト吊り下げタイプのカメラポーチ3種類とも今回の新型 GR が収まるサイズであり、予備のバッテリーやメモリーカードも合わせて入るので、今後も RX100 や GR を持っていくのに便利に使っていくと思います。

そんな便利に使っている大型コンパクトデジカメ用カメラポーチ3製品を以下に紹介しておきます(使用例写真は RX100 と GR で示しています)。


続きを読む

台風3号が東へ逸れていき、結局殆ど雨が降らないままの関西地方でありますが、その分さらに蒸し暑さが上乗せされて厳しい今日この頃ですが、皆様くれぐれもご体調とレンズのカビにはお気をつけいただきたいと思います。

というわけで、上着を着ることが少なくなってくるこの季節、コンパクトデジカメの入れ場所も変わってくるという人も多いかと思います。カジュアルな軽装ならば、ベルトポーチタイプを使う人も多いのではないでしょうか。

私自身は基本的に、鞄の取り出しやすいポケットにコンパクトデジカメを1つ入れておく派なのですが、薄手の鞄を使う時も多く、そういう場合は入れられるデジカメが極めて限られます(ウチでは PowerShot N の厚みも嫌で S100 が限界)。

また、新型 GR はコンパクトデジカメとしてはサイズもなかなか大きめ(横長)であり、上着にしろ、鞄にしろ、ポケットに入れられる条件も限られてくるため、GR を日常的に持ち歩く時はカメラポーチ(ベルトポーチ)の類を使う割合が多くなっています。

そして、発売直後に GR 購入した当初から「GR を入れるのにちょうど良いカメラポーチ」を探していたのですが、どうも自分的に GR にベストフィットな感じのものが見当たりませんでした。

従来から Cybershot DSC-RX100 のように少々大きめのコンパクトデジカメを使ってきたこともあって、サイズに余裕のある(ベルトポーチとして使える)カメラポーチは幾つも持っているのですが、

GR だけをコンパクトにしっかり入れられるポーチが見当たらない


ので悩んでいました。

人気コンパクトデジカメですから、そのうち GR 専用ケースは色々と出てくるのでしょうけれど、「欲しいのは今でしょ!」であります。

ということで、ぶっちゃけ純正ケースだけは買いたくなかったのですが(メーカーロゴの入ってるストラップほどダサくはないけど…何となく)、ここは実利をとって GR 用のメーカー純正ケース GC-5 を購入しました。



バッグ、ケースというものは人それぞれの好みや利用形態が強く反映されますから、現物がどんなものかを見てから買おうと思ったのですが、ヨドバシカメラ店頭でも実物展示はしていませんでしたし、メーカーページにも小さな写真と、ひと言説明だけ。

ググってもあまり情報がなく、結局また「とりあえず買ってみるか」パターンでしたので、以下に GR 用のメーカー純正ケース「GC-5」について自分が伝えられるだけのことは書いておこうと思います。


続きを読む

このページのトップヘ