Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

タグ:オンデマンド

先月、8月19日夜に日本でもサービス開始された、各種スポーツ中継サービス「DAZN」。DAZN で「ダ・ゾーン」と呼ぶらしいですが、どうしても「ダズン」と呼びたくなる私です。

その DAZN は、世界で多くのスポーツをライブ・オンデマンド中継を行うサービスであり、日本ではサービス開始前に、来季以降10年間の Jリーグ放映権を勝ち取ったことで大きなニュースになりました。

JリーグとDAZNが10年間の放映権契約を締結 〜2017年からライブストリーミングサービス「DAZN」で明治安田生命J1、J2、J3を全試合生中継〜【Jリーグ】:Jリーグ.jp
巨額放映権とJリーグの未来。“黒船”DAZNが描くビジョン【独占インタビュー】 | フットボールチャンネル | サッカー情報満載!

おかげで、財政難に喘いで 2シーズン制&ポストシーズンゲーム導入という“金策”まで行わなければならなかった Jリーグは、DAZN による放映権収入がスカパー!時代の数倍から10倍になるため、来季から1シーズン制に戻し、優勝賞金も数倍になるようです。(まだ正式決定前)

また、ユーザー側にとっても、お値段が月額 1,890円(税込)と Jリーグの現行スカパー!オンデマンドからすると千円以上安くなりますし、Jリーグだけでなく欧州南米の多くの国のサッカーが観られますし(残念ながら2大リーグのプレミア、リーガエスパニョーラと欧州CLは対象外)、プロ野球の一部球団、メジャーリーグ、F-1、UFC、Vリーグ、NBA など多くのスポーツがその月額料金で観られる、というのがウリです。

このあたりについては、サービス開始直後の記事で触れました。

各国サッカー(来季からJリーグも)、MLB、NBA、F1、Vリーグ、UFC…世界のスポーツ配信サービス「DAZN」が始まったので、早速使ってみた感想

個人的にはもちろん、来季からの Jリーグ中継を主目的に DAZN を契約することになるわけですが、まずは事前に DAZN がどんなものか?
  • 映像は安定して見られるのか?画質はどうか?
  • ライブ中継の実際とのタイムラグはどうなのか?
  • アプリやブラウザでの使いやすさはどうなのか?

これらの点について1ヶ月の無料視聴期間で確認しつつ、お試ししてきたので、現時点での DAZN に対する感想を以下に述べておきたいと思います。(サービスイン当初に比べると、ゆっくりながら改良されてきているので、今後も同じとは限りません)


続きを読む

少し前、来季以降の Jリーグの放映権を従来のスカパー!より7倍の金額で取得してサッカー界のみならず話題になった、スポーツ配信サービス「DAZN」。

聞きなれない名前(日本語読みは、ダズンでええんか?)なのも当然で、新しいネット配信サービスで今夏(8月)スタートということでしたが、昨晩サービスが開始されました。

DAZN01

DAZN

この DAZN、何が凄いと言って、

最初からよくこれだけ契約(コンテンツ)集めたなあ


というくらいの配信コンテンツの量。(あくまで予定)

Q. 配信コンテンツについて

サッカーだけでもドイツ・ブンデスリーガ、イタリア・セリエA、フランス・リーグアンといった欧州各国のトップリーグやカップ戦に多数の南米リーグ、そして来季からは Jリーグ(J1〜J3)が加わります。

そして、一見サッカー中心でありますが、
  • メジャーリーグや NBA、NFL といったアメリカ4大スポーツのうち3つをカバー
  • F1、GP2 などのワールド・モータースポーツ
  • 総合格闘技の雄である UFC
  • 国内バレーボールの Vリーグ

といったものを始め、テニス(ATPワールドツアーの下位大会)、世界卓球選手権などなど、サッカー以外のジャンルも揃っていて、

全部まとめて月額 1,890円


というのは、かなり魅力的な値段です。

DAZN06


もちろん、ツッコミどころがないわけではないのも事実で、欧州各国のトップリーグが幾つか網羅されてるとはいえ、イギリス・プレミアリーグ&スペイン・リーガエスパニョーラという2大リーグがないですし(その2つのオンデマンドはソフトバンク系スポーツナビLIVEで配信)、世界最高峰のチャンピオンズリーグもない。

国内サッカーでも、Jリーグはあるけど、カップ戦(ルヴァンカップ、天皇杯)はないし、ACL もない状況なので、サッカーとて全てが DAZN で賄える、というわけではありません。

また、日本語の実況があるコンテンツも限られていて、南米サッカーや F1 など映像のみというコンテンツが多数を占めます。(まぁ日本語実況があるのも良し悪しですけどね)

もっと言えば、

サービス開始時点のコンテンツはまだ全然揃ってなくて数えられるほど


です。Jリーグは来季からの契約ですし、ブンデスリーガなど欧州サッカーも新シーズンはまだ始まっていない国も多く(ブンデスリーガは来週末から)、サッカー以外のコンテンツもまだまだ試験放送レベルです。

DAZN15


ま、実際に課金サービスが始まるのは9月20日からですので、それまでにどこまでコンテンツが揃うかはお試しで使ってみながらみていきたいと思いますが、先に挙げた予定されている内容が全て網羅されるなら月額 1,890円は安いと言えるでしょう。

それに、オンデマンドの料金だけで話をすると

現状のスカパー!Jリーグオンデマンドは月額2,962円


ですから、Jリーグだけでも千円以上の値下げになるわけです。

他の例で言えば、F1。F1の生中継ネット視聴方法は毎年コロコロ変わるのですが、今年はオンデマンドのみの契約ができず、スカパー!またはCATV契約+「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」という有料放送契約をすることで、スカパー!オンデマンドにてネット視聴できるという仕組みになってしまい、月額3千円以上かかるので、やはり値下げになりますし、サッカーと両方見る人にとっては割安感が半端ないです。

ただ、多種多様なコンテンツを一堂に揃えてリーズナブルな価格なのは嬉しいのですが、

一番のキーポイントは画質と配信の安定性


です。

はっきり言って、スカパー!オンデマンドのJリーグ配信の画質は「ニコニコ動画よりマシ」という程度の前時代的低画質で、「3千円近く払ってこれかよ…」って感じでもありましたし、時々サーバーの高負荷による配信停止トラブルがあったのもユーザーなら知ってることとです。

いくら安くても配信が不安定でストレス溜まるなら金を払う気はしないわけで、みんなそこが気になるところでしょう。

DAZN は初回登録から1ヶ月は無料お試し期間ということですので、昨晩から今朝にかけて実際に4〜5時間ほど色々なコンテンツをながら見で垂れ流しつつ、チェックしてみました。


続きを読む

このページのトップヘ