Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:エイサー

先月、海外発表されていたエイサーの 8インチ Windows 8.1 タブレット「ICONIA W4」が本日国内発表されました。



海外では東芝やレノボ、DELL など各メーカーから 8インチクラスの小型 Windows 8.1 タブレットが発表されていますが、発売時期や価格とともに、正式に国内発売が発表されたのはエイサーが一番手でした。

エイサーの場合、まだ小さな画面を考慮していない Windows 8 の時点で、8.1インチタブレットの「ICONIA W3」を海外だけでなく国内でも発売しており、私も8月の発売以降、愛用してきているのは過去記事に書いてきたとおり。

Acer ICONIA W3-810 購入から一ヶ月【1】 〜ネタ製品として買ったけれど、すっかり実用の愛機
本日発売 Windows 8.1!早速 ICONIA W3 を Windows 8.1 へ無料アップグレードしてみた

その「ICONIA W3」が7月に発売されて僅か半年も満たない状況で、一新してパワーアップされた新機種が発売されるのは複雑な心境ですが、もとより

小型 Windows タブレットは、新型 Atom (Bay Trail) + Windows 8.1 が本命


だったのは当時より判っていて、それでも納得して購入したので特に後悔はしていません(十分元を取るだけ使ってきたし)。

そんな ICONIA W シリーズですが、何と言っても

マイクロソフト純正オフィスが付いて4万円台!


というのが最大の特長。今回は Office Personal 2013 付きが 43,000円38,520円、Office Home and Business 2013付きが 48,000円43,020円と2エディション構成になっています(後者は PowerPoint と OneNote 含む)。

【11/21 追記】デル Venue 8 Pro 対抗なのか、発売前に値下げされました。

また、前機種 ICONIA W3 と比べると

性能アップ+欠点色々解消なのに大幅値下げ!


となっていて、前機種 ICONIA W3 発売時の国内価格は海外価格と差があったのですが、今回は妥当な為替レートです。

また、値下げされつつも最新 Atom で性能アップだけでなく、軽く薄くなったこと、糞液晶呼ばわりが当然レベルだった液晶ディスプレイも改善されて、その点は本当に羨ましいです。

前機種 ICONIA W3 との比較は以下のようになります。
続きを読む

「最新のマイクロソフト・オフィスが付いてくることを考えれば、お得だしね!」などと理由をつけて購入した「ICONIA W3」。当初は7割ネタアイテムとして購入してみたわけですが、これが思いの外、自分にヒット!すっかり愛機になっています。

Acer ICONIA W3-810 購入から一ヶ月【1】 〜ネタ製品として買ったけれど、すっかり実用の愛機

そして、昨晩は早速 Windows 8.1 に無償アップグレードして利用しています。

本日発売 Windows 8.1!早速 ICONIA W3 を Windows 8.1 へ無料アップグレードしてみた

普通にネット見たり、SNS したりするタブレット的な使い方だけではなく、Microsoft Office をちょこっと使ったり(画面は狭いけど)、ちょっとしたコード書いたり、写真を加工しつつブログ書いたり程度は、まずまず問題なく、ストレスなくできます。

が、それでもやはりパワーは最低限の Atom プロセッサ搭載ですから決してサクサクという感じではないですし(意外とモッサリでもないのだけど、Windows 8.1 にして遅くなった)、何よりも

液晶が糞すぎる&分厚く重い


という難点はあります。

この秋は新型 Atom プロセッサ(Bay Trail)と Windows 8.1 という小型 Windows タブレットに適したハード&ソフトが同時にリリースされて、各社から 8インチ Windows タブレットが発売されていますが、Acer からも「ICONIA W4」が正式に発表になりました。

基本的には「ICONIA W3」を踏襲していますが、Atom が最新世代になって大幅高速化しただけでなく

糞液晶が IPS 液晶になって改善まともになった!
少し薄く、かなり軽くなった!


という点が挙げられます。


続きを読む

本格的にお盆の期間に入って、都市部では少し人の数、車の台数が減ったような感じでありますが、この酷暑続きでは、帰省で田舎に逃げられる人が少し羨ましかったり…都市部は昼間暑いだけではなく、夜も気温が下がらず、朝起きてからウンザリですからねえ。

とまぁ、鬱陶しいことを言うのは置いといて、昨日の記事に続いて ICONIA W3-810 絡みで色々買ってみた経験からの「買ってはいけないアクセサリ、買っても良い製品」の後編をば。



続きを読む

日本史上最高気温が更新されるなど連日猛暑もいいところですが、こういう時は大きな熱源となるデスクトップ PC を使うのはできるだけ避けたくなって、ノートパソコンやタブレットが活躍する季節です。

ウチの 27インチ iMac はファン音こそ殆どなく静かに動いていますが、50℃ 近い内部の熱を大きなボディ全体から放熱する構造ですから、熱でうなされている人間が近くにいるのと同じで、室内気温を確実に数度上昇させます。

おまけに効かないエアコンのおかげで外気温 37〜38℃ になると室内気温も 30℃ 以上…。少しでも熱源を減らすべく、ノートパソコンやタブレットの活躍する今日この頃であり、普段はデスクトップ機上の仮想環境で WIndows を動かしていますが、ICONIA W3-810 を自宅で使う機会も出てきています。

何度も書いているように、元々半分ネタ製品として ICONIA W3-810 を購入したわけですから、実用にも使えていてうれしい誤算ともいます。反面、ネタ製品ゆえに ICONIA W3 本体以外にお金をかけるつもりはなかったのですが、本気使いのマシンになるなら…と色々周辺アクセサリを買い、失敗もしてしまいました(;´Д`)

ということで、これから ICONIA W3-810 を買う人のために、私個人が選ぶ「買って良い周辺アクセサリ、買ってはいけない製品」を率直に述べたいと思います。


続きを読む

このところ ICONIA W3 絡みの記事ばかりなので、またかという感じですが、お盆ウィークに入って特にネタもないし(幾つか紹介してないお買い物はありますが)、購入して一ヶ月経ったこともあるので、ICONIA W3-810 ファーストインプレの総括的な話を2〜3回に分けて、つらつらと書いてみます。

Acer ICONIA W3-810 (Atom Z2760/2G/64G eMMC/8.1/Win8(32)/OF2013H&B/シルバー) W3-810
Acer ICONIA W3-810

(値段も少しずつ下がりつつある)


今回は ICONIA W3-810 そのものについて一ヶ月使ってきた印象をまとめてみようと思いますが、とにかく

ダメ元のお試しで買ったつもりが、すっかり愛用の日常利用機


になっています。

過去記事で何度も書いていますが、

純粋にタブレットとして使うなら、現状の Windows 8 端末は糞


でしかありませんが、状況に応じて外部キーボードと組み合わせて使うことで

タブレットっぽくも使える Windows ミニノートPC としては意外と有りだった


というのが正直な感想です。タブレットともパソコンとも言えない中途半端さも、使いようによっては良い感じです(あくまで私の使い方での印象)。

そんな ICONIA W3-810 を自分が大いに気に入った点を改めて考えてみると、2点あると思います。


続きを読む

前回の記事「ICONIA W3 -810 のために買い揃えた諸々の製品」で紹介したこのアンチグレアタイプの液晶保護フィルム。



前回の記事執筆時点では使い始めた翌日でしたので使い勝手をきっちり書くことはできませんでしたが、3日ほど使ってみた&持ちだしてみたので、改めて使用感を写真を交えて紹介しておきます。

率直に言って

ICONIA W3-810 用と書いてある割りにはサイズ他が全く合わない粗悪品
だが、アンチグレア液晶フィルムは ICONIA W3-810 と合う感じ


であります。

元々、液晶保護フィルムが大嫌いで(汚れも傷もむしろ目立つから)、ICONIA W3-810 以外のタブレット、スマートフォンは10台くらい持ってますが、家族用の端末以外は一切貼ってませんし、貼ることを考えたこともありません。

(それでも1〜2年使って中古で売却する時に、液晶の傷・汚れで減額されたことはない)

そんな私が

「ICONIA W3-810 の糞液晶はアンチグレアタイプの液晶フィルムを貼った方がいいかなぁ」

と思い、そして実際貼ってみて、フィルム自体はこれまたクソみたいな製品だけれども

「ICONIA W3-810 にはアンチグレアタイプの液晶フィルムを貼った方がトータルとして見やすい感じ」

と感じました。ま、このあたりは好みの個人差があるので、あくまでも私見でありますが。


ともあれ、液晶保護フィルム自体は、以下の写真を見て判るように、ICONIA W3-810用として売っているにも関わらず、フィルムサイズは液晶部分の寸法とは全く合わないですし、インナーカメラの穴も適当に穴を開けただけだろ!レベルです。

続きを読む

1週間前の購入から感想を書き続けてきた 8.1インチサイズの Windows 8 タブレット端末「ICONIA W3-810」。実際1週間使ってみて、そして数日間出かけている間に使ってみて、なかなか筋としては良いなぁ、面白いなぁ、と感じています。



ウェブ媒体では宣伝臭いレビュー記事も含めて結構取り上げられていると思うのですが、その割には今ひとつ話題になっていない、売れている気配もないのは、やはり Windows 8 という(タブレットでは)マイナー OS ゆえでしょうか。

タブレット端末としてはアプリの揃い具合は致命的ですし、液晶の質も悪く、液晶サイズの割りには重く分厚いので、確かに簡単に人へ薦めるデバイスではありませんが、もう少し話題になっても良いよなぁ…とは思います。

多少モッサリしているとはいえ(半分は安物ストレージのせい)、過去の Atom プロセッサ Windows 機と違ってバッテリー駆動時間と Windows の実用性は合格点ですから、バッテリー駆動時間が同じで、もう少し軽く、薄かったら、絶賛しても良いくらいなんですが。


そんな感じで ICONIA W3-810 を使い始めてすぐに「思いの外、気に入りそう」「真面目に使うことになりそう」と思ったので、ICONIA W3-810 のために色々と買い揃えました。

ネタ製品として買ったので出費は最小限に抑えるつもりでしたが、ちゃんと使う気なら話は別です。

ということで、ICONIA W3-810 関連で購入した諸々を以下に紹介しておきます。


続きを読む

出かけておりまして二日ほど間が開いてしまいましたが、今回、先週購入した 8インチサイズの Windows 8 タブレット「ICONIA W3-810」に最低限、出先で仕事その他をこなせる環境を作り上げて初めて持ち出してみた率直な感想は

小型 Windows マシンとしてもまずまず使えるし
時によってはタブレットとして使えるのは意外と便利だね!


という感じであり、思った以上にこの ICONIA W3-810 を好きになれそうです。

GR003461.JPG


もっとも、前回記事でも書いたように、従来型の Windows デスクトップアプリを仮想キーボードとタッチ操作で使うのは罰ゲームみたいなところがありますから(あくまで補助的なもの、緊急用)、

小型 Windows マシンとしてまずまず使えるようにするには、外部キーボードとマウスが必要

ではありますし、また以前の記事で散々書いたように、

タブレットとしては半人前以下


であります。重さや厚みもいささか持ち歩いて使うタブレットとしては重め厚めですが、とにかくそれ以前に、タブレットで快適に使えるよう最適化されたアプリが少なすぎます。

いやホント、Windows 8 タブレットというのは Windows パソコン+タブレットの「2in1」として使えなくもないカテゴリーですから、もうちょっとタッチ操作に特化したメトロ UI で使えるストアアプリが増えてくれないと、タブレットとしてはどうしようもない、まだ最低限にも達してないレベルだと実感しました。

スティーブバルマー(マイクロソフトCEO)がストアアプリが10万本云々と言ったようですが、日本向け、日本語に配慮したアプリの数となると、あまりにも少なすぎて途方に暮れそうな状況です。

(こういうことは Windows 8 をタッチパネルのディスプレイすら持たないパソコンで使うだけでは、全く実感できなかったことです)

いずれにせよ、「タブレット」として売ってても、あくまで主は Windows パソコンだなぁ、と感じていますし、私自身はこの ICONIA W3-810 を「タブレットとしても使える小型 Windows パソコン」として接して、使っていこうと思っています。

ICONIA-W3_26withKindle2
(電子書籍リーダーとしては使いものにならないので、Kindle PW がお供に)


とまぁ、前置きは長くなりましたが、前回記事に続いて、この1週間弱、ICONIA W3-810 を使ってきて感じたことを、さらに列挙してみます。


続きを読む

大阪では蒸し暑くて毎日夕立の続く三連休でありますが、最終日は朝から雨、そして私めは出張であり、今回は先週購入したばかりの ICONIA W3-810 の環境を整えて、ノートパソコン&タブレット代わりに持ち出してみております。今日の記事もまた、宿に入ってから ICONIA W3 で書いております。

タブレットとしては重すぎるので iPad mini を一緒に…とも一瞬思ったのですが、それだと意味がなくなりそうだったので、電子書籍を読むのに Kindle Paperwhite をお供にすることにして、その2台体制のお出かけであります(ICONIA W3 を持って電子書籍を読み続けるのは、ちとキツい重さ)。

ただまぁ、なんだかんだ言っても専用 OS のタブレットではなく、汎用「パソコン」である(何とでもなる、何でもできる)安心さはあります。iPadで困ることも【プログラミングとかでなければ)少なくなってきたのですが、少し重く分厚いものの完全にノートパソコン代わりになれるタブレットというのは仕事が絡むと精神的に良いかもです。

GR003395.JPG
(空港ラウンジにて。ここまでするならノートPCだろ…という感じではある ^^;)


さて、ここ数日ダラダラと ICONIA W3-810 について書いてきましたが、とりあえず先週から5日ほど使ってきての感想を以下に列挙しておきたいと思います。


続きを読む

毎日ちょこちょこと使いながら環境を少しずつセットアップしている ICONIA W3-810 ですが、元々マイクロソフト純正 Office の最新版を買う代わりに…という意識で買ったので、買った時点で用の半分以上は満たしており、あとはチマチマと(楽しく)やっています。

私の場合は元々 Office をゴリゴリと使うような職種ではありませんし、マイクロソフト純正 Office でなければならない局面も少ないのですが、クライアント様からのファイルを正確に見て、校正することが年に数回あるので、それをこれでカバーできれば、趣味的要素も含めて満足であります :)


さて、ICONIA W3-810 発売と同時に、Acer 純正の周辺アクセサリーも発売されています。

先日記事にした、やっつけ仕事で日本語キーボード化して酷い配列になった専用キーボードもその一つでしたが、他にも


とか



とかも出ています。純正ケース3千円、液晶保護フィルム2千円。純正とはいえ、中華安物デバイスの割りには強気な値段をつけてくれます(まぁ ICONIA W3-810 本体そのものが、海外の値段と比べて割高で売ってますが)。

液晶保護フィルムは元々付けない人なので余裕でスルーできましたし(※)、ケースも「専用キーボード買ったから、それに合体させて運ぶから要らんわー」と思ったものの、先日の記事のとおり、とても使う気になれない代物。

おまけに

安物らしく質感だけでなく、すぐ壊れそうな造りなんだよねぇ…


と思うと、「やっぱりケースを買っとくか…」となりまして、購入したのがコレ↓


後ほどの写真でも紹介するように、よくある蓋付きの組み込みタイプの安物レザーケースで、蓋の部分を裏返して背面の折り込みに入れると、スタンドになるというもの。純正より千円安いし、色も十色と豊富 :-)


続きを読む

このページのトップヘ